二度寝は体に良い?悪い? 新説「5分だけ二度寝」試してみた

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-05-01 17:29
投稿日:2019-04-27 06:00
「二度寝は体に悪い」と言われてきた昨今ですが、「5分だけ二度寝」が良い!と、最近注目されているのをご存知ですか?いかに効率良く睡眠を取るかを考える「睡眠オタク」の筆者が、二度寝は良いのか悪いのかについて検証してみました。

結局、二度寝は体に良いの?悪いの?それぞれの説の理由

お布団大好き(写真:iStock)
お布団大好き (写真:iStock)

 さっそく、「二度寝が良い説」「二度寝は悪い説」の根拠を、それぞれ見てみましょう。

「二度寝は体に良い」という説

「二度寝って幸せ!」と思ったことがある方は多いでしょう。実はこれ、ストレス解消に役立つ「コルチゾール」というホルモンが関係しているようなんです。

 このコルチゾールの分泌は、通常、目覚める1〜2時間前から始まりますが、二度寝をするとより多く分泌されることが近年分かってきています。さらに二度寝中には、リラックスを促す脳内麻薬の「エンドルフィン」も発生するのだとか。

 つまり、二度寝が体に良いと言われる理由は「その日のストレスに対応できる体や心の準備ができるから」ということなんですね。

「二度寝は体に悪い」という説

 対して、「二度寝は体に悪い」と言われる理由は、二度寝で長寝をしたり、目覚ましのスヌーズ機能で寝たり起きたりを繰り返すことで体内時計が狂い、睡眠のリズムが崩れてしまうからです。

 また、お昼ごろまで寝ると「夜に眠れない」という事態が発生し、結局、翌朝スッキリ起きられない……という悪循環が起こることもあります。最悪の場合には不眠を引き起こす場合もあるため、二度寝の仕方には注意が必要なのです。

二度寝の仕方がカギを握る!良い二度寝をするには?

短いお昼寝で脳が活性化されるんだって(写真:iStock)
短いお昼寝で脳が活性化されるんだって (写真:iStock)

 以上のことを踏まえた上で、良い二度寝をする方法をご紹介します。

新説!「5分間だけ二度寝」をする

 おすすめしたいのが、新説の「5分間だけ二度寝」です。5分間だけ二度寝をすると、ストレスに対抗するホルモン「コルチゾール」や「エンドルフィン」を最大限に分泌させることができるのだとか。

 ただし、10分以上眠ったり、5分間の二度寝を何度も繰り返すと体内時計が乱れてしまうため、きっちり「5分間だけ」と決意して臨むことが肝心です。

短い仮眠「パワーナップ」を「二度寝」だと考える

 厳密に言うと「二度寝」ではないですが、仮眠を「二度寝」だと考えてみるのも1つの手でしょう。

 近年、「パワーナップ」と呼ばれる短い仮眠が見直されています。これは、15〜20分ほどの短い昼寝を取ると集中力がアップして脳を活性化する他、心臓病や糖尿病などの疾患のリスクを下げる効果に期待できるというもの。

 注意点は、熟睡し過ぎないこと。横になるのではなく椅子に座って行うと、適度な仮眠を取ることができますよ。

休日の二度寝は「普段の起床時間+2時間まで」を意識する

「せっかくの休日なんだから、二度寝をして疲れを取りたい」と思う方も多いでしょう。その場合は、「普段の起床時間+2時間まで」を意識して二度寝をするのがポイント!

 実は、体内時計が崩れるギリギリのラインが「2時間」なんだとか。それ以上寝てしまうと自律神経に悪影響を及ぼし、夜に眠れなくなってしまうので注意が必要です。+2時間の二度寝&パワーナップを組み合わせるのも良いでしょう。

「5分だけ二度寝」さっそく試してみましたが……

強い意志が必要かも(写真:iStock)
強い意志が必要かも (写真:iStock)

「5分の二度寝で幸せを感じてみたい!」と、さっそく試した筆者です。でも、5分でかなり深い眠りに入ってしまったようで、なんと起きたのは20分後。スヌーズ機能3〜4度目にして目覚めました。

「5分だけに二度寝」、正直難しいです。というか、スッキリ起きられたのにわざわざ二度寝をする必要があったのか?と自問自答した次第。本末転倒ですね。

 でも、脳科学に基づいた「5分だけ二度寝」ですので、この技を習得できたら、毎日ストレスなく過ごせるかもしれません。「5分だけで絶対起きられる!」と、強いハートを持っている方、この機会にチャレンジしてみてくださいね。

ライフスタイル 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM