夜は拒否、スマホ三昧…猫をかぶっていた“豹変型”悪妻の怪

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-04-27 06:00
投稿日:2019-04-27 06:00
 結婚するまでは猫をかぶっていて、入籍を済ませた途端に本性をあらわす鬼嫁もいるようです。そんなえげつない鬼嫁の実態を、魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、3選ご紹介します。

1:声高に「レス宣言」

結婚した途端に人格が豹変(写真:iStock)
結婚した途端に人格が豹変 (写真:iStock)

「別れた嫁は、今思い返しても最低な“妻”だったと思います。

 結婚するまで2年同棲していたんですが、そのときには“普通の女”を演じていたんですよ。

 ところが、入籍をした翌月から、人格が豹変。

 まず、いきなり嫉妬深くなって仕事の飲み会に参加するのも禁止されたうえに、一方的に「レス宣言」までしてきたんです。

『夫婦になってするなんて、気持ち悪い』という不可解な理由で、性生活を拒絶。スキンシップまでは『許す』という、なんともこちらをバカにしたマイルールまで押し付けてきました。

 最初は我慢していましたが、結局、そんな嫁と結婚生活が続くわけもなく、離婚しましたね」(43歳男性/IT)

  ◇  ◇  ◇

 結婚するまでは体を提供し、入籍という目的を達成したら夫をマイルールで縛る鬼嫁も。男性はさぞかし、騙された気分になることでしょう。

2:“見える壁”を構築…

人前でも露骨に不機嫌だから周りの評価は最悪(写真:iStock)
人前でも露骨に不機嫌だから周りの評価は最悪 (写真:iStock)

「30代後半で結婚した元妻は、結婚するまでは俺の母親に媚びてたくせに、入籍して半年ほど経ったころから、態度が激変。

 あからさまに俺の実家と距離を置き始めただけでなく、俺の友人たちにも失礼な態度で接するようになりました。

 夫婦同伴で参加する場でも露骨に不機嫌で、俺に文句ばかり言っているような嫁だったんですが、交際当時には、むしろ愛想がいいタイプに見えただけに衝撃でしたね。

 離婚して、親や仲間に『離れられて、よかったね』と口々に言われたのも印象的で、それほどまわりからは悪妻だと思われていたみたいです」(40歳男性/運送)

  ◇  ◇  ◇

 結婚するまでは愛想のいい姿を演じ、“妻”となった途端に困った本性をあらわす悪妻も。人間関係を破壊するほどの悪妻っぷりとなれば、男は戸惑うとともに、一刻も早く別れたくなることでしょう。

3:スマホが人生の伴侶…

家事もせずスマホ三昧(写真:iStock)
家事もせずスマホ三昧 (写真:iStock)

「入籍するまで半年ほど同棲した元妻は、結婚するまではかいがいしく家事をしていたくせに、入籍した途端に怠惰な本性を出してきました。

 帰宅してもメシもなく、掃除や洗濯も放棄。

 家では常にスマホをいじっているか寝ているかで、夫婦の会話もほとんどナシ……。

 インスタとゲームにハマっているようでしたが『お前の伴侶はスマホか!』と言いたくなるほどでした。

 そんな女と生活してても何ひとつ楽しくもないので、俺に好きな人ができて、速攻離婚しました」(39歳男性/サービス)

  ◇  ◇  ◇

 安泰の生活を手に入れて、思う存分スマホに浸れるとでも思ったのでしょうか。一緒にいても同じ時間を共有できない妻からは、男の心が離れても無理はありません。

「結婚」がゴールになっていた女性の中には、入籍した途端に悪妻に豹変する人もいるみたいです。しかし人生はそこまで甘くない。そんな妻に愛想を尽かし離婚を選択する男だって珍しくありません。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 仕事でもプライベートでも、仲良くなりたい相手との話が合わない時ってありますよね。生まれた年代や趣味が違いすぎて、共通の...
若林杏樹 2020-08-04 06:00 ラブ
FILM
 いつまでも仲良くいたくても、恋人との関係は思いがけない方法に進んでしまうことがあります。一方的に別れを切り出されること...
恋バナ調査隊 2020-08-04 06:00 ラブ
FILM
 男性は「過去に付き合った彼女は、いつまでも自分のことを好き」だと思っていることが多いようです。それでも復縁したくなるほ...
恋バナ調査隊 2020-08-03 06:00 ラブ
FILM
 甘え上手な女性は同性から見ると、少しマイナスなイメージを持たれがち。しかし、それと同時に異性に上手に甘える彼女たちを見...
恋バナ調査隊 2020-08-02 06:00 ラブ
FILM
 令和の時代になっても、昭和かと思うほどに、古典的な嫁イビリをする義母が散見されます。そんな義母との関係によって、想像を...
並木まき 2020-08-02 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。人間の五感(視覚 聴覚 味覚 触覚 嗅覚)を超越した直感を“第六感”と呼びま...
山崎世美子 2020-08-01 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる女性の中には、夫を思い通りにコントロールできないと、不機嫌になるタイプも珍しくありません。さらには自分の...
並木まき 2020-08-01 06:00 ラブ
FILM
 離婚後の大きな不安の一つ、お金の問題。結婚や出産によって女性が仕事を辞めざるを得ないケースも多い中、離婚すれば経済的に...
七味さや 2020-07-31 06:00 ラブ
FILM
 もはや調子に乗っているとしか思えない義母の態度や発言に対し、我慢の限界を迎える女性も。そんな義母に対して、真実や本音を...
並木まき 2020-07-31 06:00 ラブ
FILM
 まだまだ感染症の心配が残り、慎重な行動が求められる今日このごろですが、出会い系にはまだ「今日会える人いませんか?」と呼...
内藤みか 2020-07-30 06:00 ラブ
FILM
 初婚の婚活女子なら、その多くが「結婚相手はなるべく初婚がいい」と言います。まあ、そう思う気持ちはよくわかります。ただ、...
田中絵音 2020-07-29 06:00 ラブ
FILM
 H美さんの言葉に、一同の男女が感心しています。(前回の話はこちら) 「やっぱりなぁ。さすが心が広いというか、腹の...
うかみ綾乃 2020-07-29 06:00 ラブ
FILM
 色気のある女性は同性から見ても、とても魅力的で憧れる存在。でも、「色気を出したい!」と思っても、どうすれば良いか悩んで...
恋バナ調査隊 2020-07-29 06:00 ラブ
FILM
 一昔前とは違って、現代では離婚は珍しいことではありません。周りから後ろ指を差されたり、肩身が狭い思いをすることもないで...
恋バナ調査隊 2020-07-28 06:00 ラブ
FILM
 あなたは過去に、男性に浮気をされた経験がありますか? 裏切られた苦しみを一度でも味わうと、相手が変わったとしても「また...
リタ・トーコ 2020-07-28 06:00 ラブ
FILM
 仲が良くて気が合う片思い中の男性がいたとします。しかし、カレから見て自分が恋愛対象外だったらツライですよね。このまま動...
若林杏樹 2020-07-27 06:00 ラブ