夜は拒否、スマホ三昧…猫をかぶっていた“豹変型”悪妻の怪

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-04-27 06:00
投稿日:2019-04-27 06:00
 結婚するまでは猫をかぶっていて、入籍を済ませた途端に本性をあらわす鬼嫁もいるようです。そんなえげつない鬼嫁の実態を、魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、3選ご紹介します。

1:声高に「レス宣言」

結婚した途端に人格が豹変(写真:iStock)
結婚した途端に人格が豹変 (写真:iStock)

「別れた嫁は、今思い返しても最低な“妻”だったと思います。

 結婚するまで2年同棲していたんですが、そのときには“普通の女”を演じていたんですよ。

 ところが、入籍をした翌月から、人格が豹変。

 まず、いきなり嫉妬深くなって仕事の飲み会に参加するのも禁止されたうえに、一方的に「レス宣言」までしてきたんです。

『夫婦になってするなんて、気持ち悪い』という不可解な理由で、性生活を拒絶。スキンシップまでは『許す』という、なんともこちらをバカにしたマイルールまで押し付けてきました。

 最初は我慢していましたが、結局、そんな嫁と結婚生活が続くわけもなく、離婚しましたね」(43歳男性/IT)

  ◇  ◇  ◇

 結婚するまでは体を提供し、入籍という目的を達成したら夫をマイルールで縛る鬼嫁も。男性はさぞかし、騙された気分になることでしょう。

2:“見える壁”を構築…

人前でも露骨に不機嫌だから周りの評価は最悪(写真:iStock)
人前でも露骨に不機嫌だから周りの評価は最悪 (写真:iStock)

「30代後半で結婚した元妻は、結婚するまでは俺の母親に媚びてたくせに、入籍して半年ほど経ったころから、態度が激変。

 あからさまに俺の実家と距離を置き始めただけでなく、俺の友人たちにも失礼な態度で接するようになりました。

 夫婦同伴で参加する場でも露骨に不機嫌で、俺に文句ばかり言っているような嫁だったんですが、交際当時には、むしろ愛想がいいタイプに見えただけに衝撃でしたね。

 離婚して、親や仲間に『離れられて、よかったね』と口々に言われたのも印象的で、それほどまわりからは悪妻だと思われていたみたいです」(40歳男性/運送)

  ◇  ◇  ◇

 結婚するまでは愛想のいい姿を演じ、“妻”となった途端に困った本性をあらわす悪妻も。人間関係を破壊するほどの悪妻っぷりとなれば、男は戸惑うとともに、一刻も早く別れたくなることでしょう。

3:スマホが人生の伴侶…

家事もせずスマホ三昧(写真:iStock)
家事もせずスマホ三昧 (写真:iStock)

「入籍するまで半年ほど同棲した元妻は、結婚するまではかいがいしく家事をしていたくせに、入籍した途端に怠惰な本性を出してきました。

 帰宅してもメシもなく、掃除や洗濯も放棄。

 家では常にスマホをいじっているか寝ているかで、夫婦の会話もほとんどナシ……。

 インスタとゲームにハマっているようでしたが『お前の伴侶はスマホか!』と言いたくなるほどでした。

 そんな女と生活してても何ひとつ楽しくもないので、俺に好きな人ができて、速攻離婚しました」(39歳男性/サービス)

  ◇  ◇  ◇

 安泰の生活を手に入れて、思う存分スマホに浸れるとでも思ったのでしょうか。一緒にいても同じ時間を共有できない妻からは、男の心が離れても無理はありません。

「結婚」がゴールになっていた女性の中には、入籍した途端に悪妻に豹変する人もいるみたいです。しかし人生はそこまで甘くない。そんな妻に愛想を尽かし離婚を選択する男だって珍しくありません。

並木まき
記事一覧
ライター・エディター
元市議会議員・時短美容家(一般社団法人 時短美容協会・代表理事)の肩書きを有する。20代から見聞きしてきた魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様への分析を活かし、美容や恋愛に関するコラムを中心に、さまざまな媒体に寄稿。
Instagram公式HP

