“平成ジャンプ”ですが何か? 令和元年の合コンで受けた屈辱

田中絵音 日本合コン協会会長
更新日:2019-10-21 11:45
投稿日:2019-05-21 06:00
 2019年5月1日に新元号が施行され「平成」から「令和」の時代となりました。世間は令和フィーバーで何かと盛り上がりましたね。Twitter上では、昭和に生まれて結婚しないまま令和を迎えた人のことを「平成ジャンプ」と呼ぶ、なんて話題になっていますが……合コン現場でも“令和ネタ”で色々起こっているようですよ。
 今回は、令和になって初めて行った合コンで、屈辱を味わったアイちゃん(仮名)の、ちょっぴりザンネンな恋の話(#ザン恋)をご紹介します。

昭和生まれと平成生まれが混在する同級生

令和フィーバーで思わぬトバッチリ(写真:iStock)
令和フィーバーで思わぬトバッチリ (写真:iStock)

 アイと同じ女子校出身で、クラスメイトだったサヤカ(仮名)とは“30歳までに結婚できなかった組”の仲間として、近年は一緒に合コンやパーティーによく出掛けていました。

 とくに、連休などは彼氏がいないと「暇すぎでヤバい!」ということで、ゴールデンウィークにネットで見掛けた合コンイベントに2人で参加したのです。

 そこで一緒の席になった男性2人組とは、年代も近そうだし話しやすくて一気に意気投合。イベント後に、4人で飲み直すことになりました。

 男性陣に改めて年齢を聞いてみると、1人は2歳年下のA君、もう1人のB君は37歳と、見た目よりも結構年上だったのが意外で、そこから年齢トークで盛り上がりはじめました。

 早速、男性たちから「平成生まれ? 昭和生まれ?」と聞かれて……

 サヤカは「ギリギリ平成生まれだよ♪」と即答。

 一方のアイは、「私はギリギリ昭和生まれなの……」と小声で言いました。

 実は、アイとサヤカは同じ学年ですが、昭和生まれと平成生まれが混在している学年(1988〜1989年生まれ)で、サヤカは早生まれなので平成だったのです。(平成元年は1989年1月8日スタート)

 たった数カ月しか変わらないのに、そこからアイちゃんへの“昭和いじり”が始まりました。

平成ジャンプならまだいい?

絶対結婚してやる!(写真:iStock)
絶対結婚してやる! (写真:iStock)

 まず、昭和組と平成組でペアになって座ろうぜ〜と、謎の席替えタイム。

《本当は、年下のA君がタイプだったのに……》と、不本意に37歳のB君と座らされるアイちゃん。

 そして、「アイちゃんって独身だよね? じゃ、平成ジャンプじゃん!」とみんなが楽しそうに言ってきました。

「え? でもB君だって独身でしょ? なら平成ジャンプじゃん」とアイが言うと、B君が「オレはバツ2だから、平成で2回着地してるんだよね! だから“ホップ・ステップ・ジャンプ”の三段跳びって感じかな」と、なぜか得意げに話していました。

《バツ2なことにも驚きだし、ホップ・ステップって……さぶっ!》

 アイちゃんにとって、地獄の令和トークタイム。ちょっと怪訝な顔をしていると、追い打ちをかけるようにB君が、こう言ってきたのです。

「でも平成ジャンプなら、令和で着地(結婚)するってことだから、まだ良いよね。一番ヤバいのは、令和でも結婚しないまま行く人のことを“昭和特攻隊”って言うらしいからさ!」

 一応、その場では作り笑顔をしたアイちゃんですが、腹の中では「絶対なるもんか!」と固く誓ったのでした。

 令和初の合コンで、元号トークの洗礼を受けてしまったアイちゃん。

 昭和生まれの底力を発揮して、令和のうちに結婚できるといいですね!

【今日の一言メモ】令和トークは楽しんだもん勝ち!

 また次回の #ザン恋 もお楽しみに!

