失恋して眠れない…そんな夜に試したい悲しみの乗り越え方

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-06-01 06:00
投稿日:2019-06-01 06:00
「失恋をした日の夜、心が痛すぎて眠れずに朝を迎えてしまった。」そんな経験を持つ女性は多いでしょう。失恋したショックは大きなストレスにもなりますし、眠れないのは心にも体にも悪影響!そこで今回は、失恋で眠れない夜にこそ試したい方法をお届けします。

失恋して眠れない夜にこそ試したい乗り越え方!

夜になると思いだして苦しい(写真:iStock)
夜になると思いだして苦しい (写真:iStock)

「好きな人から振られた」「長年付き合った人と破局した」など、失恋の形はさまざま。でも、どんな形であれ苦しいことには変わりがないのが「失恋」です。

 とくに夜になると、今までの日々を思い出したり、ついつい連絡をしたくなってしまったりと、悶々とする日々が続きますよね。そんな夜はどうやって越えれば良いのでしょうか?

友人と過ごすor長電話

 失恋をした日の夜は、可能であれば友人と過ごしたり、長電話をしたりしましょう。誰かに吐き出すことで少し気が楽になりますし、長い夜を埋めることができます。

「分かるよ」「つらいよね」という言葉、時には「くよくよしてても仕方ないよ!」なんて喝を入れてくれる友人の優しさに触れると、沈んだ心は少しばかり癒されます。

連絡先と思い出を削除する

 恋愛中に相手と自分を繋げてくれる「携帯」ですが、失恋期間中には邪魔なものでしかありません。なぜなら、LINEなどのやり取りした履歴・一緒に撮った写真・相手のSNSなど、短い時間で全てをチェックすることができるから。

 だからこそ、相手の連絡先、ついでに思い出を一斉削除するのも有効な方法です。不思議なもので、削除をすると「諦め」が生まれて一歩前に進めます。

 そういえば以前、友人が失恋をしたのですが、「連絡先を消したいけど勇気が出ない」と言うのでノリで5秒で削除しようとした私です。最終的には「責任取れないな」と、やめておきましたが。

 意志が固まったら、友人に頼むのもアリかもしれませんね。

バテるまで走る

 失恋に限ったことではないですが、嫌なことがあった時にバテるまで走ることもおすすめ!一定の距離を走ると脳内から気分を安定させる「セロトニン」が分泌されるそうですので、少なからず前向きな気持ちになるはず。

「眠れない」なんて悩みを持つ暇もなく、ベッドにダイブ!質の良い睡眠を得ることにも繋がります。

失恋気分にどっぷり浸って朝日を待つ

 結局ここに行き着くのですが、失恋の苦しさで眠れないなら、どっぷり浸って眠らずに朝日を待てば良いとも思うんです。

 失恋の苦しみは自分にしか分かりません。「相手も寂しいと思ってくれているかな?」なんてセンチメンタルに思う気持ちも分かりますが、そんなの考えるだけ無駄ですから。

 失恋ソングに浸って泣いても良いし、スナックを食べながらDVDを見るのも良いし。とにかく長い夜を超えて朝を迎えた時、見た目には分からなくてもきっと心が少し強くなっているのですから。

いつか思い出した時、経験は糧になっている

つらい夜を乗り越えた経験があなたの糧になる(写真:iStock)
つらい夜を乗り越えた経験があなたの糧になる (写真:iStock)

 よく、「失恋には新しい恋!」とか「趣味に没頭せよ!」なんて言われるものの、失恋直後って、そんなこと考えられないから苦しいんですよね。

 だからこそまずは「つらい夜をいかに越えるか」、そこに集中しましょう。いつか思い出した時、その経験はあなたの糧になっているはずです。

 そんな私にも失恋の経験がもちろんあります。10代の頃なんて好きな人に振られて胸が苦しく眠れず、動悸が止まらず、「心臓の病気かも!?」と、病院を受診した次第。結果はもちろん「異常なし」。……恋の病ってあるんですよね。って、若かった自分を呪いたくなる黒歴史。

 今、もしも同じことが起きたら、もう少し楽に乗り越えられるかな、そうあってほしいな、と願うアラフォー女です。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
「恋の寿命は3年」って、よく言われますよね。実際、今感じている新鮮な気持ちを3年経った頃にも感じていられると断言できる人...
恋バナ調査隊 2020-10-28 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-10-28 18:28 ラブ
FILM
 意中の彼とLINEを交換したところまでは良かったのに、LINEをするたびに距離ができて自然消滅してしまった……なんてこ...
恋バナ調査隊 2020-10-27 06:00 ラブ
FILM
 将来的に結婚を考えている男性は、少し余裕のある女性を好む傾向があります。それまでの恋愛は同年代のワガママに付き合ってい...
若林杏樹 2020-10-26 06:00 ラブ
FILM
 身長の低い女性は、基本的にはモテると言われます。小さくて可愛らしい動きにキュンキュンする男性も多く、実際にそれを自覚し...
恋バナ調査隊 2020-10-26 06:00 ラブ
FILM
 恋愛中、片思いの彼に振り向いて欲しいからとLINEで駆け引きをする人って多いですよね。あえて未読スルーで焦らせてみたり...
恋バナ調査隊 2020-10-25 06:02 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。現在のシングルマザーの平均年齢は33歳、再婚率は26%と言われています。離婚...
山崎世美子 2020-10-24 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-10-24 07:48 ラブ
FILM
「冷酷と激情のあいだvol.18〜女性編〜」では、ダブル不倫の相手と再婚をしたくて夫に離婚を切り出した女性・Wさんの心情...
並木まき 2020-10-24 07:49 ラブ
FILM
 離婚後、新しい恋愛のチャンスがやってきた!?……と思ったのも束の間、元夫の方が自分に合ってたのかもしれないなぁ。そんな...
七味さや 2020-10-23 06:00 ラブ
FILM
 あなたは恋人と別れ話をする時に、LINEや電話で話す派ですか? それとも会って話す派ですか?「重要な話ほど、きちんと話...
ミクニシオリ 2020-10-23 06:00 ラブ
FILM
 今、かつてないほどの出張ホスト人気が起きています。コロナ禍で夜の街に行きづらくなった女性たちが、マンツーマンで相手をし...
内藤みか 2020-10-22 06:00 ラブ
FILM
 好きな人とデートに行った後、「楽しかったね!」とLINEしたのに既読スルーされた……なんて経験はありませんか? 多くの...
恋バナ調査隊 2020-10-22 06:00 ラブ
FILM
 則夫の内縁の妻の連れ子が不憫で、養護施設に寄付をしたいと加奈子さんが言ったとき、則夫は最初、そのお金は預かれない、そこ...
神田つばき 2020-10-21 06:00 ラブ
FILM
 失恋した時や彼氏がいない時、「そうだ! 何か習い事をして自分磨きをしよう」という思考になることがあります。それはとても...
田中絵音 2020-10-20 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-10-27 18:14 ラブ