LINE交換できてもデートできない男…彼のLINEは何が問題?

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-06-17 16:25
投稿日:2019-05-18 06:00
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきのもとに届く「モテない」を自覚する男たちからの悲痛な叫び。彼らが「モテない」理由は、LINEのせいだった!?
 悩める非モテ男たちのダメすぎるLINEを、並木まきがスパルタ添削します。

case1:アカウント交換できてもデートできない男

そのLINE、ドン引きされてるかも…(写真:iStock)
そのLINE、ドン引きされてるかも… (写真:iStock)

「そろそろ本気で付き合える彼女が欲しいです。

 でも、飲み会で知り合って意気投合してLINE交換まではできても、何回かやりとりをしていくうちに、女の子のテンションが下がっている気がします。

 次のデートの約束をしたくても、なかなかいい返事が返ってきません。

 僕の誘い方の、何が悪いんでしょうか…」<山下氏(仮名)35歳男性/団体職員>

キミのLINEはここがダメ!「自己中すぎてネタにしかならない」

強引かつ一方的すぎでは?/(C)コクハク
強引かつ一方的すぎでは? /(C)コクハク

 山下さんは、LINEアカウントの交換まではスムーズに進むようですから、次のデートにこぎつけられない大きな原因は、ご本人も気づいているように、おそらくLINEのやりとりにもあるのでしょう。

 それにしても、LINEを拝見するかぎり、お誘いが、強引かつ一方的すぎやしませんか?

 相手の好みもわからないままに「行こうよ!」と言ってみたり、相手のスケジュールもよく知らないのに「○日はどう?」と聞いてみたり。

 すでに交際に至っている彼氏からのLINEならばともかくとして、飲み会でたった1回会っただけの男から、こんな自己中なLINEが届けば、内心ドン引きな女性だって多いですよ。

 え? 強引なほうが、モテるだろうって?

 確かに恋愛では、そんな傾向もあるのは否めませんが……、山下さん、失礼ながらも、もう35歳ですよね?

 35歳の独身男で、独りよがりなLINEでお誘いをかけてくる男なんて、そこそこに恋愛経験がある女性からすれば「鬱陶しい」「KYでウザい!」「幼稚」と思う典型でもあるのですよ。

女子会のネタにされる恐れも

 あなたみたいな男が送るLINEは、けっこうな確率で女子会のネタになり「この人は、こんなふうに女心を無視してガンガン押すだけだから、結婚できないどころか、彼女すらいないんだろうねぇぇ〜」なんて、裏で厳しいジャッジがくだっているものなのですよ。

 しかも、そんなふうに仲間うちで“笑い者”になった男と付き合おうとする女性なんて少数派。こんなLINEを送っていたら、いろんな意味で、いつまで経っても彼女はできないでしょうね。

 山下さん、このあたりで一発逆転を狙うなら、次回からは、女の子にイニシアチブを握らせるデートの誘い方をしてみてはいかがでしょう。

 好きな食べ物の話から「うまい店知っているから、よかったら行ってみない?」とか「今月は忙しい?」と尋ねるところから始めてみるとか。

 令和を迎えた現代は、グイグイ一辺倒の男より、謙虚な姿勢が垣間見えたほうが、モテやすい時代でもありますのよ。

LINEのお悩み募集しています!

「自分のLINEは、なんでモテないんだろう?」と悩む男性のみなさん!

「こんなLINEが届いて、ドン引きでした!」な女性のみなさん!

 そんなLINEを、添削してもらいませんか?

 teamコクハク内の「質問・相談・その他のご依頼」から、執筆者「並木まき」を選択してご連絡くださいませ。または並木まき事務所までメールでお悩みをお寄せください! 個人情報やプライバシーはお守りします。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 はじめまして、いつもコラムを見ています!  私は26歳で美容師をしているのですが、なかなか恋愛がうまくいきません...
神崎メリ 2020-04-05 06:00 ラブ
FILM
 結婚願望があるにも関わらず、「恋人ができても結婚話が出ない」「結婚相手が見つからない」という人もいるでしょう。でも実は...
恋バナ調査隊 2020-04-05 06:00 ラブ
FILM
 恋愛には「妥協が必要!」という声と、「妥協はしない方がいい!」という2つの声がありますね。でも、実際のところは「妥協は...
恋バナ調査隊 2020-04-04 06:00 ラブ
FILM
 恋人ができれば、友達や同僚に伝えたくなるもの。しかし、社内恋愛の場合には、バレてしまった時にデメリットがあるため、職場...
恋バナ調査隊 2020-04-03 06:00 ラブ
FILM
 恋が始まると、毎日が楽しくなるものです。その恋を叶えるためにする努力も、幸せに感じることができるでしょう。しかし、いつ...
恋バナ調査隊 2020-04-02 06:00 ラブ
FILM
「待てど暮らせど、男性から連絡が来ない……」「いつも連絡するのは私から……」そんな男性に、イライラしている女性も多いので...
恋バナ調査隊 2020-04-01 06:00 ラブ
FILM
「あの子、育ちが良さそうだよね。良いところのお嬢様って感じがする」  あなたの身の回りにもいませんか? ものすごく...
七海 2020-04-01 06:00 ラブ
FILM
 私のもとに婚活相談に来る女性の3割が、元彼が忘れられないという女性です。 「元彼のことが忘れられない→でも元彼か...
山本早織 2020-03-31 06:00 ラブ
FILM
「好きだから嫉妬する」、これは当たり前の感情です。でも、嫉妬をすると不安や罪悪感などネガティブな感情になってしまう……と...
リタ・トーコ 2020-03-31 06:00 ラブ
FILM
 恋人がほしいと思っている人にとって、マッチングサイトは魅力的な存在。マイペースに恋活をすることができますから、忙しい人...
恋バナ調査隊 2020-03-31 06:00 ラブ
FILM
 感染症拡大防止による外出自粛が呼びかけられている今日この頃ですが、マッチングアプリでも出会いは自粛されているのでしょう...
内藤みか 2020-03-30 06:00 ラブ
FILM
 異常気象や自然災害、ウイルス蔓延、高齢化社会など、将来が心配になるようなニュースが多い昨今。だからこそ、パートナーを選...
FILM
 あなたは、不倫にどんなイメージを持っていますか? 中には、「スリルを味わえる楽しい恋愛」と思っている人もいるかもしれま...
恋バナ調査隊 2020-03-29 06:00 ラブ
FILM
 最近、周りで非常にざわざわするトピックがあります。その感染力は、新型コロナウィルスに引けを取らぬ勢いで、出会う人、出会...
しめサバ子 2020-03-29 06:00 ラブ
FILM
 新型コロナへの不安は、国内でも日に日に増しています。ついにはウイルス対策のために、同棲解消を選んだカップルも……。魑魅...
並木まき 2020-03-28 06:00 ラブ
FILM
 誰しも、好きな人に対して少なからず「嫉妬」をするものでしょう。でも、それはある意味、愛情の裏返しでもありますよね。でも...