一見ハイスペでも…結婚できない「乙女おじさん」のタイプ

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-04-10 06:00
投稿日:2019-04-10 06:00
 一見すると、結婚相手として条件が揃っているような中年の男性が独身である場合「乙女おじさん」である可能性も潜みます。独身貴族を謳歌したいどころか、結婚願望が強すぎて、むしろ“女性以上に乙女”な感覚が原因で、結婚を逃してしまうタイプです。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、ハイスペ男性に意外と多い“乙女おじさん”の特徴に迫ります。

1:「付き合うなら結婚する人と」願望が強い

“大恋愛からの純愛結婚”なんてそうそうないのに(写真:iStock)
“大恋愛からの純愛結婚”なんてそうそうないのに (写真:iStock)

 いい歳をして、なかなか彼女すらできない。

 それなのに「ぼちぼち結婚したいんですけどねー」などと平然と口にするおじさんは、まるで20代前半の乙女かのように“大恋愛からの純愛結婚”を切に願っているタイプも珍しくありません。

 この手のおじさんは、女性と出会うと、まず「大恋愛ができる相手なのか」を勝手に値踏み。

 周囲が「お似合いだよ」と勧める相手であっても、自分が「でも大恋愛には至らないかも…」と思うと、たったそれだけの理由で恋のチャンスを自ら退けます。

2:自分が「ハイスペ」ゆえに典型的なトロフィーワイフに憧れている

いつか“お姫様”に出会えると信じている…(写真:iStock)
いつか“お姫様”に出会えると信じている… (写真:iStock)

 結婚相手に幻想を抱きまくっている乙女おじさんたちは、いわゆる「ハイスペ」が少なくないことから「この歳で結婚するなら、みんなが羨むくらいのトロフィーワイフじゃないと」的な我流のこだわりをもっているケースも。

 自分のキャリアや資産に自信があるため「見合う相手じゃないとなー」と、まるでひと昔前の乙女が「結婚するなら3高な男じゃないとー」と口にしていたのと同レベルで理想を語り出します。

 世の中に、そんなに理想通りの出会いなんてないことは、“おじさん”世代ともなれば理解していそうなものなのに。

 なぜか乙女おじさんは「いつか見合う女性と出会えるはず」と、周囲が驚くほど乙女な思想で、一切の妥協をせずに、せっせと結婚相手を探し続けるのです。

3:でも外見を磨かないので、容姿はイマイチ

自分のことちゃんと見えてる?(写真:iStock)
自分のことちゃんと見えてる? (写真:iStock)

「結婚を考えられる女性じゃないと、深い仲にはなれない」、「僕に見合うだけの条件を揃えている妻がほしい」などと口にするわりには、乙女おじさんは、自分の外見に無頓着な傾向も。

 乙女なのは内面だけで、見た目は、生活に疲れ切ったおじさんにしか見えないケースもかなりの割合です。

 いい年齢になっての婚活では、相手の容姿は「お互いさま」的に妥協し合うのも実態ですが、だからこそ、乙女な条件を掲げるおじさんたちは、それに見合うだけの自分磨きだって必要なはず。

 なのに、自分は加齢のままの姿をさらしつつ、相手選びには乙女のような理想ばかり語るわけですから、そのギャップのせいで、一向に相手に恵まれないのは無理もありません。

 自分を棚に上げ、理想ばかり熱く語れるあたり、乙女であると同時に、精神年齢の低さも窺えます。
 

まとめ

自分で気づかないといつまでたっても…(写真:iStock)
自分で気づかないといつまでたっても… (写真:iStock)

 高収入、資産もある、見た目は年齢なり…と「結婚相手」として見たときには「まぁ、ハイスペ」の部類に入っている婚活おじさんには、結婚できない致命的な理由があることも。

 それが「恋愛偏差値が乙女」にあるパターンも、決して珍しくないのです。

ラブ 新着一覧


FILM
 将来的に結婚を考えている男性は、少し余裕のある女性を好む傾向があります。それまでの恋愛は同年代のワガママに付き合ってい...
若林杏樹 2020-10-26 06:00 ラブ
FILM
 身長の低い女性は、基本的にはモテると言われます。小さくて可愛らしい動きにキュンキュンする男性も多く、実際にそれを自覚し...
恋バナ調査隊 2020-10-26 06:00 ラブ
FILM
 恋愛中、片思いの彼に振り向いて欲しいからとLINEで駆け引きをする人って多いですよね。あえて未読スルーで焦らせてみたり...
恋バナ調査隊 2020-10-25 06:02 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。現在のシングルマザーの平均年齢は33歳、再婚率は26%と言われています。離婚...
山崎世美子 2020-10-24 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-10-24 07:48 ラブ
FILM
「冷酷と激情のあいだvol.18〜女性編〜」では、ダブル不倫の相手と再婚をしたくて夫に離婚を切り出した女性・Wさんの心情...
並木まき 2020-10-24 07:49 ラブ
FILM
 離婚後、新しい恋愛のチャンスがやってきた!?……と思ったのも束の間、元夫の方が自分に合ってたのかもしれないなぁ。そんな...
七味さや 2020-10-23 06:00 ラブ
FILM
 あなたは恋人と別れ話をする時に、LINEや電話で話す派ですか? それとも会って話す派ですか?「重要な話ほど、きちんと話...
ミクニシオリ 2020-10-23 06:00 ラブ
FILM
 今、かつてないほどの出張ホスト人気が起きています。コロナ禍で夜の街に行きづらくなった女性たちが、マンツーマンで相手をし...
内藤みか 2020-10-22 06:00 ラブ
FILM
 好きな人とデートに行った後、「楽しかったね!」とLINEしたのに既読スルーされた……なんて経験はありませんか? 多くの...
恋バナ調査隊 2020-10-22 06:00 ラブ
FILM
 則夫の内縁の妻の連れ子が不憫で、養護施設に寄付をしたいと加奈子さんが言ったとき、則夫は最初、そのお金は預かれない、そこ...
神田つばき 2020-10-21 06:00 ラブ
FILM
 失恋した時や彼氏がいない時、「そうだ! 何か習い事をして自分磨きをしよう」という思考になることがあります。それはとても...
田中絵音 2020-10-20 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-10-21 23:04 ラブ
FILM
 世間では草食男子の増殖に比例するように、グイグイ攻めることができる肉食女子も増えておりますね。自分から攻めずとも女性か...
若林杏樹 2020-10-19 06:50 ラブ
FILM
 彼氏がいるのに好きな人ができてしまうと、本当に辛くて悩みますよね……。彼氏のことも好きだけど、新しい人のことも好きにな...
恋バナ調査隊 2020-10-19 06:43 ラブ
FILM
 メリさんこんにちは。今年30歳になる独身の女です。付き合って1年5カ月、1歳年上の彼氏がいるのですが、私は子どもが大好...
神崎メリ 2020-10-18 06:00 ラブ