ストレス過食を一瞬で止める!女性ならではのドカ食い解消法

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-06-06 06:00
投稿日:2019-06-06 06:00
 ダイエットの反動や、イライラした時についついやってしまうドカ食い。「できることならやめたいけど、どうしても食欲に勝てない」とお悩みの方は多いでしょう。でも、大丈夫!ドカ食い欲求を一瞬で止める方法はあるんです。

そもそもなぜ「ドカ食い」したくなる?

ついついやってしまう“ドカ食い”の恐怖(写真:iStock)
ついついやってしまう“ドカ食い”の恐怖 (写真:iStock)

 日本の女性の1割が過食症とも言われている昨今。そもそもなぜドカ食いをしたくなるのか、納得のメカニズムを見てみましょう。

・ホルモンのせい

 ドカ食いをしたくなる時って、疲れを感じている時が多いですよね。実は、人はストレスに晒されると、食欲を促すホルモンの分泌が多くなることが近年の研究で分かったそうです。また、空腹を感じさせるホルモンは夜に一番分泌されるのだとか。

 つまり、過食を止められないのは意志が弱いからではなく、ホルモンが暴れた結果、強い食欲が起こってしまうということなのです。

・ストレス→過食の悪循環に陥る

 ダイエットあるあるですが、体重が落ちにくい停滞期にドカ食いをして「食べ過ぎちゃった」と、後悔する人は多いでしょう。でも、これも立派なストレスの原因!そうしてまた、ストレス→過食という悪循環が生まれてしまうので、自分を責めないことも大切です。

 また、ストレスと聞くと心へのダメージという印象がありますが、睡眠不足など気づかぬうちに受ける体へのダメージもストレスの一種。ドカ食いは、心や体が疲れているサインだと捉えて対策しましょう。

女性ならではのドカ食い予防法3選!

ネイルを塗ってあえて指を使えなくする(写真:iStock)
ネイルを塗ってあえて指を使えなくする (写真:iStock)

 さて、ここから女性ならではのドカ食い予防法をお伝えします。突然押し寄せる過食、ぜひ自分の意志で止めてみせましょう!

1. 洗顔→パックをする

 何か食べたい!と思った時、迷わず洗面所に向かって洗顔をしましょう。そして、すかさずパックをするのです。

 パック中は口が微妙にしか開かないので、実質食べられません。パックがヨレてでも食べたい!と思うことは少ないはず。お肌も潤うので、一石二鳥ですよ♪

2. ネイルをする

 過食欲求が高まったその時、ネイルをするのも有効です。ドカ食いをしたい時に限って、ポテトチップスやカップ麺などジャンクな食べ物に惹かれちゃうんですよね。だからこそ、指を使えない状況を敢えて作りましょう。

 さらに、ネイルをする時には集中するので、食べたい欲求がなくなるのもメリットです。

3. 意味もなく裸になる

 どうにもこうにも食欲が収まらなければ、最後の手!上から下まで意味もなく裸になりましょう。昔、友達から教えてもらった方法なのですが、一番効くかも!?とも思うのです。

「なぜ、裸?」と思うかもしれませんが、何も身に付けないと心もとなく「なにやってるんだろう?」と、自然と冷静な気分になれるんです。

 ちなみに私も何度か試したことありますが、あまりのバカらしさにふと我を見つめることができます。効果テキメンですが、1人の時にしか試しづらいという難点はありますね。

ドカ食いへと走らないストレス発散も大切

ストレスをためないように心がけるのも大事(写真:iStock)
ストレスをためないように心がけるのも大事 (写真:iStock)

 過食予防として家にスナックや甘いものを置かなければ良いという声もありますが、でも、近くのコンビニまで走らせる力を持っているのが「過食欲求」。

 欲求を抑えるというよりは強制終了させるような方法ばかりをお伝えしましたが、そもそもドカ食いをしても何も良いことはありません。思い切り気をそらすことに専念しましょう!