関連キーワード

ラブ 新着一覧


もし離婚したらこのまま…再婚を迫る浮気相手に辟易する男性
「冷酷と激情のあいだvol.66〜女性編〜」では、夫の浮気が発覚し、別居までは進んだものの、離婚には応じてもらえず苦悩を...
並木まき 2021-11-27 06:00 ラブ
夫は浮気相手と同棲中も…離婚話が進まず苦悩を抱える女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-11-27 06:00 ラブ
男性は女性の涙に弱いとは限らない? 状況で変わる男性心理
 昔から、男性は「女性の涙に弱い」と言われてきました。でも実は、“女性の涙”といっても、状況によって男性が感じる感情は大...
恋バナ調査隊 2021-11-27 06:00 ラブ
“縁がある人”って? 5つの特徴&出会いのタイミング♡
 あなたは今まで、「この人とは、なんだか不思議と縁を感じる……」と思った経験はありますか? そんなふうに“縁”を感じられ...
恋バナ調査隊 2021-11-26 06:00 ラブ
彼女がいる人を略奪愛したその後とは? 続かない理由&対処法
 恋は、いつどんなタイミングではじまるかわからないもの。中には、好きになった人に彼女がいて、図らずも略奪愛という形になっ...
恋バナ調査隊 2021-11-26 06:00 ラブ
感染症対策もバッチリ! 出不精な彼と外で楽しむ冬デート3選
 今年のクリスマスもウイルスに気をつけながら過ごさなくてはならないのかもしれません。感染対策の面倒くささからか「彼がデー...
内藤みか 2021-11-25 06:00 ラブ
タイプ別! 彼氏が落ち込んでいる時の正しいなぐさめ方♡
 彼氏が落ち込んでいる時、あなたはどのように励ましていますか?「私ならこうして欲しい」と思う励まし方をする人や、「男性な...
恋バナ調査隊 2021-11-25 06:00 ラブ
返信率が上がる♡ 彼が思わず返信したくなるLINEの内容5選!
 大好きな彼とLINEを交換したのに、結局盛り上がらずにフェードアウトしてしまった……という人は意外と多いようです。それ...
恋バナ調査隊 2021-11-25 06:00 ラブ
外見を磨く以上に愛される!今すぐできる“モテる行動”って?
 年齢を重ねても、ますます魅力的になりたいと願う今日このごろ。皆さんも、いつまでもモテていたいですよね。正直、10〜20...
若林杏樹 2021-11-24 06:00 ラブ
幸せな結婚ができるかも♡ 相性抜群な男性の見つけ方5選
 恋愛において「相性」ってとても大切ですよね。でも、恋に落ちてしまったばかりの頃は、相手の良い面ばかりが見えてしまうため...
恋バナ調査隊 2021-11-24 06:24 ラブ
この人と結婚する気がする! 男性が直感で運命を感じる瞬間
「女の勘」という言葉があります。その言葉の通り、「なぜか、この人と結婚する気がした」と、答える女性って意外と多いんですよ...
恋バナ調査隊 2021-11-23 06:00 ラブ
別れの前兆…? 遠距離恋愛で彼が冷めた時のサイン&対処法
 会えない時間が多い「遠距離恋愛」では、相手の気持ちが心配になることもあるでしょう。そんなカップルの中には、「最近彼が冷...
恋バナ調査隊 2021-11-23 06:00 ラブ
重い女性が好きな男性の特徴&モテるための3つのポイント♡
「重い女性」と聞くと彼氏への束縛や依存など、マイナスのイメージを持っている人も多いはず。しかし、男性の中には重い女性に魅...
恋バナ調査隊 2021-11-22 06:00 ラブ
浮気しても罪悪感がない!? 女性を不幸にする男性の特徴4つ
 恋愛をしていれば、時には彼氏に浮気されることがあるかもしれません。もちろん、ちゃんと反省してくれる場合も多いですが、男...
恋バナ調査隊 2021-11-21 06:00 ラブ
「法律的な権利」だから…離婚を拒み姿を消した男性の理屈
「冷酷と激情のあいだvol.65〜女性編〜」では、結婚後何年たっても口先ばかりで結果を出せない夫・トモアキさん(仮名・4...
並木まき 2021-11-27 04:33 ラブ
口先ばかりで結果を出さない怠け者の夫に見切りをつけた女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-11-20 06:00 ラブ