彼女とLINEで喧嘩が絶えず…問題だらけのコミュニケーション

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-06-15 06:00
投稿日:2019-06-15 06:00
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきのもとに届く「モテない」を自覚する男たちからの悲痛な叫び。彼らが「モテない」理由は、LINEのせいだった!?
 悩める非モテ男たちのダメすぎるLINEを、並木まきがスパルタ添削します。

Case2:彼女ができてもLINEでケンカばかりな男

(C)コクハク
(C)コクハク

「彼女ができて、嬉しくてLINEしていても、付き合って2ヶ月もすると、LINEでケンカばかりになります。

 誰と付き合っても、そんな感じで、もう泣きそうです。

 仕事が忙しくても、ちゃんと返事するようにしているし、僕からも話題を提供するように気をつけているし、僕のLINEの何がダメなのか、さっぱりわかりません……」<田中氏(仮名)38歳男性/SE)

キミのLINEはここがダメ!「返事がほしい質問を完全スルー」

そういうことを訊いてるんじゃない(写真:iStock)
そういうことを訊いてるんじゃない (写真:iStock)

 田中さん、厳しいことを言うようですが、このLINEだったら、彼女がキレても当然です。

 だって、彼女が答えてもらいたいと思って送っている質問を、完全スルーして、自分の言いたいことしか言っていないじゃないですか!

「返信している」っておっしゃるけど、これじゃあ、空気の読めない男だし、質問を送っている彼女はイライラしますって。

 え? でも、画面に“既読”が付いているんだから、内容を把握しているし、いいじゃないかって?

 いやいや、彼女は返事を確定させたい内容だからこそ、わざわざ質問をLINEで送っているんですよ。しかも、もし「把握しててくれればいい」って類の話だったら、疑問文にはなっていないわけですよね?

 そういうふうに、彼女からのLINEの内容に勝手にプライオリティーをつけて返事をするから、女性にイラつかれるのです。

「コミュニケーションできない男」のレッテルも

「NO!」を突きつけられる前に(写真:iStock)
「NO!」を突きつけられる前に (写真:iStock)

 こういうLINEばかりしている男の末路は、たいがい「女性に捨てられる」です。

 厳しいことを申し上げるようですが、LINEで満足いくコミュニケーションがとれないとなると、カップルでの意思疎通ができていないってことになるわけですよ。

 イライラが募った彼女は、関係がこなれてくるにつれ、返事がないことへの不満を口にするでしょうし、そうなればふたりの雰囲気も悪くなり、やがて不協和音が大きくなるでしょう。

 ラブラブを持続させたいのであれば、彼女からの質問はスルーするべからず。

 きちんとすべての質問を拾って、丁寧に返信する意識こそが、安全なコミュニケーションへの近道です。

LINEのお悩み募集しています!

「自分のLINEは、なんでモテないんだろう?」と悩む男性のみなさん!

「こんなLINEが届いて、ドン引きでした!」な女性のみなさん!

 そんなLINEを、添削してもらいませんか?

 teamコクハク内の「質問・相談・その他のご依頼」から、執筆者「並木まき」を選択してご連絡くださいませ。または並木まき事務所までメールでお悩みをお寄せください! 個人情報やプライバシーはお守りします。

並木まき
記事一覧
ライター・エディター
元市議会議員・時短美容家(一般社団法人 時短美容協会・代表理事)の肩書きを有する。20代から見聞きしてきた魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様への分析を活かし、美容や恋愛に関するコラムを中心に、さまざまな媒体に寄稿。
Instagram公式HP

