イタリアンの有名シェフが“国民的調味料”と恋に落ちた!? 2022.5.14(土)

コクハク編集部
更新日:2022-05-14 11:59
投稿日:2022-05-14 06:00

黄色いキャップのキミの名は…

味ぽんとワインのあるカウンターって新鮮!(C)日刊ゲンダイ
味ぽんとワインのあるカウンターって新鮮! (C)日刊ゲンダイ

 黄色いキャップのキミは物心ついたときから、我が家の食卓にあったよねぇ~と親しみが湧く人は多いのではないでしょうか。

 そう、ミツカンの「味ぽん」は、お鍋や餃子、冷奴などなど家庭料理をよりおいしくするつよ~い味方。1964年(昭和39年)11月10日に産声を上げて以降、半世紀以上にわたって親しまれている国民的調味料! といっても過言ではありません。

 そんな今年58歳になる「味ぽん」を使った本格イタリアンのフルコースが、期間限定で食べられるらしいという情報をゲットし、プレス向けの内覧会にお邪魔してきました。

人気イタリア料理店とのコラボ

キュートな暖簾が目印(C)日刊ゲンダイ
キュートな暖簾が目印 (C)日刊ゲンダイ

 お店の名前は「AJIPON DANRAN DINING presented by Yoshiyuki Okuno」。虎ノ門ヒルズ(東京・港区)内にある「虎ノ門横丁」にカウンターキッチンを構えます。

 ミシュラン・ビブグルマンを9年連続で受賞する「リストランテ ラ・ブリアンツァ」のオーナー、奥野義幸シェフが「味ぽん」を使ったメニューを考案し、“味ぽんのある食”を通じて家族や気の合う友人たちと過ごす身近なしあわせを提案するプロジェクトとのこと。

なぜ「味ぽん」×イタリアン?

トレードマークのハットをかぶったマッキー牧元さん(写真中央)と、奥野シェフ(左)/(C)日刊ゲンダイ
トレードマークのハットをかぶったマッキー牧元さん(写真中央)と、奥野シェフ(左) /(C)日刊ゲンダイ

「和食や中華だと当たり前でしょう? 多くの日本人に馴染みのあるイタリアンで『味ぽん』を使った料理をご提案したかったんです」

 本企画のプロデューサーであるタベアルキストのマッキー牧元さんは、こう説明します。いずれも「ワインが進む料理」ですって。

いざ、試食タイム!

「追いぽん」もおすすめ、と奥野シェフ(C)日刊ゲンダイ
「追いぽん」もおすすめ、と奥野シェフ (C)日刊ゲンダイ

 この日はディナーコース(全7品)から、冷菜、パスタ、肉料理、デザートの4皿をいただきます。

「試作当初は、『わ、味ぽん(の味)にしかならない』と思ったんですが(苦笑)、すぐに基本調味料としてとらえればいいんだなって。お店では日頃からさまざまなタイプのビネガーを使用しているので、『味ぽん』を華やかでふくよかさを備えたビネガーのような調味料と考えたら、もう、あっという間。どんどんアイデアが湧いてきて、コース料理が完成しました」

 カウンターキッチンで調理しながら話す奥野シェフは、「こういったコラボはいろいろと勉強になって、僕自身、楽しくて仕方がなかった」とニッコリ。

 目を輝かせながら話すシェフの姿は、まるで恋に落ちた青年のよう。冗談はさておき、現状に満足することなく、日々研鑽を積むシェフの料理、おいしくないわけがないよなあ……と素人ながらに思ったりするわけです。

太麺の手打ちパスタにやられました…

パッカーン(C)日刊ゲンダイ
パッカーン (C)日刊ゲンダイ

 なかでも、パスタ。「味ぽん」を練り込んだ手打ちパスタに合わせるのは、「ンドゥイヤ」(カラブリア州の特産品で香辛料のきいたソフトサラミ)のラグーソースと温泉卵。お皿には、鶏皮豚骨×「味ぽん」を使ったパリッパリのクロカンテが添えられていて……混ぜて、ひと口。

 ん-、ボーノ!! “食卓に一本”の「味ぽん」の可能性が広がります。

あと5皿は余裕で食べられます(C)日刊ゲンダイ
あと5皿は余裕で食べられます (C)日刊ゲンダイ

 こちらは、「味ぽん」入りのマリネ液を合わせたサーモン、カポナータ、ブラータチーズに、「味ぽん」を使ったレモネードジュレをかけた冷菜の一皿。

 泡がすすむやつです……。

早く食べたい一心でビミョーに手ブレしてしまいました…(C)日刊ゲンダイ
早く食べたい一心でビミョーに手ブレしてしまいました… (C)日刊ゲンダイ

 メーンのお肉料理。牛頬肉を「味ぽん」と赤ワインソースで煮込んだ一皿。ナイフがいらないぐらい、やわらかい仕上がり。

 もちろん、ソースは余すことなく、フォカッチャに付けていただきました。イタリアンもソース命!

美しい。。(C)日刊ゲンダイ
美しい。。 (C)日刊ゲンダイ

 デザートの「味ぽん」フルーツガスパチョパンナコッタ。

 この日は、トマトとパッションフルーツを使用したガスパチョでした。濃厚♡

もう一度、振り返ります

温泉卵にも「味ぽん」を使用してるなんて(C)日刊ゲンダイ
温泉卵にも「味ぽん」を使用してるなんて (C)日刊ゲンダイ

 でも、ふと。

 もちもちっとした太麺のパスタは、どことなく、うどんにも似ているような……。

「そうなんですよ! 家庭で焼うどんを作るなら、豚バラ肉と野菜、うどんを炒め、塩・こしょうで下味をつけ、最後に『味ぽん』をまわしかけ、味を決める。間違いなくおいしいですよ」

 サービス精神旺盛な奥野シェフは、おうちごはんのコツも教えてくれました。

 いずれのメニューも「味ぽん」は近くにいるような、遠くにいるような。あの慣れ親しんだ味が立ちまくっている、という感じではないんですよね。

 奥野シェフが「基本調味料」と表現されたのが、分かるような気がする……。楽しくておいしい試み、久しぶりに体感しました。

 心もお腹も満たされ、あーしあわせ♡

 興味のある方、虎ノ門界隈で食事する予定の方、ぜひ足を運んでみてください。

(編集O)

【データ】

平日ランチタイム、ビジネスパーソンで賑わっていました(C)日刊ゲンダイ
平日ランチタイム、ビジネスパーソンで賑わっていました (C)日刊ゲンダイ

「AJIPON DANRAN DINING presented by Yoshiyuki Okuno」

address:東京都港区虎ノ門1-17-1 虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー3F「虎ノ門横丁」内

営業時間:11時30分~13時30分(5月17日、28日はランチ時間貸切営業)、19時~21時30分(完全予約制。虎ノ門横丁のウェブサイトで予約可)

※2022年5月14日(土)~5月29日(日)の期間限定
※<ランチメニュー>パスタ2種(各1650円税込み)、<ディナーメニュー>フルコース1種7品(9900円税込み)

コクハク編集部
記事一覧
コクハクの記事を日々更新するアラサー&アラフォー男女。XInstagram のフォローよろしくお願いします!

ライフスタイル 新着一覧


現金より危険な面も…「電子マネートラブル」よくある事例と3つの対策法
 近年、現金を持ち歩かず、電子マネーを利用する人が増えていますが、それに伴って急増しているのが、電子マネートラブルです。...
親子でしっぽシマシマ隊! チビ“たまたま”がすくすく育ちますように
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
命がけで庭の雑草駆除、今年もやるの?ローメンテを叶える夏の雑草対策
 雑草が気になる季節になりました。「雑草」という植物なんて無いねえ~と言われちゃえばそれまでですが、道端はまぁいいとして...
トレンド入り「猫ミーム」インフルエンサーの投稿じゃないのになぜバズる
 2024年春、突如日本のSNSシーンで流行し始めた「猫ミーム」というカルチャー。日本だけでなく、今世界で流行し、そして...
え、ハブられてる? ママ友に嫌われる言動ランキング&上手に付き合う術
 子育て中の女性が必ず直面する「ママ友との付き合い」。気の合う人に出会えれば、情報交換や悩みごとを共有できる仲間として心...
カスハラとクレームの違い 料理が30分経っても出ないから文句言ったら?
 パワハラ、セクハラ、モラハラ…。最近何かと「ハラスメント」という言葉を耳にしますよね。その中でもここ数年でよく見聞きす...
「風呂キャンセル界隈」失敗談 足の臭いでバレ!自分を奮い立たせる方法
 ネットスラングで「風呂キャンセル界隈」というワードが話題になっています。読者の皆さんの中にも、その日の入浴をキャンセル...
丸見え族、参上! うさぎシッポの“たまたま”君にロックオン
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
何をそんなに怒っているのだ?
 何をそんなに怒っているのだ?  東京都庁近くにて。
ほっこり癒し漫画/第75回「ヘルプみーこ」(後編)
【連載第75回】  ベストセラー『ねことじいちゃん』の作者が描く話題作が、「コクハク」に登場! 「しっぽのお...
【難解女ことば】「小女子」ってなんて読む? ヒントはご飯が進むもの。
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
最新「グダグダなLINEやり取りの終わらせ方」知らないのは無防備すぎる
 仕事からプライベートまで、コミュニケーションツールとして使えるLINE。便利かつ気軽ではありますが、それゆえにダラダラ...
スマホを持たないサブカル老人の願い「本屋に行く楽しみを奪わないで~」
 コミックや書籍など数々の表紙デザインを手がけてきた元・装丁デザイナーの山口明さん(63)。多忙な現役時代を経て、56歳...
クレクレママの実態 買い換えるなら「車くれない?」っておねだりする!?
 人のものをすぐに欲しがるクレクレママ、あなたの周りにはいませんか? おさがりなどをもらってくれて助かることもあるけれど...
44歳独身、今からでも遅くない?ズル休み→大学進学を決めた“無敵の女”
 八王子の居酒屋で契約社員として働く由紀は、信じていた学生バイトに蔑まれ、客の若者にも罵られる日々。見かねた学生バイトの...
私の時給はパフェより低い…置き去り氷河期世代の苦悩「感覚死んでる」
 八王子の居酒屋で契約社員として働く由紀は、特段面白みのない毎日を過ごしている。元気な学生バイトたちに囲まれ慌ただしい日...