“熱い男”松岡修造に成長する可能性を秘めた男子の特徴とは?

しめサバ子 マルチポテンシャライトライター
更新日:2019-05-03 06:00
投稿日:2019-05-03 06:00

なぜ人は“修造ワールド”に魅了されるのか?

「究極の熱さ」の根底にあるものは?(写真:iStock)
「究極の熱さ」の根底にあるものは? (写真:iStock)

 新入社員が選ぶ「理想の上司」で常に上位にランクインし、著書「まいにち、修造!」はベストセラーと、人を惹きつけてやまないレジェンド、松岡修造さん。

 なぜ人々はこれほど“修造ワールド”に魅了されるのでしょうか?

 松岡修造さんの熱さの根底にあるのは、物事の本質と向き合い、シンプルかつポジティブに語る姿勢であったりします。修造さんなら、人生という長い旅路であっても、どんな苦難があっても、一緒に楽しく乗り越えていってくれるのではないでしょうか?

 そうはいっても、「修造さんみたいな男子どこにいるのよ〜」とおっしゃられる方のお気持ち、よーくわかります。

 なかなか見つからないなら、育つのを待つしかない!とういわけで、今回は、そんな「いつかは、修造!」を目指せるポテンシャルを持った男子の特徴について解説させていただきます。

1. 失敗してもポジティブに全力で

失敗の中から成長していくメンタルが大切(写真:iStock)
失敗の中から成長していくメンタルが大切 (写真:iStock)

 松岡修造さんは、テニスプレイヤーとしては決して順風満帆なキャリアではありませんでした。

 著書「挫折を愛する」によると、才能にあふれたタイプのプレイヤーではなかったそうですが、壁にぶち当たるたびに、持ち前の情熱で向かい続けて克服。

 それを繰り返すうちに、失敗の中から成長していくという、メンタルと行動力を培いました。

 たとえ仕事で失敗しても、全力で逃げずにぶち当たっていく。そんな姿勢の男子は、まさに“修造の片鱗”を備えています。

 失敗を後悔するのではなく、失敗から学んで次に生かそうとする「死ぬこと以外はかすり傷」感は、未来の修造に化ける可能性大なはず!

2. 情熱の裏にある冷静さ

「気合いと根性」だけじゃない分析力(写真:iStock)
「気合いと根性」だけじゃない分析力 (写真:iStock)

 修造さんがあれほどの一流プレイヤーになれたのは、単なる情熱バカだったからではありません。

 著書「修造部長 もし松岡修造があなたの上司になったら」には、単なる根性論ではないプロフェッショナルとしての理論と根拠が記されています。

 失敗するたびに、なぜ失敗したのか、次はどうしたら失敗しないかを冷静に分析し、事前にいろいろな準備をしていったからこそ、困難を克服することができたのです。

「気合いと根性」だけではなく、自分や周囲を冷静に見つめることができる男子を見つけた時に、その「冷静と情熱」の間で心動かされるのは、いささか間違いではないかもしれません。

3. 常に新鮮な感覚をキープ

言語化した経験の中に成長のチャンスが(写真:iStock)
言語化した経験の中に成長のチャンスが (写真:iStock)

 修造さんが主催するテニスのジュニア合宿「修造チャレンジ」では決められているルールがあります。それは、「どうでもいい」「微妙」「どっちでもいい」という言葉は絶対に使わない、というもの。

 これらの言葉を使っていると、何かに対する自分の意見や感覚といったものがどんどん曖昧になっていき、感度が鈍くなっていってしまうからです。

 何かを体験・経験した際に、自分がどう感じたのかを明確に言葉にする習慣を持っている人は、それだけいろいろな刺激を吸収でき、成長する機会があるんですよね。

 しっかり言葉を聞いて、そこに彼らしさや個性がちゃんと表れているか、という視点で男子を見ていると、思わぬ魅力を発見することもできるのではないでしょうか?

