平手友梨奈ソロは櫻坂46を守る!? 意味深な歌詞を紐解く

こじらぶ ライター
更新日:2020-12-19 06:00
投稿日:2020-12-19 06:00

平手ソロは櫻坂46再デビューを霞めたのか

櫻坂46の再デビュー日にオリジナルソロ曲の披露が重なった平手(左)。意味深な歌詞に込められた想いとは…/平手友梨奈公式サイト(左)、(C)日刊ゲンダイ(中央、右)
櫻坂46の再デビュー日にオリジナルソロ曲の披露が重なった平手(左)。意味深な歌詞に込められた想いとは… /平手友梨奈公式サイト(左)、(C)日刊ゲンダイ(中央、右)

 今月9日に放送された「2020FNS歌謡祭第2夜」(フジテレビ系、以下「FNS」)。同番組では、欅坂46から改名し同日に再デビューを迎えた櫻坂46が表題曲「Nobody’s fault」を、欅坂46脱退後ソロとして平手友梨奈(19)が初のオリジナル曲「ダンスの理由」をそれぞれ披露した。

 もともとちょうど再デビュー日にFNS出演アーティストとして事前に発表されていた櫻坂46と違い、平手の出演は1週前に突然発表され、演目も当日まで明かされないという異例の対応がなされていた。また、「ダンスの理由」に欅坂46時代の苦悩を回顧する意味深な歌詞もあったため、一部のファンからは平手が櫻坂46の晴れの再デビュー日を霞めてしまったとの声も上がった。

 ただ、出演日が重なったことについては、まずFNSディレクターが欅坂46初期から平手を評価し、グループとは別途、個人でも出演させてきた経緯がある。

 半ばFNSのレギュラーのような存在になりつつある平手には櫻坂46の再デビューとは関係なく、キャスティング初期段階からオファーがいっていたと思われる。平手側に急遽(に見える)の出演で櫻坂46再デビューを霞めようなどという意図は、皆無だったはずだ。

“後出しじゃんけん”というよりも…

 それよりむしろ、早い段階で平手がFNSでオリジナルソロ曲を披露すると発表されていたら、当然多くの人が彼女のソロデビューを期待していただろう。その方が、再デビューシングル売り上げのうち発売日(=FNS放送日)以前の予約購入が大半を締める櫻坂46にとって、打撃を与えることになったかもしれない。出演自体や演目を可能な限りギリギリまで発表しないことで、櫻坂46の予約販売の妨げにならない結果となった。

 それはFNS放送日であり櫻坂46再デビュー曲発売日であった9日から1週間以上経ち、櫻坂46が週間40.9万枚の売上げでオリコン週間ランキング1位を無事獲得した後も、平手の歌手としてのその後の動きを伏せるという形で続いている(12月18日時点)。

本当に欅坂46時代の平手だけの苦悩なのか

欅坂46ドキュメンタリーではセンターとして全力パフォーマンス後に何度も倒れ、メンバーらに担がれる平手の姿が/「僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46」予告編公式より
欅坂46ドキュメンタリーではセンターとして全力パフォーマンス後に何度も倒れ、メンバーらに担がれる平手の姿が /「僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46」予告編公式より

 そして一部のファンから疑問視された「ダンスの理由」にある欅坂46時代の苦悩を表したような意味深な歌詞。

『誰かがいてくれたら普通でいられた 誰もいなかったから 仕方なく踊るしかなかったんだ』

 ここだけを見ると1人でセンターの重責を担い続けてきた欅坂46時代の苦悩をぶつけているだけに見える。だがその続きを見ると、

『誰かが貧乏くじ引いて 一人きり泣いているのなら』

『犠牲はしょうがないなんて 部外者に言わせるものか 私が許さない』

 この犠牲とは、欅坂46のセンターとして一度もその責務から解放されずアイドルグループの一員として限界を迎えた自身を指していると思われる。

 そして“他人”ではなく『部外者』という言葉から、“誰か”と平手は同じ内部の人間であると推察できる。歌詞の端々から過去の自分そのものを指しているようにも見えるし、自分と同じ目に遭いそうな人物にもとれる。

 それは同曲の、

『もしも同じような境遇ならば 同じ目に遭わせない』

 という歌詞にも表れていると思う。自身がなぜ追い込まれることになったのかを、痛々しいまでに吐露することで、同じことが繰り返され自分に次ぐ犠牲者が出ることは阻止したいという想いも伝わってくる。

櫻坂46“3人センター制度”から分かること

 そんな平手の想いを知る秋元氏か、あるいは平手と櫻坂46が所属する事務所運営スタッフ主導のもと、櫻坂46の1stシングルでは、CD計5タイプに収録の全7曲を、森田ひかる(19)、藤吉夏鈴(19)、山﨑天(15)の2期生3人がセンターを分け合う“3人センター制度”で負担を分散させる体制を整えた。

