ヒモ以下の“ロープ”と呼ばれた男…法廷で暴かれた惨めなウソ

高橋ユキ 傍聴人・フリーライター
更新日:2019-05-24 06:00
投稿日:2019-05-24 06:00
 甘酸っぱい恋から始まる男女の仲も、時間の経過や環境の変化とともに色あせてしまうもの。痴話ゲンカから果ては刃傷ざたまで、痴情のもつれから起こった男女の壮絶トラブルを数多く裁判所で傍聴してきました。今回は、ヒモを通り越して“ロープ”と呼ばれた長身イケメンの裁判を紹介します。

恋人を手にかけた被告が法廷で語ったこと

愛憎の果てに…(写真:iStock)
愛憎の果てに… (写真:iStock)

 数年前、ある地方都市のアパートで看護師の仲本こずえさん(20代/仮名)が絞殺体で発見されました。そして、数日後に逮捕されたのは、彼女の同棲相手で2歳年上のアクセサリー販売業・加藤隆容疑者(仮名)。

 のちに開かれた裁判員裁判。事件の背景に別れ話があったことは、検察側も被告側も争っていませんでしたが、決定的に違っていたことが……。

 被告は仲本さんから「殺して」と頼まれた……と、彼女からの依頼を受けた“嘱託殺人”だと主張したのです。

「殺したのは間違いありませんが、彼女から頼まれたので、殺人ではありません」

 こう罪状認否で訴えた長身細面のイケメン被告。後日行われた被告人質問でも、こう話し始めたのです。

「事件の1カ月前、彼女から別れて欲しいと言われました。気持ちがなくなったとか、仕事してないからとか、そういうことを言われました。そのあとセックスをしていたら彼女が『殺して』と言ってきたんです」

 情事の最中に、別れ話を切り出してきた仲本さんからこう求められ、当然、加藤被告は止めたと主張します。

「『彼女のことを大事に思っている人たちが悲しむ』とかいろんなことを言って説得しました。でも、届いてないなー、と感じました。すごく悲しく、すごく辛いと思いました。別れることを決めましたが、僕にとって彼女は大事ですごく好きな人。その人に殺してと頼まれること自体、すごく悲しい……」

 葛藤して悲しみにくれたものの、最終的には求めに応じ、彼女の首に手をかけ殺害……。こう加藤被告は言いました。

 ところが、検察側の主張は正反対でした。彼女は加藤被告に完全に愛想を尽かしていた、というのです。

証人から相次いだカミングアウト

実際は「ヒモ男」よりもひどい「ロープ男」だった(写真:iStock)
実際は「ヒモ男」よりもひどい「ロープ男」だった (写真:iStock)

 証拠も次々と出てきました。まず仲本さんの同僚だった看護師が証人としてこう述べます。

「彼女は、加藤被告からやり直したいと言われていましたが、それを断っていました」

 看護大学の同級生だった女性も「別れると聞いていました」と彼女の強い意思を生前に聞いていたのです。さらに「事件直前に韓国旅行に行きましたが、帰国したその足で新しい彼氏のところへ行ってました」と、新たな男性との関係が順調にいきかけていたことをカミングアウト。

 その新しい彼氏は「彼女とはキスまでしかしていませんでした。『前の彼氏(加藤被告)と決着をつけてから』と言われていました」と、仲本さんが加藤との関係にケジメをつけるつもりだったことも明らかに。

 神妙な面持ちでそれらの証言を聞く加藤被告でしたが、当人もそれを薄々感づいていたことが暴かれてしまいます。事件前、知人に「そろそろ追い出されかけている」「次の住居がないよ」など、泣きのメールを入れていたことも証拠として提出されたのです。

 看護師として順調に成長を続けていた仲本さんに対し、加藤被告は停滞していました。

 彼女が家賃を払うアパートで、アクセサリーを手作りしてはネット店舗で売る生活をしていましたが、当然、収入は安定しません。そんな加藤被告のことを、仲本さんは友人らとのメールで「ロープ」と呼んでいたことまで検察官は暴露した。

