ヒモ以下の“ロープ”と呼ばれた男…法廷で暴かれた惨めなウソ

高橋ユキ 傍聴人・フリーライター
更新日:2019-05-24 06:00
投稿日:2019-05-24 06:00
 甘酸っぱい恋から始まる男女の仲も、時間の経過や環境の変化とともに色あせてしまうもの。痴話ゲンカから果ては刃傷ざたまで、痴情のもつれから起こった男女の壮絶トラブルを数多く裁判所で傍聴してきました。今回は、ヒモを通り越して“ロープ”と呼ばれた長身イケメンの裁判を紹介します。

恋人を手にかけた被告が法廷で語ったこと

 数年前、ある地方都市のアパートで看護師の仲本こずえさん(20代/仮名)が絞殺体で発見されました。そして、数日後に逮捕されたのは、彼女の同棲相手で2歳年上のアクセサリー販売業・加藤隆容疑者(仮名)。

 のちに開かれた裁判員裁判。事件の背景に別れ話があったことは、検察側も被告側も争っていませんでしたが、決定的に違っていたことが……。

 被告は仲本さんから「殺して」と頼まれた……と、彼女からの依頼を受けた“嘱託殺人”だと主張したのです。

「殺したのは間違いありませんが、彼女から頼まれたので、殺人ではありません」

 こう罪状認否で訴えた長身細面のイケメン被告。後日行われた被告人質問でも、こう話し始めたのです。

「事件の1カ月前、彼女から別れて欲しいと言われました。気持ちがなくなったとか、仕事してないからとか、そういうことを言われました。そのあとセックスをしていたら彼女が『殺して』と言ってきたんです」

 情事の最中に、別れ話を切り出してきた仲本さんからこう求められ、当然、加藤被告は止めたと主張します。

「『彼女のことを大事に思っている人たちが悲しむ』とかいろんなことを言って説得しました。でも、届いてないなー、と感じました。すごく悲しく、すごく辛いと思いました。別れることを決めましたが、僕にとって彼女は大事ですごく好きな人。その人に殺してと頼まれること自体、すごく悲しい……」

 葛藤して悲しみにくれたものの、最終的には求めに応じ、彼女の首に手をかけ殺害……。こう加藤被告は言いました。

 ところが、検察側の主張は正反対でした。彼女は加藤被告に完全に愛想を尽かしていた、というのです。

証人から相次いだカミングアウト

 証拠も次々と出てきました。まず仲本さんの同僚だった看護師が証人としてこう述べます。

「彼女は、加藤被告からやり直したいと言われていましたが、それを断っていました」

 看護大学の同級生だった女性も「別れると聞いていました」と彼女の強い意思を生前に聞いていたのです。さらに「事件直前に韓国旅行に行きましたが、帰国したその足で新しい彼氏のところへ行ってました」と、新たな男性との関係が順調にいきかけていたことをカミングアウト。

 その新しい彼氏は「彼女とはキスまでしかしていませんでした。『前の彼氏(加藤被告)と決着をつけてから』と言われていました」と、仲本さんが加藤との関係にケジメをつけるつもりだったことも明らかに。

 神妙な面持ちでそれらの証言を聞く加藤被告でしたが、当人もそれを薄々感づいていたことが暴かれてしまいます。事件前、知人に「そろそろ追い出されかけている」「次の住居がないよ」など、泣きのメールを入れていたことも証拠として提出されたのです。

 看護師として順調に成長を続けていた仲本さんに対し、加藤被告は停滞していました。

 彼女が家賃を払うアパートで、アクセサリーを手作りしてはネット店舗で売る生活をしていましたが、当然、収入は安定しません。そんな加藤被告のことを、仲本さんは友人らとのメールで「ロープ」と呼んでいたことまで検察官は暴露した。

 別れ話の末に、肌を寄せ合って愛情を確認しあい、最終的に彼女の求める嘱託殺人を犯した……と、主張したかった加藤被告でしたが、実際はヒモを通り越した「ロープ」だったために、仲本さんに愛想を尽かされた揚げ句、アパートを出て行くように言われていたのでした。

 それなのに加藤被告は、最後まで法廷でこう悪あがきをするのです。

「逮捕されて拘留中ずっと、自分が何をすればいいのか分からなかった……。でも法廷では本当のことを述べることができました」

 彼女との秘密だった「殺して」という依頼を自分は叶えただけなのだ……最後までそう言い張っていました。そんな加藤被告の言い分は、当たり前ながら「到底信用できない」として懲役16年の判決が言い渡されています。

 事件の日、加藤被告は仲本さんの首を手で絞めたあと、ロープではなくベルトを使って首を絞めました。強い力で引っ張られたため、それは真っ二つに切れていたそうです。
(文中の登場人物はすべて仮名です)

