LINEで分かる年上男性の「脈あり」サイン&上手な返信方法

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-06-14 12:41
投稿日:2019-06-14 06:00
 気になる年上男性からのLINE!嬉しさのあまり舞い上がる気持ちは分かりますが、実は、LINEの文面には脈ありサインが隠れていることもあるので要チェック事項なんです。そこで、年上男性の脈ありサイン&上手な返信方法についてお伝えしていきます。

年上男性から来るLINEの脈ありサインをチェック!

年上男性の脈ありサインって?(写真:iStock)
年上男性の脈ありサインって? (写真:iStock)

 いつも余裕そうで大人な年上男性は、紳士的かつ、時々大胆。ついつい気になってしまうような意味深なLINEを、さらりと送ってきたりもします。

 まずは、勘違いすることなく冷静に、脈ありサインの有無を確かめていきましょう。

必ずなんらかの返信がある

 一般的には、既読になってから返信までの時間が長いと「脈なし」なんて言われていますよね。でも、どんなに遅くなったとしても、必ずなんらかの返信をしてくれるのが年上男性の脈ありサインの1つ。

「余裕がある時に返信をしたい」と考える男性も多いため、「既読スルーされている……」なんて、無駄にがっかりしなくて良いと思います。

 ただし、既読から時間が経っているのに、スタンプのみ or 短い返信だけという場合には、単に律儀な「大人対応」であることも。冷静に見極めましょう。

少し長めの文章が送られてくる

 少し長めの文章が送られてくる、これも脈ありサインでしょう。その中であなたに返信を促すような疑問形の文章が入っていたなら、このままやり取りを続けたいと思っているとも取れますね。

 興味がないものにわざわざ時間を割かない、これも、年上男性の特徴だと思います。

時々ふざける

 年上男性がLINEだからこそできること、それが「ふざける」ことでしょう。普段はあまり冗談を言わないタイプなのに砕けた文章を送ってくれたり、ユニークなスタンプを返してくれたり。

 年の差を感じさせないように若者ぶってがんばっている可能性もありますが、やり取りを楽しんでいることには間違いありません。

 ただ、LINEでの会話を終わらせる「終了サイン」として、スタンプを送っている場合もあります。そこは雰囲気を察して適切なスタンプをペタッと。サクッと終了がベスト対応だと思います。

社交辞令からのお誘いLINE

 ガツガツしている様子を見せたくない年上男性は、「この間、飲みに行こうと言ったから……」など、社交辞令という既成事実を上手に利用したお誘いLINEをしてくることがあります。これは明らかな脈ありサイン。

 LINEで細かな駆け引きをしなくても、1度会えば勝手に始まってしまうのが恋愛というもの。気になるのであれば、しっかりお誘いに乗ってしまいましょう。そこからはLINEのやり取りではなく男女のやり取りが始まるので、また別の話。(ぜひ、コクハクの恋愛記事をどうぞ。)

年上男性に好感を持ってもらえるLINEの返信方法

年上男性とのLINEは気張りすぎずに(写真:iStock)
年上男性とのLINEは気張りすぎずに (写真:iStock)

 年上男性からの脈ありサインを受け取った時こそ、あなたの手腕が試される時!といっても、LINEによって「好き」が左右されることはそうそうないので、あくまでも好感度を保つことを目標にして、あまり気張らずいきましょう。

礼儀は忘れずに

 普段から「敬語で接されるのが苦手」なんて言う年上男性もいるため一概には言えませんが、やはりきちんと礼儀を見せる姿勢は崩さない方が良いでしょう。

 砕けすぎた文章で返したり、茶化し過ぎたり、間違った日本語を使っていたりすると「常識がないのかな?」と思われてしまう可能性もあります。

 とはいえ、冗談LINEに対して固すぎる文章で送るのも、あまりおすすめできません。その塩梅は2人だけにしか分からないため、普段のやり取りでどんな人なのかを感じていくことが重要です。

駆け引きは禁物

「既読スルー」や「未読スルー」などの言葉がありますが、駆け引きの一環としてLINEを利用するのは、もはや当たり前。

 でも、年上男性は基本的にLINEへの熱量が低め。既読だの、未読だの、そんなことを気にも留めていない可能性だってあります。

 だから、無駄な駆け引きはやめましょう。来たLINEに対してすぐにワクワクと返信しても、問題はないと思います。それを「可愛い」ではなく、「重い」なんて捉えるような心の狭い年上男性なんて、好きになっても苦労するだけなんですから。

返信する時は必ず読み返してから!LINE恋愛を楽しんで♪

返信の前に必ず読み返そう(写真:iStock)
返信の前に必ず読み返そう (写真:iStock)

 今や、恋愛をする上で欠かせないツールとも言える「LINE」。

 つい、口から出てしまう言葉とは違い、文章は考えて送るだけあって、文面や返信までの間、スタンプや絵文字の使い方で、その人の特性が見えてくるから不思議ですよね。

 でも、だからこそ、返信をする前には必ず読み返してから送りましょう。好きが募りすぎている時、不安な時などには、言葉の端々にその雰囲気が入り込んでしまいますから。

 なんにせよ、好きな人とのせっかくのやり取りです。想いが相手にまっすぐ届くように試行錯誤してみるのも、LINEを利用した現代の恋愛の醍醐味なのかな、なんて思ったり。

