大人マザコンとは? 母親思いの男性が結婚相手に最適な理由

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-04-23 06:00
投稿日:2019-04-23 06:00
 よく母親の話をする彼の様子を見て、「もしかしてマザコン!?」と、眉をひそめる女性は多いよう。でも実は、本当はマザコンではなく、単に母親思いな「大人マザコン」である場合もあるのです。

「マザコン」がなぜ敬遠される?まずはマザコン度チェック!

ママべったりだったころのことをお互い忘れられない(写真:iStock)
ママべったりだったころのことをお互い忘れられない (写真:iStock)

「マザコン」とは、おもに成人した男性が、母親に過度な執着や愛情を持つことを言います。でも、母親に愛情を持つことは悪いことではありませんよね。あくまでも、「過度」であるかどうかが問題なのです。

彼のマザコン度チェック!

 ここで、彼のマザコン度チェックを行いましょう。

・未だに「ママ」と呼んでいる
・経済的・精神的に自立ができていない
・母親の意見を尊重し過ぎる
・母親と彼女を比較する
・いつも母親の味方をする
・自分の意見を持っていない
・しょっちゅう母親と連絡を取っている

 いかがでしょう。当てはまるポイントが多いほど、マザコン度が高いです。

「マザコン or 母親思い」を見極めることが大切

 上記のチェック項目を見て、「あれ、彼はマザコンじゃないかも?」と思った方は多いのでは?

 そもそも「マザコン」とは、母親の相手である父親を嫌い、母親に愛情を募らせる「マザーコンプレックス」のこと。通常だと成長するに伴い解消されますが、母親が過干渉であるなどの環境によってコンプレックスが解消されず、大人になっても母親から離れられなくなり、マザコン男へと変化してしまうのです。

 ちなみに、マザコンは息子側が依存するだけではなく、母親側も依存している場合が多いです。彼の母親がどんな方かを知ることも、見極めポイントになるでしょう。

大人マザコン!母親思いの男性が結婚相手に最適な理由

家族に対して深い愛情を持っている(写真:iStock)
家族に対して深い愛情を持っている (写真:iStock)

 実は今、「大人マザコン」と呼ばれる母親思いの男性が、結婚相手として人気なのだとか。その理由を見ていきましょう。

優しく家族思い

 大人マザコンの男性は、とにかく優しく家族思い。母親だけではなく全ての家族に対して深い愛情を持つため、家族に対する想いは人一倍強いのです。

 そんな男性は、マザコン男性のように母親と妻を比べたりしません。なぜなら、どちらも同じくらい大切な家族だからです。もしも将来パパになっても、ママを大事にする心を子どもにしっかり教えてくれることでしょう。

女性心をよく理解している

 大人マザコンの男性は、小さな頃から母親と多くの時間を過ごしてきました。時には父親への愚痴や、あてもないお喋りに付き合ったこともあるでしょう。

 女性の嬉しいポイント、気まぐれなところ、強さ、脆さなど、とにかく女性心をよく理解しているため、一緒にいると細やかな気遣いに癒されるはずです。

いざという時に男性力を発揮する

 小さい頃にはいつも見上げていた母親の背をいつの間にか追い越し、自分が「男性」であると早くから自覚するのも、このタイプの男性です。

 日頃から優しいために一見頼りなく見えますが、根本的に「女性を守る」という心が備わっているため、いざという時に男性力を発揮してくれる強さを持っています。

大人マザコンの欠点も知って上手に付き合おう

「彼のお母さん」だから、悪い人のはずがない(写真:iStock)
「彼のお母さん」だから、悪い人のはずがない (写真:iStock)

 マザコンのように見えて実は違う「大人マザコン」である男性は、女性に嬉しい魅力がたくさん。優しいあまり、母親と彼女や妻との板挟みになるのもこのタイプ。

 でも、過度なマザコン男にすることなく、上手に彼を育て上げた「彼のお母さん」は、きっと悪い方ではないはず。逆に女同士、タッグを組んでしまうのも手かもしれません。

 ただし、「ママ〜」なんて言う本当のマザコン男も存在しますので、ぜひ見誤らないように気を付けてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 友人や近しい人の離婚。自分が離婚を経験していないと、何て言葉をかければいいかわからないですよね。何を言っても傷つけてし...
七味さや 2020-07-03 06:00 ラブ
FILM
「異性と遊ぶ」というと、男性をイメージする方が多いと思いますが、男遊びをする女性はたくさん存在します。今回は、そんな女性...
リタ・トーコ 2020-07-03 06:00 ラブ
FILM
 前回に続き、浮気男に対処する妻(彼女)たちのエピソードです。  昔から「男の胃袋をつかめ」という言葉がありますが、多...
うかみ綾乃 2020-07-02 06:00 ラブ
FILM
 彼氏との旅行は本当に楽しみでドキドキしますよね。その反面、長い時間一緒にいることでボロが出てしまわないか不安な部分もあ...
恋バナ調査隊 2020-07-02 06:00 ラブ
FILM
 恋人と別れる理由は人それぞれですが、ある程度時間が経って冷静になると「やっぱり好き」「ヨリを戻したい」という気持ちにな...
恋バナ調査隊 2020-07-01 06:00 ラブ
FILM
 今や出会いは、マッチングアプリで見つけられる時代。  マッチングアプリを利用した人の約7割が「出会えた!」、そし...
田中絵音 2020-06-30 06:25 ラブ
FILM
 気になる男性とのドキドキのLINE交換! その後、一生懸命にアプローチをしている女性は多いでしょう。しかし、そんな女性...
恋バナ調査隊 2020-06-30 06:07 ラブ
FILM
 恋愛教本やモテ術など、世間にはたくさんの恋愛テクニックで溢れています。よく私も参考にするのですが、男性側のモテ本には何...
若林杏樹 2020-06-29 10:21 ラブ
FILM
 外出自粛が緩和されてから日も経過し、少しずつ日常を取り戻しつつありますね。では、完全に「コロナ前」のような過ごし方に戻...
ミクニシオリ 2020-06-29 06:00 ラブ
FILM
 はじめまして! 愛知県在住、社会人の27歳です!  付き合って1年になる遠距離恋愛中の彼とのことで相談です。彼は...
神崎メリ 2020-06-28 06:00 ラブ
FILM
 人との出会いというのは、とても不思議なもの。自然な出会いもあれば、必然的な出会いもあるでしょう。マッチングアプリの出会...
恋バナ調査隊 2020-06-28 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-06-27 06:57 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-06-27 06:50 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。元ZOZOTOWNの前澤友作氏が立ち上げた、養育費問題に向き合う「株式会社 ...
山崎世美子 2020-06-27 07:02 ラブ
FILM
 あなたには、結婚願望がありますか? 結婚は必ずしなければいけないものではありませんし、タイミングが決まっているわけでも...
恋バナ調査隊 2020-06-27 06:00 ラブ
FILM
 男性たちはよく、女性から「鈍感で察しが悪い」と思われています。「もっと空気を読んでほしい」「言わなくても分かってほしい...
ミクニシオリ 2020-06-27 07:13 ラブ