彼女とLINEで喧嘩が絶えず…問題だらけのコミュニケーション

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-06-15 06:00
投稿日:2019-06-15 06:00
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきのもとに届く「モテない」を自覚する男たちからの悲痛な叫び。彼らが「モテない」理由は、LINEのせいだった!?
 悩める非モテ男たちのダメすぎるLINEを、並木まきがスパルタ添削します。

Case2:彼女ができてもLINEでケンカばかりな男

(C)コクハク
(C)コクハク

「彼女ができて、嬉しくてLINEしていても、付き合って2ヶ月もすると、LINEでケンカばかりになります。

 誰と付き合っても、そんな感じで、もう泣きそうです。

 仕事が忙しくても、ちゃんと返事するようにしているし、僕からも話題を提供するように気をつけているし、僕のLINEの何がダメなのか、さっぱりわかりません……」<田中氏(仮名)38歳男性/SE)


キミのLINEはここがダメ!「返事がほしい質問を完全スルー」

そういうことを訊いてるんじゃない(写真:iStock)
そういうことを訊いてるんじゃない (写真:iStock)

 田中さん、厳しいことを言うようですが、このLINEだったら、彼女がキレても当然です。

 だって、彼女が答えてもらいたいと思って送っている質問を、完全スルーして、自分の言いたいことしか言っていないじゃないですか!

「返信している」っておっしゃるけど、これじゃあ、空気の読めない男だし、質問を送っている彼女はイライラしますって。

 え? でも、画面に“既読”が付いているんだから、内容を把握しているし、いいじゃないかって?

 いやいや、彼女は返事を確定させたい内容だからこそ、わざわざ質問をLINEで送っているんですよ。しかも、もし「把握しててくれればいい」って類の話だったら、疑問文にはなっていないわけですよね?

 そういうふうに、彼女からのLINEの内容に勝手にプライオリティーをつけて返事をするから、女性にイラつかれるのです。

「コミュニケーションできない男」のレッテルも

「NO!」を突きつけられる前に(写真:iStock)
「NO!」を突きつけられる前に (写真:iStock)

 こういうLINEばかりしている男の末路は、たいがい「女性に捨てられる」です。

 厳しいことを申し上げるようですが、LINEで満足いくコミュニケーションがとれないとなると、カップルでの意思疎通ができていないってことになるわけですよ。

 イライラが募った彼女は、関係がこなれてくるにつれ、返事がないことへの不満を口にするでしょうし、そうなればふたりの雰囲気も悪くなり、やがて不協和音が大きくなるでしょう。

 ラブラブを持続させたいのであれば、彼女からの質問はスルーするべからず。

 きちんとすべての質問を拾って、丁寧に返信する意識こそが、安全なコミュニケーションへの近道です。

LINEのお悩み募集しています!

「自分のLINEは、なんでモテないんだろう?」と悩む男性のみなさん!

「こんなLINEが届いて、ドン引きでした!」な女性のみなさん!

 そんなLINEを、添削してもらいませんか?

 teamコクハク内の「質問・相談・その他のご依頼」から、執筆者「並木まき」を選択してご連絡くださいませ。または並木まき事務所までメールでお悩みをお寄せください! 個人情報やプライバシーはお守りします。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
「今の恋人はすべてが完璧!」そんな風に思える方は、ほんの一握り。きっと多くは、「かまってくれないけど、仕事面では尊敬して...
孔井嘉乃 2020-07-07 06:00 ラブ
FILM
 コロナ禍の中で迎えた今年の夏は、いわば前代未聞の夏です。恋愛だっていつも通りというわけにはいきません。昨年と同じことを...
ミクニシオリ 2020-07-07 06:00 ラブ
FILM
 20代の頃は多少ワガママを言っても許されたのに、30歳を超えてから急に風当たりが強くなりますよね。それでも私たちは妥協...
若林杏樹 2020-07-06 06:00 ラブ
FILM
 片思い中の女性は、「できることなら彼から告白されたい」と思っているでしょう。「彼も私に気がある」と、察しているのであれ...
恋バナ調査隊 2020-07-05 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-07-06 00:47 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-07-06 00:47 ラブ
FILM
 仕事などでしばらく会えていなかった彼に、久しぶりに会えるデートの日♡ それなのに、生理が来てしまった……なんて時もあり...
ミクニシオリ 2020-07-04 06:00 ラブ
FILM
 友人や近しい人の離婚。自分が離婚を経験していないと、何て言葉をかければいいかわからないですよね。何を言っても傷つけてし...
七味さや 2020-07-03 06:00 ラブ
FILM
「異性と遊ぶ」というと、男性をイメージする方が多いと思いますが、男遊びをする女性はたくさん存在します。今回は、そんな女性...
リタ・トーコ 2020-07-03 06:00 ラブ
FILM
 前回に続き、浮気男に対処する妻(彼女)たちのエピソードです。  昔から「男の胃袋をつかめ」という言葉がありますが、多...
うかみ綾乃 2020-07-02 06:00 ラブ
FILM
 彼氏との旅行は本当に楽しみでドキドキしますよね。その反面、長い時間一緒にいることでボロが出てしまわないか不安な部分もあ...
恋バナ調査隊 2020-07-02 06:00 ラブ
FILM
 恋人と別れる理由は人それぞれですが、ある程度時間が経って冷静になると「やっぱり好き」「ヨリを戻したい」という気持ちにな...
恋バナ調査隊 2020-07-01 06:00 ラブ
FILM
 今や出会いは、マッチングアプリで見つけられる時代。  マッチングアプリを利用した人の約7割が「出会えた!」、そし...
田中絵音 2020-06-30 06:25 ラブ
FILM
 気になる男性とのドキドキのLINE交換! その後、一生懸命にアプローチをしている女性は多いでしょう。しかし、そんな女性...
恋バナ調査隊 2020-06-30 06:07 ラブ
FILM
 恋愛教本やモテ術など、世間にはたくさんの恋愛テクニックで溢れています。よく私も参考にするのですが、男性側のモテ本には何...
若林杏樹 2020-06-29 10:21 ラブ
FILM
 外出自粛が緩和されてから日も経過し、少しずつ日常を取り戻しつつありますね。では、完全に「コロナ前」のような過ごし方に戻...
ミクニシオリ 2020-06-29 06:00 ラブ