彼の家で“私の存在”を知らしめる神グッズは「洗剤」だった

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-06-14 06:00
投稿日:2019-06-14 06:00
意外なモノでマウンティングができちゃう?(写真:iStock)
意外なモノでマウンティングができちゃう? (写真:iStock)

 大好きな彼の自宅に、私物を置いて、他の女性へ“けん制”をしたいですか? モテる彼と付き合っている女性ほど、そんな心理にかられがちかもしれません。

 でも、化粧品や洋服など、あからさまに私物を置くと彼に嫌な顔をされちゃう場合もあるので難しいですし、そもそも彼に隠されちゃえば、マウンティング効果はゼロ。

 そんなときの“マウンティンググッズ”として最強なのが「洗剤」や「柔軟剤」です……!

 実用性十分なので置き土産にする口実も完璧。でも、その見た目で、きっちりマウンティングも叶うというわけ。彼の家にこっそり置いておけば、他の女性へのマウンティングになるお守り的で実用的な洗剤を3選ご紹介します。

1:ランドリンWASH クラシックフローラル

外国製のようなデザイン(写真:並木まき)
外国製のようなデザイン (写真:並木まき)

 人気の「ランドリン」シリーズは、インポートのようなスタイリッシュなボトルがおしゃれな洗剤。その中でも「ランドリンWASH クラシックフローラル」は、ボトルがコンパクトかつホワイトなので、男性の部屋でもマッチしやすいフォルムです。

 よほど意識高い系でないかぎり、男性のひとり暮らしでは、なかなか手に取らないであろう“オシャ見た目”なので、洗濯機の近くに置いておけば、“女の存在”をにおわせる効果も絶大でしょう。

 すすぎが1回で済み、48時間の抗菌効果(すべての菌に効果があるわけではない)で部屋干しでもスッキリとした洗い上がりなので、実力も◎。

2:ラボン 柔軟剤入り洗濯洗剤 スウィートフローラル

ピンクのボトルが可愛らしい(写真:並木まき)
ピンクのボトルが可愛らしい (写真:並木まき)

 同じく女性から人気の「ラボン」シリーズからは、マウンティングに最強なのが「スウィートフローラル」。ピンクのボトルが、いかにも「女性が買いました!」な背景を勝手に物語ってくれ、絶大な威力を発揮する期待値も高まります。

「なんでピンクの洗剤を買ってきたんだよ〜」と渋い顔をする彼には、「えー、でもラストノートはムスク系だから、男性的な香りなんだよー」とドヤ顔で返せるのもメリット。

 白さを求める洗い上がりや抗菌面にも配慮した製品なので、実用性でも申し分ありません。

3:アロハリンク ファブリックケア アロマランドリーソフナー

美容成分配合もうれしいポイント(写真:並木まき)
美容成分配合もうれしいポイント (写真:並木まき)

 かなりガッツリとマウンティングをしたいなら、いかにも「女性目線で選びました!」としか言いようのない、こだわり系の柔軟剤がベター。

 ハワイ育ちのオーガニック成分を使用した「アロハリンク ファブリックケア アロマランドリーソフナー」は、美容成分配合がウリで、いかにも「意識高い系の女性が選んでいます!」をアピールできる最強の柔軟剤です。

 スイートな見た目のボトルもかわいく、ひとり暮らしの男性では「まず買わないだろう」と思わせてくれる佇まいが、間違いなく“いい仕事”をしてくれるはず。

番外編:ヌーブラソープ

男性の家にこれがあったらアウト(写真:並木まき)
男性の家にこれがあったらアウト (写真:並木まき)

 せっかく洗剤や柔軟剤でマウンティングしているのに「他の女を連れ込んでいる気がする」「別の女の私物を発見してしまった」など、ビクともしないようであれば、最終手段として「ヌーブラソープ」も選択肢です。

 女性用の下着を洗うための洗剤であるのは、同性であれば一目瞭然。「私は、この家で下着を洗うくらいの仲の女です」を知らしめたい人には、うってつけのアイテムと言えるでしょう。

「あなたのために家事をしちゃう♡」が口実になるマウンティンググッズで、必要に応じて、スマートに他の女を威嚇してみてください。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


FILM
 緊急事態宣言が解除されて早くも1カ月。まだまだ街に賑わいが戻ったとは言いがたく、慎重な生活が求められている今日この頃で...
FILM
 にゃんたまωにひたすらロックオン!  きょうも出逢ったイケてる猫に声をかけて、にゃんたまストリートスナップ撮影。...
FILM
 遥か昔、ワタクシが幼少の頃。学校の帰り道にあった大きな造園会社の塀に絡まって咲いていた、何とも摩訶不思議なお花がござい...
FILM
 バセドウ病によって甲状腺の全摘手術に至ってから、まもなく1年になろうとしています。  術後の経過は順調で、今は体力や...
FILM
 ニャンタマニアのみなさま、お待たせしました。  きょうは久しぶりに、「接写したくなるにゃんたまω」です。 ...
FILM
 ご飯作りは、毎日の生活の中で切り離せない大事な家事のひとつ。しかし、仕事で疲れていたり、献立を考えるのが面倒だったり、...
FILM
 コロナ期、私たちはSNSを利用して、リアルで減ってしまったコミュニケーションを埋めました。人と会えない期間によって、よ...
FILM
 土鍋を置いておくと、猫がまあるくなって中に入る「ネコ鍋」現象がありますが、透明ボウルを置いてみたら、やはり!入りました...
FILM
 ある日の昼下がり。  猫店長「さぶ」率いる我がお花屋さんに、この日も悩める子羊がお花を買いにやってまいりました。...
FILM
 寛解に向かっていたバセドウ病が再燃してからは、ひとことで言うと「地獄」。何をしても良くならない症状が、日を追うごとにひ...
FILM
 世界で一番多くのにゃんたまωを撮影する、猫フェチカメラマン・芳澤です。  「いいえ、我こそがにゃんたま撮影数世界...
FILM
 みなさんこんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。婚活や恋愛のコンサルをしている私自身が結婚後に女性が...
FILM
 きょうは、小さな港地区のにゃんたま兄貴。  強くて賢くてカッコイイからみんなに一目置かれていて、次期のボス猫候補...
FILM
「アナタ、なんで全身真っ黒なのよ! 喪服なのか! すぐやめなさい!」  先日とある著名な祈祷師の方に会うなり、いき...
FILM
 この連載もいよいよ終盤です。私は発覚から術後まで、およそ2年間にわたりバセドウ病と闘いました。甲状腺を全摘する手術を終...
FILM
 ニャンタマニアのみなさんこんにちは。  きょうは、三角おにぎりみたいな形の島を背景に、にゃんたまω記念撮影にトラ...