「元妻は鬼嫁」と言い切る離婚夫…反逆する元妻の言い分は?

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-10-22 15:46
投稿日:2019-05-11 06:00
 離婚した男女の双方から話を聞くと、同じ出来事への認識が大きく異なることも珍しくありません。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな特異なエピソードから、今回は妻の言い分を3選ご紹介します。
 みなさんは、夫・妻、どちらの言い分に共感しますでしょうか。

1:実家に“いい顔”を続ける元夫にウンザリ

(写真:iStock)
(写真:iStock)

「離婚した夫は、3歳年下で頼りない男でした。

 象徴的だった出来事は、カトラリー事件。義父が出張のお土産にと買ってきたカトラリーのデザインが、とにかく古臭くていかつかったのに、なんと元夫は私に相談もなく、家に持って帰ってきたうえに『今から電話で、父親にお礼を言え』って要求してきました。

 正直、カトラリーくらい目を瞑ることもできましたが、そんなふうに実家に“いい顔”をし続ける元夫にいい加減ウンザリしていたため、その日は私の堪忍袋の尾が切れ、彼を罵ってしまいました。

 結局、分かり合えることはなく、元夫は実家への私のこれまでの態度にも文句を言い、この出来事が引き金となって、夫婦仲が急速に冷めましたね」(44歳女性/医療)

  ◇  ◇  ◇

 この出来事、「冷酷と激情のあいだ~夫編~」での夫の言い分は、「実家の真心を踏みにじった妻」、妻の言い分は「実家にいい顔をする夫への逆襲」だったようです。

2:風習も価値観も異なる親族に疲弊し…

夫の親族たちの言動に辟易(写真:iStock)
夫の親族たちの言動に辟易 (写真:iStock)

「私はもともと人見知りな性格なので、仕事でも人間関係の構築があまり得意ではありません。

 地方出身の元夫とは東京で出会い、結婚をしましたが、結婚後の濃い親戚づきあいには、ほとほとウンザリでした。

 意地悪をされるわけではないものの、プライバシーにずかずかと入り込むような話題や、毎回おこなわれるお土産の品評会などに疲れ果て、最後のころはなるべく関わらないように、私から距離を置きました。

 元夫にそんな気持ちは理解してもらえず、いつも怒られていて、結局、元夫から『親戚づきあいを改めなければ離婚する』と宣言されたことを機に、離婚の話し合いへと進みました」(39歳女性/団体職員)

  ◇  ◇  ◇

 夫から見ると「親族をバカにした態度」でも、妻は風習や価値観に疲弊していた……ということのようです。

 折り合いをつけられれば離婚には至らなかったのかもしれませんが、結婚はふたりだけの問題ではないだけに、親戚がらみの話は、折衷案を見つけるのも困難になりがちな面も否めません。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


“本当の恋”と男性が感じる5つの瞬間&そう思わせるテクニック
 好きな男性から好意を抱かれるのは嬉しいことですが、相手が本気で思ってくれていなければ意味がありません。実は、男性は女性...
恋バナ調査隊 2021-08-05 06:00 ラブ
男性が遊びの女性に送るずるいLINE5選!本性を見極めて
 男性の中には、遊びで女性と付き合う人もいます。でも、そういった男性は女性にモテる人が多く、遊びの女性に対しての上手な扱...
恋バナ調査隊 2021-08-05 06:00 ラブ
女性からの告白は大アリ! 成功率を高めるシチュエーション
 気になるカレとデートを重ね、連絡のやりとりも続いているけど、進展しそうでなかなか進展しない時ってありますよね。「付き合...
若林杏樹 2021-08-04 06:00 ラブ
厄介…男性に近づく“相談女”の特徴&彼を狙われた時の対処法
 男性に相談を持ちかけて、無理に恋愛に持っていこうとする「相談女」。厄介な彼女たちには、どのような特徴があるのでしょうか...
恋バナ調査隊 2021-08-04 06:00 ラブ
離れたいのに離れられない男性の特徴5つ&関係を解消するには
 彼氏がいるからといって、誰もが幸せというわけではありません。中には、「彼氏と離れたいのに離れられない……」と、苦しんで...
恋バナ調査隊 2021-08-03 06:00 ラブ
大人の恋愛がしたい…進め方の4つのコツ&避けるべきNG行動
 若い頃は、後先考えずに恋愛していた人も多いでしょう。しかし、大人になるにつれて、勢い任せで恋愛することって難しくなりま...
恋バナ調査隊 2021-08-03 06:00 ラブ
悲しみから立ち直るために…自分を責めることをやめてみよう
 喪失のどん底にいるときって、ついつい自分を責めてしまいますよね。自分に自信がなくなって、耐えられない後悔に胸がちぎれそ...
七味さや 2021-08-02 06:00 ラブ
長続きの秘訣かも♡ 彼と“ちょうどいい関係”の作り方4つ
 恋愛での男女の距離感って、とても難しいですよね。好きだからこそもっと近くにいたいのに、求めれば求めるほど不安になったり...
恋バナ調査隊 2021-08-02 06:01 ラブ
本当にモテるのは性格美人な女性♡ 特徴&心がけるべきこと
 モテるために、外見を磨こうとする女性は多いですよね。でも、外見と内面を天秤にかけたら、最終的には内面が美しい女性が選ば...
恋バナ調査隊 2021-08-02 06:00 ラブ
告白の返事はどのくらい待つべき?男性が保留にする4つの理由
 勇気を出して告白した彼に「少し考えさせてほしい……」と言われたら、がっかりしてしまう人も多いでしょう。しかし、保留にさ...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
ひどい男に仕返しする5つの方法&怒りと悲しみの乗り越え方
「二股をかけられた」「お金だけ払わされてフラれた」など、本当にひどい男はいます。仕返ししたい!と思うのも無理ありませんが...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
「この人となら幸せに…」と思って結婚するのが間違いな理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。幸せの価値基準は人それぞれで、お寿司を食べるにしても回転寿司じゃ満足できない...
山崎世美子 2021-07-31 06:00 ラブ
諦められない…恋の引き際を見極める5つのポイント&メリット
 片思いでも両想いでも、好きになればなるほど「諦めたくない」と思うものです。しかし、恋愛は相手あってのことですから、自分...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
何をしても文句ばかり…「幼稚な母親」と妻に呆れる夫の主張
「冷酷と激情のあいだvol.49〜女性編〜」では、ワンオペ育児に不満が爆発している女性の・Hさんの叫びをご紹介しました。...
並木まき 2021-07-31 06:03 ラブ
在宅なのに何もしてくれない…ワンオペ育児に限界な妻の叫び
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-31 06:06 ラブ
癒されるけどね…天然彼女からのぶっとんだLINE内容5選
 天然の彼女を持った彼氏たちは、「可愛いな」「癒されるな」と微笑ましく見守る人が多いでしょう。でも、中にはあまりに度を越...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