ヒモ以下の“ロープ”と呼ばれた男…法廷で暴かれた惨めなウソ

高橋ユキ 傍聴人・フリーライター
更新日:2019-05-24 06:00
投稿日:2019-05-24 06:00
 甘酸っぱい恋から始まる男女の仲も、時間の経過や環境の変化とともに色あせてしまうもの。痴話ゲンカから果ては刃傷ざたまで、痴情のもつれから起こった男女の壮絶トラブルを数多く裁判所で傍聴してきました。今回は、ヒモを通り越して“ロープ”と呼ばれた長身イケメンの裁判を紹介します。

恋人を手にかけた被告が法廷で語ったこと

愛憎の果てに…(写真:iStock)
愛憎の果てに… (写真:iStock)

 数年前、ある地方都市のアパートで看護師の仲本こずえさん(20代/仮名)が絞殺体で発見されました。そして、数日後に逮捕されたのは、彼女の同棲相手で2歳年上のアクセサリー販売業・加藤隆容疑者(仮名)。

 のちに開かれた裁判員裁判。事件の背景に別れ話があったことは、検察側も被告側も争っていませんでしたが、決定的に違っていたことが……。

 被告は仲本さんから「殺して」と頼まれた……と、彼女からの依頼を受けた“嘱託殺人”だと主張したのです。

「殺したのは間違いありませんが、彼女から頼まれたので、殺人ではありません」

 こう罪状認否で訴えた長身細面のイケメン被告。後日行われた被告人質問でも、こう話し始めたのです。

「事件の1カ月前、彼女から別れて欲しいと言われました。気持ちがなくなったとか、仕事してないからとか、そういうことを言われました。そのあとセックスをしていたら彼女が『殺して』と言ってきたんです」

 情事の最中に、別れ話を切り出してきた仲本さんからこう求められ、当然、加藤被告は止めたと主張します。

「『彼女のことを大事に思っている人たちが悲しむ』とかいろんなことを言って説得しました。でも、届いてないなー、と感じました。すごく悲しく、すごく辛いと思いました。別れることを決めましたが、僕にとって彼女は大事ですごく好きな人。その人に殺してと頼まれること自体、すごく悲しい……」

 葛藤して悲しみにくれたものの、最終的には求めに応じ、彼女の首に手をかけ殺害……。こう加藤被告は言いました。

 ところが、検察側の主張は正反対でした。彼女は加藤被告に完全に愛想を尽かしていた、というのです。

証人から相次いだカミングアウト

実際は「ヒモ男」よりもひどい「ロープ男」だった(写真:iStock)
実際は「ヒモ男」よりもひどい「ロープ男」だった (写真:iStock)

 証拠も次々と出てきました。まず仲本さんの同僚だった看護師が証人としてこう述べます。

「彼女は、加藤被告からやり直したいと言われていましたが、それを断っていました」

 看護大学の同級生だった女性も「別れると聞いていました」と彼女の強い意思を生前に聞いていたのです。さらに「事件直前に韓国旅行に行きましたが、帰国したその足で新しい彼氏のところへ行ってました」と、新たな男性との関係が順調にいきかけていたことをカミングアウト。

 その新しい彼氏は「彼女とはキスまでしかしていませんでした。『前の彼氏(加藤被告)と決着をつけてから』と言われていました」と、仲本さんが加藤との関係にケジメをつけるつもりだったことも明らかに。

 神妙な面持ちでそれらの証言を聞く加藤被告でしたが、当人もそれを薄々感づいていたことが暴かれてしまいます。事件前、知人に「そろそろ追い出されかけている」「次の住居がないよ」など、泣きのメールを入れていたことも証拠として提出されたのです。

 看護師として順調に成長を続けていた仲本さんに対し、加藤被告は停滞していました。

 彼女が家賃を払うアパートで、アクセサリーを手作りしてはネット店舗で売る生活をしていましたが、当然、収入は安定しません。そんな加藤被告のことを、仲本さんは友人らとのメールで「ロープ」と呼んでいたことまで検察官は暴露した。

 別れ話の末に、肌を寄せ合って愛情を確認しあい、最終的に彼女の求める嘱託殺人を犯した……と、主張したかった加藤被告でしたが、実際はヒモを通り越した「ロープ」だったために、仲本さんに愛想を尽かされた揚げ句、アパートを出て行くように言われていたのでした。

 それなのに加藤被告は、最後まで法廷でこう悪あがきをするのです。

「逮捕されて拘留中ずっと、自分が何をすればいいのか分からなかった……。でも法廷では本当のことを述べることができました」

 彼女との秘密だった「殺して」という依頼を自分は叶えただけなのだ……最後までそう言い張っていました。そんな加藤被告の言い分は、当たり前ながら「到底信用できない」として懲役16年の判決が言い渡されています。

