「元妻は鬼嫁」と言い切る離婚夫…反逆する元妻の言い分は?

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-05-11 06:00
投稿日:2019-05-11 06:00
 離婚した男女の双方から話を聞くと、同じ出来事への認識が大きく異なることも珍しくありません。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな特異なエピソードから、今回は妻の言い分を3選ご紹介します。
 みなさんは、夫・妻、どちらの言い分に共感しますでしょうか。

1:実家に“いい顔”を続ける元夫にウンザリ

(写真:iStock)
(写真:iStock)

「離婚した夫は、3歳年下で頼りない男でした。

 象徴的だった出来事は、カトラリー事件。義父が出張のお土産にと買ってきたカトラリーのデザインが、とにかく古臭くていかつかったのに、なんと元夫は私に相談もなく、家に持って帰ってきたうえに『今から電話で、父親にお礼を言え』って要求してきました。

 正直、カトラリーくらい目を瞑ることもできましたが、そんなふうに実家に“いい顔”をし続ける元夫にいい加減ウンザリしていたため、その日は私の堪忍袋の尾が切れ、彼を罵ってしまいました。

 結局、分かり合えることはなく、元夫は実家への私のこれまでの態度にも文句を言い、この出来事が引き金となって、夫婦仲が急速に冷めましたね」(44歳女性/医療)

  ◇  ◇  ◇

 この出来事、「冷酷と激情のあいだ~夫編~」での夫の言い分は、「実家の真心を踏みにじった妻」、妻の言い分は「実家にいい顔をする夫への逆襲」だったようです。

2:風習も価値観も異なる親族に疲弊し…

夫の親族たちの言動に辟易(写真:iStock)
夫の親族たちの言動に辟易 (写真:iStock)

「私はもともと人見知りな性格なので、仕事でも人間関係の構築があまり得意ではありません。

 地方出身の元夫とは東京で出会い、結婚をしましたが、結婚後の濃い親戚づきあいには、ほとほとウンザリでした。

 意地悪をされるわけではないものの、プライバシーにずかずかと入り込むような話題や、毎回おこなわれるお土産の品評会などに疲れ果て、最後のころはなるべく関わらないように、私から距離を置きました。

 元夫にそんな気持ちは理解してもらえず、いつも怒られていて、結局、元夫から『親戚づきあいを改めなければ離婚する』と宣言されたことを機に、離婚の話し合いへと進みました」(39歳女性/団体職員)

  ◇  ◇  ◇

 夫から見ると「親族をバカにした態度」でも、妻は風習や価値観に疲弊していた……ということのようです。

 折り合いをつけられれば離婚には至らなかったのかもしれませんが、結婚はふたりだけの問題ではないだけに、親戚がらみの話は、折衷案を見つけるのも困難になりがちな面も否めません。

3:頼りない夫との将来に不安で…

意見を言うと“暴言だ”と反論される…(写真:iStock)
意見を言うと“暴言だ”と反論される… (写真:iStock)

「2歳年下の元夫は、結婚が恋愛の延長にあると考えているような性格で、とにかく頼りない男でした。

 結婚後も、実家とベタベタした付き合いを好み、上京した義両親を私に無断で家に招き入れたり、仕事で疲れていても長時間の夜の行為をしたがったりと、“夫婦”というより“同棲カップル”のような生活を求めていましたね。

 私は、結婚したらきちんと“夫婦”らしく暮らしたかったのに、元夫にその気持ちを理解してもらえることはありませんでした。

 家に義両親を勝手に入れるのが許せず、私から禁止令を出しましたが、それは彼に“夫としての自覚”を芽生えさせたかったから。

 その後、家に義両親を入れるのは控えてくれましたが『暴言だ!』だのと反論され、喧嘩をするたびにその話と夫婦生活の話が出ていたので、彼に私の真意は理解できなかったようです。

 私たちは価値観が違いすぎたのでしょうね。あるとき、夫が家出をして、そこから離婚の話し合いが始まりました」(39歳女性)

  ◇  ◇  ◇

  理想の夫婦像が異なると、日常的な出来事においても、衝突が耐えなくなりがちです。

 多くの離婚した夫婦が口にする「価値観の違い」は、まさにそんな些細な相違の積み重ねであることも珍しくありません。

夫と妻のどちらの言い分に共感した?

 離婚をした男女の双方からの話を聞くと、同じ出来事への解釈が大きく異なるパターンもあります。

 今回ご紹介した3つの事例で、みなさんは夫「冷酷と激情のあいだ~夫編~」と妻「冷酷と激情のあいだ~妻編~」のどちらの言い分に共感しましたでしょうか。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM