ついていけない!男が悲鳴をあげた“体育会系女子”とのデート

田中絵音 日本合コン協会会長
更新日:2019-07-30 06:00
投稿日:2019-07-30 06:00
 うまくいくカップルの秘訣として、「味覚が合う人がいい」とか「笑いのツボが一緒」なんてことがよく言われますが、もしかすると「体力」も同じくらいあった方が良いかも……?
 今回は、合コンで出会って「私たち価値観が合うね♡」と意気投合した男女が、初デートをした時に起こった #ザン恋 エピソードをご紹介します。これは、男性にとっても女性にとってもザンネンな恋の一言に尽きる……。

一般的には「タイプの違う2人」

同じお酒を頼むところに親近感を…(写真:iStock)
同じお酒を頼むところに親近感を… (写真:iStock)

 ガチで恋人がいない男女が集まった、ごくごく健全な合コンで出会ったケン(28歳♂)とサキ(27歳♀)。最初の席が真向かいで話しやすく、一杯目からお互いレモンサワーを頼むあたりで波長が合って、そのまま二次会でも隣に座って仲良くなりました。

 ケンは理系大出身の研究職、一方のサキは体育大学出身の営業職で、職業的に見るとタイプが真逆な2人ですが、話していると心地よい空気が流れるから価値観が合うのでしょう。恋愛において“自分にないものを持っている人に惹かれる”というのも、よくある話ですね!

 合コン後、LINEですぐにデートに行くことになりました。

初デートは朝からスケジュールぎっしり

「黙って私についてきて」タイプ(写真:iStock)
「黙って私についてきて」タイプ (写真:iStock)

 体育会系のサキは恋愛においても「自分から好きな人にグイグイ攻めていくタイプ」、一方の理系男子ケンは「受け身タイプ」なので、今回の初デートももちろんサキから誘い、「私がデートプラン考えるから一日空けておいてね」と言って主導していました。

 デート当日、ケンが指定されたのは<朝8時@新宿駅>。

 休みの日はゆっくり起きるタイプのケンは「集合早いな……」と内心思いつつ、寝ぼけ眼でどうにか到着しました。

 すると向こうから「ケンちゃ〜ん!」と大きな声で駆け寄ってくる女性……サキが、なぜか両手に大荷物を抱えてやってきました。

 ケンは《え、日帰りだよね? すごい大荷物……》と内心思いつつ、サキはテンション高めで「今日は箱根に行くよ♡レッツゴー!」とロマンスカーに乗り込みます。

 席に着くと、「朝ゴハンまだでしょ? 駅弁買ってきたから食べよう」と、お弁当を2つ取り出してケンに選ばせてくれます。

《なんて気の利く子なんだろう、いい子だなぁ》とケンは惚れ惚れ。

 そのお弁当を美味しく食べ終えたので、箱根のパンフレットでも見ようかとしていたケンに、「ちょっと待って!」と言ってサキは大きなバックからゴソゴソと何かを取り出すのです。

 出てきた白い箱を開けると、そこには誕生日ケーキが!

「ケンちゃん、来週誕生日だよね? ちょっと早めのお祝いだよー♡」と、サキは満面の笑みでバースデーソングを歌ってくれました。

 ケンは喜ぶと同時に時計をチラリと見て《まだ朝の8時半……いつもだったらまだ寝てる時間だぜ、サキちゃんのポテンシャル半端ないな》と、驚きを隠せません。

 その後も、車内で写真をバシャバシャ撮ったり、窓から見える景色を「見てみてー!」と言うハイテンションなサキに圧倒されていたら、あっという間に箱根に到着しました。

彼女のアクティブさに、ついていくのが精一杯!

明日は筋肉痛確定…(写真:iStock)
明日は筋肉痛確定… (写真:iStock)

 箱根に降り立つと「行くところは私が決めてあるから、ついてきてね♡」とサキ。

 ケンは旅行の計画が苦手なので、正直“助かるな”と思いました。

 最初に着いたのは「足湯」。お互いの足にお湯をかけあったりして、なんだかラブラブな雰囲気!

