インスタ女子もドン引き 「いいね!」をケチる男の恋愛傾向

田中絵音 日本合コン協会会長
更新日:2019-05-07 18:58
投稿日:2019-05-07 06:00

 渋谷にオフィスがある某IT企業で働くサナ(31歳独身)は、OLながらインスタではフォロワー1万人を越えている、いわゆるインスタ女子。ファッションとグルメを中心に、おしゃれなライフスタイルを日々インスタに載せています。

 傍から見たら超リア充なサナですが、近年付き合った男たちとはもっぱらSNSが原因でケンカすることが多く、新しい恋も敬遠しがちになっていました。彼氏のインスタを見て、共通の女友達と飲んでいたことが分かったり、逆に自分のインスタを見られて「あの店、誰と行ってたの?」と束縛されたりと……SNSを頻繁にやるカップルは、余計な心配事が増えて面倒なことになるようです。

 そんなサナが、合コンで知り合った「SNSをやらない」と豪語する彼に惹かれて、しだいに交際するも、予想だにしなかったザンネンな恋の結末とは? 今回はSNSから垣間見えた #ザン恋 エピソードをご紹介します!

「SNSは見る専門」と言う彼に惹かれて

 会社の同期からのお誘いで、とくに期待もせずニュートラルな気分で行った合コンのお相手は、サナたちと同業他社のIT関係。幹事の男性は営業企画部なんだそうですが、サナが気になったのは、あきらかに人数合わせで連れてこられた感じのSEだというヒデオくん(31歳)。

 合コンがはじまって食事が出てきた際に、サナたち女性陣や幹事の男の子はすかさずインスタ用に写真を撮っていたところ、ヒデオくんが「僕はSNS見る専用だから、一応アカウントは持っているけど自分ではアップしない」と言っていたのです。最近SNSをよくやる男性との恋愛に疲れていたサナは、その一言が逆に新鮮で、一気にヒデオくんに惹かれていきました。

 後日デートを2回して、ヒデオくんの質素なデートや必要最小限のLINEの連絡なんかも、チャラチャラしてないところに好感が持てて、好きになっていきました。

 そして3回目のデートで、ヒデオくんの方から「好きだから付き合おう」とシンプルに告白をされて、順調に交際がスタート!

彼から「いいね!」がつかないのは何故?

 それからのデートはもっぱらお家メインのお付き合いに。2人で家にいる時も、スマホタイムがあるのが日常でした。

 サナはインスタを中心にSNSは何でも頻繁に更新するタイプでしたが、一方の彼は、Facebookとインスタは一応アカウントだけ持っているけど、自分では更新しない「見る専門」。だからヒデオくんが、いつログインしているのか、サナはよく分からずにいました。

 でも、サナがインスタを更新すると、すぐに「こないだ行ったお店、載せてたね」と言ってきます。

 ところが、何だか不可解なことが一つだけありました。

 それは……「彼から“いいね”が一度も付いたことがない」こと。

 サナは「何で“いいね”してくれないの?」と聞いても、「僕は、仕事で何かを成し遂げた報告とか、共感できる考えについての投稿みたいな、本当にいいと思った時にしか“いいね”はしない」と言うのです。

 それを聞いたとき、サナは《じゃ、私の投稿はいいと思ってないんだ……》と、ちょっとショックを受けましたが、インスタは写真の見栄えを優先してアップしているのも事実なので、「まあいいか」と流し、時は過ぎていきました。

記念日のプレゼントは初回のみ!?

 2人は交際して半年が経ち、初めて2人で迎えるバレンタインデーが間近に迫ってきた頃、サナは「バレンタインのプレゼント、何か欲しい物ある?」と聞きました。すると、ヒデオくんは「何もいらない。ってか、ホワイトデーも何もやらないからな」と言ってきたのです!

 サナは動揺しながらも、「えっ、なんで? クリスマスの時は自分から「何が欲しい?」って聞いてきてプレゼントくれたのに、バレンタインは何もしないの?」と聞いてみると……

「クリスマスの時は、付き合って最初のイベントだったからだよ。それがずっと続くとは思わないで」と、ヒデオくんは言いました

 そう……ヒデオくんは、まさに「釣った魚にはエサをやらない」男だったのです!!

 思い返せば、インスタの“いいね”もケチる男。

 カップルの記念日だからって毎回プレゼントをあげるわけではない、というのも考えてみると腑に落ちる。

 そう思ったサナは、その年は映えないクリスマスを過ごした後、ヒデオくんとの付き合いにテンションがだだ下がり、自ら別れを告げたのです。

《やっぱり自分(インスタ女子)には、映えるデートが合っているんだわ》

 ヒデオくんとの交際は、自分の恋愛観を見直す教訓となったようです。

【今日の一言メモ】いいねをケチる男は、釣った魚にエサをやらない傾向アリ!

 SNSをさり気なく見ている中で、いいねをポチしまくる大盤振る舞いな男もいれば、いいねを押し渋る男もいるな……というのは、なんとなく感じていましたが、いいねをケチる男と付き合うと、記念日もケチられるというのは、新たな発見でしたね。

 でも、どんなこじらせ男子との珍エピソードも、次の恋に生かせる教訓になるので、何事にも意味があるということですね!

