4年以上の長い春…別れる前に知っておきたい理由別対処法

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-04-24 10:33
投稿日:2019-04-24 06:00
 4年以上の長い春に別れを告げたいものの、「後悔するかもしれない」と、結局ずるずると関係を続けてしまっている方は多いでしょう。今回は、そんな長い春と決別する前に、知っておきたい対処法についてお伝えします。

別れの理由を明確にすることが肝心!理由別対処法!

「別れたい」理由をじっくり考える(写真:iStock)
「別れたい」理由をじっくり考える (写真:iStock)

 後悔なく長い春を終わらせたいのであれば、「なぜ別れたいのか」を、じっくり考えることが大切!別れを思う3大理由、「結婚が見えない・マンネリが嫌・他に好きな人ができた」場合の、対処法を見ていきましょう。

理由1:結婚が見えない

 結婚が見えないことで別れを考えるのであれば、男性側が「いつかは結婚したい」のか、そもそも「結婚願望がない」のかを再確認する必要があります。

いつかは結婚したいと言う男性の場合

 彼と結婚したい気持ちがあなたにあるのなら、別れを焦らずに「期限を決めてお付き合いを続ける」のがおすすめ。期限が来たら自分の両親に会わせるなど、強行突破もアリですね。

 ただし、具体的な話をした時に男性が乗り気でないようであれば、あなたと結婚するつもりがない可能性もあるため、別れを考えた方が良いかもしれません。

結婚願望がない男性の場合

 結婚願望がない男性と長年付き合っているのであれば、「あなた自身が、なぜ結婚したいのか」ということを考えるべきでしょう。

 例えば、「年齢的に今すぐ子どもを産みたい」のであれば、別れを急いだ方が良いでしょうし、「精神的に安定したい」のであれば、根本的に彼に安心できない何かしらの理由があることに気づくべきです。

 見極めが難しいのが「結婚願望がない」と言いつつ、案外あっさり結婚して良い夫になる男性も多いこと。このまま続けて「未来があるのか」を判断することが大切でしょう。

理由2:マンネリが嫌

 マンネリといっても、「慣れた」なのか「冷めた」なのかによって、対処法は大きく違います。

慣れた場合

「マンネリしているけれど、結婚するならこの人かな」と、「慣れ」を受け入れられるのであれば、思い切って結婚をしてみたり、子どもを作ってみたりなど、2人の周りの環境を変えるだけで新しい刺激がやってくるはず。

 でも、あなた自身が「他を見てみたい」「もっとドキドキしたい」ということであれば、話は別。別れて思いのままに動いてみると良いと思います。どんな未来が待っていたとしても、後悔は先に立ちませんから。

冷めた場合

 基本的に女性は、冷めた相手とずるずる付き合うことをしません。触れたくないほどであれば、すぐにでも別れて良いでしょう。

 でも、冷めていてなお、あなたを引き止めるものがあるのであれば、彼の持つ「スペック」が関係しているのかもしれませんね。このスペックが愛情に勝ると思うのであれば、引き続き我慢しながら、長い春を過ごしてみるより他ありません。

理由3:他に好きな人ができた

 他に好きな人ができたのなら、今すぐにでも別れることをおすすめします。なぜなら、このまま一緒にいても、どんどん愛情がなくなってしまうから!「別れるのであれば愛情は必要ないんじゃ?」と思う方もいると思いますが、実は、長い春後に復縁するカップルは、3割もいるのだそう。

 お互いフリーでタイミングが合えばあっさり戻れることもありますが、ひどい別れ方をして復縁どころではなかったり、相手が別の女性と付き合っていたり、となると、その瞬間に「長い春=忘れられない恋」になってしまいます。

 新しい彼ができても元彼を追い求めてしまう「長い春症候群」に陥る人も多いため、注意が必要です。

4年以上の長い春は「やっぱり暖かい」ことも多い

自発的に動かなければ次のステップにはいけない(写真:iStock)
自発的に動かなければ次のステップにはいけない (写真:iStock)