 続いて、サキが一押しだというかまぼこ屋さんへ。

「鈴廣のかまぼこ、美味しいんだよね~。晩酌のお供にもいいよ」と言われ、アレコレとお土産を買って、館内のかまぼこ造り工場の見学も少しして、昼食へ。
 
 ランチは海鮮丼のお店を、サキが予約しておいてくれました。

 とにかく段取りがいい! 一杯だけお酒も飲んじゃおうとなり、レモンサワーで乾杯! 昼から飲むお酒は最高だね〜、なんて話をしながら、ケンはイイ感じの疲れ具合とお酒で、気持ちよくなっていました。

《もうこのまま帰ってもいいくらい満足だ〜》なんて思っていたケンでしたが、時計を見るとまだお昼の12時半を過ぎたところ。

 サキは「じゃ、次はいよいよ本日のメインに行くよ〜!」と今日一番のテンションで張り切っているではないか! まぁ、まだお昼だしな……とサキについていくと、そこはフォレストアドベンチャーという、大人向けのアスレチックでした。

「ここ、大学時代の友達からオススメされてて、ずっと来てみたかったんだ♡」とサキはワクワクの最高潮になっている。

 ケンは、子供の時以来のアスレチックで、日頃から運動不足気味の体で挑んでみると、想像以上に壮絶だった……「これ、リポビタンDのCMみたいじゃない?」と、本気で思ったのでした(笑)明日から筋肉痛確定です。

 その後も、日帰り温泉へ入りに行って、インスタ映えするというカフェに行ってコーヒーを飲み、やっとこさ帰りのロマンスカーに乗車。

《長い一日だった……》と、ケンは帰りの電車で一眠りしようとしたら、サキがニッコニコの笑顔で「これやらない?」と、トランプを出してきたのだ。まさかの休ませてもらえない帰路にケンは愕然としましたが、最後の力を振り絞って「お、おう」と応戦。トランプが白熱する中、新宿に到着しました。

「これで解散か?」と思われましたが、ちょうど夕飯時でお腹もすいていたので、ゴハンを食べにいくことに。

日帰り旅行の話で盛り上がるも……

またハードなデートだったらどうしよう…(写真:iStock)
またハードなデートだったらどうしよう… (写真:iStock)

 その時のディナーは、今日一日の箱根ツアーの振り返りをして盛り上がりました。お酒もすすんで、ケンはやり切った感!

 一通り食べて飲んで、そろそろ21時という頃にお店を出ました。

「じゃ、今日は色々ありがとね。お疲れさま!」とケンが帰ろうとすると、「えっもう帰っちゃうの? 私テンション上がっちゃって、このままじゃ帰れない〜。カラオケ行かない?」とサキが言うのです。

 正直、かなり疲れていたケンですが、今日の箱根ツアーを計画してくれた恩義もあるので、二次会に行くことに。

 そして、カラオケでさらに盛り上がって、サキの強い希望で三次会のバーまで行くことに。

 そこでナント、サキからケンに「好きです、付き合って」と告白があったのです……!

 ケンは体力の限界を越えていて、まともに考えられない状態でした。

《え? 今このタイミングで告白? サキちゃん嫌いじゃないんだけど、タフすぎる……》そこでケンから出た言葉は「ちょっと、ついていけない」の一言でした。

 丸一日を一緒に過ごして、てっきりイイ感じだと思っていたサキは、その言葉がショックで意気消沈。2人は即解散となりました。

 後日、ケンからLINEをしてみようとは思うものの「果たしてサキはどんなデートプランなら満足するのか」「もしまたハードなデートになったら今度こそ体力持たないかも」と思うと勇気が出ず、サキからも連絡は来ることなく、そのまま2人の関係は発展せずに終わってしまったそうです。

 会話した感じからは惹かれ合っていたものの、どうやら行動するペースや体力が違い過ぎて、カップルとはいかなかった2人。なんだかザンネンですが……これって付き合ったり結婚した後も、休日を一緒に過ごす際にネックになってくる問題だと思うので、早めに分かって良かったのかもしれません。

 筆者も、ずっと文化部でやってきたタイプで体力がないので、サキのデートプランを聞いているだけでヘトヘトになってしまいました(笑)。

【今日の一言メモ】体育会系の人へ「初デートの盛り込み過ぎに要注意!」

 また次回の #ザン恋 もお楽しみに!

関連キーワード

ラブ 新着一覧


シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:20 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ
多様な生き方を!「結婚したいけど子供いらない派」の婚活道
 厚生労働省の調査によると、結婚後に生みたい子供の数は「2人」と答える人がもっとも多く、「結婚したいけど子供いらない派」...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
「うん。抱きたい」大人女子が興奮するマル秘LINEのやり取り
 経験が豊富な大人女子は妄想も膨らみやすいため、男性から来たLINEで興奮する場合もあるのではないでしょうか?  今回...
恋バナ調査隊 2022-07-01 20:44 ラブ
「彼氏の機嫌を直す方法」たったそれだけ?実践あるのみです
 彼氏の機嫌が悪い時、理由を聞いても答えてくれなくて困った経験がある人もいるのではないでしょうか? 実は女性に比べて男性...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