 また次回の #ザン恋 もお楽しみに。

田中絵音
記事一覧
日本合コン協会会長
一般社団法人日本合コン協会会長、恋愛アドバイザー。2000回以上の合コンイベントに携わり、男女の恋愛心理に精通する。また一児の母であり、ママ向けイベントを行う「東京ママパーティー」の主宰も務める。著書に「こじらせ男子の取扱説明書(トリセツ)」
(双葉社)など。
ブログXInstagram

ラブ 新着一覧


マチアプに“借金男子”が増殖中!生活苦を訴え、カネを無心。助けを求められたら即すべきことは…
 マッチングアプリで近ごろ見かけるのが「借金男子」です。支払いが大変なので、支援してくれる女性いませんか、と呼びかけてい...
内藤みか 2024-07-25 06:00 ラブ
夫婦喧嘩は“自ら折れる”で片付ける!賢い妻は謝罪感謝をポチってハイ終了
 夫婦喧嘩をする時、自分から折れるのは悔しいと感じてしまいがち…。  でも実は、夫婦喧嘩は自ら謝ったほうが問題は解...
恋バナ調査隊 2024-07-24 06:00 ラブ
「レス離婚」は夫に慰謝料請求可能?弁護士に相談したら意外な答えが…
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  実は先日...
豆木メイ 2024-07-23 06:00 ラブ
封筒の中からオンナの毛髪が…もう恋愛したくない! ゾッとした体験談4選
 あなたは、恋愛で怖い思いをした経験があるでしょうか?  今回は、女性たちに“ゾッとした体験談”について話してもらいま...
恋バナ調査隊 2024-07-22 06:00 ラブ
すべてクロ!夫の不倫を見抜いた 探偵級妻たちの鋭すぎる「女の勘」5選
「ん? なんか怪しい…」、そんな女の勘は意外と当たるもの。実際に夫の不倫を、女の勘によって見抜いた女性たちがたくさん存在...
恋バナ調査隊 2024-07-21 06:00 ラブ
婚活市場で「尊敬婚」が増加中。男性に選ばれる女性は若さよりも収入?
 近年、「尊敬婚」が非常に増えています。以前の多くの男性の価値観は、若くて気立ての良い女性を好み、「夫を支える良き妻」が...
植草美幸 2024-07-20 06:00 ラブ
「妻とはマジで離婚」自分の親への非礼に我慢しバカにされ続けた41歳男
「冷酷と激情のあいだvol.205〜女性編〜」では、結婚12年目にして、レスを理由に夫から離婚を突きつけられた妻・絢音さ...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
「もう限界だ」レスを理由に夫から離婚届を突きつけられた41歳女の画策
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
夜職彼氏との付き合い方「虎の巻」全方位モテ男を骨抜きに♡
「付き合い始めた彼氏が夜職で、女性との接点が多くて不安…」「彼にとって、お客様とは違う特別な女性になるにはどうすればいい...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
暑すぎる…!彼氏との幸せ気分をぶち壊す「夏の失敗デートスポット」4選
 いや日本の夏、暑すぎ〜(泣)! 最近は朝からクーラーつけないと滝汗かいちゃう毎日で、彼氏とのあまあまデートにも支障を来...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
『バチェロレッテ・ジャパン』S3“本当”の楽しみ方 偏差値高めな人の“頭で恋する恋愛学”が詰まっている!
 恋愛リアリティー番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン3(Amazon Prime Video)が、今まで観たことが...
内藤みか 2024-07-18 06:00 ラブ
元彼と友達になるメリットとデメリット。完全に縁切りする時はいつ?
 彼氏と別れるとき、バッサリ縁を切るべきか、それとも友達になるべきか悩みませんか? そんな悩みを抱えている女性に、元彼と...
恋バナ調査隊 2024-07-18 06:00 ラブ
妻の「レスだけど仲良し」に潰された夫の本音 無言の圧力をかけてない?
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  セックス...
豆木メイ 2024-07-16 06:00 ラブ
恋愛感情ない結婚の「夜事情」5選 アラフォー夫婦の“その後”を聞く
「お金のために結婚した」「親を安心させるためにお見合い結婚した」など、恋愛感情がない相手と結婚している人もいます。そんな...
恋バナ調査隊 2024-07-15 06:00 ラブ
意中の彼と“宿泊デート”。自宅まで押しかけ、時計の針は21時を過ぎた。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。20代でハマったメタル音楽のオフ会で知り合った遠い北の地...
mirae.(みれ) 2024-07-15 06:00 ラブ
既婚女性と独身男性“禁断愛”の終わり方5選。縁はあっけなく切れるもの?
 読者の女性のなかには、独身男性と不倫している方もいるのではないでしょうか。でも、残念ながら既婚女性と独身男性の不倫はバ...
恋バナ調査隊 2024-07-14 06:00 ラブ