彼が仕事で忙しい時こそ会いたくなる女性になる方法とは?

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-05-08 06:01
投稿日:2019-05-08 06:00
「彼が忙しくて、全然かまってくれない!」そんな不満を持つ女性は多いでしょう。でも、実は彼の仕事が忙しい時こそ、女の見せ所!彼が会いたくなる女性になる方法、さっそく見ていきましょう。

「忙しい時に連絡できない」男性には2タイプいる

 そもそも、なぜ男性は「忙しいと会えない」と言うのでしょうか?そこには、仕方がない場合と、そうではない場合があると思うのです。

 面倒な男性かを見極めるポイントにもなるので、まずはチェック!

1つのことしか考えられないタイプ

 女性は皆、比較的器用です。お料理をしながら今日の洋服を決めたりなど、普段からいくつものことを同時進行で行います。そのため、女性はどんなに忙しくてもお付き合いしている彼のことを忘れませんし、どうにかして会える時間を捻出するのです。

 対して、多くの男性は女性といる時は女性のことだけ、仕事をしている時は仕事だけ、と、1つのことしか考えられません。不器用というか、良く言えば、切り替え上手というか。

 だから、「仕事と私、どっちが大事なの?」と言われてしまったら、「選べない」、もしくは「(社会人としてやらざるを得ない)仕事」と言うんですね。

 要は、この手のタイプの男性が仕事で忙しい時期には、期待しても仕方がないんです。でも、あなたへの愛情が欠けているわけではないため、連絡をすれば高確率で1〜2日以内に連絡が来るはず。

もともと「マメ」ではないタイプ

 たとえ暇でも、連絡をしないタイプの男性もいます。要は、もともと「マメ」ではない男性ですね。中には「マメじゃない」ということを公言して、それを理由に連絡を怠る場合もあります。

 偏見かもしれませんが、こういったタイプの男性は彼女以外の人にはさっと連絡することも多いです。つまり、あなたにだけ忙しそうに見せているということ。そして、こういう男性は「仕事と私〜」の質問に対して、「もちろん、君が大事だよ。」と、答えるタイプが多いのも特徴でしょう。

 なんにせよ、大人のお付き合いの上で2日以上連絡が開く、その場合には、連絡をきちんとできない失礼な男性だと認定して良いのではないでしょうか。デキる男性ほど、連絡はこまめに行うものだと思います。

仕事で忙しい時こそ連絡したくなる女性の3つの特徴

 では、男性が忙しい時でも「連絡をしたい」と思う女性とは、どんな女性でしょうか?これは、上記の両タイプの男性に当てはまるはず!

一緒にいると気楽な女性

 男性が忙しさを押してまで会いたいと思う女性は、一緒にいると気楽な女性。仕事で疲れている時こそ、笑顔と思いやりを持つ女性に癒されたい!と思うのです。

 逆に、ネチネチと会えないことを責めたり、寂しいと泣かれたり、ワガママを言われたりすると、男性は会わなければよかったと感じてしまうでしょう。

 月並みですが、せっかく会えた時間を大事にして、ニコニコ楽しく過ごすことを心がけると、男性からの「また会いたい」を引き出せるはず。

良い意味での「都合が良い」女性

 疲れていそうな時にいろいろなことを要求しない、聞き役に徹する、など、良い意味での「都合が良い」女性になってみるのも一案。常に受け入れ態勢OKな女性には、男性も甘えたくなります。

 ただし、悪い意味での「都合が良い」女性になるのはNG。本当はお出かけデートを楽しみたいのに体を求めてくる男性に合わせる、ドタキャンを何度でも許す、など。これでは体も心も疲弊してしまいます。

 これを回避するには、彼に「無理のないお願いをする」のがおすすめ。「2〜3時間だけでも会いたい」など、彼の負担になりすぎず、でも、少し頑張ってもらわないと叶わないことを要求してみると、都合が良い女性になりすぎずにいられます。

「待っていない」女性

 時間に対しての感覚が合う女性は、男性にとって嬉しい存在。不思議なもので、「待っている」と感じると会うのが億劫になるのに、「待っていない」と感じると会いたくなるのが天邪鬼な男性心理なんだとか。正直面倒ですが、仕方ない。

 忙しい彼を待たせるほどに女性が忙しいと、「どうやって会おう?」と試行錯誤してくれるはず。

 こう思わせるためには、男性の休みのことなんて気にせず、まずは自分の予定をサクサクと入れてしまえば良いのです。本当に忙しければ一日千秋の気持ちを味わうことなく、あっという間に次のデートの日がやってきますから、女性自身も気楽でいられます。

仕事を放り投げて会いに来る男性は魅力的ですか?

「会いたい」と思う気持ちは素敵なことです。でも、あなたに会いたいあまりに仕事を放り投げて会いに来る男性は、果たして魅力的でしょうか?一瞬は嬉しくてもそれが続くと、「仕事頑張ってよ」と思ってしまうのが女性なはず。

 結論を言うと、応援することしかできないんですよね。会えない時間が愛を育む、とは、よく言ったものです。女性の我慢が愛を育むんです!さっさと忙しい時期を超えてもらって、思い切り幸せなデートを楽しみましょう!