日刊ゲンダイ掲載「あの人は今」
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/277865

ラブ 新着一覧


そこ見る!? ヒモ男とヒモを飼いたい女性のリアリティーショーがすごい
 近頃、恋愛リアリティーショーも細分化されてきています。  バツイチだけの恋愛リアリティーや男性同士の恋愛リアリティー...
内藤みか 2024-06-13 06:00 ラブ
韓国人彼氏はプリンにも嫉妬なんてかわゆ♡ 日韓カップルのLINEを覗き見
 韓流ドラマなどを見ていると、主人公によくいる紳士的で優しい韓国人彼氏に憧れますよね!  実際に、韓国人彼氏がいる...
恋バナ調査隊 2024-06-12 06:00 ラブ
「恋愛も結婚も女性もわからなくて」色恋経験ゼロ男が淡泊に描く既定路線
「冷酷と激情のあいだvol.198〜女性編〜」では、結婚前提で交際する5歳年上の生真面目な恋人・サトルさん(46歳・仮名...
並木まき 2024-06-08 06:00 ラブ
「真面目で大事にされてもときめかない」味気ない男との再婚迷う41歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-08 06:00 ラブ
年齢を言いたがらないアラフォー女性 “私は若く見える”が招く婚活トラブル
 結婚相談所では生年月日はプロフィール上に掲載されていますが、相談所外での恋愛相談を聞いていると、「年齢」を巡って揉める...
植草美幸 2024-06-07 06:00 ラブ
ド緊張して顔が土色!? 夫の人見知り発動時に隣の妻がやるべき3つのこと
「夫が人見知りで困っている」という悩みを抱える妻は少なくありません。ご近所付き合いや親戚の集まり、子育て関係のイベントや...
恋バナ調査隊 2024-06-07 06:00 ラブ
“女風”で気持ち良くなりたいのに…アラフォー女性初回利用でなぜ大失敗?
 女性用風俗、略して「女風」の勢いが止まりません。東京都だけで約100店舗ほどがあるとされ、どのお店の誰を選べばいいのか...
内藤みか 2024-06-06 06:00 ラブ
唇かむ“サレ女”。高度化する浮気バレ対策、奴らはLINEに証拠残さない!
 今、SNSのショート動画には“スマホから浮気を発見する方法”に関する動画が溢れ返っています。LINEはトーク画面上から...
ミクニシオリ 2024-06-06 06:00 ラブ
「野球大好き男」彼氏がうざい件 たまには違う話をしてー!対処法は?
 野球大好き男を彼氏にもつと、一緒に野球観戦デートをしたり、勝利を祝ったり、楽しいこともありますよね。でも、時にはあまり...
恋バナ調査隊 2024-06-06 06:00 ラブ
「関西の女はモテない」のざっくり感。関東男性の本音と好相性のいい人
 恋愛において、相手の出身地は意外と大きな影響があるものです。文化や習慣、価値観などに関わるので、相性にも差が出てきそう...
恋バナ調査隊 2024-06-04 06:00 ラブ
【調香師監修】梅雨はフェロモン危機!パワフルシトラスで恋愛運UPを
 雨の日が続く梅雨時は、出かけるのも仕事に行くのも憂鬱な気分…ヘアスタイルも決まらないし、肌も心も曇りがちなフェロモンピ...
太田奈月 2024-06-04 06:00 ラブ
セルフプレジャーは私を解放してくれた。性欲は恥ずかしいものではない
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳までセックスをしたことはなくても「セルフプ...
mirae.(みれ) 2024-06-03 06:00 ラブ
お金に寛容な年上彼女、急募! 遊びの延長の同棲を後悔するバツ1男
「冷酷と激情のあいだvol.197〜女性編〜」では、同棲を始めた途端にセコい金銭感覚をあらわにした8歳年下の恋人・ユウタ...
並木まき 2024-06-01 06:00 ラブ
私のアカウントで買い物し、支払いはスルー。セコさ増す彼に悩む49歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-01 06:00 ラブ
「年収500万の星野源似=普通の男」問題も再燃…でも最近は「普通の男=吉沢亮」の深層
 歌手の星野源(43)に対する“臆測”投稿が世間の注目を集めた件。インフルエンサーに拡散されたアナウンサーとの不倫疑惑は...
思い込み? 年下独身男性が既婚女性を「好き避け」するサインが知りたい
「職場の年下の独身男性が、なんだか素っ気ない…」と悩んでいる女性、必見! それはもしかして好き避けかもしれません。  ...
恋バナ調査隊 2024-05-31 06:00 ラブ