万年腰痛、諦めるな!苦痛から解き放たれるセルフケア3選【専門家監修】

コクハク編集部
更新日:2023-05-25 06:00
投稿日:2023-05-25 06:00
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、ちょっとした有名人。でもって、タヌキか妖怪の噂も囁かれるなか、健康に関する知識はズバ抜けている――。
 そんなえりのボスのもとにはウワサを聞きつけ、今日も悩みを抱えた女性が、ふらりと立ち寄ったようですよ。

朝起きた時から痛い貴女へ(漫画:腹肉ツヤ子)
朝起きた時から痛い貴女へ (漫画:腹肉ツヤ子)

1. 万年腰痛…長引く痛みで気持ちも不安定に?

 今回のご相談はまさみさん(45歳女性・仮名)から。

「もう、3カ月近く腰痛が続いていて……。痛いと仕事に集中できないし、からだを動かすともっと痛くなるんじゃないかと、怖くて仕方ないんです」

 暗い表情でそうつぶやいたまさみさん。今も痛みが気になっているようで、なんだか不安そうです。

「腰痛ってつらいわよね。私も実は、腰痛持ちなのよ。痛みが長引くと、不安になるわよね」

 まさみさんは、今にも泣き出しそうな表情です。

「病院で診てもらっても、腰に異常は見当たらないそうで。でも、時々すごく痛くなるんです。出かけるのも憂鬱で、痛みのことばかり考えてしまうし、本当につらくて」

「ひょっとすると、痛みの『負の連鎖』が起きているのかもしれないわ」

「負の連鎖ですか?」

「ええ。痛みが長引くと、悪循環でさらに痛みを強く感じる場合があるの。ストレスや痛みへの不安から痛みが増幅したように感じたり、痛みを感じる神経細胞が敏感になってしまったりするのが、原因といわれているわ

「この腰痛、治らないんでしょうか……」

「大丈夫よ、ちゃんと対処法はあるから。できることから、始めてみましょう」

 真剣に聞き入っているまさみさん。これは放っておけません!

2. 万年腰痛の原因はさまざま

痛みを我慢していませんか?(写真:iStock)
痛みを我慢していませんか? (写真:iStock)

「慢性的に腰痛が続いている場合、さまざまな原因が考えられるの。たとえば、悪い姿勢を続けていたり、疲労が蓄積していたり。運動不足による筋力低下や肥満などが腰痛に関与していることもあるわ」

 えりのボスの説明を、まさみさんはうなずきながら聞いています。

「病気が原因で腰に痛みが出てしまうケースもあるの。たとえば、脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニア、変形性脊椎症、骨粗しょう症。だから、腰痛で不安な場合は、まずは整形外科で診てもらうのがおすすめよ」

「わかりました。痛みの『負の連鎖』についても、詳しく教えてくれますか?」

「ええ。脳には痛みを和らげる働きが備わっているのだけれど、長引く痛みでストレスや不安感に長期間さらされ続けると、痛みを和らげる仕組みが働きにくくなってしまうの。これがいわゆる、痛みの 『負の連鎖』ね

 本来、痛みが脳に伝わると脳からドパミンという神経伝達物質が分泌されて、痛みの信号が脳に伝わりにくくなります。

 しかし、「いつまでも痛みが治らない」「治療しているのに全然よくならない」などの不安やストレスを抱えていると、ドパミンが放出されにくい状態になるといわれています。

「万年腰痛の悪循環を断ちたい人におすすめのセルフケアも、紹介するわね」

コクハク編集部
記事一覧
コクハクの記事を日々更新するアラサー&アラフォー男女。

ビューティー 新着一覧


「髪が増えた」と言われて思い当たること 2023.6.10(土)
 先日、自宅のある千葉県の流山市から電車で1時間以上かかる都内の美容院に髪を切りに行ってきました。  夫の転勤で茨城県...
美容ケアに近道はなし! キレイのために毎日やること“基本のキ”6選
 今回は美容ケアで毎日欠かさずやるべきことを、スキンケアと生活習慣に分けて紹介します。最近は美容ケアもたくさんの種類があ...
便秘下痢便秘下痢…つらループ!おなかの弱い“ご自愛”ケア【専門家監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
国産プチプラコスメで完成!今っぽ「韓国風メイク」の化け方
 近年韓国ブームもあって、10代20代の若者を中心に韓国メイクが流行しています。有名どころでは「オルチャンメイク」や、韓...
今夏は「うっかり日焼け」がないように…“ベスト肌”への戻し方4STEP
 女性にとって、紫外線は美しさや若さの最大の敵ですよね。ですが、毎日日焼け止めを塗っているつもりでも、ついうっかり日焼け...
爪の形コンプレックスに朗報です 自分で矯正できる美爪4STEP
 お手入れの行き届いた綺麗な爪って、憧れますよね! でも、人によっては自分の「爪の形」にコンプレックスを感じている人も…...
泣いた翌日の目の腫れがヤバ まぶたパンパンを解消する方法
 大人になったって、泣きたい日はあるもの。恋人と喧嘩したり、何かを失ったり、つらい時には思う存分泣いて自分を癒す時間も大...
老眼鏡応用できる!40代女性「老けて見えないメガネ選び」5つの極意
 40代に入ってくると老眼がはじまり、老眼鏡が手放せなくなる人が増えます。中には、メガネをかけた自分の姿に「老けた……!...
おならが超クサイ…ニオイの改善策と専門医“お墨付き”の漢方薬3つ
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
楽天売れ筋1位のナイトブラで“美胸”になれるか?【10日間着用ルポ】
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
インナーケアってなに? カラダの内側から美しくなる方法5つ
 誰だって、若々しい肌を保ちたいもの。そのためには外側からのケアだけではなく、インナーケアが欠かせません。あなたはインナ...
ほうれい線はコンシーラーの入れ方次第! あるあるNG&若見えテク3選
 お肌のくすみやたるみ、しわ、シミ、ほうれい線は、コンシーラーを使って悩みをうまくカバーしたいのに、なかなかうまくいかな...
40代は迷わずやっとこ!今から始める「顔の角質ケア」で目指せ透明肌♡
「40代になってから、肌がくすんで透明感がなくなった気がする」と感じている女性は多いのでは? その原因は、肌に古い角質が...
汗かく入浴剤3選 体を芯から温めてカラダもココロもスッキリ
 バスタイムは、日々の疲れを癒す大切な時間です。入浴剤を使えば香りによって、よりリラックスした入浴ができます。  そし...
鏡よ鏡、40代の「パール&ラメ」メイクで“痛い女回避”のコツを教えて
 40代を超えると、だんだんと顔のハリや華やかさ、瑞々しさがなくなってきますよね。でも、安易にラメやパールで輝きを取り入...
元アムラーは眉毛に注意!「老け見えメイク」で+10歳に見えるキケン
 しみや毛穴、くまなど、年を重ねると隠したい部分が多くなり、とにかくアラをカバーすることを意識してメイクをするようになり...