理不尽…鬼嫁が一方的に夫に押し付ける驚愕の“マイルール”

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-05-19 06:00
投稿日:2019-05-19 06:00
「鬼嫁」と呼ばれる妻たちは、第三者が耳にすると驚愕するようなルールを一方的に夫に押し付けることもあるみたいです。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな驚愕ルールを3選ご紹介します。

1:冷蔵庫に肉や魚を保存するべからず

「冷蔵庫に肉や魚を入れるな」の謎(写真:iStock)
「冷蔵庫に肉や魚を入れるな」の謎 (写真:iStock)

「離婚した元妻は、自分ルールがとにかく多い人で、一緒に暮らしていて疲れました。

 そのなかでも僕が最も理解できなかったルールが、冷蔵庫に肉や魚を保存してはいけないってルール。

 元妻いわく『臭いがつくから嫌だ』ってことだったんですが、肉や魚を冷蔵庫に入れないとなると、毎日、それらを買いに行かなくてはならないんですよね。鬼嫁だった元妻が、自分で買ってくるならまだしも、毎日LINEで僕に『今日は豚ロースを買ってこい』だの『鶏のひき肉を200g買ってきて』だのって命令してきました。

 部位や量が違うと烈火のごとく怒り狂うし、本当に嫌な女でした…」(44歳男性/IT)

  ◇  ◇  ◇

 冷蔵庫に肉や魚を保存できないとなると、なんのための冷蔵庫なのか疑問が湧いてくる男性もいそうです。

 自分なりの“こだわり”かもしれませんが、こういう女性との同居は確かに疲れそうです。

2:義母と会うのは年2回を超えるべからず

独自ルールで親戚づきあいを放棄(写真:iStock)
独自ルールで親戚づきあいを放棄 (写真:iStock)

「ヒステリックでうるさかった元嫁は、俺の母親とも折り合いが悪かったんですけど、いつも元嫁が本人に聞こえるように僕にギャンギャン怒鳴って、それを母親がじっと我慢するって感じの関係でした。

 それで、元嫁はあるときに『お義母さんはいつもモタモタしてて、見ているだけでイライラする。精神衛生上よくないから、義母と会うのは年2回までにさせてもらう』と一方的に宣言してきたんですが…。

 そのルールには例外がなかったようで、親戚の葬式なども1回としてカウントするので、必然的に欠席の法事などが増えるんです。

 人間同士なので、相性が悪いのはある程度は仕方ないとは言え、そんなマイルールを作って、出席すべき法事にも行かないってどうなのって思いませんか?」(42歳男性/サービス)

  ◇  ◇  ◇

 義母に会いたくないからと、独自ルールを設け、法事への出席まで拒むとなれば、かなりの驚愕ルールと言えるでしょう。

3:週に4回は一緒に外食すべし

“ルール”で一緒に外食したって楽しいわけがない(写真:iStock)
“ルール”で一緒に外食したって楽しいわけがない (写真:iStock)

「怠惰なうえに性格がキツかった元妻は、新婚当初こそ料理をしていましたが、そのうちに何も作らなくなりました。

 それで僕もだんだんと仲間と飲みに行って帰ることが増えたんですが、それを面白く思っていなかった元妻は『週に4回は一緒に外食しろ。飲みに行くのは、週に1日まで』というルールを押し付けてきたんです。

 理由を尋ねると『家だとお酒がまずい。外だと美味しく飲めるから。夫なら、ひとりで飲みに行かず、妻と飲むのが道理』と主張してきました。

 単なる酒好き女のたわ言みたいなルールですが、これを徹底しようと思うと残業もできないし、出費もやたらかさむ。

 僕はそんな生活に疲れて、離婚を選びました」(39歳男性/団体職員)

  ◇  ◇  ◇

 鬼嫁たちは、第三者が聞けばギョッとするようなルールでも、当然のような顔をして夫に押し付けるようですね。

 こんなルールが自宅にあれば、気が休まらない男性も多いことでしょう。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


