美人でモテたのに…30~40代の婚活難民が急増中のワケは?

山本早織 結婚につながる恋のコンサル
更新日:2019-05-14 06:00
投稿日:2019-05-14 06:00
 山本早織の「結婚につながる恋コラム」第5回は、婚活を自分自身で難しくしている30~40代女性の特徴をお伝えさせていただきます。

プロを悩ませる「過去の栄光(エイコ)ちゃん」

「過去の栄光(エイコ)ちゃん」とは(写真:iStock)
「過去の栄光(エイコ)ちゃん」とは (写真:iStock)

 結婚相談所のカウンセラーやコンサルタントを悩ませる女性が一定数います。

 20代までは恋愛に悩んだことがなく、むしろ男性からちやほやされ、様々な良いものをご馳走してもらったり、プレゼントをしてもらったりして、モテてきた女性。

 そんな女性こそ婚活難民になり、プロを悩ませている「過去の栄光(エイコ)ちゃん」です。

 30歳を過ぎても男性への条件や理想が変わらず、過去に受けてきた恩恵をまだまだ受けられると勘違いしていると、いつまでたっても婚活が先に進まず、むしろ進むどころか年齢を重ねていくことで結婚への可能性が下がり後退していきます。

 私に相談に来た過去のエイコちゃんの一人、えみさん(43歳・仮名)

 彼女は若い時に少しモデルをしていたこともあり、スタイルが良く、43歳という年齢で考えると綺麗な女性。私に相談に来たのも、誰かいい人をつないでほしいということでした。

 私は彼女に、どんな結婚生活をイメージしているの?と質問しました。

「私は、料理も掃除もできないから、やっぱりそういうのはやりたくないんだよね。あとは、年収は最低でも2000万円は欲しいの。生活レベルが周りと違いすぎると…」

 彼女は少し大げさな例ではありますが、過去のエイコちゃんは誰もが同じように理想が高く、自分自身の市場価値を理解していない人ばかり。

目指す場所と現在地がわかって戦略が立つ

求めるものに対する自分磨きを(写真:iStock)
求めるものに対する自分磨きを (写真:iStock)

 20代の時に男性から受けた恩恵は20代で卒業!

 自分自身の市場価値と、現在地を知ることをしていかないと、いくつになっても20代の時の過去の栄光を武勇伝のように語り、結婚を遠ざけてしまうのです。

 素敵な男性は、常に市場価値を高く持つことができます。

 そんな男性が結婚に望むことは、派手な生活でもなく美人な女性を連れて歩くことでもなく、心安らぐ温かい素朴な家庭です。

 過去の栄光にしがみつくのは終わりにして、今を生きる覚悟をしてみましょう。

 婚活市場における自分自身の市場価値を直視し、自分の現在地はどこなのか?そしてどのような結婚をしていきたいのか? 目指している場所をしっかりと定めましょう。

 例えば、仕事のことを含めてお互いを認め合い、支え合う夫婦になりたいと思っている場合、お相手と出会った段階で仕事のことも含めて、自らの魅力を伝えていくことが必要ですよね。

 仕事のことを伝えたら男性が引くかも……と思って隠す方もいますが、その程度で引く男性はそもそもあなたの目指す結婚相手ではありません。

 目指す場所と現在地がわかるから戦略が立つのです。過去にしがみつくと、実際の現在地を理解できず、どんな戦略も効果的ではありません。

 年齢と共に輝く自分になるためにも、求めるものに対する自分磨きを行いましょう。

山本早織
記事一覧
結婚につながる恋のコンサル
16歳で芸能デビュー。ヤングジャンプやマガジンなどの雑誌やドラマや舞台で活動後、24歳で引退。フラワーデザイナーとして独立し、スクールで恋愛アドバイスをしていたところ、生徒10名を結婚へ導いた。現在は結婚相談所事業と仲人BARを運営し、婚活男女を結婚へ導いている。https://saoriyamamoto.com

