“モテ女”が仕掛ける「あいうえお」合コンで確実に使えます!

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2022-06-06 06:00
投稿日:2022-06-06 06:00

「さしすせそ」はもう古い!モテる女は「あいうえお」

合コンは戦場だ!(写真:iStock)
合コンは戦場だ! (写真:iStock)

 数年前に、合コンの「さしすせそ」が分かる曲がSNSで流行していたのをご存知でしょうか。

 雪印メグミルクの『重ねドルチェ』というスイーツのCMソング「カサネテク」という曲。合コン女子の必殺テクや、腹黒さ・計算高さを覗き見できるということで、男女ともに様々な意見が飛び交っていました。

 さてそれから数年が経っているわけですが、最近また動画SNSでこの「さしすせそ」を耳にするように。ただ、恋愛市場は年々変容しています。

恋愛市場においてもアップデートは必須

 曲の歌詞に登場する「さすが~!」「知らなかった〜!」「すご~い!」「センスいいですね~!」「そうなんだ~!」というリアクションも、もはや古くなってしまったのです。

 コロナ禍が後押ししてマッチングアプリでの個人プレーがだいぶ一般化した現在。上記のような「定番セリフ」は、恋愛市場の最先端にいる人たちにとっては耳タコなセリフ……。そのまま使うと、つまらない女アピールになってしまいます。

 ということで、今回は令和最先端の恋愛市場に合わせた、合コン・デートで使えるモテる女の「あいうえお」をお教えします。

【あ】あ、気にしないで〜!

コミュ力と親近感をアピール(写真:iStock)
コミュ力と親近感をアピール (写真:iStock)

 敬語でかしこまれば清楚アピールになると考える女性もいるかもしれませんが、今男性が求めているのは、果たして清楚でかしこまった女性なのでしょうか。

 昔より、初対面の人とフランクに会う機会が多くなっている今。合コンの場でも、周りに合わせ過ぎず多少フランクに話した方が、異性と打ち解けるのも早くなります。

 サラダを取り分ける古めな合コン女子に先手を取られた時。「最後だからちょっと少なくなっちゃった、ごめんね」なんて気が遣えるアピールにカウンターを食らわせるのが、「あ、気にしないで!」というセリフ。

 細かいことは気にしない気軽さ、そしてタメ口。コミュニケーション能力の高さと親近感を、その場にいる全員に与えられます。

【い】いい人だなって思う人もいるんだけどね

ミステリアスさをアピールしつつ競争欲求も刺激(写真:iStock)
ミステリアスさをアピールしつつ競争欲求も刺激 (写真:iStock)

 合コンやデートでの定番会話といえば「〇〇ちゃんはなんで彼氏いないの?」という質問。

 まあ彼氏がいないからこうして出会いの場に来ているわけですが、いざ聞かれるとそのまま伝えるわけにもいかず、困ることもあるのではないでしょうか。

 きちんと説明しようと思うと、最近の恋愛事情とか、前の彼氏についてダラダラと話すことになります。

 でも、それって本当に必要? 元カレの話ってあまり聞きたくないという男性もいるし、別れている以上最後は失敗談で終わるので、相手にいい印象を与えられるかというと、そうでもありません。

 だからこそ、最初は含みをも持たせてこのセリフ。

いい人だなって思う人もいるんだけどね

 そう言われると、現在進行系で誰かに言い寄られてはいるというなミステリアスさを感じさせます。

 でもまだ悩んでいるから、自分にもチャンスはあるのかも。そう思わせることで、男性の競争欲求を駆り立てることもできて一石二鳥。現在恋人がいない細かい理由は、仲良くなったら「あなたにだけ特別」と話す方が効果的です。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


年上を狙うハイエナに注意!アプリで出会った自己中心浮気男
 近ごろ、マッチングアプリで年下男性を希望する女性が急増しています。  若い男性とのスイートな真剣交際を夢見る女性に忍...
内藤みか 2022-07-07 06:00 ラブ
復縁後の彼氏が冷たいって何なん? “地獄の過ち”二度は嫌!
 別れた元彼と復縁をした経験がある人は少なくありません。別れを後悔し、念願叶ってやっと復縁できたとなれば、当然嬉しいです...
恋バナ調査隊 2022-07-07 06:00 ラブ
元カレから連絡キタ…復縁できる? 元カノにLINEする男性心理
 未練が残る元カレから連絡がくるとドキッとしますよね。「最近調子どう? 元気?」なんてきたら、嬉しさと切なさでいっぱいに...
若林杏樹 2022-07-06 06:00 ラブ
イケメン夫と結婚した妻の本音…“超絶幸せ”と“憂鬱”どっち?
 婚活中の女性に、どんな人と結婚したいかを聞くと、性格や経済面を差し置いて、まず最初に「イケメン」と答える人がいます。ま...
田中絵音 2022-07-06 06:00 ラブ
「ギャップモテ」40代女性でも使えるのか問題!NG行動あるよ
 ギャップのある女性は、年齢に関係なく男性からモテるもの。40代女性で「ギャップモテ」を狙っている人もいるでしょう。そこ...
恋バナ調査隊 2022-07-06 06:00 ラブ
シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