10日でぷるぷる唇に 正しいリップクリームの使い方って?

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-03-19 18:22
投稿日:2019-03-15 06:00
 ぷるぷるの魅力的な唇は、女性の憧れですよね。でも、唇の皮膚は薄くデリケートなため、荒れない状態を維持するのが大変!そんな唇を効果的にケアしてくれるのが、言わずと知れた「リップクリーム」です。そこで今回は、リップクリームの効果を最大限に引き出す使い方を見ていきましょう。

今すぐ試したい!リップクリームの正しい使い方!

リップクリームの使い方のポイントは?(写真:iStock)
リップクリームの使い方のポイントは? (写真:iStock)

 普段何気なく使っているリップクリームですが、実は、使い方のポイントが意外とたくさんあるんです。1つずつ、確認していきましょう。

塗る前に唇を綺麗に拭いておく

 リップクリームを塗る前に、唇の汚れを拭き取っている方は少ないでしょう。でも、唇には食べ物の油やホコリなどが付着しやすいため、コットンやティッシュなどで優しく拭き取ってから塗るのが◎。

 一手間かけることで、リップクリームに配合されている保湿成分や有効成分がより浸透しやすくなります。

リップクリームを軽く温めてから塗る

 指先に取って唇に塗るバームタイプであれば良いですが、スティックタイプのリップクリームは硬くなりやすいため、手のひらや息で軽く温めてから塗りましょう。

 そのまま塗ると、摩擦を与えて皮膚を傷めてしまう可能性があるので注意が必要です。

ゴシゴシと塗らないように(写真:iStock)
ゴシゴシと塗らないように (写真:iStock)

縦方向に丁寧に塗る

 リップクリームを左右に滑らせて塗っている方をよく目にしますが、これはNG!

 唇をよく見ると、縦方向にシワが入っているのが分かるでしょう。このシワに逆らって塗ると唇の皮膚を引っ張ることで縦のシワが濃くなってしまったり、唇の状態によっては皮が裂けて出血しまうこともあるのです。

 また、丁寧に優しく押し当てるような感覚で塗っていくことも大切です。決して、ゴシゴシと塗らないように気をつけてくださいね。

唇の状態でリップクリームの種類を選ぶ

 リップクリームの種類を大きく分けると、医薬品・薬用(医薬部外品)・化粧品の3つに分かれます。

 ひどく荒れている時には炎症を抑えるような有効成分が配合されている「医薬品」を、荒れ予防であれば「薬用」を、荒れていない時には「化粧品」を選ぶのがベスト。

 また、リップクリームを口紅の下地として使用している方も多いと思いますが、口紅には香料や着色料など刺激となる成分が配合されているため、荒れている時にはリップメイクは避けた方が良いです。

 どうしても唇に色味が欲しいのであれば、負担が少ない色付きリップクリームなどを利用すると良いでしょう。

屋外と屋内でリップクリームを使い分ける

 リップクリームの中には、UVカット効果があるものもあります。しかし、どんなに優れた保湿成分が入っていようと、紫外線の予防効果がある成分は肌に負担をかけてしまうため、できれば屋外のみで使うようにしましょう。

 逆に、就寝時などの屋内でのリップケアには、UVカット効果がない保湿重視のリップクリームでのケアがおすすめです。

これであなたも唇美人!触れたくなるような唇を作ろう!

10日後はぷるぷる唇に(写真:iStock)
10日後はぷるぷる唇に (写真:iStock)

 肌が生まれ変わるターンオーバー周期は一般的に約28日だと言われていますが、唇に関しては約10日前後!

 つまり、今この瞬間ガサガサの唇だったとしても、正しいリップケアを行えば10日後には誰もがぷるぷる唇を手に入れることができるのです!

 ぜひ、リップクリームを塗る際には実践してくださいね。

ビューティー 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM