平手友梨奈ソロは櫻坂46を守る!? 意味深な歌詞を紐解く

こじらぶ ライター
更新日:2020-12-19 06:00
投稿日:2020-12-19 06:00

平手ソロは櫻坂46再デビューを霞めたのか

櫻坂46の再デビュー日にオリジナルソロ曲の披露が重なった平手(左)。意味深な歌詞に込められた想いとは…/平手友梨奈公式サイト(左)、(C)日刊ゲンダイ(中央、右)
櫻坂46の再デビュー日にオリジナルソロ曲の披露が重なった平手(左)。意味深な歌詞に込められた想いとは… /平手友梨奈公式サイト(左)、(C)日刊ゲンダイ(中央、右)

 今月9日に放送された「2020FNS歌謡祭第2夜」(フジテレビ系、以下「FNS」)。同番組では、欅坂46から改名し同日に再デビューを迎えた櫻坂46が表題曲「Nobody’s fault」を、欅坂46脱退後ソロとして平手友梨奈(19)が初のオリジナル曲「ダンスの理由」をそれぞれ披露した。

 もともとちょうど再デビュー日にFNS出演アーティストとして事前に発表されていた櫻坂46と違い、平手の出演は1週前に突然発表され、演目も当日まで明かされないという異例の対応がなされていた。また、「ダンスの理由」に欅坂46時代の苦悩を回顧する意味深な歌詞もあったため、一部のファンからは平手が櫻坂46の晴れの再デビュー日を霞めてしまったとの声も上がった。

 ただ、出演日が重なったことについては、まずFNSディレクターが欅坂46初期から平手を評価し、グループとは別途、個人でも出演させてきた経緯がある。

 半ばFNSのレギュラーのような存在になりつつある平手には櫻坂46の再デビューとは関係なく、キャスティング初期段階からオファーがいっていたと思われる。平手側に急遽(に見える)の出演で櫻坂46再デビューを霞めようなどという意図は、皆無だったはずだ。

“後出しじゃんけん”というよりも…

 それよりむしろ、早い段階で平手がFNSでオリジナルソロ曲を披露すると発表されていたら、当然多くの人が彼女のソロデビューを期待していただろう。その方が、再デビューシングル売り上げのうち発売日(=FNS放送日)以前の予約購入が大半を締める櫻坂46にとって、打撃を与えることになったかもしれない。出演自体や演目を可能な限りギリギリまで発表しないことで、櫻坂46の予約販売の妨げにならない結果となった。

 それはFNS放送日であり櫻坂46再デビュー曲発売日であった9日から1週間以上経ち、櫻坂46が週間40.9万枚の売上げでオリコン週間ランキング1位を無事獲得した後も、平手の歌手としてのその後の動きを伏せるという形で続いている(12月18日時点)。

本当に欅坂46時代の平手だけの苦悩なのか

欅坂46ドキュメンタリーではセンターとして全力パフォーマンス後に何度も倒れ、メンバーらに担がれる平手の姿が/「僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46」予告編公式より
欅坂46ドキュメンタリーではセンターとして全力パフォーマンス後に何度も倒れ、メンバーらに担がれる平手の姿が /「僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46」予告編公式より

 そして一部のファンから疑問視された「ダンスの理由」にある欅坂46時代の苦悩を表したような意味深な歌詞。

『誰かがいてくれたら普通でいられた 誰もいなかったから 仕方なく踊るしかなかったんだ』

 ここだけを見ると1人でセンターの重責を担い続けてきた欅坂46時代の苦悩をぶつけているだけに見える。だがその続きを見ると、

『誰かが貧乏くじ引いて 一人きり泣いているのなら』

『犠牲はしょうがないなんて 部外者に言わせるものか 私が許さない』

 この犠牲とは、欅坂46のセンターとして一度もその責務から解放されずアイドルグループの一員として限界を迎えた自身を指していると思われる。

 そして“他人”ではなく『部外者』という言葉から、“誰か”と平手は同じ内部の人間であると推察できる。歌詞の端々から過去の自分そのものを指しているようにも見えるし、自分と同じ目に遭いそうな人物にもとれる。

 それは同曲の、

『もしも同じような境遇ならば 同じ目に遭わせない』

 という歌詞にも表れていると思う。自身がなぜ追い込まれることになったのかを、痛々しいまでに吐露することで、同じことが繰り返され自分に次ぐ犠牲者が出ることは阻止したいという想いも伝わってくる。

櫻坂46“3人センター制度”から分かること

 そんな平手の想いを知る秋元氏か、あるいは平手と櫻坂46が所属する事務所運営スタッフ主導のもと、櫻坂46の1stシングルでは、CD計5タイプに収録の全7曲を、森田ひかる(19)、藤吉夏鈴(19)、山﨑天(15)の2期生3人がセンターを分け合う“3人センター制度”で負担を分散させる体制を整えた。

 森田センターの表題曲「Nobody’s fault」は欅坂46時代と同様に秋元氏が作詞しているが、主人公が自身を鼓舞し奮い立たせる強さを持っている。また、藤吉センター曲「なぜ 恋をして来なかったんだろう?」では、初めて彼氏ができた主人公が恋愛の素晴らしさに目覚めていく様を表現し、山﨑センター曲「Buddies」では仲間(メンバー、ファン)の大切さを壮大に歌い上げている。