日刊ゲンダイ掲載「あの人は今」
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/277865

関連キーワード

ラブ 新着一覧


縁結び神社は効かないの? 運命の出会いを呼び寄せる方法
 素敵なパートナーとの出会いを求める人に人気なのが「縁結び」ですよね。でも、中には願いを叶えた人が多いという有名な縁結び...
恋バナ調査隊 2023-02-06 06:00 ラブ
結婚を親に反対されてしんどい…認めてもらう5つの方法とNGな行動
 両親に結婚を認めてもらうための通過点である「結婚挨拶」。でも、もしも結婚を親に反対されてしまったらとてもショックですよ...
恋バナ調査隊 2023-02-05 06:00 ラブ
「頭の回転が速くても結婚に向かない女性」恋人の求婚にノーする男の本音
「冷酷と激情のあいだvol.128〜女性編〜」では、交際5カ月を迎えた恋人にプロポーズをするも、YESの返事をもらえずに...
並木まき 2023-02-04 06:00 ラブ
「私が男なら私と結婚したい」プロポーズ連敗中の40代女の嘆き
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2023-02-04 06:00 ラブ
【最終手段】男性“コロ落ち”!嘘泣きのやり方&バレないコツ
「涙は女の武器」という言葉がありますが、世の中にはこの言葉通り、いざという時に男性の前で嘘泣きを使いこなす小悪魔女性が存...
恋バナ調査隊 2023-02-04 06:00 ラブ
雰囲気悪いのは浮気のせいちゃうんかー!不倫男が主張する身勝手な理由
 世の中には、隠れて不倫している男性がごまんと存在します。大人の女性なら「男ってそんなもんだろうな」と、薄々気づいている...
恋バナ調査隊 2023-02-04 06:00 ラブ
美人ヨガ講師がレズビアン専用マッチングアプリの沼に… #1
 今や出会いの主軸となったマッチングアプリ。コロナ禍もあって、他人との交流や出会いのひとつとして利用している人は男女問わ...
蒼井凜花 2023-02-03 06:00 ラブ
やめられない浮気は「性格の一部」説!常習犯男性の共通点
 浮気をしない男性も存在しますが、何度も繰り返す男がいるのもまた事実。「男は浮気する生き物」なんて言葉もありますよね。そ...
恋バナ調査隊 2023-02-03 06:00 ラブ
シンママを求める男の事情 前澤友作氏監修アプリは即配信中止に
 先日、実業家・前澤友作氏が監修したシングルマザー限定のマッチングアプリ「coary(コアリー)」がリリースされましたが...
内藤みか 2023-02-02 06:00 ラブ
自分目線はNG!友達から恋愛相談された時のギスギスしない回答法
 女友達から恋愛相談された時、どう答えていいか迷ってしまった経験がある人は多いでしょう。特に40代の大人にもなると、若い...
恋バナ調査隊 2023-02-02 06:00 ラブ
モテるのに彼氏ができない 本命になれない30代女のガチ原因
「いいところまで行くのに彼氏ができない」 「もう数年間も、ちゃんとした恋人ができてない」  20代の時は彼氏彼女の関...
若林杏樹 2023-02-01 06:00 ラブ
モテるアラフィフ独身男は要注意? “難あり物件”に見られる5つの特徴
 昔に比べて、今はアラフィフでも若々しく魅力的な男性ってとても多いですよね。結婚相手を探している女性の中には、色気があり...
恋バナ調査隊 2023-02-01 06:00 ラブ
違和感は放置しない! 金銭感覚が合わない彼との付き合い方
 彼の金遣いの荒さにびっくりしたり、逆に財布のヒモの固さに引いたことはありませんか? 金銭感覚のズレを放置すると、後々苦...
恋バナ調査隊 2023-01-31 06:00 ラブ
既婚者マッチングアプリって?実際に使ってみた感想と注意点
 巷でひっそりと流行している「既婚者マッチングアプリ」をご存じですか?  その名の通り、既婚者専用のマッチングアプリで...
まめ 2023-01-31 06:00 ラブ
非・顔面国宝でなぜモテる?「雰囲気イケメン」特徴5つと落とすポイント
 男性の中には“顔面国宝”ってわけでもないのに、素敵なムードを醸し出していてなぜかモテる人がいます。それが雰囲気イケメン...
恋バナ調査隊 2023-01-30 06:00 ラブ
浮気も姑問題も解決!妻が夫に仕掛けた“わざと誤爆LINE”作戦
 いつの時代も、夫を上手に手のひらで転がしている賢い妻はいますよね。特に現代では、LINEを巧みに使って夫にわざと誤爆L...
恋バナ調査隊 2023-01-29 06:00 ラブ