【青山編】これでモテる?“女全開”街コン徹底攻略マニュアル

高輪らいあん 街コンライター
更新日:2019-06-16 06:00
投稿日:2019-06-16 06:00

やっぱり巨乳がなのか!?

貪欲にいこう!(写真:iStock)
貪欲にいこう! (写真:iStock)

「高輪、これでおしまいってことはないでしょうね?」

 へ? 寝たら嫌なこと忘れるタイプだからスルーするとこだったわ。

 先日の合コン@池袋未遂事件。そのとき声をかけていた女友達・べーやん(29)に穴埋めを依頼されたのだ。

 べーやんは花屋の同僚で長い付き合いで、童顔で金髪、メロンのような巨乳(推定Iカップ)というバブル顔負けのダイナマイトボディーの持ち主。ほっといてもオトコにモテモテそうなのだが……。

 実家暮らしで、筋金入りのアイドルヲタ。推しのコンサートでなくてもライブは全て参戦するという狂いぶり。家事全般出来なくても最近は完全に開き直っていて貫禄すら出てきた。

「ぶっちゃけ、料理も掃除も面倒くさいじゃん。一人暮らしはお金かかるし、メリットなくない?」

 まぁ一理あるけど、それを言っちゃあおしまいよ……。

 そんなべーやんは以前、「2020オリンピックにまでに結婚する!」と意気込んでいたが、その後、浮いた話を一切聞かない。おそるおそる進捗状況を尋ねると「もう聞かないで!」とブチ切れ、「冷やかしてないで誰か紹介しろ~!」と食いかかってきた。

香水つけてスイッチON!

自分のメロンも出して!?(写真:iStock)
自分のメロンも出して!? (写真:iStock)

 青山246通りは奇抜なビルが立ち並ぶ。その一角で大規模な街コン開催があり、20代男女が400名ほど集まるそう。華金なこともあってべーやんは「今日来る誰よりも年上な自信あるわ! 負ける気がしないなー!」とバッキバキの戦闘モード。通りすぎる女子たちはみんなかわいくてキレイなシティーガールばかりだけど。

 そんなわけで、本日のべーやんのファッションチェックです。

 ベージュのざっくりとしたVニット(谷間見せ)に、メロン(乳)が強調される光沢感前面押しのカーディガン、そしてジャージー素材の黒パンツにピンヒールといった出で立ち。肌チラ見せ系に流行りを“ひとつまみ”ミックスさせて絶妙なモテコーデで気合いが感じられます。

 さぞかしおモテになるだろうと、ワクワクしながら会場に入ろうとするやいなや背後から腕を捕まれる。

べーやん「は? お前ナメすぎなんだけど」

 振り向くとピンク色の香水ボトルを握りしめて立ってる。

べーやん「あんたねぇ、香水も付けないでオトコと喋ろうと思ってんの? ほーんとつまんないオンナ! モテたいという意思が感じられないよね。やる気ある?」

 そう説教しながら、顔面目がけて香水をスプレーしてきたのだ!

 ゴホッ、ゴホゴホゴホ……いやいや、アナタ意識しすぎでしょう。でも、これがべーやんの優しさでもある。

 ということで、色っぽい香りを纏ったところでいざ出陣~!

一人参加のオトコはヤバい

リップサービスが大事!(写真:iStock)
リップサービスが大事! (写真:iStock)

 地下に降りると広い空間。それぞれ書かれた張り紙がされ、ABCDとブロックに仕切られている。

 私とべーやんはエントランスでアルファベットが書かれたカードを渡され、該当ブロックに移動する。

 すると、わらわらわらわら。“メロン作戦”が功を奏したのか、べーやんの周りにオトコたちが群がってくる。

 ハイテンションかつ笑顔で一人一人に神対応する。さすがっス。それにしてもアイドルの握手会みたいだな。

 “即席握手会”を横目に、ほんとオトコって胸しか見てないんだな~と呑気にビールを飲む私。

べーやん「ねぇ、温度差ヤバくない? 高輪のテンション、死人みたいだよ?」

 群がっていたオトコたちが去って行くと「みんなめちゃくちゃ必死だな。ウケる。ムリしてんな~」とひと仕事終えた高揚感からビールをガブ飲み。格好いい。海賊みたいだ。

 そんな中、べーやんの豊満な肉体に目をくらみ、恐れることなく二の腕をつまむなどして“御用”になった一人参加の男が……。べーやんが“職質”ついでのどさくさまぎれにLINEを交換したというので見てみると、ステータスメッセージ(ひと言文)に『日本制覇&海外へ』と書いてある。え、どういう意味?

