LINE交換できてもデートできない男…彼のLINEは何が問題?

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-06-17 16:25
投稿日:2019-05-18 06:00
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきのもとに届く「モテない」を自覚する男たちからの悲痛な叫び。彼らが「モテない」理由は、LINEのせいだった!?
 悩める非モテ男たちのダメすぎるLINEを、並木まきがスパルタ添削します。

case1:アカウント交換できてもデートできない男

そのLINE、ドン引きされてるかも…(写真:iStock)
そのLINE、ドン引きされてるかも… (写真:iStock)

「そろそろ本気で付き合える彼女が欲しいです。

 でも、飲み会で知り合って意気投合してLINE交換まではできても、何回かやりとりをしていくうちに、女の子のテンションが下がっている気がします。

 次のデートの約束をしたくても、なかなかいい返事が返ってきません。

 僕の誘い方の、何が悪いんでしょうか…」<山下氏(仮名)35歳男性/団体職員>

キミのLINEはここがダメ!「自己中すぎてネタにしかならない」

強引かつ一方的すぎでは?/(C)コクハク
強引かつ一方的すぎでは? /(C)コクハク

 山下さんは、LINEアカウントの交換まではスムーズに進むようですから、次のデートにこぎつけられない大きな原因は、ご本人も気づいているように、おそらくLINEのやりとりにもあるのでしょう。

 それにしても、LINEを拝見するかぎり、お誘いが、強引かつ一方的すぎやしませんか?

 相手の好みもわからないままに「行こうよ!」と言ってみたり、相手のスケジュールもよく知らないのに「○日はどう?」と聞いてみたり。

 すでに交際に至っている彼氏からのLINEならばともかくとして、飲み会でたった1回会っただけの男から、こんな自己中なLINEが届けば、内心ドン引きな女性だって多いですよ。

 え? 強引なほうが、モテるだろうって?

 確かに恋愛では、そんな傾向もあるのは否めませんが……、山下さん、失礼ながらも、もう35歳ですよね?

 35歳の独身男で、独りよがりなLINEでお誘いをかけてくる男なんて、そこそこに恋愛経験がある女性からすれば「鬱陶しい」「KYでウザい!」「幼稚」と思う典型でもあるのですよ。

女子会のネタにされる恐れも

 あなたみたいな男が送るLINEは、けっこうな確率で女子会のネタになり「この人は、こんなふうに女心を無視してガンガン押すだけだから、結婚できないどころか、彼女すらいないんだろうねぇぇ〜」なんて、裏で厳しいジャッジがくだっているものなのですよ。

 しかも、そんなふうに仲間うちで“笑い者”になった男と付き合おうとする女性なんて少数派。こんなLINEを送っていたら、いろんな意味で、いつまで経っても彼女はできないでしょうね。

 山下さん、このあたりで一発逆転を狙うなら、次回からは、女の子にイニシアチブを握らせるデートの誘い方をしてみてはいかがでしょう。

 好きな食べ物の話から「うまい店知っているから、よかったら行ってみない?」とか「今月は忙しい?」と尋ねるところから始めてみるとか。

 令和を迎えた現代は、グイグイ一辺倒の男より、謙虚な姿勢が垣間見えたほうが、モテやすい時代でもありますのよ。

LINEのお悩み募集しています!

「自分のLINEは、なんでモテないんだろう?」と悩む男性のみなさん!

「こんなLINEが届いて、ドン引きでした!」な女性のみなさん!

 そんなLINEを、添削してもらいませんか?

 teamコクハク内の「質問・相談・その他のご依頼」から、執筆者「並木まき」を選択してご連絡くださいませ。または並木まき事務所までメールでお悩みをお寄せください! 個人情報やプライバシーはお守りします。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 前回に続き、浮気男に対処する妻(彼女)たちのエピソードです。  昔から「男の胃袋をつかめ」という言葉がありますが、多...
うかみ綾乃 2020-07-02 06:00 ラブ
FILM
 彼氏との旅行は本当に楽しみでドキドキしますよね。その反面、長い時間一緒にいることでボロが出てしまわないか不安な部分もあ...
恋バナ調査隊 2020-07-02 06:00 ラブ
FILM
 恋人と別れる理由は人それぞれですが、ある程度時間が経って冷静になると「やっぱり好き」「ヨリを戻したい」という気持ちにな...
恋バナ調査隊 2020-07-01 06:00 ラブ
FILM
 今や出会いは、マッチングアプリで見つけられる時代。  マッチングアプリを利用した人の約7割が「出会えた!」、そし...
田中絵音 2020-06-30 06:25 ラブ
FILM
 気になる男性とのドキドキのLINE交換! その後、一生懸命にアプローチをしている女性は多いでしょう。しかし、そんな女性...
恋バナ調査隊 2020-06-30 06:07 ラブ
FILM
 恋愛教本やモテ術など、世間にはたくさんの恋愛テクニックで溢れています。よく私も参考にするのですが、男性側のモテ本には何...
若林杏樹 2020-06-29 10:21 ラブ
FILM
 外出自粛が緩和されてから日も経過し、少しずつ日常を取り戻しつつありますね。では、完全に「コロナ前」のような過ごし方に戻...
ミクニシオリ 2020-06-29 06:00 ラブ
FILM
 はじめまして! 愛知県在住、社会人の27歳です!  付き合って1年になる遠距離恋愛中の彼とのことで相談です。彼は...
神崎メリ 2020-06-28 06:00 ラブ
FILM
 人との出会いというのは、とても不思議なもの。自然な出会いもあれば、必然的な出会いもあるでしょう。マッチングアプリの出会...
恋バナ調査隊 2020-06-28 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-06-27 06:57 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-06-27 06:50 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。元ZOZOTOWNの前澤友作氏が立ち上げた、養育費問題に向き合う「株式会社 ...
山崎世美子 2020-06-27 07:02 ラブ
FILM
 あなたには、結婚願望がありますか? 結婚は必ずしなければいけないものではありませんし、タイミングが決まっているわけでも...
恋バナ調査隊 2020-06-27 06:00 ラブ
FILM
 男性たちはよく、女性から「鈍感で察しが悪い」と思われています。「もっと空気を読んでほしい」「言わなくても分かってほしい...
ミクニシオリ 2020-06-27 07:13 ラブ
FILM
 離婚とは、争いです。離婚するか否かからどんな条件で離婚するかまで、夫婦間での激しい交渉、もとい争いが繰り広げられます。...
七味さや 2020-06-26 06:00 ラブ
FILM
 好きな人や恋人ができるのは、本来とても幸せなことです。しかし、好きだからこそ嫉妬心が芽生え、苦しんでしまう人も少なくあ...
恋バナ調査隊 2020-06-26 06:00 ラブ