大人マザコンとは? 母親思いの男性が結婚相手に最適な理由

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-04-23 06:00
投稿日:2019-04-23 06:00
 よく母親の話をする彼の様子を見て、「もしかしてマザコン!?」と、眉をひそめる女性は多いよう。でも実は、本当はマザコンではなく、単に母親思いな「大人マザコン」である場合もあるのです。

「マザコン」がなぜ敬遠される?まずはマザコン度チェック!

ママべったりだったころのことをお互い忘れられない(写真:iStock)
ママべったりだったころのことをお互い忘れられない (写真:iStock)

「マザコン」とは、おもに成人した男性が、母親に過度な執着や愛情を持つことを言います。でも、母親に愛情を持つことは悪いことではありませんよね。あくまでも、「過度」であるかどうかが問題なのです。

彼のマザコン度チェック!

 ここで、彼のマザコン度チェックを行いましょう。

・未だに「ママ」と呼んでいる
・経済的・精神的に自立ができていない
・母親の意見を尊重し過ぎる
・母親と彼女を比較する
・いつも母親の味方をする
・自分の意見を持っていない
・しょっちゅう母親と連絡を取っている

 いかがでしょう。当てはまるポイントが多いほど、マザコン度が高いです。

「マザコン or 母親思い」を見極めることが大切

 上記のチェック項目を見て、「あれ、彼はマザコンじゃないかも?」と思った方は多いのでは?

 そもそも「マザコン」とは、母親の相手である父親を嫌い、母親に愛情を募らせる「マザーコンプレックス」のこと。通常だと成長するに伴い解消されますが、母親が過干渉であるなどの環境によってコンプレックスが解消されず、大人になっても母親から離れられなくなり、マザコン男へと変化してしまうのです。

 ちなみに、マザコンは息子側が依存するだけではなく、母親側も依存している場合が多いです。彼の母親がどんな方かを知ることも、見極めポイントになるでしょう。

大人マザコン!母親思いの男性が結婚相手に最適な理由

家族に対して深い愛情を持っている(写真:iStock)
家族に対して深い愛情を持っている (写真:iStock)

 実は今、「大人マザコン」と呼ばれる母親思いの男性が、結婚相手として人気なのだとか。その理由を見ていきましょう。

優しく家族思い

 大人マザコンの男性は、とにかく優しく家族思い。母親だけではなく全ての家族に対して深い愛情を持つため、家族に対する想いは人一倍強いのです。

 そんな男性は、マザコン男性のように母親と妻を比べたりしません。なぜなら、どちらも同じくらい大切な家族だからです。もしも将来パパになっても、ママを大事にする心を子どもにしっかり教えてくれることでしょう。

女性心をよく理解している

 大人マザコンの男性は、小さな頃から母親と多くの時間を過ごしてきました。時には父親への愚痴や、あてもないお喋りに付き合ったこともあるでしょう。

 女性の嬉しいポイント、気まぐれなところ、強さ、脆さなど、とにかく女性心をよく理解しているため、一緒にいると細やかな気遣いに癒されるはずです。

いざという時に男性力を発揮する

 小さい頃にはいつも見上げていた母親の背をいつの間にか追い越し、自分が「男性」であると早くから自覚するのも、このタイプの男性です。

 日頃から優しいために一見頼りなく見えますが、根本的に「女性を守る」という心が備わっているため、いざという時に男性力を発揮してくれる強さを持っています。

大人マザコンの欠点も知って上手に付き合おう

「彼のお母さん」だから、悪い人のはずがない(写真:iStock)
「彼のお母さん」だから、悪い人のはずがない (写真:iStock)

 マザコンのように見えて実は違う「大人マザコン」である男性は、女性に嬉しい魅力がたくさん。優しいあまり、母親と彼女や妻との板挟みになるのもこのタイプ。

 でも、過度なマザコン男にすることなく、上手に彼を育て上げた「彼のお母さん」は、きっと悪い方ではないはず。逆に女同士、タッグを組んでしまうのも手かもしれません。

 ただし、「ママ〜」なんて言う本当のマザコン男も存在しますので、ぜひ見誤らないように気を付けてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 鬼嫁がつくる家庭ルールの中には、思わず夫に同情したくなるほど過酷なものも少なくありません。  魑魅魍魎(ちみもうりょ...
並木まき 2020-01-27 06:00 ラブ
FILM
 付き合って2カ月の彼がいます。付き合う前や付き合い始めの頃はLINEを頻繁にしていました。必ずどちらかから〈おはよう〉...
神崎メリ 2020-01-26 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。私の相談室に来られる方の3大テーマは、「浮気された」「離婚を考えている」「彼...
山崎世美子 2020-01-25 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁には、夫に容赦なくダメ出しをするタイプも少なくありません。  魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とす...
並木まき 2020-01-25 06:00 ラブ
FILM
 世界情勢がきな臭くなってきた感じがいたしますが、身近な世界における不毛な戦いの一つが、男女の「おごりおごられ論争」。 ...
しめサバ子 2020-01-24 06:00 ラブ
FILM
 恋のライバルが出現した時、誰もが心穏やかではいられないはず。しかも相手が年下の女性だった場合、勝てる気がしないと感じる...
内藤みか 2020-01-24 08:38 ラブ
FILM
 なぜ男性は、彼女と毎日LINEするのを嫌がるのでしょう。LINEの頻度の認識の違いで、大きなケンカになってしまうカップ...
ミクニシオリ 2020-01-23 16:31 ラブ
FILM
「恋愛と仕事の両立ができない……」、そんな悩みを抱えていませんか?中には、「仕事ができなくなるから恋愛しない!」というキ...
孔井嘉乃 2020-01-25 07:57 ラブ
FILM
 ドM男性なんて本当にいるの?と思われがちですが、実はたくさんいます!でも、相手がSかMかなんて、一目見ただけで見抜くこ...
リタ・トーコ 2020-01-22 06:00 ラブ
FILM
「類は友を呼ぶ」とも言われるように、鬼嫁のまわりには鬼嫁が集まるケースも少なくないようです。  魑魅魍魎(ちみもうりょ...
並木まき 2020-01-21 06:00 ラブ
FILM
 職場の同じフロアにいる年下の可愛い男性。気になるし、仲良くなりたいのだけど、どうやって誘ったらいいのかわからない。そん...
内藤みか 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 付き合う相手に求めることの中に、「居心地がいい人」という項目を挙げる方は多いはず。居心地がいいというのは、ただ「優しい...
孔井嘉乃 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 別れた元彼から連絡が来ると、びっくりしてしまいますよね。別れ方にもよりますが、やっとの思いで気持ちを断ち切ったのに、不...
リタ・トーコ 2020-01-19 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる妻のなかには、家族以外に対して、容赦なく鬼対応する女性もいるようです。 クレーマーや勘違い女になってい...
並木まき 2020-01-18 06:00 ラブ
FILM
「女性は男性を立てて一歩後ろをついていく」――。そんな考えに全く賛同できない!と思うあなた、もしかしたらドS気質を持って...
リタ・トーコ 2020-01-17 06:00 ラブ
FILM
 マッチングアプリが流行しています。アメリカではオンラインで知り合い結婚にいたるカップルは、全婚姻数の3分の1を超えたと...
内藤みか 2020-01-16 06:00 ラブ