時代錯誤…婚約中に飛び出した彼ママの“時空を超えた迷言”

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-05-02 06:00
投稿日:2019-05-02 06:00
 大好きな彼と婚約し、幸せな気分でいたのもつかの間、姑となる彼ママから強烈なるイヤミを浴びせられる女性もいるようです。高齢社会を迎え、将来の介護を見据えてお嫁さんに気を使いまくる姑も少なくないというのに、令和となった今でも「昭和」な発言をする姑予備軍な女たち。
 そんな時空を超えた迷言を、魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきがご紹介します。

1:「あんたは色が黒いから白無垢が似合わない」

白無垢を着るのに肌の色は関係ない(写真:iStock)
白無垢を着るのに肌の色は関係ない (写真:iStock)

「結局私は、姑が原因で離婚したようなものですが、婚約して結婚式準備を進めていた時期に、姑から呼び出されて家に遊びにいったんです。

 私はてっきり親睦を深めるために呼ばれたのかと思っていたのですが、そうではなく、いきなり『あんたは肌の色が黒いから、白無垢が似合わない』と、痛烈なイヤミを浴びせられました。

 日サロに行ってるわけでもなく、ビーチで焼いたわけでもなく、私の肌は単なる地黒系。

 それなのに、平然とそんなことを言ってのける義母の神経を疑いましたし、結局、結婚後の同居生活でアレコレと口やかましく干渉され、私がノイローゼになり離婚しました。

 あ、ちなみに元夫はマザコンで、そんな姑の暴言を一切止めてくれることはなかったです」(37歳女性/専門職)

  ◇  ◇  ◇

 白無垢を着るのに、肌の色なんて関係ないはず。性悪な姑ほど、嫁となる女性のどうでもいいアラ探しをして、何か言わないと気が済まないのでしょう。

 こんな姑のいる家からは、即刻逃げ出して正解だったのではないでしょうか。

2:「そんな貧相なカラダで子供が産めるとは思えない」

体型から来る嫉妬だとしても暴言はNG(写真:iStock)
体型から来る嫉妬だとしても暴言はNG (写真:iStock)

「結論として彼ママが原因で婚約破棄をしたんですが、婚約してからというもの、彼の母親には会うたびに『そんな貧相なカラダで子供が産めるとは思えない』だの『そんな体つきじゃ、息子が欲情できいでしょ』だのって下品極まりないイヤミを散々言われました。

 確かに私のカラダは痩せ型だし、食べても太りにくい体質。

 けれど、そんな私を息子である彼が選んでくれたってことはまったくお構いなしで、かなりヒドイことを言われ続けました。

 彼の母親は、雪だるまみたいな体型だったので嫉妬だったのかもしれませんが、そんな母親の暴言を制してくれない彼にも幻滅して、結婚そのものをやめました」(33歳女性/教育)

  ◇  ◇  ◇

 暴言を口にする母親を止めることもできない男も、厄介なマザコンのニオイがします。

 下品なイヤミで嫁となる女性を困らせるような破廉恥な家には、嫁ぎたくないのが女心ですよね……。

3:「若いころの私のほうが綺麗でしょ」

アルバムくらい仲良く見ようよ(写真:iStock)
アルバムくらい仲良く見ようよ (写真:iStock)

「堅実な彼と婚約をし、彼の母親に会ったときのこと。

 彼が『かわいい子でしょ?』と私の容姿を褒めた途端に、いきなり母親は席を立ち、古いアルバムを持ってきました。

 そして『あなた今、29歳? コレは私が29歳のとき。あなたより綺麗でしょ?』と、度肝を抜く発言が飛び出したんです。

 どう返事をすべきか迷い固まっていると、さらには『私ね、30代でもこんな若かったし、この子を産んですぐに体型も戻って〜』と、延々と容姿自慢が続きました。

 結局、息子が私の容姿を褒めたのがよほど面白くなかったのか、それ以降も顔を合わせるたびに容姿自慢を繰り返され、尋常じゃないその雰囲気に怖くなった私が結婚の延期を申し出ました。