エンタメ 新着一覧


笠智衆3部作編(3)「岸本さんからは生命感があふれていて、笠さん演じる老人との対比になっている」
【鈴木敏夫 新・映画道楽 体験的女優論】  笠智衆3部作編(3)   ◇  ◇  ◇  山田太一による笠智衆3部作...
2022-12-05 17:03 エンタメ
宮前真樹さんは料理研究家を経て再び芸能界へ「アイドルも料理も経験しているのは私だけ」
【あの人は今こうしている】  宮前真樹さん(アイドルグループCoCo元メンバー)  ◇  ◇  ◇ 「やってますね...
2022-12-05 17:03 エンタメ
東出昌大「三好達治が別れた妻子に仕送りしたかった気持ちは、もちろんボクには分かる」
【注目の人 直撃インタビュー】  東出昌大(俳優)  ついに本格復帰に向けて動きだした。2年前、女優・杏(36)との...
2022-12-05 17:03 エンタメ
崔洋一が『血と骨』の原作者・梁石日に「小さな破滅」を迫ったわけ
【佐高信「追悼譜」】  崔洋一(2022年11月27日没 享年73)  ◇  ◇  ◇  崔洋一にインタビューした...
2022-12-05 17:03 エンタメ
唐田えりか“アンチの声”はね返す完全復活 こぼれる涙に「お帰り!」と迎えたファンの声
 11月26日に主演映画「の方へ、流れる」の初日舞台挨拶に登場した女優の唐田えりか(25)。20年1月に当時既婚者だった...
2022-12-05 17:03 エンタメ
アジャコングさん女子プロレスデビュー3年目までは壮絶貧乏…「勝たなきゃ明日は食えない」
【役者・芸人 貧乏物語】  アジャコング(プロレスラー)  女子プロレスのヒールといえばこの人、アジャコングさん。い...
2022-12-05 17:03 エンタメ
中居正広が「休養延長」を発表も…大物芸能人ほど《ゆっくり休んで》というコメントが嫌い?
 中居正広(50)が2日に“休養延長”を発表し、ファンはやきもきしている。  今年7月に急性虫垂炎の手術を受けた中居は...
2022-12-04 17:03 エンタメ
村川透監督が崔洋一氏の死を悼む 最初の仕事で「君たち、本当に助監督か」
 崔さん! あなたは多難な世情の中、我々日本映画監督協会の理事長という重責を担い、体を張ってことに当たり、見事果たし、前...
2022-12-04 17:03 エンタメ
2022年「テレビの顔」は麒麟・川島明で決まり! レギュラー8本、番組出演本数1位を狙う
【桧山珠美 あれもこれも言わせて】  2022年も残すところ1カ月。流行語大賞や話題の商品など、この一年を振り返る企画...
2022-12-04 17:03 エンタメ
ずっと根拠なき自信をみなぎらせ 小島よしおは新天地を開拓し続ける
【今週グサッときた名言珍言】 「当時のマネジャーさんからは『花屋になった方がいい』って言われた」  (小島よしお/テレ...
2022-12-04 17:03 エンタメ
戸田恵梨香"おめでた"に水を差す映画「母性」興行成績 敗因は永野芽郁のキャスティング?
 戸田恵梨香(34)が11月28日、所属事務所の公式サイトを通じて第1子妊娠を発表した。この祝福ムードに水を差しているの...
2022-12-04 17:03 エンタメ
ディベート対決もラッパーもお金になっている 「負の感情」がアウトプットの源泉に
【とろサーモン久保田の「玉手箱人生」】#14  最近はお笑いだけじゃなく、いろんなタイプの番組に呼んでもらうことも増え...
2022-12-04 17:03 エンタメ
愛子さまと悠仁さまだけで未来の皇統は大丈夫なのか?
【皇室のトリビア】#95  前回、早く女性宮家を創設して秋篠宮家の佳子さまに当主になっていただきたいと書いたが、これに...
2022-12-04 17:03 エンタメ
NHK大河「鎌倉殿の13人」アッと驚く最終回…義時は惨殺され、八重は生きている?
 NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」もいよいよ大詰め、18日放送の最終回で北条義時(小栗旬)の最期が描かれる。どんな死に...
2022-12-04 17:03 エンタメ
岸田首相は“雑誌の底力”を甘く見ていた 田中角栄も宇野宗佑も安倍晋三も射止めているのだ
 昔、週刊誌記者は「首輪のない猟犬」といわれた。  上品ぶった新聞・テレビがやらない、権力者たちのカネと下半身問題を容...
2022-12-04 17:03 エンタメ
流行語大賞で毎年指摘される“野球偏重説”に終止符? やくみつる氏が「ゴリ押し」否定発言
 12月1日、今年の「ユーキャン 新語・流行語大賞」が発表された。年間大賞にはプロ野球・ヤクルトスワローズの村上宗隆(2...
2022-12-04 17:03 エンタメ