 事件の日、加藤被告は仲本さんの首を手で絞めたあと、ロープではなくベルトを使って首を絞めました。強い力で引っ張られたため、それは真っ二つに切れていたそうです。
(文中の登場人物はすべて仮名です)

ラブ 新着一覧


長く付き合えないナゼ? 男性が一生大事にしたい女子の特徴
 最初はラブラブだったのに、3カ月くらいで付き合いが終わってしまう……なんてことありますよね。あんなにイチャイチャしてい...
若林杏樹 2021-04-21 06:01 ラブ
恋愛にも使える♡ 今すぐ試したいLINEの便利機能5選!
 連絡ツールとしてとても便利なLINEには、恋愛に使える便利な機能がたくさんあることをご存知ですか? 多くのアプリを使い...
恋バナ調査隊 2021-04-21 06:00 ラブ
男性が手に入れたいと思う女性の特徴&本命相手にする行動♡
 男性から「絶対手に入れたい」と思われるような魅力的な女性って、憧れてしまいますよね。そんな女性には、いったいどんな特徴...
恋バナ調査隊 2021-04-20 06:23 ラブ
モテ仕草にドキッ♡ 男性の心を鷲掴みにする4つのテクニック
 モテる女性を観察してみると、女性目線でもドキっとするようなモテ仕草が身についていたりしますよね。逆に、どんなに美人な女...
恋バナ調査隊 2021-04-19 06:30 ラブ
恋愛に溺れる女性の共通点…自分を大切にしつつ恋をする方法
 恋愛といっても、いろいろな形がありますよね。中には、恋愛をするたびに、食事も喉を通らなくなり、自分のすべてを後回しにし...
恋バナ調査隊 2021-04-18 06:00 ラブ
結婚相談所の知っておくべき3つの実態&よくあるトラブル
 近年の婚活ブームで結婚相談所を利用する人が増加する中、それに伴ってトラブルも増えているようです。せっかく出会いを求めて...
恋バナ調査隊 2021-04-18 06:00 ラブ
片想い中の彼に送った残念な失敗LINE…恋が終わった内容5つ
 片想い中の彼とのLINEって、感情が舞い上がってしまって大失敗をしてしまいがち! 冷静な状態ではないから、つい不自然な...
恋バナ調査隊 2021-04-18 06:00 ラブ
おかん2号になってない? 男性の魂を揺さぶる女性になる秘訣
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。恋愛が下手な人は「わがままが非常に苦手」です。一方、モテる女性は「わがままが...
山崎世美子 2021-04-17 06:00 ラブ
一緒にいると落ち着く男性の5つの特徴&付き合うメリット♡
 刺激的でドキドキする情熱的な恋や、一緒にいると落ち着くほのぼの系の恋など、恋愛のタイプは人によってさまざま。恋にはある...
恋バナ調査隊 2021-04-17 06:00 ラブ
自己肯定感低め女子必見! 本命以外と疑似恋愛を楽しむテク
 男性からちやほやされたり甘やかされたりすると、どこか心が満たされる時がありますよね。本命の恋愛がなかなかうまくいかない...
ミクニシオリ 2021-04-16 06:00 ラブ
男性の低い声が好き♡思わずキュンとしてしまう3つの女性心理
 恋愛と声に関する研究によると、「男性は女性の声の高さにあまり影響を受けないけれど、女性は大きく影響を受ける」という結果...
恋バナ調査隊 2021-04-16 06:00 ラブ
いきなり結婚前提も…恋活アプリで男性が敬遠するメール3選
 なかなか外出しづらい状況の時期は、恋活や婚活などの出会いの場も限られてしまいがち。苦肉の策でアプリを始める人も少なくあ...
内藤みか 2021-04-15 06:00 ラブ
彼氏に疲れると思わせる彼女の特徴6つ&気を付けるポイント
 彼氏がいる人の中には、「最近、彼の様子がおかしい」「デート中、なんだかつまらなそうにしている」と感じている女性もいるで...
恋バナ調査隊 2021-04-15 06:00 ラブ
男性に「一緒にいたい」と思わせる!手っ取り早くモテる方法
 特定の彼氏ができなかったり、付き合ってもすぐに別れて長続きしないと、目標にしている「結婚」まで辿り着けずにどんどん落ち...
若林杏樹 2021-04-21 05:25 ラブ
男性から届いた“意味深LINE”5選…これってどういう意味!?
 男性から届く意味深LINE……。「これって、いったいどういう意味!?」と、一喜一憂していませんか? そんなLINEメッ...
恋バナ調査隊 2021-04-14 06:15 ラブ
「Clubhouse」で明暗…彼氏ができた人と離婚危機に陥った人
 近ごろはブームもひと段落した感のある、アメリカ発の音声SNS「Clubhouse(クラブハウス)」。iPhone利用者...
田中絵音 2021-04-13 06:07 ラブ