「おからのお好み焼き」にハマってます! 2022.4.26(火)

コクハク編集部
更新日:2022-04-26 06:00
投稿日:2022-04-26 06:00

値上げ、値上げ、値上げ!

ある晩の焼きそばです。奥は納豆オムレツ。あとはビールがあれば幸せなんです(C)コクハク
ある晩の焼きそばです。奥は納豆オムレツ。あとはビールがあれば幸せなんです (C)コクハク

 あらゆるものが値上げとなり、ひーひー言っております。なんでも“食卓の優等生”であるもやしも、値上げの危機にさらされているとか。

 もやし一袋ドーン、あとは豚肉と残り物の野菜で作る焼きそば(あるいは焼きうどん)が大好物な筆者にとって、もやし半袋で我慢する日も近いかも……と覚悟をしつつあります。つーか、麺類の価格も上がってるし(涙)。

 収入は一向に増えないのに(!)、食費だの光熱費だのあらゆる生活費が右肩上がりとなれば、自ずと財布の紐は固くなりますよね。でも、食いしん坊はおいしいものを“腹十二分目”まで食べたいのです。

小麦粉の代わりに「おから」さん

近所にお豆腐屋さんのある幸せたるや…(C)コクハク
近所にお豆腐屋さんのある幸せたるや… (C)コクハク

 で、最近、ハマっているのが、おからで作るお好み焼き。これまた高騰している小麦粉の代わりに近所のお豆腐屋さんで売られているおからを使うのですが、1袋に400gちょっと入っていて、税込み100円!

 おからの入った袋を手にすると、まだほんのりと温かくて、「おお、アナタさんはできたての“搾りかす”なのね」なんて思うと、嬉しさも倍増したりして。

 こういうなんてことのない些細な日常に、喜びや幸せを感じるのって大事ですよね。心の潤いにつながりますよね(と自分に言い聞かせてみる)。

「おからのお好み焼き」材料と作り方は?

もみもみもみもみ…おやきにも近いかも(C)コクハク
もみもみもみもみ…おやきにも近いかも (C)コクハク

 材料は、おからの他に片栗粉、卵、豆乳で生地を作り、青ネギや豚肉などをトッピングする感じ。具材は自宅の冷蔵庫にある残り物で、もちろんオッケーです。

【材料】(4枚分)
【A】
・おから 200グラム
・片栗粉 大さじ5
・卵 2個
・あごだし粉 小さじ2
・青ねぎ 5本 

・豆乳 大さじ2
・豚細切れ 適量 
・かつお節、刻み海苔、お好み焼きソース 各適量
・ごま油 適量

牛でも豚でも鶏でもお好みの肉を乗せて焼きましょう(C)コクハク
牛でも豚でも鶏でもお好みの肉を乗せて焼きましょう (C)コクハク

 作り方は基本、混ぜて、こねるだけ。

 ビニール袋に【A】の材料をすべて入れ、ひとまとめになるまでこねると楽ちんですよ。そのあとにボウルに移し、豆乳を加えて練り上げ、4等分にして成形しましょう。

おからに開眼!

腹持ちもグー!(C)コクハク
腹持ちもグー! (C)コクハク

 最近は常温長期保存ができるパウダータイプのおからもスーパーで見かけるようになりました。お財布にも身体にも心にも優しいおからのお好み焼き。ご興味がある方は、ぜひお試しください。

(編集O)

 ※詳しい作り方はこちらで掲載しています。

関連キーワード

フード 新着一覧


ブーム到来!「オルソー」の台湾ワンタン♡ 2022.5.24(火)
 台湾ブーム、本格到来!? 最近巷では、台湾フードの本格的な風が吹いているようです。  台湾カステラの“元祖大本命...
「とろける湯豆腐」ひとつまみの“重曹”で絹ごしが高級な味に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・五反田の隠れ家的居酒屋「和風ダイニングTa...
「鶏ひき肉の餃子」お肉と長ネギだけ!ニンニク無でさっぱり
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・五反田の隠れ家的居酒屋「和風ダイニングTa...
「干しダラのきんぴら」常備菜の代表格を酒好きが作ったら…
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・五反田の隠れ家的居酒屋「和風ダイニングTa...
「キノコ入りTKGと味噌汁」食感とコク、最強の卵かけご飯!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのピクルス」上品な酸味が白ワインと相性◎
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのカツ」サクサク&ジューシーの秘密は?
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのラクレット焼き」きのこ×チーズ、最強!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「ひらひらマッシュルームサラダ」スライサーでアッという間
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
【KALDI】“ぬって焼いたらメロンパン” 実食 2022.5.6(金)
 世の中の食いしん坊のハートをがっちり掴んで離さない輸入食品店「カルディ」。色とりどりのおいしそうな食品たちに目を奪われ...
「あかね和牛モモ肉のビステッカ」トースターで焼くのがコツ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「真鯛のミラノ風カツレツ」溶き卵+粉チーで一気にプロ級!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「瀬戸内レモンのクリームソーススパゲティ」ゆで方は4分の3
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「新玉ネギと野菜のピクルス」最強常備菜、作るなら今でしょ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「牛タンの塩糀漬け」アレンジ無限大!驚くべき“こうじ”の力
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...
「モモ肉の昆布締め」特売品&冷蔵庫の片付けにもなるなんて
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...