好きな男性の前でも緊張しない とっておきの「4つの方法」

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-05-13 06:00
投稿日:2019-05-13 06:00
 好きな男性を目の前にすると、どうしても緊張してしまって喋れなくなる、顔に出てしまう、と、お悩みの女性は多いよう。せっかく2人きりになれても、挙動不審になってアピールできなかったら落ち込みますよね。でも、大丈夫!緊張しない方法があるんです。

好きな男性の前で緊張しない4つの方法

せっかく2人きりになれても(写真:iStock)
せっかく2人きりになれても (写真:iStock)

 好きな男性の前で緊張してしまう理由は人それぞれ。過去に緊張から失敗してしまったトラウマのせいかもしれませんし、もともと男性と話すのが苦手だという方もいますよね。

「緊張していて可愛い!」と思ってもらえれば良いですが、沈黙が続きすぎると「つまらないのかな?」と思われてしまうこともあります。そんな事態を避けるための「緊張しない方法」、さっそく見ていきましょう!

1. 男性の眉間を見る

 好きな男性を目の前にすると目を見て話せない、そう感じる女性は多いです。女性は好きになればなるほど、目をそらしてしまう傾向にあるそう。でも、これは非常にもったいない!なぜなら、男性はじっと見つめられると照れ臭くてドキドキしたり、「自分のことを好きなのかな?」なんて、勝手に意識してしまうらしいので。

 だからこそおすすめしたいのが、見つめる時に目の焦点を男性の眉間に合わせること。相手には目を見ていると錯覚してもらえるし、自分は緊張しないでいられるというWのメリットがあります!突然実践するのは難しいかもしれないので、まずは緊張しない相手で試してみてからにしてみてくださいね。

2. 身だしなみに気を付ける

 好きな男性の前に立つと、急に気になりだすのが「メイクが崩れてないかな?」「太って見えないかな?」など、身だしなみに関してのこと。女性の強い味方であるメイクやファッションですが、自分の中で完璧にしていないと途端に不安材料になってしまうんですよね。

 好きな人と会う機会があるにせよないにせよ、恋愛中は身だしなみに気をつけて出かけるのが◎!ばったり会っても慌てないように、常にシミュレーションしておくと良いですね。女子力向上にも繋がるはずです。

「見られている!」と思うと…(写真:iStock)
「見られている!」と思うと… (写真:iStock)

3. よく見せようと意識しない

 好きな男性の前で緊張する大きな原因は、「よく見せたい」「可愛く思わせたい」と思ってしまうから。要は「自分を作ってしまう」ということですね。

 でも、その場で上手に見せられたとしても、次の機会も、またその次の機会もずっと気を抜けないですし、もしも、お付き合いへと発展したとしても、素を見せたら「こんな人だったっけ?」と思われてしまう可能性も考えられます。結果、うまくいかなかったら元も子もありませんよね。

 だからこそ思い切って、素の自分を出してみましょう。よく見せたところで、根本的に人は変わらないんですから。「これで受け止めてくれないような男性は、私に合わなかったんだわ」と思えば良いんです。等身大の自分で、勝負してみましょう。

4. たいして見られていないと思うことにする

 あなたは、今日会った人の服装って覚えていますか?なんとなくのイメージは覚えていても、細部までは覚えていない方がほとんどのはず。

 そう、人は他人のことをたいして見ていないのです。恋する女性は「自意識過剰状態」になってしまうことが多いため、「見られている!」と、勝手に想像して緊張してしまうという悪循環が起こってしまうのです。

 とはいえ、相手があなたに好意を持っている場合は違うかも。あなたが好きな男性の全てを見ているように、男性からじっくり見られている可能性もあるので、上記でお伝えした「身だしなみに気をつける」ことを再度意識しておくと安心ですよ。

緊張が解けたらぐっと距離が縮まります♪

ぐっと距離が縮まるかも(写真:iStock)
ぐっと距離が縮まるかも (写真:iStock)

 個人的には、「好きな人の前で緊張しちゃう!」なんて言う女友達を可愛く思えるのですが、男性のみなさんはどうなんですかね。可愛いと思うんじゃないのかな?とか、ポジティブに考えてしまいますが。(願望も入っています)

 でも、最悪なのは好きな気持ちが伝わらず、且つ、楽しそうに見えないこと。顔がこわばってしまったら、嫌がられてる?なんて思わせてしまうかもしれませんよね。

 もうこうなったら、「緊張してしまうのは仕方がない!」と割り切って、男性をいかに楽しませるかに専念するのも手かもしれません。笑顔を見せて、話せないなら聞き役、質問役に徹して男性に楽しんでもらう、そして、自分も楽しむ。

 そうしているといつの間にやら緊張が解けて、ぐっと距離が縮まるはずですよ。ぜひ、お試しください!

