一見ハイスペでも…結婚できない「乙女おじさん」のタイプ

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-04-10 06:00
投稿日:2019-04-10 06:00
 一見すると、結婚相手として条件が揃っているような中年の男性が独身である場合「乙女おじさん」である可能性も潜みます。独身貴族を謳歌したいどころか、結婚願望が強すぎて、むしろ“女性以上に乙女”な感覚が原因で、結婚を逃してしまうタイプです。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、ハイスペ男性に意外と多い“乙女おじさん”の特徴に迫ります。

1:「付き合うなら結婚する人と」願望が強い

“大恋愛からの純愛結婚”なんてそうそうないのに(写真:iStock)
“大恋愛からの純愛結婚”なんてそうそうないのに (写真:iStock)

 いい歳をして、なかなか彼女すらできない。

 それなのに「ぼちぼち結婚したいんですけどねー」などと平然と口にするおじさんは、まるで20代前半の乙女かのように“大恋愛からの純愛結婚”を切に願っているタイプも珍しくありません。

 この手のおじさんは、女性と出会うと、まず「大恋愛ができる相手なのか」を勝手に値踏み。

 周囲が「お似合いだよ」と勧める相手であっても、自分が「でも大恋愛には至らないかも…」と思うと、たったそれだけの理由で恋のチャンスを自ら退けます。

2:自分が「ハイスペ」ゆえに典型的なトロフィーワイフに憧れている

いつか“お姫様”に出会えると信じている…(写真:iStock)
いつか“お姫様”に出会えると信じている… (写真:iStock)

 結婚相手に幻想を抱きまくっている乙女おじさんたちは、いわゆる「ハイスペ」が少なくないことから「この歳で結婚するなら、みんなが羨むくらいのトロフィーワイフじゃないと」的な我流のこだわりをもっているケースも。

 自分のキャリアや資産に自信があるため「見合う相手じゃないとなー」と、まるでひと昔前の乙女が「結婚するなら3高な男じゃないとー」と口にしていたのと同レベルで理想を語り出します。

 世の中に、そんなに理想通りの出会いなんてないことは、“おじさん”世代ともなれば理解していそうなものなのに。

 なぜか乙女おじさんは「いつか見合う女性と出会えるはず」と、周囲が驚くほど乙女な思想で、一切の妥協をせずに、せっせと結婚相手を探し続けるのです。

3:でも外見を磨かないので、容姿はイマイチ

自分のことちゃんと見えてる?(写真:iStock)
自分のことちゃんと見えてる? (写真:iStock)

「結婚を考えられる女性じゃないと、深い仲にはなれない」、「僕に見合うだけの条件を揃えている妻がほしい」などと口にするわりには、乙女おじさんは、自分の外見に無頓着な傾向も。

 乙女なのは内面だけで、見た目は、生活に疲れ切ったおじさんにしか見えないケースもかなりの割合です。

 いい年齢になっての婚活では、相手の容姿は「お互いさま」的に妥協し合うのも実態ですが、だからこそ、乙女な条件を掲げるおじさんたちは、それに見合うだけの自分磨きだって必要なはず。

 なのに、自分は加齢のままの姿をさらしつつ、相手選びには乙女のような理想ばかり語るわけですから、そのギャップのせいで、一向に相手に恵まれないのは無理もありません。

 自分を棚に上げ、理想ばかり熱く語れるあたり、乙女であると同時に、精神年齢の低さも窺えます。
 

まとめ

自分で気づかないといつまでたっても…(写真:iStock)
自分で気づかないといつまでたっても… (写真:iStock)

 高収入、資産もある、見た目は年齢なり…と「結婚相手」として見たときには「まぁ、ハイスペ」の部類に入っている婚活おじさんには、結婚できない致命的な理由があることも。

 それが「恋愛偏差値が乙女」にあるパターンも、決して珍しくないのです。

ラブ 新着一覧


FILM
 職場の同じフロアにいる年下の可愛い男性。気になるし、仲良くなりたいのだけど、どうやって誘ったらいいのかわからない。そん...
内藤みか 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 付き合う相手に求めることの中に、「居心地がいい人」という項目を挙げる方は多いはず。居心地がいいというのは、ただ「優しい...
孔井嘉乃 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 別れた元彼から連絡が来ると、びっくりしてしまいますよね。別れ方にもよりますが、やっとの思いで気持ちを断ち切ったのに、不...
リタ・トーコ 2020-01-19 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる妻のなかには、家族以外に対して、容赦なく鬼対応する女性もいるようです。 クレーマーや勘違い女になってい...
並木まき 2020-01-18 06:00 ラブ
FILM
「女性は男性を立てて一歩後ろをついていく」――。そんな考えに全く賛同できない!と思うあなた、もしかしたらドS気質を持って...
リタ・トーコ 2020-01-17 06:00 ラブ
FILM
 マッチングアプリが流行しています。アメリカではオンラインで知り合い結婚にいたるカップルは、全婚姻数の3分の1を超えたと...
内藤みか 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
 風邪をひくと、家族に対しワガママを言い出す人は珍しい存在ではないものの…。相手が鬼嫁ともなると、そのワガママの度合いが...
並木まき 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
「付き合ったばかりの頃は大切にしてくれたのに、気づけば適当に扱われてる……」そんな“釣った魚に餌をやらない”男性によって...
リタ・トーコ 2020-01-15 06:00 ラブ
FILM
「イイナと思った男性が既婚だった……」というのはよくある話。  結婚の実績があるだけあって魅力的だったり、独身男性には...
田中絵音 2020-01-14 06:24 ラブ
FILM
 買い物に行こうとした時、年下の男性に「一緒に行っていいですか」と言われたことがある年上女性は少なくないと思います。年上...
内藤みか 2020-01-13 06:00 ラブ
FILM
 彼氏が風邪を引いてしまったら、心配になってしまいますよね。特に一人暮らしの彼氏の場合、病状はどうなのか、お見舞いに行く...
孔井嘉乃 2020-01-12 06:00 ラブ
FILM
 付き合って2カ月の彼氏がいます。出会いはマッチングアプリで、初対面から好印象。デート中に次のデートが決まるなどトントン...
神崎メリ 2020-01-12 06:00 ラブ
FILM
 お正月休みには家族の絆を深める人も多いなか、鬼嫁のせいで、面白くもおかしくもない年末年始休暇を過ごした夫もいるようです...
並木まき 2020-01-11 08:18 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。大人になると、相手に嫌なことがあっても波風立てずにフェードアウトして2人の関...
山崎世美子 2020-01-11 06:00 ラブ
FILM
 なぜ「他人のもの」はかくも魅力的に見えるものなのでしょう。友人の旦那様、職場の既婚男性……。他人のものだとわかった途端...
ミクニシオリ 2020-01-10 06:00 ラブ
FILM
 基本的に強引でワガママ、でも、そんなドS男性に惹かれる女性は多いよう。「ドM女性がモテるのはなぜ? 10項目で分かるド...
リタ・トーコ 2020-01-10 06:00 ラブ