彼は寂しくないの? 会えない時の不安を解消する5つの方法
「会えない時間が愛を育てる」なんて、恋愛の常套句がありますね。そうはわかっていても、実際彼に会えない時、不安な気持ちに苛...
孔井嘉乃 2021-01-24 06:00 ラブ
“モテるけどクズ”な男子を好きになる女子が言いがちなセリフ
 古今東西、モテる男子には理由があるもの。そして、モテる男子ばかり好きになってしまう女子にも、理由があるものです。あなた...
ミクニシオリ 2021-01-23 06:00 ラブ
天使?小悪魔?“隠れ肉食系女子”の特徴&出会った時の接し方
「肉食系女子」や「草食系女子」という言葉は、誰でも聞いたことがありますよね。しかし最近、「隠れ肉食系女子」という新たなカ...
恋バナ調査隊 2021-01-23 06:00 ラブ
本性はココに出る!付き合うべきではない男のLINE語尾3選
 LINEに表れるちょっとした“癖”に注目すると、送り主の本性が垣間見えるケースも少なくありません。少し気になっている男...
並木まき 2021-01-22 06:00 ラブ
彼氏と連絡が取れない…考えられる理由5つ&効果的な対処法
 いつも通りのデートを楽しんだはずなのに、その後急に彼氏と連絡が取れなくなったら、「何かあったのだろうか?」と心配になる...
恋バナ調査隊 2021-01-22 06:00 ラブ
婚活アプリで見つけた こじらせ中年男性3タイプの傾向と対策
 恋活・婚活アプリも多様化の時代。中高年が大勢登録しているところには、ややこじらせている男性の姿も。どんな感じのこじらせ...
内藤みか 2021-01-21 06:00 ラブ
LINEで告白を成功させる方法♡切り出し方やセリフも紹介
 好きな男性に告白するのは、誰でも勇気がいりますよね。そんな時にふと、「LINEで告白しちゃおうかな」と考える人も多いで...
恋バナ調査隊 2021-01-21 06:00 ラブ
共通の話題がなくても大丈夫!カレの心をつかむ恋愛心理テク
 気になる人ともっと仲良くなるには「共通の話題」があるとグッとお近づきになれるのですが、どうも趣味も職種も違って盛り上が...
若林杏樹 2021-01-22 17:37 ラブ
シャイな女性とは?6つの特徴と恋愛を成就させる方法
 恋愛に対してまじめで、男性人気が高い「シャイな女性」。しかし、シャイな性格ゆえに好きな人ができてもアプローチできず、恋...
恋バナ調査隊 2021-01-20 06:00 ラブ
70歳の彼が「結婚?大反対!」の親を説得するためにしたこと
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-01-19 06:01 ラブ
不倫がバレて“二度としない男”と“また繰り返す男”の違いとは
 近ごろ、芸能ニュースで「4年ぶり2度目の不倫」などとスクープされているのは記憶に新しいかと思いますが、これは芸能人に限...
田中絵音 2021-01-19 06:00 ラブ
もっと私に興味を持って!パートナーへの関心がなくなるナゼ
 私のパートナー、自分に関心を持ってくれていないかも……そう感じた経験はありますか? 離婚の原因は元パートナーの無関心が...
七味さや 2021-01-18 06:00 ラブ
彼氏に仕返ししたい! 効果的な方法6選&確認するべき気持ち
 好きな人と付き合いはじめたばかりの頃には、何をしていても楽しく、幸せに感じるもの。しかし、交際期間が長くなると構っても...
恋バナ調査隊 2021-01-18 06:00 ラブ
男性とLINEの会話が続かない…原因&会話を広げるコツ♡
 気になる男性とせっかくLINEを交換したのに、全然会話が続かなくて困っていませんか? 何回送ってもそっけない返事や同じ...
恋バナ調査隊 2021-01-17 06:00 ラブ
尽くし上手!九州出身女性の特徴&恋愛観や好みの男性タイプ
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、九州出身の女性についてリサーチしました。九州は、...
人生最悪の運気かも…そんな時に出会う人には注意すべき理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。身も心もボロボロの時に何かのキッカケで知りあった相手。その出会いで一時的に元...
山崎世美子 2021-01-16 06:00 ラブ