平手友梨奈ソロは櫻坂46を守る!? 意味深な歌詞を紐解く

こじらぶ ライター
更新日:2020-12-19 06:00
投稿日:2020-12-19 06:00

平手ソロは櫻坂46再デビューを霞めたのか

櫻坂46の再デビュー日にオリジナルソロ曲の披露が重なった平手(左)。意味深な歌詞に込められた想いとは…/平手友梨奈公式サイト(左)、(C)日刊ゲンダイ(中央、右)
櫻坂46の再デビュー日にオリジナルソロ曲の披露が重なった平手(左)。意味深な歌詞に込められた想いとは… /平手友梨奈公式サイト(左)、(C)日刊ゲンダイ(中央、右)

 今月9日に放送された「2020FNS歌謡祭第2夜」(フジテレビ系、以下「FNS」)。同番組では、欅坂46から改名し同日に再デビューを迎えた櫻坂46が表題曲「Nobody’s fault」を、欅坂46脱退後ソロとして平手友梨奈(19)が初のオリジナル曲「ダンスの理由」をそれぞれ披露した。

 もともとちょうど再デビュー日にFNS出演アーティストとして事前に発表されていた櫻坂46と違い、平手の出演は1週前に突然発表され、演目も当日まで明かされないという異例の対応がなされていた。また、「ダンスの理由」に欅坂46時代の苦悩を回顧する意味深な歌詞もあったため、一部のファンからは平手が櫻坂46の晴れの再デビュー日を霞めてしまったとの声も上がった。

 ただ、出演日が重なったことについては、まずFNSディレクターが欅坂46初期から平手を評価し、グループとは別途、個人でも出演させてきた経緯がある。

 半ばFNSのレギュラーのような存在になりつつある平手には櫻坂46の再デビューとは関係なく、キャスティング初期段階からオファーがいっていたと思われる。平手側に急遽(に見える)の出演で櫻坂46再デビューを霞めようなどという意図は、皆無だったはずだ。

“後出しじゃんけん”というよりも…

 それよりむしろ、早い段階で平手がFNSでオリジナルソロ曲を披露すると発表されていたら、当然多くの人が彼女のソロデビューを期待していただろう。その方が、再デビューシングル売り上げのうち発売日(=FNS放送日)以前の予約購入が大半を締める櫻坂46にとって、打撃を与えることになったかもしれない。出演自体や演目を可能な限りギリギリまで発表しないことで、櫻坂46の予約販売の妨げにならない結果となった。

 それはFNS放送日であり櫻坂46再デビュー曲発売日であった9日から1週間以上経ち、櫻坂46が週間40.9万枚の売上げでオリコン週間ランキング1位を無事獲得した後も、平手の歌手としてのその後の動きを伏せるという形で続いている(12月18日時点)。

本当に欅坂46時代の平手だけの苦悩なのか

欅坂46ドキュメンタリーではセンターとして全力パフォーマンス後に何度も倒れ、メンバーらに担がれる平手の姿が/「僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46」予告編公式より
欅坂46ドキュメンタリーではセンターとして全力パフォーマンス後に何度も倒れ、メンバーらに担がれる平手の姿が /「僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46」予告編公式より

 そして一部のファンから疑問視された「ダンスの理由」にある欅坂46時代の苦悩を表したような意味深な歌詞。

『誰かがいてくれたら普通でいられた 誰もいなかったから 仕方なく踊るしかなかったんだ』

 ここだけを見ると1人でセンターの重責を担い続けてきた欅坂46時代の苦悩をぶつけているだけに見える。だがその続きを見ると、

『誰かが貧乏くじ引いて 一人きり泣いているのなら』

『犠牲はしょうがないなんて 部外者に言わせるものか 私が許さない』

 この犠牲とは、欅坂46のセンターとして一度もその責務から解放されずアイドルグループの一員として限界を迎えた自身を指していると思われる。

 そして“他人”ではなく『部外者』という言葉から、“誰か”と平手は同じ内部の人間であると推察できる。歌詞の端々から過去の自分そのものを指しているようにも見えるし、自分と同じ目に遭いそうな人物にもとれる。

 それは同曲の、

『もしも同じような境遇ならば 同じ目に遭わせない』

 という歌詞にも表れていると思う。自身がなぜ追い込まれることになったのかを、痛々しいまでに吐露することで、同じことが繰り返され自分に次ぐ犠牲者が出ることは阻止したいという想いも伝わってくる。

櫻坂46“3人センター制度”から分かること

 そんな平手の想いを知る秋元氏か、あるいは平手と櫻坂46が所属する事務所運営スタッフ主導のもと、櫻坂46の1stシングルでは、CD計5タイプに収録の全7曲を、森田ひかる(19)、藤吉夏鈴(19)、山﨑天(15)の2期生3人がセンターを分け合う“3人センター制度”で負担を分散させる体制を整えた。

 森田センターの表題曲「Nobody’s fault」は欅坂46時代と同様に秋元氏が作詞しているが、主人公が自身を鼓舞し奮い立たせる強さを持っている。また、藤吉センター曲「なぜ 恋をして来なかったんだろう?」では、初めて彼氏ができた主人公が恋愛の素晴らしさに目覚めていく様を表現し、山﨑センター曲「Buddies」では仲間(メンバー、ファン)の大切さを壮大に歌い上げている。