 森田センターの表題曲「Nobody’s fault」は欅坂46時代と同様に秋元氏が作詞しているが、主人公が自身を鼓舞し奮い立たせる強さを持っている。また、藤吉センター曲「なぜ 恋をして来なかったんだろう?」では、初めて彼氏ができた主人公が恋愛の素晴らしさに目覚めていく様を表現し、山﨑センター曲「Buddies」では仲間(メンバー、ファン)の大切さを壮大に歌い上げている。

エンタメ 新着一覧


「全裸監督2」山田孝之は応酬話法炸裂!村西とおるが前作以上に乗り移っている
【「全裸監督」原作者・本橋信宏氏が緊急寄稿!】  結論から言うと、Netflix世界190カ国同時配信「全裸監督 シー...
2021-06-25 17:03 エンタメ
深田恭子恋人の杉本宏之氏 “事実上の結婚宣言”を旗印にマスコミ露出の目的は?
 適応障害で休養中の女優・深田恭子(38)との交際が報じられている不動産会社シーラホールディングス会長の杉本宏之氏(43...
2021-06-25 17:03 エンタメ
NHK Eテレのアニメ「不滅のあなたへ」が描く哲学的な世界観とは
【SALLiA「トレンドなるままに」】  現在、NHK・Eテレで放送中のテレビアニメ「不滅のあなたへ」(毎週月曜午後1...
2021-06-25 17:03 エンタメ
「ドラゴン桜」最終回“最強の助っ人”は誰だ!ガッキー、山P…大穴は仲間由紀恵
 俳優の阿部寛(57)が主演を務めるTBS系連続ドラマ「ドラゴン桜」が27日に最終回を迎える。20日の第9話の平均視聴率...
2021-06-25 17:03 エンタメ
俳優・織部典成「新しい扉が開いた」 主演映画「僕が君の耳になる」で手話初挑戦
 耳の不自由な女性と、聞こえる男性の実話を基にした恋愛映画「僕が君の耳になる」(テンダープロ配給)が25日に公開となる。...
2021-06-25 17:03 エンタメ
「あの頃の世界戦はだいたい『姫』で決めたようなもんだから」
【芸能界と格闘技界 その深淵】#16  JR目黒駅西口を出て権之助坂を三叉路まで下ると、その左手にコーヒーショップチェ...
2021-06-25 17:03 エンタメ
水森かおり様はエラぶらないし、素直だし、明るい! コレ大事なんですな
【石倉三郎 粋に活きてえなぁ】#12  只今アタクシめ、明治座にて、水森かおり公演に出演中でございやして、今月二十七日...
2021-06-25 17:03 エンタメ
<43>いかりや長介さん、ドリフターズのみんなと撮った写真も懐かしい
【天才アラーキー傘寿を語る】#43  これはザ・ドリフターズだね。雑誌の連載で、いかりや長介さんを撮影したときに、ドリ...
2021-06-25 17:03 エンタメ
岡田准一は伝説のヒーローに!新作「ザ・ファブル」邦画アクションに新風吹き込む
【大高宏雄の新「日本映画界」最前線】  映画の俳優が生き生きしているとうれしくなる。俳優が作品の面白さを引き出す。そこ...
2021-06-25 17:03 エンタメ
五輪会場“酒類提供”めぐり芸能界に起こっていた怒りの連鎖
 東京五輪で、組織委が会場での「酒類販売」を検討していることに関しては、芸能界からも非難ごうごうだった。 「羽鳥慎一モ...
2021-06-24 17:03 エンタメ
小川彩佳“理想のリコカツ”進行中 ×付き同性の共感もアップ
「ニュース23」(TBS系)キャスターの小川彩佳(36)が、医療ベンチャー、メドレー取締役で、夫の豊田剛一郎氏(37)と...
2021-06-24 17:03 エンタメ
「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?
 さすが、阿部寛(57)主演の連続ドラマ「ドラゴン桜」(TBS系日曜夜9時)が、27日の最終回に向けてどんどん盛り上がっ...
2021-06-24 17:03 エンタメ
“業火”に焼かれるべきは誰なのか ついに地獄の扉が開いた!
【ラサール石井 東憤西笑】#61  地獄の扉が開かれた。  東京五輪開催が既成事実となったのだ。今や中止などと主張す...
2021-06-24 17:03 エンタメ
麒麟・田村裕の“テンパり具合”が「コント55号」に重なる
【お笑い界 偉人・奇人・変人伝】  麒麟の巻(2)  ◇  ◇  ◇    前回、麒麟の“聞く耳”を持つ柔軟性につ...
2021-06-24 17:03 エンタメ
天海祐希の人品骨柄を桃井かおり大絶賛 初共演でトリコに
 女優の桃井かおり(70)が、7月8日スタートの天海祐希(53)主演のテレビ朝日系木曜ドラマ「緊急取調室」の初回ゲストと...
2021-06-24 17:03 エンタメ
劇団俳優座「インク」 大衆の欲望と新聞の倫理の相克を鮮烈に活写
【演劇えんま帳】  1969年のロンドン・フリート街(新聞街)を舞台に、発行部数をめぐる新聞社間の熾烈な闘いを描いたも...
2021-06-24 17:03 エンタメ