 また、プロポーションを維持するにも、痩せるにも、ストレス発散が大切です。ストレスとうまく付き合いつつ、食欲をコントロールする技を身につけてくださいね。

ビューティー 新着一覧


ぱっつん前髪で失敗しない! 似合う人&似合わない人の特徴
 おしゃれで垢抜けた可愛らしい印象になれる「ぱっつん前髪」は、いつの時代も不動の人気ですよね♡ でも、中にはぱっつん前髪...
モード系メイクでクール美人に♡ キレイに仕上げる8つのコツ
 男性ウケを狙う「フェミニン系メイク」も可愛いですが、女性なら誰もが一度はクールでかっこいい「モード系メイク」に憧れた経...
間食をやめると得られるメリット&無理せずやめる5つの方法
 あなたは間食をしていますか? 特に、スイーツが好きな女性は、毎日のように間食をしているかもしれませんね。しかし、間食に...
清楚系メイクで彼の心を動かそう♡メイクポイント&やり方
 メイクと一言で言っても、さまざまな方法があります。中には、いつも同じマンネリメイクに飽きてきている人もいるでしょう。そ...
残念とは言わせない!3分でおさらい「くるりんぱ」のコツ♪
 SNSでヘアアレンジを検索すると、たくさんの「くるりんぱ」が出てきますよね。髪の毛を縛り、縛ったヘアゴムの上あたりに輪...
透明マスカラでナチュラルな目元に♡ 選び方のコツ&使い方
 透明マスカラは、別名「クリアマスカラ」とも呼ばれている“色の付かないマスカラ”のことを言います。透明マスカラは、マスカ...
ドーリーメイクで大人可愛い仕上がりに♡ポイントを徹底解析
 お人形さんのような“ドーリーメイク”に憧れていても、「若い女性がするメイクだし……」「似合う人が限られるから……」と、...
彼との濃密時間が増える♡お泊まりに便利なスキンケア製品3選
 お泊まりデートでは、丁寧なスキンケアをする時間が確保できないという問題にぶつかりやすいですよね。彼との時間を優先したい...
ノーズシャドウの上手な入れ方♡ もう団子鼻に悩まない!
 顔のパーツに関する悩みの中でも、“鼻の形”にコンプレックスを持っている人は多いようです。でも、整形するのはハードルが高...
キレイなネイルを長持ちさせる方法&おすすめデザイン4選♡
 女性にとって、ファッションに欠かせないアイテムの「ネイル」。サロンに通うとお金もかかりますし、セルフネイルでも塗り直す...
下着の買い替え時っていつ? 寿命の見極め方&正しい捨て方
 毎日必ず着用する下着ですが、いつ捨てたら良いのかタイミングが難しいと感じたことはありませんか? 着ようと思えば着られる...
美容家がレク! “ちょこっと白髪”に優秀ホームケア&裏ワザ
 アラサー・アラフォー世代になると、チラホラと出てくる「白髪」に悩む女性も増えますよね。今のご時世では、以前のように気軽...
ボディに化粧って必要? クリームと併用する時の正しい使い方
 毎日お風呂上がりにせっせとボディクリームを塗って乾燥対策をしているのに、膝や肘が乾燥してしまうことってありませんか? ...
“美髪”と言われる5つの絶対条件♡簡単なセルフケア方法も
 潤いがあるキレイな美髪は、女性にとって永遠の憧れ。しかし、そんな髪に憧れを抱いていても、「くせ毛だから……」「髪の毛が...
まるでスパ気分♡ご褒美バスタイムを叶えるプチプラ入浴剤6選
 その日の気分で使い分けられるように、入浴剤はいつも数種類ストックしています♪ 気分で選ベるのは楽しいので、バスタイムが...
仕上がりが変わる♡ ファンデーションの正しい切り替え時期
 みなさんは、ファンデーションを季節ごとに変えていますか?「面倒だから、ずっと同じのを使っている!」という人も多いでしょ...