孔井嘉乃
記事一覧
作詞作曲家・ライター
3歳からピアノを始め、現在は作詞作曲家&シンガーソングライターとして活動中。2014年からウェブライターとしての活動を開始。得意ジャンルは美容、恋愛、ライフスタイル。コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、ベビーマッサージ資格、乳児心理+児童心理資格取得。
2016年、ママユニット「mamakanon」を結成。活動5年目にして、YouTube再生回数1,200万回達成。2020年、フレンチシンガーバイオリニストソングライターとのDuo「ellipsis」を結成。両者の絶対音感を活かしてカバー演奏などを行う。
1児のママ。特技は早起き。ウィスキーが好き。

◇孔井嘉乃公式サイトmamakanon公式 YouTubeチャンネルellipsis公式 YouTubeチャンネル

ラブ 新着一覧


縁結び神社は効かないの? 運命の出会いを呼び寄せる方法
 素敵なパートナーとの出会いを求める人に人気なのが「縁結び」ですよね。でも、中には願いを叶えた人が多いという有名な縁結び...
恋バナ調査隊 2023-02-06 06:00 ラブ
結婚を親に反対されてしんどい…認めてもらう5つの方法とNGな行動
 両親に結婚を認めてもらうための通過点である「結婚挨拶」。でも、もしも結婚を親に反対されてしまったらとてもショックですよ...
恋バナ調査隊 2023-02-05 06:00 ラブ
「頭の回転が速くても結婚に向かない女性」恋人の求婚にノーする男の本音
「冷酷と激情のあいだvol.128〜女性編〜」では、交際5カ月を迎えた恋人にプロポーズをするも、YESの返事をもらえずに...
並木まき 2023-02-04 06:00 ラブ
「私が男なら私と結婚したい」プロポーズ連敗中の40代女の嘆き
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2023-02-04 06:00 ラブ
【最終手段】男性“コロ落ち”!嘘泣きのやり方&バレないコツ
「涙は女の武器」という言葉がありますが、世の中にはこの言葉通り、いざという時に男性の前で嘘泣きを使いこなす小悪魔女性が存...
恋バナ調査隊 2023-02-04 06:00 ラブ
雰囲気悪いのは浮気のせいちゃうんかー!不倫男が主張する身勝手な理由
 世の中には、隠れて不倫している男性がごまんと存在します。大人の女性なら「男ってそんなもんだろうな」と、薄々気づいている...
恋バナ調査隊 2023-02-04 06:00 ラブ
美人ヨガ講師がレズビアン専用マッチングアプリの沼に… #1
 今や出会いの主軸となったマッチングアプリ。コロナ禍もあって、他人との交流や出会いのひとつとして利用している人は男女問わ...
蒼井凜花 2023-02-03 06:00 ラブ
やめられない浮気は「性格の一部」説!常習犯男性の共通点
 浮気をしない男性も存在しますが、何度も繰り返す男がいるのもまた事実。「男は浮気する生き物」なんて言葉もありますよね。そ...
恋バナ調査隊 2023-02-03 06:00 ラブ
シンママを求める男の事情 前澤友作氏監修アプリは即配信中止に
 先日、実業家・前澤友作氏が監修したシングルマザー限定のマッチングアプリ「coary(コアリー)」がリリースされましたが...
内藤みか 2023-02-02 06:00 ラブ
自分目線はNG!友達から恋愛相談された時のギスギスしない回答法
 女友達から恋愛相談された時、どう答えていいか迷ってしまった経験がある人は多いでしょう。特に40代の大人にもなると、若い...
恋バナ調査隊 2023-02-02 06:00 ラブ
モテるのに彼氏ができない 本命になれない30代女のガチ原因
「いいところまで行くのに彼氏ができない」 「もう数年間も、ちゃんとした恋人ができてない」  20代の時は彼氏彼女の関...
若林杏樹 2023-02-01 06:00 ラブ
モテるアラフィフ独身男は要注意? “難あり物件”に見られる5つの特徴
 昔に比べて、今はアラフィフでも若々しく魅力的な男性ってとても多いですよね。結婚相手を探している女性の中には、色気があり...
恋バナ調査隊 2023-02-01 06:00 ラブ
違和感は放置しない! 金銭感覚が合わない彼との付き合い方
 彼の金遣いの荒さにびっくりしたり、逆に財布のヒモの固さに引いたことはありませんか? 金銭感覚のズレを放置すると、後々苦...
恋バナ調査隊 2023-01-31 06:00 ラブ
既婚者マッチングアプリって?実際に使ってみた感想と注意点
 巷でひっそりと流行している「既婚者マッチングアプリ」をご存じですか?  その名の通り、既婚者専用のマッチングアプリで...
まめ 2023-01-31 06:00 ラブ
非・顔面国宝でなぜモテる?「雰囲気イケメン」特徴5つと落とすポイント
 男性の中には“顔面国宝”ってわけでもないのに、素敵なムードを醸し出していてなぜかモテる人がいます。それが雰囲気イケメン...
恋バナ調査隊 2023-01-30 06:00 ラブ
浮気も姑問題も解決!妻が夫に仕掛けた“わざと誤爆LINE”作戦
 いつの時代も、夫を上手に手のひらで転がしている賢い妻はいますよね。特に現代では、LINEを巧みに使って夫にわざと誤爆L...
恋バナ調査隊 2023-01-29 06:00 ラブ