べーやん「絶対それ一人旅でしょう。一人旅で日本制覇してるんだよ」

 えーー! まじこわい! てかそんな寂しいことある? 衝撃的……。

『ラッキーボーイだぜぃ☆』と書いてる人もいる。いや、どう考えても“アンラッキーボーイ”でしょう。人生において出会いたくなかった人は往々にしている。一期一会なんて嘘だ。というか、ステータスメッセージで思いっきりスベるのやめて欲しい。めちゃくちゃさむいわ。

 その後も、べーやんは抜群のモテっぷりを発揮していたが、途中で飽きるとバーテン(登坂広臣似のイケメン)を引っかけてオリジナルカクテルを作ってもらったりお喋りして楽しんでいた。

草の根運動が大事

別垢作るのもアリ!(写真:iStock)
別垢作るのもアリ! (写真:iStock)

 イベントが終了すると、早速オトコたちから送られてきたLINEに返事をしまくるべーやん。

 そういう草の根運動が大事なんだなぁ。

「キャバ嬢になった気分! ご飯なんて行くわけないじゃーん! て思いながら返してたら面白くなってきた~。いや~、やっぱ今日のNO.1はバーテンだなー」

 草の根運動改め、ただ悪女っぷりを発揮しているだけでしたか。

 それにしたって私は、不特定多数の人とのLINE交換は個人情報が漏れるようでやや心配。だってアカウントgetだけで場合によっては生年月日も分かっちゃうワケだし、フルネーム(本名)で登録してる人はフェアじゃないよーな。アイコンが自分の顔写真の人は、サブSIM活用するなどして別垢作ることをオススメしたい。私も作ろーかなー。

イライラ度★☆☆☆☆

(次の街へつづく)

関連キーワード

ラブ 新着一覧


好きになりたいのに…未練を断たずに次の恋愛はできるの?
 離婚後にモテ期が到来して二度目の独身を謳歌する人もいれば、傷心のまま新しい恋愛に踏み出せない人も。いざ恋愛のチャンスが...
七味さや 2020-11-27 06:00 ラブ
飽きない彼女になりたい♡ いつまでも愛される女性の特徴5つ
 彼氏と長続きしたいけれど、いつもマンネリ化して結局別れてしまうと悩んでいる人は多いようです。でも、中には長く続くほどに...
恋バナ調査隊 2020-11-27 06:00 ラブ
願いは書けば叶う?ママ活男子の“夢見るプロフィール”の中身
 願いごとがあるのなら、それを書く(もしくはスマホなどに入力する)ことで、叶いやすくなるという話をよく聞きます。ママ活男...
内藤みか 2020-11-26 06:00 ラブ
恋が終わる残念なLINEの特徴6つ&男性が喜ぶ返信の仕方
 好きな人とLINEを交換できたのはいいものの、LINEがつまらなさすぎて自然消滅してしまった……という経験をお持ちの人...
恋バナ調査隊 2020-11-26 06:00 ラブ
男性がドキっとする女性のギャップとは? 作り方4つのコツ♡
 恋愛を進展させるためには、「ギャップ」が効果的。コツさえ掴めば誰にでも簡単に身につけられる恋愛テクニックですが、何から...
恋バナ調査隊 2020-11-25 06:00 ラブ
28歳で優良物件男とお見合いしたが、どうしても無理だった。
「結婚できるとは思っていなかった」「結婚願望がなかった」。そんな40歳オーバーの男女が結婚に至った経緯とは――。インタビ...
内埜さくら 2020-11-24 16:03 ラブ
100年の恋も冷める…たった一言で女性が幻滅する恐怖のLINE
 第一印象はよかったのに……会えない期間、LINEでコミュニケーションをしているうちに、なんだか異性に幻滅してしまった経...
ミクニシオリ 2020-11-24 06:06 ラブ
愛想がいい女性は意外とモテない? 男性たちの7つの本音
 誰に対してもニコニコ愛想のいい女性は、モテるイメージがありますよね。実際に、愛想を良くしようと、意識的に笑顔を振りまい...
恋バナ調査隊 2020-11-24 06:00 ラブ
過去の恋愛に決別を…元カレに別れたことを後悔させる方法!
 自分が振られた立場でも振った立場でも、元カレって特別な存在ですよね。一番近かった相手なのに、友達よりも遠い存在になって...
若林杏樹 2020-11-23 06:00 ラブ
陽気で豪快!四国出身の女性の特徴や恋愛観&相性の良い男性
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、四国出身の女性についてご紹介します。香川県、徳島...
熱しやすく冷めやすい?四国出身の男性の性格や特徴&恋愛観
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、四国出身の男性の性格や特徴、恋愛傾向についてご紹...
あなたのタイプはどう?“何系女子”の種類や特徴を徹底分析!
 ◯系女子や◯ガールなど、女性の系統を分ける言葉を耳にする機会も多くなりましたが、自分が何系女子かわからない人も多いはず...
恋バナ調査隊 2020-11-22 06:00 ラブ
妻と子供が溺れたら…夫は迷わず妻を助けるという衝撃の事実
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。「いい夫婦の日(11月22日)」に関するアンケート調査を明治安田生命が発表し...
山崎世美子 2020-11-21 06:00 ラブ
妻から何度も「離婚」突きつけられ…ついに覚悟を決めた男性
「冷酷と激情のあいだvol.21〜女性編〜」では、夫に対してたびたび「離婚したい」と口にするものの、本心は揺れている妻の...
並木まき 2020-11-21 06:01 ラブ
夫婦喧嘩をするたびに「離婚」を口にしてしまう女性の本音
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-11-21 06:02 ラブ
職場内離婚…どうやって後処理する!?速やかにやるべきこと
 出会いのきっかけランキングで必ずトップ3に入っている「職場での出会い」。そう、社内恋愛はとってもメジャーなものなんです...
七味さや 2020-11-20 07:06 ラブ