二度寝は体に良い?悪い? 新説「5分だけ二度寝」試してみた

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-05-01 17:29
投稿日:2019-04-27 06:00
「二度寝は体に悪い」と言われてきた昨今ですが、「5分だけ二度寝」が良い!と、最近注目されているのをご存知ですか?いかに効率良く睡眠を取るかを考える「睡眠オタク」の筆者が、二度寝は良いのか悪いのかについて検証してみました。

結局、二度寝は体に良いの?悪いの?それぞれの説の理由

お布団大好き(写真:iStock)
お布団大好き (写真:iStock)

 さっそく、「二度寝が良い説」「二度寝は悪い説」の根拠を、それぞれ見てみましょう。

「二度寝は体に良い」という説

「二度寝って幸せ!」と思ったことがある方は多いでしょう。実はこれ、ストレス解消に役立つ「コルチゾール」というホルモンが関係しているようなんです。

 このコルチゾールの分泌は、通常、目覚める1〜2時間前から始まりますが、二度寝をするとより多く分泌されることが近年分かってきています。さらに二度寝中には、リラックスを促す脳内麻薬の「エンドルフィン」も発生するのだとか。

 つまり、二度寝が体に良いと言われる理由は「その日のストレスに対応できる体や心の準備ができるから」ということなんですね。

「二度寝は体に悪い」という説

 対して、「二度寝は体に悪い」と言われる理由は、二度寝で長寝をしたり、目覚ましのスヌーズ機能で寝たり起きたりを繰り返すことで体内時計が狂い、睡眠のリズムが崩れてしまうからです。

 また、お昼ごろまで寝ると「夜に眠れない」という事態が発生し、結局、翌朝スッキリ起きられない……という悪循環が起こることもあります。最悪の場合には不眠を引き起こす場合もあるため、二度寝の仕方には注意が必要なのです。

二度寝の仕方がカギを握る!良い二度寝をするには?

短いお昼寝で脳が活性化されるんだって(写真:iStock)
短いお昼寝で脳が活性化されるんだって (写真:iStock)

 以上のことを踏まえた上で、良い二度寝をする方法をご紹介します。

新説!「5分間だけ二度寝」をする

 おすすめしたいのが、新説の「5分間だけ二度寝」です。5分間だけ二度寝をすると、ストレスに対抗するホルモン「コルチゾール」や「エンドルフィン」を最大限に分泌させることができるのだとか。

 ただし、10分以上眠ったり、5分間の二度寝を何度も繰り返すと体内時計が乱れてしまうため、きっちり「5分間だけ」と決意して臨むことが肝心です。

短い仮眠「パワーナップ」を「二度寝」だと考える

 厳密に言うと「二度寝」ではないですが、仮眠を「二度寝」だと考えてみるのも1つの手でしょう。

 近年、「パワーナップ」と呼ばれる短い仮眠が見直されています。これは、15〜20分ほどの短い昼寝を取ると集中力がアップして脳を活性化する他、心臓病や糖尿病などの疾患のリスクを下げる効果に期待できるというもの。

 注意点は、熟睡し過ぎないこと。横になるのではなく椅子に座って行うと、適度な仮眠を取ることができますよ。

休日の二度寝は「普段の起床時間+2時間まで」を意識する

「せっかくの休日なんだから、二度寝をして疲れを取りたい」と思う方も多いでしょう。その場合は、「普段の起床時間+2時間まで」を意識して二度寝をするのがポイント!

 実は、体内時計が崩れるギリギリのラインが「2時間」なんだとか。それ以上寝てしまうと自律神経に悪影響を及ぼし、夜に眠れなくなってしまうので注意が必要です。+2時間の二度寝&パワーナップを組み合わせるのも良いでしょう。

「5分だけ二度寝」さっそく試してみましたが……

強い意志が必要かも(写真:iStock)
強い意志が必要かも (写真:iStock)

「5分の二度寝で幸せを感じてみたい!」と、さっそく試した筆者です。でも、5分でかなり深い眠りに入ってしまったようで、なんと起きたのは20分後。スヌーズ機能3〜4度目にして目覚めました。

「5分だけに二度寝」、正直難しいです。というか、スッキリ起きられたのにわざわざ二度寝をする必要があったのか?と自問自答した次第。本末転倒ですね。

 でも、脳科学に基づいた「5分だけ二度寝」ですので、この技を習得できたら、毎日ストレスなく過ごせるかもしれません。「5分だけで絶対起きられる!」と、強いハートを持っている方、この機会にチャレンジしてみてくださいね。

ライフスタイル 新着一覧


せめて俺が手向けたい…あるホームレスに捧げる友情の花束
 “花屋”とは、誠に興味深いお商売でございます。 「花」という不思議な生き物に「人間」というこれまた複雑な生き物が...
毎月の美容代を節約! 特別価格でキレイになれるサービス3選
 女性であれば誰しも、「できることなら、もっと綺麗になりたい!」「年齢に負けず、いい状態をキープしたい」と思っているので...
超レアな「ポケふた」を“捕獲”してみた! 2021.4.20(火)
 マンホールの蓋が好きです。よく見るととても凝った作りになっているんですよね。マンホールの蓋のデザインはおよそ1万200...
4月19日~4月25日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
既婚vs独身問題に終止符を!境遇の違う友人と付き合うには?
 既婚女性vs独身女性。子ありvs子なし……アラサー以降の女性の定番とも言える、境遇や立場の違いによる断絶。さまざまなマ...
大好きなおんにゃの子の匂い? クンクンする“にゃんたま”君
 一斉に花が咲き始めて、にゃんたまωも大きく膨らむ春が来た!  きょうは、やわらかな陽射し、パトロール中のにゃんた...
保護猫2匹、真夏の夜の“クローゼット閉じ込め”事件に遭う
 この4月にわが家の猫たちは2歳のお誕生日を迎えました。無事に大きくなって本当によかったです。子猫時代に一度会いに来て以...
誕生日にお母さんから届いた…ほっこり笑える不思議LINE5選
 世の中のお母さんたちって、面白くて不思議な楽しい言動で、私たちをほっこりさせてくれますよね。今回は、そんな愛すべきお母...
無言の時間が怖い…複数人との会話でも気疲れしないコツ
 仕事の飲み会など複数の人と会話していると、気まずい無言の時間が訪れることってありますよね? そんな時、どうにか場を盛り...
ウシ柄ブームの最前線!地味色でも存在感抜群の“にゃんたま”
 今年は丑年。この春のファッショントレンドといえば……ウシ柄!  きょうは、そんなウシ柄ブームの最前線をゆくにゃん...
“リア充”にあなたもなれる! 真似したい5つの特徴&目指し方
 プライベートでも仕事でも充実している人を見ると、「いつも楽しそうで羨ましい」と思う人が多いでしょう。しかし、そんな“リ...
悲しみを忘れて…高貴な佇まいの「ミヤコワスレ」は心を癒す
 女性らしいことに憧れていた、若かりし頃のワタクシ。仕事に忙殺された日々の現実逃避に、ご縁があってある有名な茶人のお稽古...
香りのナイトルーティンはいかが?快適な睡眠に導く3アイテム
 デスクワークやSNSによる脳の疲れや興奮を、香りによってリフレッシュ&リラックス! 自分を癒してあげましょう♪ 香りの...
4月12日~4月18日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
出会いと別れの季節…去りゆく“にゃんたま”に一抹の寂しさ
 春は出会いと別れの季節。縁とは不思議なもの、いままで多くのにゃんたま君たちとの出会いと別れがありました。  きょ...
トホホ、猫って夜行性なんですね…子猫運動会実況中継!
「下痢パネル」の結果は動物病院から電話で伺いました。「猫コロナウイルス陽性です」と、先生がめちゃくちゃ深刻そうにお話する...