櫻坂46渡邉理佐 卒業ライブで欅坂46の封印曲を解禁できた訳

こじらぶ ライター
更新日:2022-05-26 06:00
投稿日:2022-05-26 06:00

1期生・渡邉理佐が櫻坂46から卒業

卒業コンサートで欅坂46楽曲を甦らせた渡邉/「イオンカード」発表会より(2020年10月)
卒業コンサートで欅坂46楽曲を甦らせた渡邉 /「イオンカード」発表会より(2020年10月)

 渡邉理佐(23)が今月21日、22日に東京・国立代々木競技場第1体育館で行われた自身の「卒業コンサート」をもって、櫻坂46から卒業した。

 前身グループである欅坂46時代を含め、活動約7年で個人単位での「卒業コンサート」が開催されたのは初。2日間で2万4000人を動員し、配信でも多くのファンが渡邉の卒業を見守った。

 MCなどでは、後輩である2期生達が口を揃えて「優しい」「憧れ」「尊敬する」と慕う人望の厚さ、苦楽を共にした同期の1期生が「たくさん支えられた」と頼れるたくましさが垣間見られた。

欅坂46デビュー当時は“冷めたクソガキ”

 そんな気配りの人となった渡邉だが、櫻坂46冠番組「そこ曲がったら、櫻坂?」(テレビ東京)の最後の出演回では、16年の欅坂46デビューから間もない頃の自身について、「めっちゃ尖ってて」「クソガキみたいな」と回顧している。

 たしかに渡邉は、当時在籍していた志田愛佳(23)と2人で、どこか冷めていて一歩引いたような姿勢から「ザ・クール」というコンビ名を付けられていた。

 17年の欅坂46冠番組「KEYABINGO! 2」(日本テレビ系)では、「欅坂46を辞める」というドッキリ報告を志田に仕掛ける役目を担った際、渡邉は「1回辞めたい波が来た時、話したじゃん」と実際過去にあったと思われる発言をしたのち、「涙が出てきた」「泣いちゃう」と泣き始め、「辞めたい、辞めよう」と演技とは思えない神妙な面持ちで、渡邉もいつ卒業してもおかしくないという雰囲気を漂わせていた。

「好きなようにいて欲しい」というメッセージ

 また、同い年でよく相談しあっていたという長濱ねる(23)が19年7月に卒業する際には、欅坂46冠番組「欅って、書けない?」(テレ東)で「無理せず、我慢せず、そのまま、好きなようにいて欲しいなと思います」とメッセージを送られた渡邉。

 他メンバーには、優しくされたり、助けられたエピソードを多く話していた長濱が、渡邉には何か深い意味が込められたような言葉を送ったため、「無理しているのかな、我慢しているのかな」とこれまた不安な気持ちにさせられた。

「頼れるお姉さん」へと成長

欅坂46の3周年記念ライブ後の渡邉と平手/欅坂46渡邉理佐公式ブログより
欅坂46の3周年記念ライブ後の渡邉と平手 /欅坂46渡邉理佐公式ブログより

 しかし、そうした懸念は杞憂だった。グループ活動だけでなく、ファッション誌「non-no」モデルとして個人でも活躍の幅を広げた渡邉は(本人曰く)「クソガキ」から立派な「頼れるお姉さん」的存在に成長していく。

 欅坂46後期は、連続センターで心身を消耗していた平手友梨奈(20)を、パフォーマンスでもプライベートでも非常に近い位置で支えていた。「避雷針」や「黒い羊」という平手が孤独を感じやすいような楽曲で、「抱っこ」という形で彼女を受け止め包み込んでいたのが渡邉だった。

 また、自身の「卒業コンサート」で1期生から「グループがうまくいかない時も軸になって先頭に立ち続けてくれた」と評された通り、平手・長濱という欅坂46ツートップが抜けて以降、人気面や知名度でエース格となった渡邉は、グループ存続の危機や、改名・再デビューという苦しい時期も、強い責任感で屋台骨となり続けた。

 それは、卒業を前に本人が打ち明けたように、「安心して2期生にグループを任せられるようになるまで」との信念から突き動かされていたからだ。

櫻坂46改名後もメンバーの“精神安定剤”に

 櫻坂46に改名以降、運営主導で世代交代が推し進められ、2期生が次々とセンターに抜擢されていく中、その横や後ろでそうしたメンバーを支え、グループに安定感をもたらしていた。

 櫻坂46が20年12月にデビュー以降、4枚のシングルのBillboard JAPAN週間シングル・セールスはいずれも初動40万枚~45万枚を記録しており、女性アイドルとしてトップクラスを維持している。

 これは渡邉をはじめとする1期生の献身的なサポートにより、森田ひかる(20)、山﨑天(16)、藤吉夏鈴(20)、田村保乃(23)といったセンター陣をはじめ、2期生が欅坂46時代とは比較にならないほど自信に満ちた表情でパフォーマンスできるようになったこと、そして何より、欅坂46から櫻坂46になっても渡邉が在籍し続けたことが大きく貢献しているように思う。

