デートで眠気が…睡眠不足を乗り切るための5つの対処法

コクハク編集部
更新日:2019-07-27 01:59
投稿日:2019-06-06 06:00
 好きな人とのデートの前日、「明日は何を着よう?」「何を話そう?」と、ついつい夜更かしをした経験がある方は多いでしょう。でも、睡眠不足の影響でデート中にあくびやうたた寝をしてしまうと、男性に「つまらないかな?」とがっかりされてしまう可能性もありますよね。今回は、そんなピンチの時にこそ試したい対処法、ご紹介しましょう。

睡眠不足でのデートで眠気を乗り切るための5つの対処法

ムリしないでまったりデートにしてみては(写真:iStock)
ムリしないでまったりデートにしてみては (写真:iStock)

 睡眠不足だけではなく、日頃の疲れやシーンによってはどうしても眠気が起こってしまうことがあります。覚えておくと便利な対処法、ぜひご覧ください。

1. 眠気が覚める栄養ドリンクを飲む

 一番手っ取り早いのが、眠気が覚める栄養ドリンクを飲むこと!コンビニなどでも手軽に手に入るため、試しやすい方法です。

 ただ、デートの途中で購入するのは難しいですし、相手に「眠い」ということを知られてしまう可能性があるため、事前に飲んでおく or バッグに隠し持っておくようにしましょう。

2. 移動時間に短時間仮眠を取る

 デート中に電車移動があるのであれば、短時間仮眠がおすすめです。ちょっと寝るだけで、だいぶスッキリしますから。

「ちょっと肩貸してね」とお願いすればスキンシップにも繋がりますし、コトンと頭を預ける女性を見てキュンとしてしまう男性もいるかも。眠気をメリットに変えてしまいましょう。

3. 5分だけトイレで寝る

 オールした次の日、仕事中の眠気に耐えきれずに「トイレで寝てくる」とこっそり寝に行っていた先輩がいました。

 このように自我が保てないほど眠たい時には、5分だけトイレで寝るというのも一つの手段です。ただし、寝過ごしては大変。携帯電話のアラームをかけるなど、工夫が必要です。

4. のんびりデートをする

 もしも、デートコースを決められるようであれば、のんびりデートに変更するのもアリでしょう。うっかり寝てもおかしくない環境を作るのです。

 おうちデートが可能であればベストですが、そうでなければ寝転がれる漫画喫茶、男女別の空間を持てるスーパー銭湯なども仮眠を取るには抜群のスペース。

 また、作家の内藤みかさんがプラネタリウムはいつからカップルスポットになったのか?で紹介していた、カップルシート付きのプラネタリウムなんかも良いですね。

5. 正直に「眠い」と告白する

 個人的に一番おすすめしたいのが、睡眠不足であることを男性に正直に告白することです。

 睡眠不足に理解を示してくれない大人は、まずいません。男性に気づかれないように必死で眠気と戦うくらいなら、正直に告白してしまった方が楽です。

「昨日、楽しみでなかなか眠れなくて……」なんて言えば、悪い気はしないでしょうし、デートプランを眠たいあなたに合わせて考えてくれるはずですよ。男性に委ねましょう。

「眠たい」と甘えられる関係作りを♪

好きな人といると眠くなる(写真:iStock)
好きな人といると眠くなる (写真:iStock)

 若いころ、初デートの際に睡眠不足で映画を見に行って寝た揚げ句、気がつけば反対側にいた知らない男性にもたれかかって気まずい思いをした経験があります。

 大前提として、デート前日には十分に睡眠を取っていくのがベスト!お肌のコンディションにも影響しますから。

 でも、リサーチしたところによると、睡眠不足に関わらず好きな人といると眠くなると感じる人は多いようです。実はこれ、脳科学的に証明されていて、好きな人と一緒にいると幸福感や癒しを感じて副交感神経が優位に立ち、体がリラックスモードに切り替わってしまうのだとか。

 つまりは、眠気を感じる相手は、あなたがちゃんと好きである相手だということ。もしかしたら、相手も眠気を我慢しているかもしれませんよ。ぜひ、好きなもの同士、正直に「眠たい」と甘えられる関係を作ってくださいね♪

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 なぜ男性は、彼女と毎日LINEするのを嫌がるのでしょう。LINEの頻度の認識の違いで、大きなケンカになってしまうカップ...
ミクニシオリ 2020-01-23 06:00 ラブ
FILM
「恋愛と仕事の両立ができない……」、そんな悩みを抱えていませんか?中には、「仕事ができなくなるから恋愛しない!」というキ...
孔井嘉乃 2020-01-23 06:00 ラブ
FILM
 ドM男性なんて本当にいるの?と思われがちですが、実はたくさんいます!でも、相手がSかMかなんて、一目見ただけで見抜くこ...
リタ・トーコ 2020-01-22 06:00 ラブ
FILM
「類は友を呼ぶ」とも言われるように、鬼嫁のまわりには鬼嫁が集まるケースも少なくないようです。  魑魅魍魎(ちみもうりょ...
並木まき 2020-01-21 06:00 ラブ
FILM
 職場の同じフロアにいる年下の可愛い男性。気になるし、仲良くなりたいのだけど、どうやって誘ったらいいのかわからない。そん...
内藤みか 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 付き合う相手に求めることの中に、「居心地がいい人」という項目を挙げる方は多いはず。居心地がいいというのは、ただ「優しい...
孔井嘉乃 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 別れた元彼から連絡が来ると、びっくりしてしまいますよね。別れ方にもよりますが、やっとの思いで気持ちを断ち切ったのに、不...
リタ・トーコ 2020-01-19 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる妻のなかには、家族以外に対して、容赦なく鬼対応する女性もいるようです。 クレーマーや勘違い女になってい...
並木まき 2020-01-18 06:00 ラブ
FILM
「女性は男性を立てて一歩後ろをついていく」――。そんな考えに全く賛同できない!と思うあなた、もしかしたらドS気質を持って...
リタ・トーコ 2020-01-17 06:00 ラブ
FILM
 マッチングアプリが流行しています。アメリカではオンラインで知り合い結婚にいたるカップルは、全婚姻数の3分の1を超えたと...
内藤みか 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
 風邪をひくと、家族に対しワガママを言い出す人は珍しい存在ではないものの…。相手が鬼嫁ともなると、そのワガママの度合いが...
並木まき 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
「付き合ったばかりの頃は大切にしてくれたのに、気づけば適当に扱われてる……」そんな“釣った魚に餌をやらない”男性によって...
リタ・トーコ 2020-01-15 06:00 ラブ
FILM
「イイナと思った男性が既婚だった……」というのはよくある話。  結婚の実績があるだけあって魅力的だったり、独身男性には...
田中絵音 2020-01-14 06:24 ラブ
FILM
 買い物に行こうとした時、年下の男性に「一緒に行っていいですか」と言われたことがある年上女性は少なくないと思います。年上...
内藤みか 2020-01-13 06:00 ラブ
FILM
 彼氏が風邪を引いてしまったら、心配になってしまいますよね。特に一人暮らしの彼氏の場合、病状はどうなのか、お見舞いに行く...
孔井嘉乃 2020-01-12 06:00 ラブ
FILM
 付き合って2カ月の彼氏がいます。出会いはマッチングアプリで、初対面から好印象。デート中に次のデートが決まるなどトントン...
神崎メリ 2020-01-12 06:00 ラブ