高橋ユキ
記事一覧
傍聴人・フリーライター
著作に「暴走老人・犯罪劇場」(洋泉社新書)、「木嶋佳苗 危険な愛の奥義」(徳間書店)、「木嶋佳苗劇場」(宝島社)、古くは「霞っ子クラブ 娘たちの裁判傍聴記」(新潮社)など。殺人事件の取材や公判傍聴などを主に行なっている。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


マチアプに“借金男子”が増殖中!生活苦を訴え、カネを無心。助けを求められたら即すべきことは…
 マッチングアプリで近ごろ見かけるのが「借金男子」です。支払いが大変なので、支援してくれる女性いませんか、と呼びかけてい...
内藤みか 2024-07-25 06:00 ラブ
夫婦喧嘩は“自ら折れる”で片付ける!賢い妻は謝罪感謝をポチってハイ終了
 夫婦喧嘩をする時、自分から折れるのは悔しいと感じてしまいがち…。  でも実は、夫婦喧嘩は自ら謝ったほうが問題は解...
恋バナ調査隊 2024-07-24 06:00 ラブ
「レス離婚」は夫に慰謝料請求可能?弁護士に相談したら意外な答えが…
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  実は先日...
豆木メイ 2024-07-23 06:00 ラブ
封筒の中からオンナの毛髪が…もう恋愛したくない! ゾッとした体験談4選
 あなたは、恋愛で怖い思いをした経験があるでしょうか?  今回は、女性たちに“ゾッとした体験談”について話してもらいま...
恋バナ調査隊 2024-07-22 06:00 ラブ
すべてクロ!夫の不倫を見抜いた 探偵級妻たちの鋭すぎる「女の勘」5選
「ん? なんか怪しい…」、そんな女の勘は意外と当たるもの。実際に夫の不倫を、女の勘によって見抜いた女性たちがたくさん存在...
恋バナ調査隊 2024-07-21 06:00 ラブ
婚活市場で「尊敬婚」が増加中。男性に選ばれる女性は若さよりも収入?
 近年、「尊敬婚」が非常に増えています。以前の多くの男性の価値観は、若くて気立ての良い女性を好み、「夫を支える良き妻」が...
植草美幸 2024-07-20 06:00 ラブ
「妻とはマジで離婚」自分の親への非礼に我慢しバカにされ続けた41歳男
「冷酷と激情のあいだvol.205〜女性編〜」では、結婚12年目にして、レスを理由に夫から離婚を突きつけられた妻・絢音さ...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
「もう限界だ」レスを理由に夫から離婚届を突きつけられた41歳女の画策
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
夜職彼氏との付き合い方「虎の巻」全方位モテ男を骨抜きに♡
「付き合い始めた彼氏が夜職で、女性との接点が多くて不安…」「彼にとって、お客様とは違う特別な女性になるにはどうすればいい...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
暑すぎる…!彼氏との幸せ気分をぶち壊す「夏の失敗デートスポット」4選
 いや日本の夏、暑すぎ〜(泣)! 最近は朝からクーラーつけないと滝汗かいちゃう毎日で、彼氏とのあまあまデートにも支障を来...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
『バチェロレッテ・ジャパン』S3“本当”の楽しみ方 偏差値高めな人の“頭で恋する恋愛学”が詰まっている!
 恋愛リアリティー番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン3(Amazon Prime Video)が、今まで観たことが...
内藤みか 2024-07-18 06:00 ラブ
元彼と友達になるメリットとデメリット。完全に縁切りする時はいつ?
 彼氏と別れるとき、バッサリ縁を切るべきか、それとも友達になるべきか悩みませんか? そんな悩みを抱えている女性に、元彼と...
恋バナ調査隊 2024-07-18 06:00 ラブ
妻の「レスだけど仲良し」に潰された夫の本音 無言の圧力をかけてない?
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  セックス...
豆木メイ 2024-07-16 06:00 ラブ
恋愛感情ない結婚の「夜事情」5選 アラフォー夫婦の“その後”を聞く
「お金のために結婚した」「親を安心させるためにお見合い結婚した」など、恋愛感情がない相手と結婚している人もいます。そんな...
恋バナ調査隊 2024-07-15 06:00 ラブ
意中の彼と“宿泊デート”。自宅まで押しかけ、時計の針は21時を過ぎた。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。20代でハマったメタル音楽のオフ会で知り合った遠い北の地...
mirae.(みれ) 2024-07-15 06:00 ラブ
既婚女性と独身男性“禁断愛”の終わり方5選。縁はあっけなく切れるもの?
 読者の女性のなかには、独身男性と不倫している方もいるのではないでしょうか。でも、残念ながら既婚女性と独身男性の不倫はバ...
恋バナ調査隊 2024-07-14 06:00 ラブ