孔井嘉乃
記事一覧
作詞作曲家・ライター
3歳からピアノを始め、現在は作詞作曲家&シンガーソングライターとして活動中。2014年からウェブライターとしての活動を開始。得意ジャンルは美容、恋愛、ライフスタイル。コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、ベビーマッサージ資格、乳児心理+児童心理資格取得。
2016年、ママユニット「mamakanon」を結成。活動5年目にして、YouTube再生回数1,200万回達成。2020年、フレンチシンガーバイオリニストソングライターとのDuo「ellipsis」を結成。両者の絶対音感を活かしてカバー演奏などを行う。
1児のママ。特技は早起き。ウィスキーが好き。

◇孔井嘉乃公式サイトmamakanon公式 YouTubeチャンネルellipsis公式 YouTubeチャンネル

関連キーワード

ラブ 新着一覧


【調香師監修】4タイプ別 熱い夏に負けないスパイシーな香り&オイル解説
 夏になるとスパイスの効いた料理が食べたくなりませんか? スパイスには体の代謝を高めて血行をよくする働きがあり、中東など...
太田奈月 2024-06-18 06:00 ラブ
「なぜ不倫したかって? お宅の夫に騙されたからよ」不倫女の言い分7選
 婚期を逃したり、相手の奥さんにバレて慰謝料を請求されたりと、不倫はハイリスクですよね。なのになぜ、不倫する女性が後を絶...
恋バナ調査隊 2024-06-17 06:00 ラブ
50歳独女の初体験未遂は突然始まった。オタのオフ会で男を物色したら…
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。あなたは大好きな人に「うちに泊まっていく?」って誘われた...
mirae.(みれ) 2024-06-17 06:00 ラブ
「俺って特別な存在?」まで聞いといて言わんのかーい! 告らせたい男と女の攻防戦はLINEでも
 好きな男性には、自分から告白するより告白されたいですよね。いい雰囲気になってきたら「今言って!」と、告白を引き出したく...
恋バナ調査隊 2024-06-16 06:00 ラブ
成長させてあげる…? 男への違和感はスルー厳禁!勘が命中したLINE
「女の直感は当たる」といわれている通り、女性の「ん…?」という違和感は意外と当たるもの。信頼している彼氏やちょっといいな...
恋バナ調査隊 2024-06-15 06:00 ラブ
「倦怠期は不可避だ」運命の女と交際2年半、絶望に占領されるハイスぺ男
「冷酷と激情のあいだvol.199〜女性編〜」では、あえて結婚も同棲もしないスタイルで生涯を添い遂げると決めた恋人・カズ...
並木まき 2024-06-15 06:00 ラブ
年収計2000万のパワーカップルに暗雲?レス問題回避に失敗した46歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-15 06:00 ラブ
無意識な結婚ハラスメントにご用心!恋バナの延長線じゃすまないNG3つ
 結婚ハラスメント、いわゆる「マリハラ」をご存知でしょうか? 最近は何かとハラスメントに厳しいご時世、結婚についての話題...
恋バナ調査隊 2024-06-15 06:00 ラブ
熊谷真実、磯野貴理子は何が…2度3度結婚する中高年女性に特殊技能?
 女優の熊谷真実(64)が今月4日、自身のインスタグラムを更新し、ウエディングドレスの写真とともに結婚パーティーをしたこ...
そこ見る!? ヒモ男とヒモを飼いたい女性のリアリティーショーがすごい
 近頃、恋愛リアリティーショーも細分化されてきています。  バツイチだけの恋愛リアリティーや男性同士の恋愛リアリティー...
内藤みか 2024-06-13 06:00 ラブ
韓国人彼氏はプリンにも嫉妬なんてかわゆ♡ 日韓カップルのLINEを覗き見
 韓流ドラマなどを見ていると、主人公によくいる紳士的で優しい韓国人彼氏に憧れますよね!  実際に、韓国人彼氏がいる...
恋バナ調査隊 2024-06-12 06:00 ラブ
「恋愛も結婚も女性もわからなくて」色恋経験ゼロ男が淡泊に描く既定路線
「冷酷と激情のあいだvol.198〜女性編〜」では、結婚前提で交際する5歳年上の生真面目な恋人・サトルさん(46歳・仮名...
並木まき 2024-06-08 06:00 ラブ
「真面目で大事にされてもときめかない」味気ない男との再婚迷う41歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-08 06:00 ラブ
年齢を言いたがらないアラフォー女性 “私は若く見える”が招く婚活トラブル
 結婚相談所では生年月日はプロフィール上に掲載されていますが、相談所外での恋愛相談を聞いていると、「年齢」を巡って揉める...
植草美幸 2024-06-07 06:00 ラブ
ド緊張して顔が土色!? 夫の人見知り発動時に隣の妻がやるべき3つのこと
「夫が人見知りで困っている」という悩みを抱える妻は少なくありません。ご近所付き合いや親戚の集まり、子育て関係のイベントや...
恋バナ調査隊 2024-06-07 06:00 ラブ
“女風”で気持ち良くなりたいのに…アラフォー女性初回利用でなぜ大失敗?
 女性用風俗、略して「女風」の勢いが止まりません。東京都だけで約100店舗ほどがあるとされ、どのお店の誰を選べばいいのか...
内藤みか 2024-06-06 06:00 ラブ