エンタメ 新着一覧


音楽4団体「生稲晃子氏&今井絵理子氏」支持表明に大ブーイング! 2000人超が抗議賛同
 7月10日の投開票日が近づく参院選。自民党公認で東京選挙区から元「おニャン子クラブ」の生稲晃子氏(54)、比例代表で元...
2022-07-07 17:03 エンタメ
福原愛の「中国人気」がブレないワケ…不倫バッシングより“よくぞ離婚した!”と称賛
 里帰り不倫でバッシングを浴びた福原愛(33)の現在の暮らしぶりを発売中の「女性自身」が報じ、話題になっている。  不...
2022-07-07 17:03 エンタメ
千鳥もサンドも2.5次元も…お笑いコンビ人気のカギは“男同士のイチャイチャ感”にあり
「Z世代が選ぶ2022上半期トレンドランキング」(Z総研)で、〈流行ったお笑い芸人〉の首位に輝いたのは「千鳥」だった。大...
2022-07-07 17:03 エンタメ
滝沢カレン「ポジティブ思考」の源泉 夫は「人生の冒険相手」、独特表現で“語録・迷言”も
「記憶をほとんどその日に置いてくる私ですが、出会ったときの季節、景色を今でも思い出せます。それは私の見ている景色をいつも...
2022-07-07 17:03 エンタメ
今週末は参院選 耳を疑うような暴言失言の与党にナメられっぱなしでいいんですかい
【ラサール石井 東憤西笑】#111  いよいよ今週末は参院選の投票日だ。世の中は盛り上がっているのか。いやそれほどでも...
2022-07-07 17:03 エンタメ
憔悴しきったナイナイ岡村君を救った相方・矢部君の「公開説教」
【お笑い界 偉人・奇人・変人伝】#104  ナインティナインの巻(5)  ◇  ◇  ◇  2010年7月に岡村君...
2022-07-07 17:03 エンタメ
寺脇康文の「相棒」復活起用が教えてくれること ドラマ作りとは「温故知新」なのだ
【芸能界クロスロード】 「相棒」の5代目は、初代を務めた寺脇康文に決定した。秋の放送時には杉下右京・水谷豊は70歳。亀...
2022-07-07 17:03 エンタメ
「新作講談を勧めてくれた円丈師匠は私にとって救いの神でした」
【講談師・神田茜大いに語る】#3  茜の出世作といわれる新作講談、「幸せの黄色い旗」は、経験談を基にしたものだ。 「...
2022-07-07 17:03 エンタメ
KinKi Kids25周年で最年長デュオに!「我流を貫く」剛と「王子様」光一の“好相性”
 退所が相次ぐジャニーズ事務所で「KinKi Kids」が最年長デュオになった。KinKiは解散も活動休止もなく走り続け...
2022-07-07 17:03 エンタメ
N党に塩を送るNHKの“不祥事”連発…尾瀬木道の足止め撮影問題、管理職タクシー不正使用も
 7月10投開票の参院選を目前に、NHK党が勢いづいている。  候補者はNHKが放送する政見放送やニュースで「NHKを...
2022-07-07 17:03 エンタメ
「ライバー」の収入ってどうよ? “中の人”が実態を告白!
 毎度! お世話になります。ライブ配信アプリの光と闇を見続けている「龍野ヲトシ」です。僕がライブ配信に携わり始めたのは、...
広瀬すず&土屋太鳳“女の友情”どうなる? 山﨑賢人の熱愛報道で「チア☆ダン」続編に暗雲
 広瀬すず(24)と山﨑賢人(27)の“半同棲”を「文春オンライン」が報じ、美男美女のカップル誕生にファンが沸いている。...
2022-07-06 17:03 エンタメ
滝沢カレンが結婚発表! お相手は建築関係で仕事、女性からの人気さらにアップ確実
 モデルでタレントの滝沢カレン(30)が4日、自身のインスタグラムで結婚したことを発表した。  お相手は建築関係の仕事...
2022-07-06 17:03 エンタメ
還暦目前の藤井フミヤが改めて「ない」と明言 チェッカーズ再結成の見果てぬ夢
 藤井フミヤ(59)が3日放送のラジオ番組でチェッカーズ時代について語り、話題になっている。1992年の紅白歌合戦出場を...
2022-07-06 17:03 エンタメ
セクシー女優・本郷愛は緊張しっぱなし… 「見た目がヒワイ」な鬼越・坂井にNG宣告
 セクシー女優の本郷愛(22)の“スカパー!アダルト放送大賞2022受賞記念番組”「MVA受賞記念【本郷愛】目指せ! 三...
2022-07-06 17:03 エンタメ
綾野剛「オールドルーキー」視聴率2ケタ維持でもホッとできないアンチの存在
〈綾野剛の脚はサッカー選手にしては細すぎる〉〈癒やし系の榮倉奈々は元女子アナに見えない〉──なんて細かなツッコミはあれこ...
2022-07-06 17:03 エンタメ