彼女がいる男友達を好きになったら告白する? 3つの選択肢

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-06-11 06:00
投稿日:2019-06-11 06:00
 彼女がいる男友達のことを好きになってしまう……恋愛あるあるですよね。でも、友達関係がギクシャクしないように気を張り詰めながら、ひたすら「好き」を我慢するのは切ないもの。でも実は、そんな時の選択肢はたったの3つなんです。告白するかどうかを迷っている時、ぜひ読んでみてください。

彼女がいる男友達を好きになった時の3つの選択肢

本当はずっと好きだった。(写真:iStock)
本当はずっと好きだった。 (写真:iStock)

 なんでも話せる男友達って貴重ですよね。でも、そんな男友達を好きになってしまったら、あなたはどうしますか?

 数年越しの友達関係が終わってしまうのは寂しいし、かといって、ずっと気持ちを隠していられないかもしれない。そう、絶対に失敗できないのが、男友達との恋愛なのです。

 1番大切なのが、今後どうなりたいのかを明確にして行動すること。まずは、自分の気持ちを整理していきましょう。選択肢は3つ!

・告白する
・気持ちを抑える
・来るか分からないチャンスを待つ

 1つずつ見ていきましょう。

1. 告白する

 男友達がお付き合いしている彼女とそのままゴールイン……なんて、苦しい展開が待っている可能性は十分にあり得ます。背に腹は変えられない!と、どうしても引き止めたければ、気持ちをぶつけてみるのも良いでしょう。

 この時のポイントは、決して彼女のことを引き合いに出さないこと。あなたと彼との間柄に、彼女は関係ありません。臆することなく正直に伝えることで、彼の気持ちが変わる可能性もあるでしょう。

 ただし、告白することで友達関係が破綻する可能性は十分に考えられます。ダメ元で告白するわけですから、断られた時の身の振り方をしっかり考えておきましょう。

 玉砕した後も友達関係を続けたいのであれば、さっぱりとした態度で。「女友達」として、いつも通りに接することが肝心です。

2. 気持ちを抑える

「彼女になれなくても、一生仲良くしていたい」、そう思うのであれば、ひたすら気持ちを抑えて耐え忍ぶしかありません。

 実は、15年来の私の女友達がこの状態。男1人&私を含めた女2人の計3人で仲が良く、よく遊んでいたものの、女友達が男友達を好きだったんですよね。

 その後、男友達は長年連れ添った彼女とさっさと結婚。女友達もその後すぐに彼氏を見つけて結婚。今でも、家族公認の上、2人で遊びに行ったりと仲良くしています。

 彼女が言うには、「1番好きな人は男友達の彼」なんだとか。2番目に好きな人と結婚するくらいが良いと。苦しすぎますが、それも彼女の生きる道なのかな、と。この選択肢には、向き不向きがあると思います。(我慢が苦手な、私のような女には無理)

3. 来るか分からないチャンスを待つ

「来るか分からないチャンスを待つ」、つまりは、彼女と別れるのを待つということですね。先が見えずに難しい反面、一発逆転が狙える選択です。

 この場合、男友達の彼女のことを悪く言ったり、陥れて気を向けようなんて小細工は絶対にNG!なぜなら、あなたはすでに彼の中で「女友達」という特別な存在だからです。

 寄り添い続けることで揺るぎない存在になるというのも、1つの方法ではないでしょうか。いつも味方でいるという安定感に男性は少なからず好意を覚えるでしょう。そして、「彼女と喧嘩をした」「うまくいっていない」、そんな時に真っ先に相談できる相手になっておくのです。

 「タイミングはきっとやってくる!」と信じられるかどうか、女性の心の強さが問われますね。運命論ではないですが、2人がそうなる運命であれば、きっとその時は訪れるはず。

選択肢は無数!告白せずとも気づいてもらうのもアリかも

恋愛の選択肢は無数にある(写真:iStock)
恋愛の選択肢は無数にある (写真:iStock)

 上記でお伝えした、一生の片想いに明け暮れる女友達の話に戻りますが。

 実は私、10年ほど前にその男友達から「ある告白」をされました。「あいつに好かれているのを知っているけど、友達以上に見れない。知らないフリを一生通すからよろしく」と。

 告白をせずとも、気づいてもらうことは可能なんでした。上記の選択肢2と3の進化系ですね。確かに、よほど相手が鈍感でない限り、意図せずとも好きな気持ちは伝わってしまうものです。自分の知らないところで未来を決められてしまう、そんなこともあるんですね。まさに、「知らぬが花」というか、なんというか。

 今は、2人がそれぞれ順風満帆のようで安心しています。本当に。

 彼女がいてもいなくても、男女は1対1で向き合うもの。恋愛の選択肢は、枝分かれして無数にあります。ぜひ、後悔のない自分だけの選択をしてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM