“熱い男”松岡修造に成長する可能性を秘めた男子の特徴とは?

しめサバ子 マルチポテンシャライトライター
更新日:2019-05-03 06:00
投稿日:2019-05-03 06:00

なぜ人は“修造ワールド”に魅了されるのか?

「究極の熱さ」の根底にあるものは?(写真:iStock)
「究極の熱さ」の根底にあるものは? (写真:iStock)

 新入社員が選ぶ「理想の上司」で常に上位にランクインし、著書「まいにち、修造!」はベストセラーと、人を惹きつけてやまないレジェンド、松岡修造さん。

 なぜ人々はこれほど“修造ワールド”に魅了されるのでしょうか?

 松岡修造さんの熱さの根底にあるのは、物事の本質と向き合い、シンプルかつポジティブに語る姿勢であったりします。修造さんなら、人生という長い旅路であっても、どんな苦難があっても、一緒に楽しく乗り越えていってくれるのではないでしょうか?

 そうはいっても、「修造さんみたいな男子どこにいるのよ〜」とおっしゃられる方のお気持ち、よーくわかります。

 なかなか見つからないなら、育つのを待つしかない!とういわけで、今回は、そんな「いつかは、修造!」を目指せるポテンシャルを持った男子の特徴について解説させていただきます。

1. 失敗してもポジティブに全力で

失敗の中から成長していくメンタルが大切(写真:iStock)
失敗の中から成長していくメンタルが大切 (写真:iStock)

 松岡修造さんは、テニスプレイヤーとしては決して順風満帆なキャリアではありませんでした。

 著書「挫折を愛する」によると、才能にあふれたタイプのプレイヤーではなかったそうですが、壁にぶち当たるたびに、持ち前の情熱で向かい続けて克服。

 それを繰り返すうちに、失敗の中から成長していくという、メンタルと行動力を培いました。

 たとえ仕事で失敗しても、全力で逃げずにぶち当たっていく。そんな姿勢の男子は、まさに“修造の片鱗”を備えています。

 失敗を後悔するのではなく、失敗から学んで次に生かそうとする「死ぬこと以外はかすり傷」感は、未来の修造に化ける可能性大なはず!

2. 情熱の裏にある冷静さ

「気合いと根性」だけじゃない分析力(写真:iStock)
「気合いと根性」だけじゃない分析力 (写真:iStock)

 修造さんがあれほどの一流プレイヤーになれたのは、単なる情熱バカだったからではありません。

 著書「修造部長 もし松岡修造があなたの上司になったら」には、単なる根性論ではないプロフェッショナルとしての理論と根拠が記されています。

 失敗するたびに、なぜ失敗したのか、次はどうしたら失敗しないかを冷静に分析し、事前にいろいろな準備をしていったからこそ、困難を克服することができたのです。

「気合いと根性」だけではなく、自分や周囲を冷静に見つめることができる男子を見つけた時に、その「冷静と情熱」の間で心動かされるのは、いささか間違いではないかもしれません。

3. 常に新鮮な感覚をキープ

言語化した経験の中に成長のチャンスが(写真:iStock)
言語化した経験の中に成長のチャンスが (写真:iStock)

 修造さんが主催するテニスのジュニア合宿「修造チャレンジ」では決められているルールがあります。それは、「どうでもいい」「微妙」「どっちでもいい」という言葉は絶対に使わない、というもの。

 これらの言葉を使っていると、何かに対する自分の意見や感覚といったものがどんどん曖昧になっていき、感度が鈍くなっていってしまうからです。

 何かを体験・経験した際に、自分がどう感じたのかを明確に言葉にする習慣を持っている人は、それだけいろいろな刺激を吸収でき、成長する機会があるんですよね。

 しっかり言葉を聞いて、そこに彼らしさや個性がちゃんと表れているか、という視点で男子を見ていると、思わぬ魅力を発見することもできるのではないでしょうか?

まとめ

 いつかは修造!のポテンシャルのある男子の特徴をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

 まだ気づいてないだけで、あなたの周りもすでに“修造の原石”が存在しているかも。

 世界により多くの「修造チルドレン」が見出され、熱い世界が訪れますように。

ラブ 新着一覧


FILM
「既婚男性との恋愛なんて絶対ムリ!」と思っているのにもかかわらず、熱心なアプローチを受けて不倫へと走ってしまう女性は少な...
リタ・トーコ 2020-09-27 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。競泳の瀬戸大也さん(26)が、昼間からスレンダー美女とラブホテルに出入りして...
山崎世美子 2020-09-26 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-26 06:03 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-26 06:04 ラブ
FILM
 今まで恋愛に苦労してきた人は、ちょっとやそっとじゃ動じなさそうな「大人の恋愛」に憧れを抱いている人も多いでしょう。簡単...
恋バナ調査隊 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 結婚前から、たびたび同じことでケンカになる。毎回解決できず、モヤっとしたまま終わる……。そんなパートナーとの「どうして...
七味さや 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 ウィズコロナの時代になってからというもの「どこで異性と出会ったらいいんだ!?」という男性たちの悲鳴があちこちからあがっ...
内藤みか 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
「自称モテ男」から届くLINEの数々は、根拠のない自信に溢れています。そのなかには、周囲からはどれほど贔屓目に見ても「ま...
並木まき 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
 長続きするカップルと、しないカップルっていますよね。「ただの相性でしょ!」と思いたくなりますが、なぜかいつもすぐ別れて...
恋バナ調査隊 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 夏は、開放的な気持ちになる男性も多く、例年、火遊び的な恋愛も増えるシーズン。秋らしくなってきた今は、夏のあいだに知り合...
並木まき 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 彼氏に限らず、男友達や上司から「お前」と呼ばれた経験がある女性は多いはず。「不快だな」と感じる女性も多い、この「お前」...
孔井嘉乃 2020-09-22 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-09-22 06:00 ラブ
FILM
 出会った頃はラブラブだったのに、1年も経つと扱いがだんだん雑になってきて、彼氏から「別れたいオーラ」が漂うように……。...
若林杏樹 2020-09-21 06:00 ラブ
FILM
 女性はついつい自分の彼氏と友達の彼氏を比べて、優劣をつけてしまうことがあります。比べても意味がないことはわかっているの...
恋バナ調査隊 2020-09-21 06:00 ラブ
FILM
 はじめまして。相談をさせてください。私は通勤の電車で会う方が気になっています。  その方とは乗り降りする駅がとも...
神崎メリ 2020-09-20 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性に送るLINE。顔が見えない分、積極的にアプローチできるからと、相手の気持ちも考えずにLINEを送っていま...
恋バナ調査隊 2020-09-20 06:00 ラブ