 別れ話の末に、肌を寄せ合って愛情を確認しあい、最終的に彼女の求める嘱託殺人を犯した……と、主張したかった加藤被告でしたが、実際はヒモを通り越した「ロープ」だったために、仲本さんに愛想を尽かされた揚げ句、アパートを出て行くように言われていたのでした。

 それなのに加藤被告は、最後まで法廷でこう悪あがきをするのです。

「逮捕されて拘留中ずっと、自分が何をすればいいのか分からなかった……。でも法廷では本当のことを述べることができました」

 彼女との秘密だった「殺して」という依頼を自分は叶えただけなのだ……最後までそう言い張っていました。そんな加藤被告の言い分は、当たり前ながら「到底信用できない」として懲役16年の判決が言い渡されています。

 事件の日、加藤被告は仲本さんの首を手で絞めたあと、ロープではなくベルトを使って首を絞めました。強い力で引っ張られたため、それは真っ二つに切れていたそうです。
(文中の登場人物はすべて仮名です)

ラブ 新着一覧


FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-10-27 06:00 ラブ
FILM
 意中の彼とLINEを交換したところまでは良かったのに、LINEをするたびに距離ができて自然消滅してしまった……なんてこ...
恋バナ調査隊 2020-10-27 06:00 ラブ
FILM
 将来的に結婚を考えている男性は、少し余裕のある女性を好む傾向があります。それまでの恋愛は同年代のワガママに付き合ってい...
若林杏樹 2020-10-26 06:00 ラブ
FILM
 身長の低い女性は、基本的にはモテると言われます。小さくて可愛らしい動きにキュンキュンする男性も多く、実際にそれを自覚し...
恋バナ調査隊 2020-10-26 06:00 ラブ
FILM
 恋愛中、片思いの彼に振り向いて欲しいからとLINEで駆け引きをする人って多いですよね。あえて未読スルーで焦らせてみたり...
恋バナ調査隊 2020-10-25 06:02 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。現在のシングルマザーの平均年齢は33歳、再婚率は26%と言われています。離婚...
山崎世美子 2020-10-24 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-10-24 07:48 ラブ
FILM
「冷酷と激情のあいだvol.18〜女性編〜」では、ダブル不倫の相手と再婚をしたくて夫に離婚を切り出した女性・Wさんの心情...
並木まき 2020-10-24 07:49 ラブ
FILM
 離婚後、新しい恋愛のチャンスがやってきた!?……と思ったのも束の間、元夫の方が自分に合ってたのかもしれないなぁ。そんな...
七味さや 2020-10-23 06:00 ラブ
FILM
 あなたは恋人と別れ話をする時に、LINEや電話で話す派ですか? それとも会って話す派ですか?「重要な話ほど、きちんと話...
ミクニシオリ 2020-10-23 06:00 ラブ
FILM
 今、かつてないほどの出張ホスト人気が起きています。コロナ禍で夜の街に行きづらくなった女性たちが、マンツーマンで相手をし...
内藤みか 2020-10-22 06:00 ラブ
FILM
 好きな人とデートに行った後、「楽しかったね!」とLINEしたのに既読スルーされた……なんて経験はありませんか? 多くの...
恋バナ調査隊 2020-10-22 06:00 ラブ
FILM
 則夫の内縁の妻の連れ子が不憫で、養護施設に寄付をしたいと加奈子さんが言ったとき、則夫は最初、そのお金は預かれない、そこ...
神田つばき 2020-10-21 06:00 ラブ
FILM
 失恋した時や彼氏がいない時、「そうだ! 何か習い事をして自分磨きをしよう」という思考になることがあります。それはとても...
田中絵音 2020-10-20 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-10-21 23:04 ラブ
FILM
 世間では草食男子の増殖に比例するように、グイグイ攻めることができる肉食女子も増えておりますね。自分から攻めずとも女性か...
若林杏樹 2020-10-19 06:50 ラブ