 今は彼と同棲だけしていますが、結婚となるとまたあの彼ママの問題が出てくるので、どうしようか地味に悩み中です」(34歳女性/医療)

  ◇  ◇  ◇

 古いアルバムを出してきて、嫁となる女性と張り合おうとするなんて、まさに時空を超えまくりな姑予備軍。
こういう姑がいる家に嫁ぐと、常にライバル視されて、なにかと面倒くさそうです。

 最愛の息子をとられる悔しさなのか、女としての意地なのか。

 昭和の時代にこそよく耳にしたような、強烈なイヤミを嫁候補に浴びせる時代錯誤な彼ママも、このご時世に細々と生き残っているようです……。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 結婚してからわかる相手の本性。同棲をしばらくしていたから大丈夫!というものではありません。入籍する意味合いは思うより深...
山崎世美子 2020-10-31 06:00 ラブ
FILM
 男性と恋愛していると、こんなふうに思ってしまうことはありませんか? 「何を考えてるのかわからない」「男心は謎すぎる…...
ミクニシオリ 2020-10-31 06:00 ラブ
FILM
 好きな人からのLINEの未読スルーって、ずっと気になりますよね。そもそも今の時代にスマホを全く見ない日が数日も続くなん...
恋バナ調査隊 2020-10-31 08:18 ラブ
FILM
 女性の恋は「減点方式」だといわれています。一般的にアプローチを受ける側である女性は、複数の選択肢から選ぼうとすると減点...
七味さや 2020-10-30 06:00 ラブ
FILM
 初めて男性をLINEでデートに誘う時って、「断られたらどうしよう」と、すごく緊張しますよね。そんな時には、成功率をアッ...
恋バナ調査隊 2020-10-30 06:00 ラブ
FILM
 コロナ禍で、驚くほど多くの不倫カップルが会うことができなくなり、そのまま別れに至りました。そんななか、今でも仲が続いて...
内藤みか 2020-10-29 06:00 ラブ
FILM
「恋の寿命は3年」って、よく言われますよね。実際、今感じている新鮮な気持ちを3年経った頃にも感じていられると断言できる人...
恋バナ調査隊 2020-10-28 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-10-28 18:28 ラブ
FILM
 意中の彼とLINEを交換したところまでは良かったのに、LINEをするたびに距離ができて自然消滅してしまった……なんてこ...
恋バナ調査隊 2020-10-27 06:00 ラブ
FILM
 将来的に結婚を考えている男性は、少し余裕のある女性を好む傾向があります。それまでの恋愛は同年代のワガママに付き合ってい...
若林杏樹 2020-10-26 06:00 ラブ
FILM
 身長の低い女性は、基本的にはモテると言われます。小さくて可愛らしい動きにキュンキュンする男性も多く、実際にそれを自覚し...
恋バナ調査隊 2020-10-26 06:00 ラブ
FILM
 恋愛中、片思いの彼に振り向いて欲しいからとLINEで駆け引きをする人って多いですよね。あえて未読スルーで焦らせてみたり...
恋バナ調査隊 2020-10-25 06:02 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。現在のシングルマザーの平均年齢は33歳、再婚率は26%と言われています。離婚...
山崎世美子 2020-10-24 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-10-24 07:48 ラブ
FILM
「冷酷と激情のあいだvol.18〜女性編〜」では、ダブル不倫の相手と再婚をしたくて夫に離婚を切り出した女性・Wさんの心情...
並木まき 2020-10-24 07:49 ラブ
FILM
 離婚後、新しい恋愛のチャンスがやってきた!?……と思ったのも束の間、元夫の方が自分に合ってたのかもしれないなぁ。そんな...
七味さや 2020-10-23 06:00 ラブ