女性の夏冷え対策はクーラーから!今年こそ冷えない体作りを

コクハク編集部
更新日:2019-06-12 12:41
投稿日:2019-06-12 06:00
 猛暑が続く近年、熱中症対策としてクーラーをかけるのはもはや当たり前ですよね。でも、屋内ではどこもかしこもクーラーが効いているため、冷えに悩む女性も多いでしょう。そんな「夏冷え」を引き起こすクーラーと上手に付き合うには、どうすれば良いのでしょうか?

なぜ女性は冷えやすい?冷えが引き起こす体への影響

夏でも靴下が手放せない(写真:iStock)
夏でも靴下が手放せない (写真:iStock)

 現代では、約8割もの女性が「冷え」に悩んでいるそう。そもそもなぜ、女性に冷え性が多いのでしょうか?また、冷えを放置しておくと体にはどんな影響が起こってしまうのか、まずは基礎知識をチェックしていきましょう。

冷えが引き起こす体への影響

 筋肉は体を動かすだけではなく、基礎代謝を上げたり、体の熱を作るという働きを持っています。男性よりも筋肉量が少ない女性は、必然的に作られる熱が少ないため、冷えやすくなってしまうのです。これが、男性よりも女性に冷え性が多い理由。

 季節問わず冷えを感じているという女性は多いですが、放置しておくと体にさまざまな不調を引き起こす可能性があります。

【冷え症のおもな症状】

・生理不順
・だるさ、疲労
・頭痛
・不眠
・便秘、下痢
・食欲不振
・むくみ
・肩こり、腰痛
・イライラ

 つい軽視されがちな「冷え性」ですが、最近では「1つの病気」として捉えられているそう。皮膚疾患や喘息、咳、など、一見、冷えが原因だと思えないくらい症状が重症化するケースもあるため、早めの対策が必要なのです。

今年こそ冷やさない!クーラーから始める夏冷え対策!

体を温める素材は積極的に摂ろう(写真:iStock)
体を温める素材は積極的に摂ろう (写真:iStock)

 冷え性を引き起こす大きな原因に「冷房病」があります。一過性のものではなく、秋〜冬に長引くこともあるため、まずは正しいクーラー対策をして冷えを予防しましょう。

クーラーの正しい設定方法

 まずは、クーラーとの付き合い方をチェック!最適な温度&湿度を保つことは冷え性の対策になるのはもちろん、仕事などのパフォーマンスも上げることにも繋がるはず。さっそく、見ていきましょう。

最適な温度&湿度

 暑い室外から室内に入ると、どうしてもクーラーの温度を低めに設定したくなります。でも、これが体内の体温調節機能を乱してしまう原因の1つ。

 最適なクーラーの温度は、屋内と屋外の温度差を5度以内にすること。だいたい、25〜28度を目安にすると良いようです。それでも蒸し暑さで不快感を感じるようであれば、ドライ機能を使用するのが◎。湿度を50〜60%に設定すると快適に過ごせます。

クーラーの風向きに注意する

 クーラーの風を、直接体に当てないようにするのもポイントです。体の一部分に風が当たると、冷えやすくなってしまうので注意して。

 おすすめは、クーラーと扇風機との併用です。クーラーからの冷たい空気は部屋の下に溜まるため、扇風機を壁側に向けて機能させると、効率良く空気を循環させることができます。

就寝時のクーラーの調整方法

 クーラーを付けっ放しで寝て、だるさを感じたことがある方は多いはず。これは、ズバリ「冷えすぎ」が問題です。室温は28度以上、湿度は日中と同じく50〜60%ほどに保つようにしましょう。

 また、冷えを感じやすい女性の場合には対策が必要。腹巻きやレッグウォーマーなどの温めグッズを利用しつつ、吸水性・吸湿性の良い長袖や長ズボンを着用して寝るなど工夫することも大切です。

オフィスでは温めグッズが必須

 自宅とは違って、オフィスの室温は調整しづらいもの。座り仕事の環境下に置かれている方は、どうしても冷えやすいため、温めグッズで身を守りましょう。

 ポイントは、「首」がつくところを温めること。「首周り」「手首」「足首」に加えて、「くびれ」がある「腰周り」ですね。

 今では、USBで繋いで使う便利温めグッズなども販売されているので、お気に入りのものを選んでみると楽しく冷え対策ができますよ♪

【おもな冷え性予防グッズ】

・腹巻き、ストール
・ネックウォーマー、アームウォーマー、レッグウォーマー
・膝掛け
・温熱シート、温熱パッド
・カイロ
・湯たんぽ

つま先を上げ下げして血行改善

 根本的に冷え性を改善させるなら、筋肉量を上げるのが1番効果的。でも、運動を習慣にするって、なかなか難しいことですよね。そんな方は、時々血行を良くする軽いエクササイズを行いましょう。

