LINE交換できてもデートできない男…彼のLINEは何が問題?

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-06-17 16:25
投稿日:2019-05-18 06:00
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきのもとに届く「モテない」を自覚する男たちからの悲痛な叫び。彼らが「モテない」理由は、LINEのせいだった!?
 悩める非モテ男たちのダメすぎるLINEを、並木まきがスパルタ添削します。

case1:アカウント交換できてもデートできない男

そのLINE、ドン引きされてるかも…(写真:iStock)
そのLINE、ドン引きされてるかも… (写真:iStock)

「そろそろ本気で付き合える彼女が欲しいです。

 でも、飲み会で知り合って意気投合してLINE交換まではできても、何回かやりとりをしていくうちに、女の子のテンションが下がっている気がします。

 次のデートの約束をしたくても、なかなかいい返事が返ってきません。

 僕の誘い方の、何が悪いんでしょうか…」<山下氏(仮名)35歳男性/団体職員>

キミのLINEはここがダメ!「自己中すぎてネタにしかならない」

強引かつ一方的すぎでは?/(C)コクハク
強引かつ一方的すぎでは? /(C)コクハク

 山下さんは、LINEアカウントの交換まではスムーズに進むようですから、次のデートにこぎつけられない大きな原因は、ご本人も気づいているように、おそらくLINEのやりとりにもあるのでしょう。

 それにしても、LINEを拝見するかぎり、お誘いが、強引かつ一方的すぎやしませんか?

 相手の好みもわからないままに「行こうよ!」と言ってみたり、相手のスケジュールもよく知らないのに「○日はどう?」と聞いてみたり。

 すでに交際に至っている彼氏からのLINEならばともかくとして、飲み会でたった1回会っただけの男から、こんな自己中なLINEが届けば、内心ドン引きな女性だって多いですよ。

 え? 強引なほうが、モテるだろうって?

 確かに恋愛では、そんな傾向もあるのは否めませんが……、山下さん、失礼ながらも、もう35歳ですよね?

 35歳の独身男で、独りよがりなLINEでお誘いをかけてくる男なんて、そこそこに恋愛経験がある女性からすれば「鬱陶しい」「KYでウザい!」「幼稚」と思う典型でもあるのですよ。

女子会のネタにされる恐れも

 あなたみたいな男が送るLINEは、けっこうな確率で女子会のネタになり「この人は、こんなふうに女心を無視してガンガン押すだけだから、結婚できないどころか、彼女すらいないんだろうねぇぇ〜」なんて、裏で厳しいジャッジがくだっているものなのですよ。

 しかも、そんなふうに仲間うちで“笑い者”になった男と付き合おうとする女性なんて少数派。こんなLINEを送っていたら、いろんな意味で、いつまで経っても彼女はできないでしょうね。

 山下さん、このあたりで一発逆転を狙うなら、次回からは、女の子にイニシアチブを握らせるデートの誘い方をしてみてはいかがでしょう。

 好きな食べ物の話から「うまい店知っているから、よかったら行ってみない?」とか「今月は忙しい?」と尋ねるところから始めてみるとか。

 令和を迎えた現代は、グイグイ一辺倒の男より、謙虚な姿勢が垣間見えたほうが、モテやすい時代でもありますのよ。

LINEのお悩み募集しています!

「自分のLINEは、なんでモテないんだろう?」と悩む男性のみなさん!

「こんなLINEが届いて、ドン引きでした!」な女性のみなさん!

 そんなLINEを、添削してもらいませんか?

 teamコクハク内の「質問・相談・その他のご依頼」から、執筆者「並木まき」を選択してご連絡くださいませ。または並木まき事務所までメールでお悩みをお寄せください! 個人情報やプライバシーはお守りします。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 大好きな彼氏が浮気をしていたら、とてつもなくショックを受けますよね。裏切られた悲しさや怒りで、動揺してしまう女性も多い...
東城ゆず 2019-12-06 06:00 ラブ
FILM
「片思い」って、何歳になってもなかなか慣れないものですよね。ハッと我にかえると「私、どうかしてる!」と自分に呆れてしまう...
FILM
 歳を重ねていくと、「そろそろ結婚しないの?」という周囲の圧力を感じることってありますよね。また、素敵なプロポーズを受け...
東城ゆず 2019-12-05 06:00 ラブ
FILM
「なんとなくお互いに惹かれ合っている」、そんなお付き合い前のデートの際、あなたは割り勘を申し出たことはありますか? もち...
リタ・トーコ 2019-12-05 06:00 ラブ
FILM
 帰宅が遅くなった夫に対しては、イヤミや文句のひとつを口にする女性も少なくありませんよね。  しかし相手が鬼嫁となると...
並木まき 2019-12-04 06:00 ラブ
FILM
 毎年、街がドレスアップするこのシーズン。LEDが開発されたことで昔よりもイルミネーションの輝きが増していますし、色とり...
東城ゆず 2019-12-03 06:00 ラブ
FILM
「いつか付き合えたら……!」そんな一心で片思いをしている方は多いでしょう。でも、どんなに頑張ってアプローチを続けても、ど...
リタ・トーコ 2019-12-02 06:27 ラブ
FILM
 最近は「男子高生ミスターコン」や「ジュノンボーイコンテスト」など、ネット上での人気度がコンテスト結果を左右するイベント...
内藤みか 2019-12-02 06:24 ラブ
FILM
 よく、「恋愛と結婚は別」と言われますが、そんな簡単に割り切れないのが男女のお付き合いでしょう。でも、恋愛と結婚には決定...
孔井嘉乃 2019-12-01 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子です。皆さん、「7秒ハグ」のCM、ご存じですか。冬用の保温インナーのCMで、家族や彼氏など大...
山崎世美子 2019-11-30 06:00 ラブ
FILM
「サイコパス」は、人の気持ちがわからない気質として知られますが、社会生活にはなんらの問題がなくとも、こと恋愛シーンでパー...
並木まき 2019-11-30 06:00 ラブ
FILM
 一般的に「早婚願望」がある女性は30歳までに結婚を考えます。とはいえ、最近はその時期が遅れがちなのも致し方ありません。...
ミクニシオリ 2019-11-29 06:00 ラブ
FILM
 イケメン有名人の交際や結婚が発覚する時、相手女性の「匂わせ」が話題になることがあります。匂わせとは、公表する以前から彼...
内藤みか 2019-11-28 06:00 ラブ
FILM
 いつも周りに女性がいるけれど、特定の彼女はなかなか作らない……そんな女友達が多い男性っていますよね。実はそんな彼らには...
FILM
 好きな人といると、なぜか眠くなってしまうことってありませんか? せっかく会えたから起きていたいのに……そんな風に落ち込...
孔井嘉乃 2019-11-27 06:00 ラブ
FILM
 あなたは今どのような形で婚活をしていますか? 私は「婚活はマーケティングとブランディングが特に重要だ」とお伝えしていま...
山本早織 2019-11-26 06:00 ラブ