まとめ

 いつかは修造!のポテンシャルのある男子の特徴をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

 まだ気づいてないだけで、あなたの周りもすでに“修造の原石”が存在しているかも。

 世界により多くの「修造チルドレン」が見出され、熱い世界が訪れますように。

しめサバ子
記事一覧
マルチポテンシャライトライター
主に恋愛・性に絡むネタを執筆。ライター業以外にも法務や税務、イベント企画、プログラミング、起業、ひいては寿司を握るなど、興味を持ったことに手当たり次第に挑む。休日はシメサバ作りをこよなく愛する。
X

関連キーワード

ラブ 新着一覧


成長させてあげる…? 男への違和感はスルー厳禁!勘が命中したLINE
「女の直感は当たる」といわれている通り、女性の「ん…?」という違和感は意外と当たるもの。信頼している彼氏やちょっといいな...
恋バナ調査隊 2024-06-15 06:00 ラブ
「倦怠期は不可避だ」運命の女と交際2年半、絶望に占領されるハイスぺ男
「冷酷と激情のあいだvol.199〜女性編〜」では、あえて結婚も同棲もしないスタイルで生涯を添い遂げると決めた恋人・カズ...
並木まき 2024-06-15 06:00 ラブ
年収計2000万のパワーカップルに暗雲?レス問題回避に失敗した46歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-15 06:00 ラブ
無意識な結婚ハラスメントにご用心!恋バナの延長線じゃすまないNG3つ
 結婚ハラスメント、いわゆる「マリハラ」をご存知でしょうか? 最近は何かとハラスメントに厳しいご時世、結婚についての話題...
恋バナ調査隊 2024-06-15 06:00 ラブ
熊谷真実、磯野貴理子は何が…2度3度結婚する中高年女性に特殊技能?
 女優の熊谷真実(64)が今月4日、自身のインスタグラムを更新し、ウエディングドレスの写真とともに結婚パーティーをしたこ...
そこ見る!? ヒモ男とヒモを飼いたい女性のリアリティーショーがすごい
 近頃、恋愛リアリティーショーも細分化されてきています。  バツイチだけの恋愛リアリティーや男性同士の恋愛リアリティー...
内藤みか 2024-06-13 06:00 ラブ
韓国人彼氏はプリンにも嫉妬なんてかわゆ♡ 日韓カップルのLINEを覗き見
 韓流ドラマなどを見ていると、主人公によくいる紳士的で優しい韓国人彼氏に憧れますよね!  実際に、韓国人彼氏がいる...
恋バナ調査隊 2024-06-12 06:00 ラブ
「恋愛も結婚も女性もわからなくて」色恋経験ゼロ男が淡泊に描く既定路線
「冷酷と激情のあいだvol.198〜女性編〜」では、結婚前提で交際する5歳年上の生真面目な恋人・サトルさん(46歳・仮名...
並木まき 2024-06-08 06:00 ラブ
「真面目で大事にされてもときめかない」味気ない男との再婚迷う41歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-08 06:00 ラブ
年齢を言いたがらないアラフォー女性 “私は若く見える”が招く婚活トラブル
 結婚相談所では生年月日はプロフィール上に掲載されていますが、相談所外での恋愛相談を聞いていると、「年齢」を巡って揉める...
植草美幸 2024-06-07 06:00 ラブ
ド緊張して顔が土色!? 夫の人見知り発動時に隣の妻がやるべき3つのこと
「夫が人見知りで困っている」という悩みを抱える妻は少なくありません。ご近所付き合いや親戚の集まり、子育て関係のイベントや...
恋バナ調査隊 2024-06-07 06:00 ラブ
“女風”で気持ち良くなりたいのに…アラフォー女性初回利用でなぜ大失敗?
 女性用風俗、略して「女風」の勢いが止まりません。東京都だけで約100店舗ほどがあるとされ、どのお店の誰を選べばいいのか...
内藤みか 2024-06-06 06:00 ラブ
唇かむ“サレ女”。高度化する浮気バレ対策、奴らはLINEに証拠残さない!
 今、SNSのショート動画には“スマホから浮気を発見する方法”に関する動画が溢れ返っています。LINEはトーク画面上から...
ミクニシオリ 2024-06-06 06:00 ラブ
「野球大好き男」彼氏がうざい件 たまには違う話をしてー!対処法は?
 野球大好き男を彼氏にもつと、一緒に野球観戦デートをしたり、勝利を祝ったり、楽しいこともありますよね。でも、時にはあまり...
恋バナ調査隊 2024-06-06 06:00 ラブ
「関西の女はモテない」のざっくり感。関東男性の本音と好相性のいい人
 恋愛において、相手の出身地は意外と大きな影響があるものです。文化や習慣、価値観などに関わるので、相性にも差が出てきそう...
恋バナ調査隊 2024-06-04 06:00 ラブ
【調香師監修】梅雨はフェロモン危機!パワフルシトラスで恋愛運UPを
 雨の日が続く梅雨時は、出かけるのも仕事に行くのも憂鬱な気分…ヘアスタイルも決まらないし、肌も心も曇りがちなフェロモンピ...
太田奈月 2024-06-04 06:00 ラブ