理不尽…鬼嫁が一方的に夫に押し付ける驚愕の“マイルール”

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-05-19 06:00
投稿日:2019-05-19 06:00
「鬼嫁」と呼ばれる妻たちは、第三者が耳にすると驚愕するようなルールを一方的に夫に押し付けることもあるみたいです。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな驚愕ルールを3選ご紹介します。

1:冷蔵庫に肉や魚を保存するべからず

「冷蔵庫に肉や魚を入れるな」の謎(写真:iStock)
「冷蔵庫に肉や魚を入れるな」の謎 (写真:iStock)

「離婚した元妻は、自分ルールがとにかく多い人で、一緒に暮らしていて疲れました。

 そのなかでも僕が最も理解できなかったルールが、冷蔵庫に肉や魚を保存してはいけないってルール。

 元妻いわく『臭いがつくから嫌だ』ってことだったんですが、肉や魚を冷蔵庫に入れないとなると、毎日、それらを買いに行かなくてはならないんですよね。鬼嫁だった元妻が、自分で買ってくるならまだしも、毎日LINEで僕に『今日は豚ロースを買ってこい』だの『鶏のひき肉を200g買ってきて』だのって命令してきました。

 部位や量が違うと烈火のごとく怒り狂うし、本当に嫌な女でした…」(44歳男性/IT)

  ◇  ◇  ◇

 冷蔵庫に肉や魚を保存できないとなると、なんのための冷蔵庫なのか疑問が湧いてくる男性もいそうです。

 自分なりの“こだわり”かもしれませんが、こういう女性との同居は確かに疲れそうです。

2:義母と会うのは年2回を超えるべからず

独自ルールで親戚づきあいを放棄(写真:iStock)
独自ルールで親戚づきあいを放棄 (写真:iStock)

「ヒステリックでうるさかった元嫁は、俺の母親とも折り合いが悪かったんですけど、いつも元嫁が本人に聞こえるように僕にギャンギャン怒鳴って、それを母親がじっと我慢するって感じの関係でした。

 それで、元嫁はあるときに『お義母さんはいつもモタモタしてて、見ているだけでイライラする。精神衛生上よくないから、義母と会うのは年2回までにさせてもらう』と一方的に宣言してきたんですが…。

 そのルールには例外がなかったようで、親戚の葬式なども1回としてカウントするので、必然的に欠席の法事などが増えるんです。

 人間同士なので、相性が悪いのはある程度は仕方ないとは言え、そんなマイルールを作って、出席すべき法事にも行かないってどうなのって思いませんか?」(42歳男性/サービス)

  ◇  ◇  ◇

 義母に会いたくないからと、独自ルールを設け、法事への出席まで拒むとなれば、かなりの驚愕ルールと言えるでしょう。

3:週に4回は一緒に外食すべし

“ルール”で一緒に外食したって楽しいわけがない(写真:iStock)
“ルール”で一緒に外食したって楽しいわけがない (写真:iStock)

「怠惰なうえに性格がキツかった元妻は、新婚当初こそ料理をしていましたが、そのうちに何も作らなくなりました。

 それで僕もだんだんと仲間と飲みに行って帰ることが増えたんですが、それを面白く思っていなかった元妻は『週に4回は一緒に外食しろ。飲みに行くのは、週に1日まで』というルールを押し付けてきたんです。

 理由を尋ねると『家だとお酒がまずい。外だと美味しく飲めるから。夫なら、ひとりで飲みに行かず、妻と飲むのが道理』と主張してきました。

 単なる酒好き女のたわ言みたいなルールですが、これを徹底しようと思うと残業もできないし、出費もやたらかさむ。

 僕はそんな生活に疲れて、離婚を選びました」(39歳男性/団体職員)

  ◇  ◇  ◇

 鬼嫁たちは、第三者が聞けばギョッとするようなルールでも、当然のような顔をして夫に押し付けるようですね。

 こんなルールが自宅にあれば、気が休まらない男性も多いことでしょう。

並木まき
記事一覧
ライター・エディター
元市議会議員・時短美容家(一般社団法人 時短美容協会・代表理事)の肩書きを有する。20代から見聞きしてきた魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様への分析を活かし、美容や恋愛に関するコラムを中心に、さまざまな媒体に寄稿。
Instagram公式HP