 ただし、実は仕事以外のことで忙しくしている男性もいるので、そこはしっかりと目を光らせておくことが肝心ですよ。念のため。

孔井嘉乃
記事一覧
作詞作曲家・ライター
3歳からピアノを始め、現在は作詞作曲家&シンガーソングライターとして活動中。2014年からウェブライターとしての活動を開始。得意ジャンルは美容、恋愛、ライフスタイル。コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、ベビーマッサージ資格、乳児心理+児童心理資格取得。
2016年、ママユニット「mamakanon」を結成。活動5年目にして、YouTube再生回数1,200万回達成。2020年、フレンチシンガーバイオリニストソングライターとのDuo「ellipsis」を結成。両者の絶対音感を活かしてカバー演奏などを行う。
1児のママ。特技は早起き。ウィスキーが好き。

◇孔井嘉乃公式サイトmamakanon公式 YouTubeチャンネルellipsis公式 YouTubeチャンネル

関連キーワード

ラブ 新着一覧


夫婦喧嘩は“自ら折れる”で片付ける!賢い妻は謝罪感謝をポチってハイ終了
 夫婦喧嘩をする時、自分から折れるのは悔しいと感じてしまいがち…。  でも実は、夫婦喧嘩は自ら謝ったほうが問題は解...
恋バナ調査隊 2024-07-24 06:00 ラブ
「レス離婚」は夫に慰謝料請求可能?弁護士に相談したら意外な答えが…
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  実は先日...
豆木メイ 2024-07-23 06:00 ラブ
封筒の中からオンナの毛髪が…もう恋愛したくない! ゾッとした体験談4選
 あなたは、恋愛で怖い思いをした経験があるでしょうか?  今回は、女性たちに“ゾッとした体験談”について話してもらいま...
恋バナ調査隊 2024-07-22 06:00 ラブ
すべてクロ!夫の不倫を見抜いた 探偵級妻たちの鋭すぎる「女の勘」5選
「ん? なんか怪しい…」、そんな女の勘は意外と当たるもの。実際に夫の不倫を、女の勘によって見抜いた女性たちがたくさん存在...
恋バナ調査隊 2024-07-21 06:00 ラブ
婚活市場で「尊敬婚」が増加中。男性に選ばれる女性は若さよりも収入?
 近年、「尊敬婚」が非常に増えています。以前の多くの男性の価値観は、若くて気立ての良い女性を好み、「夫を支える良き妻」が...
植草美幸 2024-07-20 06:00 ラブ
「妻とはマジで離婚」自分の親への非礼に我慢しバカにされ続けた41歳男
「冷酷と激情のあいだvol.205〜女性編〜」では、結婚12年目にして、レスを理由に夫から離婚を突きつけられた妻・絢音さ...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
「もう限界だ」レスを理由に夫から離婚届を突きつけられた41歳女の画策
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
夜職彼氏との付き合い方「虎の巻」全方位モテ男を骨抜きに♡
「付き合い始めた彼氏が夜職で、女性との接点が多くて不安…」「彼にとって、お客様とは違う特別な女性になるにはどうすればいい...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
暑すぎる…!彼氏との幸せ気分をぶち壊す「夏の失敗デートスポット」4選
 いや日本の夏、暑すぎ〜(泣)! 最近は朝からクーラーつけないと滝汗かいちゃう毎日で、彼氏とのあまあまデートにも支障を来...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
『バチェロレッテ・ジャパン』S3“本当”の楽しみ方 偏差値高めな人の“頭で恋する恋愛学”が詰まっている!
 恋愛リアリティー番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン3(Amazon Prime Video)が、今まで観たことが...
内藤みか 2024-07-18 06:00 ラブ
元彼と友達になるメリットとデメリット。完全に縁切りする時はいつ?
 彼氏と別れるとき、バッサリ縁を切るべきか、それとも友達になるべきか悩みませんか? そんな悩みを抱えている女性に、元彼と...
恋バナ調査隊 2024-07-18 06:00 ラブ
妻の「レスだけど仲良し」に潰された夫の本音 無言の圧力をかけてない?
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  セックス...
豆木メイ 2024-07-16 06:00 ラブ
恋愛感情ない結婚の「夜事情」5選 アラフォー夫婦の“その後”を聞く
「お金のために結婚した」「親を安心させるためにお見合い結婚した」など、恋愛感情がない相手と結婚している人もいます。そんな...
恋バナ調査隊 2024-07-15 06:00 ラブ
意中の彼と“宿泊デート”。自宅まで押しかけ、時計の針は21時を過ぎた。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。20代でハマったメタル音楽のオフ会で知り合った遠い北の地...
mirae.(みれ) 2024-07-15 06:00 ラブ
既婚女性と独身男性“禁断愛”の終わり方5選。縁はあっけなく切れるもの?
 読者の女性のなかには、独身男性と不倫している方もいるのではないでしょうか。でも、残念ながら既婚女性と独身男性の不倫はバ...
恋バナ調査隊 2024-07-14 06:00 ラブ
友情か恋愛か。友達と同じ人が好きになり“カマかけLINE”を送ったら…
 友達と同じ人が好きになってしまい、友情か恋愛かを選べずに苦しんでいる人は多いようです。  中には、自分の気持ちを...
恋バナ調査隊 2024-07-14 06:00 ラブ