 4年以上の日々を共に過ごしてきた長い春カップルは、自然消滅や心変わりなどが起こりにくく、別れるきっかけがなかなかありません。要は、別れを決めるにせよ、継続するにせよ、自発的に動かないと自分の満足するステップにはいけないのです。

 でも、長い春を一緒に過ごせているということは、根本的に2人は「合う」ということ。いつか後悔しないためにもよく考えて、納得いく結論を出してくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
「彼氏を大事にしているはずなのに、なぜか浮気されやすい……」そんなお悩みはありませんか? 今回は、そんな女性に共通する特...
リタ・トーコ 2020-07-14 06:00 ラブ
FILM
 日本の生涯未婚率が上昇傾向にある一方で、「3組に1組が離婚している」と言われる昨今。新型コロナウィルスによる自粛期間に...
田中絵音 2020-07-14 06:00 ラブ
FILM
 職場でもパーティーでも気になるカレに対しても、男性から魅力的に見られたいですよね。「この人、なんか素敵かも」と思わせる...
若林杏樹 2020-07-13 06:00 ラブ
FILM
「尽くす女性」は、一昔前までは「いい女」の象徴のような言葉だったと思います。しかし、現在では「重そう」「恋愛が下手そう」...
孔井嘉乃 2020-07-13 22:49 ラブ
FILM
 ど本命の彼とのお付き合いを3年間続けています。ですが、つい先日、不安からくるど本命クラッシャー(※)をしてしまいました...
神崎メリ 2020-07-12 06:00 ラブ
FILM
 長く付き合っていると、遅かれ早かれ二人の関係はマンネリをする傾向にあります。しかし、時に男性は女性に惚れ直す瞬間がある...
恋バナ調査隊 2020-07-12 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。私の元に来られる相談者さんの7割近く占めるのが、「浮気問題」です。出会った男...
山崎世美子 2020-07-11 06:54 ラブ
FILM
 義母の性格に「難」があると、息子の妻は頭を抱えがちに…。嫁姑の人間関係は自分では選べないために、結婚後に想定外の悩みの...
並木まき 2020-07-11 06:47 ラブ
FILM
 用事を頼んだときに「子どものおつかい」しかできない夫と結婚してしまった妻は、日常生活でも苦労が絶えないようです。何もし...
並木まき 2020-07-11 06:43 ラブ
FILM
 離婚は当事者の人生史上、なかなかにシビアな局面です。かくいう筆者も人生の大ピンチに直面し「あ、これ一人じゃ戦えない……...
七味さや 2020-07-10 06:00 ラブ
FILM
 強気な態度やアプローチに惹かれてお付き合いを始めた男性が、実は「俺様系」だったなんてことはありませんか? あまりの俺様...
リタ・トーコ 2020-07-09 06:00 ラブ
FILM
 女性の中には、告白経験がない人もいます。「ひたすら、男性からの告白を待つ」という人もいるでしょう。しかし、せっかく好き...
恋バナ調査隊 2020-07-08 06:00 ラブ
FILM
「今の恋人はすべてが完璧!」そんな風に思える方は、ほんの一握り。きっと多くは、「かまってくれないけど、仕事面では尊敬して...
孔井嘉乃 2020-07-07 06:00 ラブ
FILM
 コロナ禍の中で迎えた今年の夏は、いわば前代未聞の夏です。恋愛だっていつも通りというわけにはいきません。昨年と同じことを...
ミクニシオリ 2020-07-07 06:00 ラブ
FILM
 20代の頃は多少ワガママを言っても許されたのに、30歳を超えてから急に風当たりが強くなりますよね。それでも私たちは妥協...
若林杏樹 2020-07-06 06:00 ラブ
FILM
 片思い中の女性は、「できることなら彼から告白されたい」と思っているでしょう。「彼も私に気がある」と、察しているのであれ...
恋バナ調査隊 2020-07-05 06:00 ラブ