日刊ゲンダイ掲載「あの人は今」
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/277865

関連キーワード

ラブ 新着一覧


縁結び神社は効かないの? 運命の出会いを呼び寄せる方法
 素敵なパートナーとの出会いを求める人に人気なのが「縁結び」ですよね。でも、中には願いを叶えた人が多いという有名な縁結び...
恋バナ調査隊 2023-02-06 06:00 ラブ
結婚を親に反対されてしんどい…認めてもらう5つの方法とNGな行動
 両親に結婚を認めてもらうための通過点である「結婚挨拶」。でも、もしも結婚を親に反対されてしまったらとてもショックですよ...
恋バナ調査隊 2023-02-05 06:00 ラブ
「頭の回転が速くても結婚に向かない女性」恋人の求婚にノーする男の本音
「冷酷と激情のあいだvol.128〜女性編〜」では、交際5カ月を迎えた恋人にプロポーズをするも、YESの返事をもらえずに...
並木まき 2023-02-04 06:00 ラブ
「私が男なら私と結婚したい」プロポーズ連敗中の40代女の嘆き
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2023-02-04 06:00 ラブ
【最終手段】男性“コロ落ち”!嘘泣きのやり方&バレないコツ
「涙は女の武器」という言葉がありますが、世の中にはこの言葉通り、いざという時に男性の前で嘘泣きを使いこなす小悪魔女性が存...
恋バナ調査隊 2023-02-04 06:00 ラブ
雰囲気悪いのは浮気のせいちゃうんかー!不倫男が主張する身勝手な理由
 世の中には、隠れて不倫している男性がごまんと存在します。大人の女性なら「男ってそんなもんだろうな」と、薄々気づいている...
恋バナ調査隊 2023-02-04 06:00 ラブ
美人ヨガ講師がレズビアン専用マッチングアプリの沼に… #1
 今や出会いの主軸となったマッチングアプリ。コロナ禍もあって、他人との交流や出会いのひとつとして利用している人は男女問わ...
蒼井凜花 2023-02-03 06:00 ラブ
やめられない浮気は「性格の一部」説!常習犯男性の共通点
 浮気をしない男性も存在しますが、何度も繰り返す男がいるのもまた事実。「男は浮気する生き物」なんて言葉もありますよね。そ...
恋バナ調査隊 2023-02-03 06:00 ラブ
シンママを求める男の事情 前澤友作氏監修アプリは即配信中止に
 先日、実業家・前澤友作氏が監修したシングルマザー限定のマッチングアプリ「coary(コアリー)」がリリースされましたが...
内藤みか 2023-02-02 06:00 ラブ
自分目線はNG!友達から恋愛相談された時のギスギスしない回答法
 女友達から恋愛相談された時、どう答えていいか迷ってしまった経験がある人は多いでしょう。特に40代の大人にもなると、若い...
恋バナ調査隊 2023-02-02 06:00 ラブ
モテるのに彼氏ができない 本命になれない30代女のガチ原因
「いいところまで行くのに彼氏ができない」 「もう数年間も、ちゃんとした恋人ができてない」  20代の時は彼氏彼女の関...
若林杏樹 2023-02-01 06:00 ラブ
モテるアラフィフ独身男は要注意? “難あり物件”に見られる5つの特徴
 昔に比べて、今はアラフィフでも若々しく魅力的な男性ってとても多いですよね。結婚相手を探している女性の中には、色気があり...
恋バナ調査隊 2023-02-01 06:00 ラブ
違和感は放置しない! 金銭感覚が合わない彼との付き合い方
 彼の金遣いの荒さにびっくりしたり、逆に財布のヒモの固さに引いたことはありませんか? 金銭感覚のズレを放置すると、後々苦...
恋バナ調査隊 2023-01-31 06:00 ラブ
既婚者マッチングアプリって?実際に使ってみた感想と注意点
 巷でひっそりと流行している「既婚者マッチングアプリ」をご存じですか?  その名の通り、既婚者専用のマッチングアプリで...
まめ 2023-01-31 06:00 ラブ
非・顔面国宝でなぜモテる?「雰囲気イケメン」特徴5つと落とすポイント
 男性の中には“顔面国宝”ってわけでもないのに、素敵なムードを醸し出していてなぜかモテる人がいます。それが雰囲気イケメン...
恋バナ調査隊 2023-01-30 06:00 ラブ
浮気も姑問題も解決!妻が夫に仕掛けた“わざと誤爆LINE”作戦
 いつの時代も、夫を上手に手のひらで転がしている賢い妻はいますよね。特に現代では、LINEを巧みに使って夫にわざと誤爆L...
恋バナ調査隊 2023-01-29 06:00 ラブ