エンタメ 新着一覧


小室圭さん、眞子さんは多くの謎を残したまま渡米へ「段取り通り」記者会見への評価
《文書回答いただきました。ありがとうございます》  これは26日に小室圭さん(30)と皇籍離脱した妻の眞子さん(30)...
2021-10-28 17:13 エンタメ
ドラマ「日本沈没」の海底調査シーンの描き方はリアル 東大地震研究所の教授も納得
 10月10日から放送をスタートした小栗旬主演の日曜劇場『日本沈没-希望のひと-』(TBS系)の視聴率が初回、2話続いて...
2021-10-28 17:03 エンタメ
渡部建は「芸能界引退説」囁かれ…妻・佐々木希と相方・児嶋一哉に迫る“決断の時”
「多目的トイレ不倫騒動」から1年4カ月、いまだ復帰できない渡部建(49)だが、周囲は微妙な変化が起きているようだ。妻で女...
2021-10-28 17:03 エンタメ
<79>早貴被告は急に口を開くと「社長が大下さんに3000万円を渡してくれって」
【紀州のドン・ファンと元妻 最期の5カ月の真実】#79  早貴被告と家政婦の大下さんはそれほど仲が良くなかったが、ある...
2021-10-28 17:03 エンタメ
AdoがNHK紅白歌合戦の“隠し玉”に浮上 若者の視聴者取り込みなるか?
 女優の米倉涼子(46)が主演を務めるテレビ朝日系木曜ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」の主題歌に起用されている...
2021-10-28 17:03 エンタメ
投票率が上がれば世の中は変わるよ もうそろそろ怒ってもいいんじゃないの?
【ラサール石井 東憤西笑】#79  さて総選挙である。  いよいよ選挙戦の終盤だ。世の中は盛り上がっているのかいない...
2021-10-28 17:03 エンタメ
嵐・松本潤は「未来の巨匠」か…ライブ映画でみせた演出家としての実力
 嵐の松本潤(38)が25日、東京・丸の内の外国特派員協会でグループ初のライブ映画「ARASHI 5×20 FILM~R...
2021-10-28 17:03 エンタメ
ウクレレ漫談・牧伸二師匠「あ~やんなっちゃった~」誕生秘話
【お笑い界 偉人・奇人・変人伝】#72  牧伸二の巻   ◇  ◇  ◇  20年以上も前、ウクレレ漫談でおなじみ...
2021-10-28 17:03 エンタメ
五木ひろしもついに卒業…「紅白の演歌離れ」から見えてくる世相とは
【芸能界クロスロード】 「紅白」の出場者が話題になる季節。最初に発表されるのは司会者だが、その前に五木ひろしは「喜びを...
2021-10-28 17:03 エンタメ
秋田汐梨の見る人を引きつける華やかさは「打ち上げ花火のフィナーレ」のよう
【秋ドラマ 新顔ヒロインの素顔と実力】#7  秋田汐梨(18)=「トーキョー製麺所」MBS/TBS系  ◇  ◇  ...
2021-10-28 17:13 エンタメ
不仲報道の戸田恵梨香と水川あさみ インスタに“真っ黒画面&メッセージ”同日投稿のナゼ
 戸田恵梨香(33)が27日、自身のインスタグラムを更新。真っ暗な画面に白抜きの文字で「どれだけの人を巻き込んだら気が済...
2021-10-28 17:03 エンタメ
小室眞子さん報道は「視聴者の興味あることをやっただけ」 フジ「バイキング」坂上忍氏の呆れた開き直り
(文=森暢平/成城大学文芸学部教授)  いわゆる「眞子さま問題」も、10月26日の婚姻届提出と記者会見でひと区切りつい...
2021-10-28 17:13 エンタメ
熊田曜子に“夫を寝取られた”平井理央の心中…泥沼の離婚騒動が飛び火
 タレントの熊田曜子(39)が今年5月、夫のA氏からDV被害を受けたとして訴訟を起こしていた件。10月15日の初公判でA...
2021-10-27 17:03 エンタメ
V6が提示した大人のアイドル像 11.1解散までメンバーに「不祥事なし、確執なし、離脱なし」
 V6の解散まであと1週間を切り、テレビではV6特集が組まれている。  26日には、彼らの看板バラエティー番組「学校へ...
2021-10-27 17:03 エンタメ
<78>早貴被告は喪主の挨拶の「ひな型」をそのまま読み上げた
【紀州のドン・ファンと元妻 最期の5カ月の真実】#78 「喪主さんはどなたが?」  葬儀屋さんのTさんが聞いた。30...
2021-10-27 17:03 エンタメ
「りんくま」こと久間田琳加は同世代女子から絶大な支持を得る
【秋ドラマ 新顔ヒロインの素顔と実力】  久間田琳加(20歳)=「お茶にごす。」テレビ東京系  ◇  ◇  ◇  ...
2021-10-27 17:03 エンタメ