関連キーワード

ラブ 新着一覧


サレ妻“み”のXが話題さらった件【専門家警鐘】不倫女への“鉄槌”正解は?
 30代サレ妻の「み」と称したXのアカウントが話題になっているのはご存じか。フォローは12万人(現在は削除)で、夫が職場...
「未来永劫結婚ナシの女でもズルズル」40男が眈々と待つ恋人が爆発する日
「冷酷と激情のあいだvol.195〜女性編〜」では、結婚前提で交際を始めた恋人と、交際1年を過ぎても具体的な進展がないこ...
並木まき 2024-05-18 06:00 ラブ
「結婚前提交際だよね?」婚姻関係を露骨に拒む彼と闇落ち寸前の38歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-18 09:24 ラブ
彼の本妻になりたい!アラフォー「内縁の妻」が略奪愛を目論むまで #1
「内縁関係」という言葉を聞いて久しい。「内縁関係」とは、夫婦としての実態はあるものの、法的な婚姻が成立していない状態をし...
蒼井凜花 2024-05-17 06:00 ラブ
夏前に元カレと「復縁できる女/無理な女」自爆テロより効果的な仕掛けは
 夏が近づくにつれて増えてくるのが、「元カレと復縁したい」と考える女性たちです。  なんとか彼の気持ちを取り戻そうと、...
内藤みか 2024-05-16 06:00 ラブ
元彼との復縁、前兆あり。リアルでもXでも「おすすめ」されたら…
「彼ともう1度やり直したい」と、復縁を望んでいる女性は要チェック! 今回は、復縁の前兆として見られるサインを6つご紹介し...
恋バナ調査隊 2024-05-16 06:00 ラブ
結婚したくない男たちのホンネ6選 見切るか粘るか決めるのはあなた次第
 アラサー・アラフォー女性なら、今の彼氏との結婚を視野に入れているのではないでしょうか。でも、その彼氏があなたとの将来を...
恋バナ調査隊 2024-05-14 06:00 ラブ
「将来見据えて倹約したいのに…」妻のお出かけ願望が理解できない30代男
「冷酷と激情のあいだvol.194〜女性編〜」では、結婚早々に節約生活を強いられている生活に嫌気が差している新妻・果穂さ...
並木まき 2024-05-11 06:00 ラブ
非正規雇用のアラフォーが結婚した男は、“夜のベッド”が生き甲斐のケチ夫
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-11 06:00 ラブ
「子供欲しい」が夫に言えない…タイムリミットに焦る妻の複雑事情
 夫婦であれば、夫に「子供欲しい」と言うのはそう難しくないはず。でも、言えずにモヤモヤしている女性もいるようです。今回は...
恋バナ調査隊 2024-05-10 06:00 ラブ
結婚に優柔不断な彼はいつ見限るべき?「時間を返して」と嘆く女性たち
 定期的に会い続けている仲の男性がいるけれど、今後のことについて話をしようとすると避けられてしまう。そんな悩みを抱えてい...
内藤みか 2024-05-09 06:00 ラブ
①ナル②浮気③競う④群れ サッカー部だった男の嫌いな特徴5、ラス1は
 モテる男の部活といえば、何を思い浮かべますか? そうですね、サッカー部です。学生時代、サッカー部のイケイケ男子に憧れて...
恋バナ調査隊 2024-05-08 06:00 ラブ
幸せになれるのは超わずか…セフレの終わりは突然やって来る
 付き合ってはいないものの体の関係を持つセフレ。「割り切った関係」「楽な関係」であるため、恋愛が億劫になっている人は憧れ...
恋バナ調査隊 2024-05-07 06:00 ラブ
父が浮気している…? 大人になった今だからできる4つの家庭崩壊回避術
 あなたは自分の父が浮気していると知ってしまった時、どうしますか? もし知ったのが未成年の頃であれば、誰に相談していいか...
恋バナ調査隊 2024-05-06 06:00 ラブ
え、彼氏いたの?処女のままの私と、処女を喪失していたオタ友への嫉妬。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳まで性体験がなかった私ですが、これまで処女...
mirae.(みれ) 2024-05-06 06:00 ラブ
サレ妻「不倫相手に会う」の巻 ママ友、かばう夫…ただで済むと思うなよ
 夫に不倫された“サレ妻”。「ただで済むと思うなよ!」と、怒りや憎しみMAXで不倫相手に会いに行く人もいます。  ...
恋バナ調査隊 2024-05-05 06:00 ラブ