「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中

並木まき ライター・エディター
更新日:2022-05-14 06:00
投稿日:2022-05-14 06:00
冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮名・37歳)の憂いをお届けしました。
 表面的には何の問題もない夫婦に見えるふたりですが、妻は長期にわたって夫婦関係に悩んでいます。では、ヒロムさんは今の夫婦関係についてどう考えているのでしょうか。

まさに“好きの反対は無関心”

どうして何も思わないんだろう(写真:iStock)
どうして何も思わないんだろう (写真:iStock)

「妻に対して興味が湧かないんです」

 ポツリとこう話し始めたヒロムさんは、寂しそうな表情で言葉を続けます。

「興味が湧かないって言い方は申し訳ないなって思うけれど、他の表現が見つかりません。妻とは恋愛結婚でしたが、今では、交際中から僕は妻のことをそんなに好きじゃなかったのかもしれないって思い始めています。

 よく、“好きの反対は無関心”とかって言うじゃないですか? まさにアレですね。怒りとか憎しみとかが湧けばまだいいんだろうけれど、妻に対しては何ひとつ興味が湧かないんですよ。

 同じ家で暮らしていますが、他人が自分の家にいるなっていう程度で、愛おしいとか感謝とかの気持ちが湧いてこなくて、僕自身も戸惑っています」

“いい妻”だろうけど幸せは感じない

関係の改善には至らず…(写真:iStock)
関係の改善には至らず… (写真:iStock)

 結婚して3年。妻の夏夜さんは、ひと通りの家事をきちんとこなし、パートで仕事もしていて「一般論で言えば、“いい妻”なんだろうと思う」と話すヒロムさん。「だけど、何のために一緒にいるのかと聞かれれば答えに困るし、妻と一緒にいる毎日に幸せを感じるかと聞かれれば答えは“NO”です」と続けます。

 妻から何度も、夫婦関係について話し合いを求められ、その度にヒロムさんも応じてきたとのこと。しかし夫婦間に大きな問題があるわけでもないので、話し合いはいつも抽象的な内容で終わってしまい、関係の改善には至っていないそうです。

「問題があるわけじゃないからこそ、関係が改善することは期待できないですよね。僕は妻に対して感情をぶつけるパワーも湧きませんし。

 浮気ですか? していませんよ。僕はもともと女性に対しては、そんなに積極的なほうではありません。妻と付き合ったのも、夏夜さんのほうから猛アプローチをしてくれて、“こんな僕にそこまでの愛情を向けてくれるなら……”というところからスタートしました。

 結婚するまでは別々に暮らしていたので、会うのは月に数回でした。だから、会っているときだけ夏夜さんに気を遣えばよかったんですけど、結婚しちゃったら毎日一緒じゃないですか。そうなると、妻の前でずっと演技をし続けるのも難しくて。

 夏夜さんは『付き合っているときとは全然違う』って僕に言うけど、そりゃあそうですよね。付き合っているときは、相手に不快な思いをさせないよう必死に演技してきたので」

関連キーワード

ラブ 新着一覧


将来有望なハイスペ男子 好きなタイプは美人とは限りません
 容姿端麗で経済力もあり、家柄も申し分なしのハイスペ男子。どうせなら、そんな人と恋愛したい!と思う女性は多いのではないで...
恋バナ調査隊 2022-05-27 06:00 ラブ
【男に走る女】母親が子どもを捨てて“恋愛”に溺れる深層心理
 お子さんがいるにもかかわらず家を飛び出し、他の男性と生きていくことを選ぶ女性が時々います。芸能人や有名人にもそうした女...
内藤みか 2022-05-26 06:00 ラブ
人生一度きり「イケメンの彼女」目指しちゃう? 特徴は?
 見た目がすべてとは言いませんが、やはり彼氏がイケメンだと人に自慢したくなるものですよね。そんな世のイケメン男性たちは、...
恋バナ調査隊 2022-05-26 06:00 ラブ
他人事じゃない!「夜の生活がなくなった夫婦」レス解決法
 結婚前は2人でいちゃいちゃする時間もあったのに、結婚してから夜の生活がまったくなくなってしまう夫婦はとても多いようです...
恋バナ調査隊 2022-05-26 06:00 ラブ
「趣味はなに?」と男性から聞かれた!万人受けするモテ回答
 社会人になると、なぜか聞かれる定番の質問。 「趣味は何ですか?」と聞かれたら、特に趣味がないと回答に困りますよね。ま...
若林杏樹 2022-05-25 06:00 ラブ
几帳面男性=優良物件! 彼氏にピッタリな5つの“花丸”な特徴
 恋愛をするうえで、相手がどんなタイプなのかは気になるもの。最初から、恋愛向きではないと分かれば、早い段階で諦められるた...
恋バナ調査隊 2022-05-25 06:00 ラブ
失恋から立ち直るための“魔法の言葉”5つ つらい時こそ読んで
 失恋をしてしまった時のダメージって、大きいですよね。なにも手につかなくなったり、未練が残って次の恋に踏み出せなかったり...
恋バナ調査隊 2022-05-25 06:00 ラブ
えっ“独占欲の強い女性”になってる? まだ間に合う脱出法3つ
「付き合っても長続きしない」「いつも振られてしまう」など、恋愛が「うまくいかない」と感じていませんか? もしかすると、そ...
恋バナ調査隊 2022-05-24 06:00 ラブ
withコロナ恋愛結婚戦略! プロに聞く“出会いの2大トレンド”
 withコロナの時代になって、早2年。外出自粛や3密、最近ではマスク着用を必要としない場面での考え方などが注視されてい...
田中絵音 2022-05-23 06:00 ラブ
【恋愛系死語6選】恋バナ、ラブラブも化石認定されるらしい
 時代の変化に伴い、変わっていく流行語。ほんの少し気を抜いただけで“化石認定”されてしまうくらい「古い!」と思う(思われ...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
料理男子面倒くせぇ! 実は非モテ? 夫にするなら買い物件?
 最近は、料理好きな男性が増えていますよね。そんな料理男子に共通しているのが、とにかく「こだわり」を持っていること。冷蔵...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
「拗ねちゃうよー」って何様?モテない系女子のやらかしLINE
 LINEで距離が縮まり、恋愛に発展する男女はとても多いでしょう。でも反対に、送るLINEの内容次第では良い感じだった雰...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
気になる彼の“いい夫”素質度は? 5つの特徴で見極めオッケー
 将来、いい夫になる男性を選びたいけれど、「こればっかりは結婚してみないとわからない!」と思っている女性は多いでしょう。...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
実践!結婚後ずーっと“愛され妻”でいるための「3つの心得」
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。結婚したらずっと仲良くしたいし、ずっと愛されたいと誰しもが願います。年を重ね...
山崎世美子 2022-05-21 06:00 ラブ
「肉体関係なしのパパ活ですよ?」開き直って妻を見下す夫
「冷酷と激情のあいだvol.91〜女性編〜」では、夫であるヒロノブさんのパパ活に悩む妻・仁美さん(仮名・42歳)の覚悟を...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
パパ活発覚から半年…やめたフリする夫に42歳妻は“制裁”計画
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