 筋肉が集中している下半身の中でも、血行を循環させる機能を持つふくらはぎを動かすエクササイズがおすすめ。簡単にできる体操が「その場でつま先を上げ下げする」こと!かかとをつけずに行うと効果がアップします。

 電車の中やトイレでなど、外出中にも気軽にできるため、ぜひ今日から試してみてください。

体温以上のものを飲み食べする

 夏は冷たい飲み物、食べ物をつい摂ってしまいがち。暑い外気の中でならまだしも、クーラーの効いた部屋で冷たいものを飲み食べしてしまうと、夏冷えの特徴である「内臓の冷え」が起こりやすくなってしまいます。

 胃腸や膀胱だけではなく、女性は子宮や卵巣が冷えてしまい、月経不順などを引き起こす可能性もあるので、意識的に体温以上の温かいものを摂取するようにしましょう。

 生姜やハチミツ、シナモンなど、体を温める素材を使った食べ物を摂り入れるのも効果的です♪

冷えは女性の大敵!キレイを保つためにも夏冷え対策を♪

クーラーと上手につきあって快適に夏を乗り越えよう(写真:iStock)
クーラーと上手につきあって快適に夏を乗り越えよう (写真:iStock)

 冷えは単に辛いだけではなく、血行不良を引き起こし、新陳代謝のサイクルを滞らせてしまいます。症状がひどいと、肌のくすみやニキビなどの肌トラブルの原因になることも。

 クーラー対策はもちろんですが、自律神経・ホルモンバランスを良い状態に保つために、規則正しい生活習慣を行うことも大切ですね。

 ぜひ、キレイを保つためにも、冷えない体作りを始めてみませんか?

ライフスタイル 新着一覧


不安で行動ムリ…恐怖心克服の秘訣は“根拠のない自信”にあり
「根拠のない自信」って、みなさんは持っていますか? なんとなくうまくできる気がする、そういうふうに導かれている気がするー...
【3COINS】キッチングッズ買い足しで自炊が楽しくなった♡
 3COINSのキッチン用品を定期的にオンラインで購入。在宅ワークで自炊する際に、3COINSのキッチングッズは大活躍間...
“たまたま”2個でニッコニコ♡ 明日も平和でありますように!
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
大切な靴を長く履くために…靴底補強を体験 2022.5.19(木)
 お気に入りの靴を長く履くために、ケアなどはしていますか? 靴は、修理しながら履けば長く履き続けられると言いますよね。今...
100均グラスを使い倒せ!個性派草花「スカビオサ」の飾り方
 ワタクシ、お花屋さんという仕事柄、毎日お花に触っております。  それこそ「ぎゃー!」と叫びたくなるほどの花束も毎...
保育園2カ月退園ルールで崖っぷち!興味ゼロの保険外交員に
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
100円ショップ節約術の落とし穴 ババ引かず、何買えばいい?
 お得に購入できる100円ショップは、とても便利ですよね! 新商品がないか、定期的にチェックしている人もいるのではないで...
のんべえ必須!熱海・來宮神社の“酒難除守” 2022.5.17(火)
 東京から新幹線で1時間足らず。海に温泉、最近ではこんなおしゃれスポットも人気の観光地「熱海」。ここに、全国ののんべえが...
“たまたま”撮影に丸2日! 透明感抜群の美少年にゃんたま♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 5月16日~5月22日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
妻たちよ、結婚後のめんどくさい親戚付き合いは諦めも肝心!
 大好きな人と結婚できたら「それだけで幸せ!」と、思っていた人も多いでしょう。しかし、結婚後は思いもよらないことが起こり...
イタリアンの有名シェフが“国民的調味料”と恋に落ちた!? 2022.5.14(土)
 黄色いキャップのキミは物心ついたときから、我が家の食卓にあったよねぇ~と親しみが湧く人は多いのではないでしょうか。 ...
「卓越下着術で見惚れました」職場仲間におもしろ誤変換LINE
 仕事でのやりとりにも使われるLINEですが、気軽に送れるぶん、さまざまなおもしろ誤変換が生まれているようです。特に、職...
愛され女に共通の秘訣!「返報性の原理」を巧みに使っている
 みなさんの周りに「あの人愛されてるな~」って感じる人はいませんか? 私はそんな人が羨ましくてたまらないのですが、周りか...
自分大好き「性悪女」の生態 こんなトラブルメーカーに注意
 人付き合いに悩んでいる人の中には、“性悪女”の存在に苦しんでいるケースもあるでしょう。職場にひとりでも性悪女がいると、...
親の負担軽減「おむつサブスク」が神だった 2022.5.12(木)
 この4月から、下の子(1歳5カ月)を保育園に入れて職場復帰をすることになったのですが、上の子の時にはなかった「おむつの...