「元妻は鬼嫁」と言い切る離婚夫…反逆する元妻の言い分は?

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-10-22 15:46
投稿日:2019-05-11 06:00
 離婚した男女の双方から話を聞くと、同じ出来事への認識が大きく異なることも珍しくありません。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな特異なエピソードから、今回は妻の言い分を3選ご紹介します。
 みなさんは、夫・妻、どちらの言い分に共感しますでしょうか。

1:実家に“いい顔”を続ける元夫にウンザリ

(写真:iStock)
(写真:iStock)

「離婚した夫は、3歳年下で頼りない男でした。

 象徴的だった出来事は、カトラリー事件。義父が出張のお土産にと買ってきたカトラリーのデザインが、とにかく古臭くていかつかったのに、なんと元夫は私に相談もなく、家に持って帰ってきたうえに『今から電話で、父親にお礼を言え』って要求してきました。

 正直、カトラリーくらい目を瞑ることもできましたが、そんなふうに実家に“いい顔”をし続ける元夫にいい加減ウンザリしていたため、その日は私の堪忍袋の尾が切れ、彼を罵ってしまいました。

 結局、分かり合えることはなく、元夫は実家への私のこれまでの態度にも文句を言い、この出来事が引き金となって、夫婦仲が急速に冷めましたね」(44歳女性/医療)

  ◇  ◇  ◇

 この出来事、「冷酷と激情のあいだ~夫編~」での夫の言い分は、「実家の真心を踏みにじった妻」、妻の言い分は「実家にいい顔をする夫への逆襲」だったようです。

2:風習も価値観も異なる親族に疲弊し…

夫の親族たちの言動に辟易(写真:iStock)
夫の親族たちの言動に辟易 (写真:iStock)

「私はもともと人見知りな性格なので、仕事でも人間関係の構築があまり得意ではありません。

 地方出身の元夫とは東京で出会い、結婚をしましたが、結婚後の濃い親戚づきあいには、ほとほとウンザリでした。

 意地悪をされるわけではないものの、プライバシーにずかずかと入り込むような話題や、毎回おこなわれるお土産の品評会などに疲れ果て、最後のころはなるべく関わらないように、私から距離を置きました。

 元夫にそんな気持ちは理解してもらえず、いつも怒られていて、結局、元夫から『親戚づきあいを改めなければ離婚する』と宣言されたことを機に、離婚の話し合いへと進みました」(39歳女性/団体職員)

  ◇  ◇  ◇

 夫から見ると「親族をバカにした態度」でも、妻は風習や価値観に疲弊していた……ということのようです。

 折り合いをつけられれば離婚には至らなかったのかもしれませんが、結婚はふたりだけの問題ではないだけに、親戚がらみの話は、折衷案を見つけるのも困難になりがちな面も否めません。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 別れた元彼から連絡が来ると、びっくりしてしまいますよね。別れ方にもよりますが、やっとの思いで気持ちを断ち切ったのに、不...
リタ・トーコ 2020-01-19 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる妻のなかには、家族以外に対して、容赦なく鬼対応する女性もいるようです。 クレーマーや勘違い女になってい...
並木まき 2020-01-18 06:00 ラブ
FILM
「女性は男性を立てて一歩後ろをついていく」――。そんな考えに全く賛同できない!と思うあなた、もしかしたらドS気質を持って...
リタ・トーコ 2020-01-17 06:00 ラブ
FILM
 マッチングアプリが流行しています。アメリカではオンラインで知り合い結婚にいたるカップルは、全婚姻数の3分の1を超えたと...
内藤みか 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
 風邪をひくと、家族に対しワガママを言い出す人は珍しい存在ではないものの…。相手が鬼嫁ともなると、そのワガママの度合いが...
並木まき 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
「付き合ったばかりの頃は大切にしてくれたのに、気づけば適当に扱われてる……」そんな“釣った魚に餌をやらない”男性によって...
リタ・トーコ 2020-01-15 06:00 ラブ
FILM
「イイナと思った男性が既婚だった……」というのはよくある話。  結婚の実績があるだけあって魅力的だったり、独身男性には...
田中絵音 2020-01-14 06:24 ラブ
FILM
 買い物に行こうとした時、年下の男性に「一緒に行っていいですか」と言われたことがある年上女性は少なくないと思います。年上...
内藤みか 2020-01-13 06:00 ラブ
FILM
 彼氏が風邪を引いてしまったら、心配になってしまいますよね。特に一人暮らしの彼氏の場合、病状はどうなのか、お見舞いに行く...
孔井嘉乃 2020-01-12 06:00 ラブ
FILM
 付き合って2カ月の彼氏がいます。出会いはマッチングアプリで、初対面から好印象。デート中に次のデートが決まるなどトントン...
神崎メリ 2020-01-12 06:00 ラブ
FILM
 お正月休みには家族の絆を深める人も多いなか、鬼嫁のせいで、面白くもおかしくもない年末年始休暇を過ごした夫もいるようです...
並木まき 2020-01-11 08:18 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。大人になると、相手に嫌なことがあっても波風立てずにフェードアウトして2人の関...
山崎世美子 2020-01-11 06:00 ラブ
FILM
 なぜ「他人のもの」はかくも魅力的に見えるものなのでしょう。友人の旦那様、職場の既婚男性……。他人のものだとわかった途端...
ミクニシオリ 2020-01-10 06:00 ラブ
FILM
 基本的に強引でワガママ、でも、そんなドS男性に惹かれる女性は多いよう。「ドM女性がモテるのはなぜ? 10項目で分かるド...
リタ・トーコ 2020-01-10 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁のなかには、義母の前でも平然と牙を剥くツワモノもいるようです。魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする...
並木まき 2020-01-09 06:00 ラブ
FILM
 20代男子と人妻……。これはなぜか相性がとてもいいらしいのです。この年代の男性は、特に学生の間は割と時間が自由になるし...
内藤みか 2020-01-09 06:00 ラブ