清掃員から風俗に転職した40代シンママの話「私の天職です」

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2022-06-18 06:00
投稿日:2022-06-18 06:00
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。母子家庭の約半数が貧困状態という日本の社会問題。主要国36カ国中24位という非常に悪い水準ですが、子供を頑張って育てようとするシンママの努力には頭が下がる思いです。
 収入を得るためには働かざるを得ません。今回は、40代で風俗業界デビューしたシンママの新天地についてお話ししたいと思います。

3つの仕事を掛け持ちするシングルマザー

ママチャリでガンガン走ってます!(写真:iStock)
ママチャリでガンガン走ってます! (写真:iStock)

 名古屋に住む常連相談者の真由美さん(仮名・43歳)は、3年前に現在中学生の2人の子供を連れて離婚しました。専業主婦だった真由美さんは、元旦那さんの性格上、取り決めした養育費はいつか途切れると予想していて、ご自身が朝晩働くと決意しました。

真由美さん「せみこ先生~、頑張って働いています。旦那といた時よりも充実しているんです。朝早くから数時間ビルの清掃に行って、お昼はランチタイムで2~3時間働く。夜は夕方から21時頃まで居酒屋に行っています」

 ママチャリでガンガン走り回っているという真由美さん。

山崎「えー、凄いじゃないですか! めちゃめちゃ働いていますね~。でもお身体は大丈夫ですか?」

 まだまだ若いとはいえ、仕事を3つも掛け持ちとはたいしたものです。

真由美さん「頑張って働いても日給1万円ちょっとにしかなりません。3つの仕事をフルで働かない日もありますし、先々は不安ですね。身体を壊したり年を取ると、もうそこでアウトですし……」

山崎「確かにそうですね。働き方改革ではありませんが、3つも仕事をしていると移動時間も多くて体力を消耗しますから、ひとつのところで腰を据えて働けるといいですね」

 何気にアドバイスをする山崎。

やっと見つけた天職!

人を癒す仕事がしたくてメンズエステの世界に!(写真:iStock)
人を癒す仕事がしたくてメンズエステの世界に! (写真:iStock)

真由美さん「離婚して3年、そんなこんなで暮らしてきましたが、実は最近オイルマッサージのお店で働き出したんですよ~」

 はにかみながら微笑む童顔の真由美さん。

山崎「あ~マッサージ! 私もよくお世話になります。じゃ研修も受けて、もう施術もできるんですね。チョイス的にはいいではないですか~」

真由美さん「はい。人を癒やす仕事がしたくてやってみることにしました」

山崎「どちらのお店か、お知らせくださいね。名古屋に行った際には寄らせていただきます」

真由美さん「あ……。あの、男性専科なんです。メンズエステです……」

山崎「メンズエステ? えっ? ああ! そういうことですか~」

 状況を察した山崎、大きくうなずく。

真由美さん「お給料もいいんですが、私、この仕事が好きで充実感があるんです。なんていうか……私の天職だと思いました」

 きりっと真剣な眼差しの真由美さん。“メンズエステの申し子”のような彼女の話をもっと聞きたくなります。

ラブ 新着一覧


【やば、好き!】男友達が恋愛対象になった胸キュンLINE3選
 一緒に過ごしていて気楽な男友達だったはずなのに、ほんの小さなきっかけで突然、恋愛対象になることってありますよね。今回は...
恋バナ調査隊 2022-09-25 06:00 ラブ
「慰謝料払って破談に」占いママの鑑定で婚約破棄を決めた男
「冷酷と激情のあいだvol.109〜女性編〜」では、婚活アプリで知り合った男性・ケイイチさん(仮名)から8カ月の交際のの...
並木まき 2022-09-24 06:00 ラブ
恋人の求婚から2週間!突然の結婚白紙宣言に「え?」の女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-09-24 06:00 ラブ
確信!夫婦仲が悪くなるのは「人間の3大欲求」が原因だった
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。恋人時代はとっても仲良しだったのに、結婚して数年が経つと「関係終わっていまー...
山崎世美子 2022-09-24 06:00 ラブ
「愛しくて切なくて…」って篠原涼子かっ!うざい俺通信LINE
 仲良くもない男友達から、毎日届く俺通信……。あまりにうざいと、「あの日LINEを交換するんじゃなかった」と悔やんでも悔...
恋バナ調査隊 2022-09-24 06:00 ラブ
共働き夫婦の家事分担どうしてる? 円満を保つ「6つのコツ」
 家事って、細かいものを挙げたら本当にキリがないほどたくさんありますよね。最近では共働きの家庭も増えているので、今までの...
恋バナ調査隊 2022-09-23 06:00 ラブ
「私から誘ってばっかり」彼がデートプランを考えない理由3つ
 好きな男性とのデート。楽しい時間のはずなのに、気づいたら「デートの誘いをしているのも、デートの計画を立てているのも私ば...
内藤みか 2022-09-22 06:00 ラブ
「忙しいから別れる」にうんざり…次の恋愛で失敗しない方法
 振られる理由は、人それぞれ。「仕事が忙しいから」や「他にやらなきゃいけないことがあるから」など、何かと理由をつけられ話...
若林杏樹 2022-09-21 06:00 ラブ
悔しい! 超美人じゃないのになぜか色気があるモテ子の特徴
 そもそも「色気」とは、人を惹きつける魅力のこと。多くの場合、色気は「セクシー」である状態を連想させるので、つい露出の高...
恋バナ調査隊 2022-09-21 06:00 ラブ
子供いらない派の男性心理 きっかけがあれば変わることも?
 大好きな彼が「子供いらない派」だと知り、結婚するか迷っている女性は多いようです。特に女性が子供を望んでいた場合は、結婚...
恋バナ調査隊 2022-09-20 06:00 ラブ
無言の夫にイライラ…話がはずまない夫婦を救う3つの解消法
 結婚してから、「夫婦の会話がまったくなくなってしまった」と嘆いていませんか? 家で夫と2人きりになっても、会話がすぐに...
恋バナ調査隊 2022-09-20 06:00 ラブ
くすみピンクはやめとこ!アラフォー女子の勝負下着の選び方
 男性とデートをする日に、勝負下着をつけていく女性は多いですよね。でも、女性と男性では、魅力を感じる下着に違いがあります...
恋バナ調査隊 2022-09-19 06:00 ラブ
「何もしないから」って言うけどさ…信用できない男のLINE3選
 男性の中には、どう考えても信用できない言葉を連発する男性って多いですよね。嘘が染み付いてしまったようにサラサラと言葉が...
恋バナ調査隊 2022-09-18 06:00 ラブ
恋愛の対象外になっちゃうかも…「男性に引かれる行動」5つをおさらい
 好きな男性と付き合えない、好きな男性の恋愛対象になれない、そんな悩みを抱えている女性は、一度自身の行動を振り返ってみる...
恋バナ調査隊 2022-09-18 06:00 ラブ
復縁前提で離婚した元妻がいながら…29歳女性を妊娠させた男
「冷酷と激情のあいだvol.108〜女性編〜」では、アプリで知り合った男性・タイチさん(仮名)と授かりスピード婚に至った...
並木まき 2022-09-17 22:12 ラブ
夫と元妻が怪しい…婚活アプリ→授かり婚した29歳女性の不安
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-09-17 06:00 ラブ