南キャン山ちゃん的 “才能あるけど生理的に無理”な男克服法

しめサバ子 マルチポテンシャライトライター
更新日:2019-06-15 06:00
投稿日:2019-06-15 06:00
結婚会見での山里亮太と蒼井優(C)コクハク
結婚会見での山里亮太と蒼井優 (C)コクハク

 南海キャンディーズの「山ちゃん」こと山里亮太さんと女優・蒼井優さんの結婚には、驚いた方も多かったのではないでしょうか。

 山ちゃんは長年、不細工&モテないキャラを演じ続けていたため、その意外性たるや相当なものでしたが、実際の彼は才能にあふれた有望株です。

 芸能界に限らずとも、顔ではなく能力や人間性重視で男性を好きになる傾向が30代以降の女性でとくに強まってきているのを見ると、蒼井優さんの選択は全然不思議でもないでしょう。

 ただ、いくら「男は顔より中身!」と主張しても、まだまだ「イケメン」好きをやめられないという女性、多いですよね。

「私、男を見る目がないんだよね」「どこかにイイ人いないかな」なんて言いながらも、いつも同じようなイケメンのダメ男を選んでしまうという負のスパイラルを満喫していらっしゃるのです。

 そこで、今回はこの「イケメンのダメ男」という呪縛から逃れ、「生理的に無理だけど有望株」へと恋愛対象をシフトするためにできる方法について考察してみました。

自分を見つめ直して自分を好きになってみる

深層心理が影響している場合も(写真:iStock)
深層心理が影響している場合も (写真:iStock)

 まずは、自分を見つめ直してみることから始めてみましょう。そうすると、実は「生理的に無理」と思っている部分が、自分のコンプレックスや自分の好きじゃない部分の裏返しだったりすることが多いようです。

 これはユング心理学で「シャドウ」といい、自分の認めたくない一面を持った人を無意識化で嫌ってしまうというもの。

 例えば、ずっと容姿に自信がなかった女性が、化粧を覚えて綺麗になってモテるようになったとします。

 彼女のような場合、「結局、世の中は見た目か」といった感情が心の奥底に根付いてしまっているケースが多く、その反動で容姿の良くない男性を「生理的に無理!」と拒絶してしまうパターンもあるようです。

 こういう場合、一度自分の心のブレーキを見直してみると、解消される場合もあります。

試しに一度付き合ってみて関係してみる

食わず嫌いはもったいない(写真:iStock)
食わず嫌いはもったいない (写真:iStock)

「単なる食わず嫌い」の可能性も考えられます。

 これまで、顔のいい男性ばかりと関係を持ってきたため、“自分はイケメンじゃないと無理!”と思い込んでしまっているケースです。

 ですが、実際に付き合ってみると「楽しい!」という感覚を持てたり、関係してみて「気持ちいい!」という感じになれると、「もしかして思い込みだったのかも」と自覚することも。0→1になった時に、世界が広がるかもしれません。

 この時に要注意なのは、モノは試しといってもクセの強い容姿の男性を選ぶのは避けましょう。まずは、ほどほどのマイルド不細工くらいでお試しを。世の中には、ちょうどよい不細工な男性って意外と多いので、男性選びには困らないはず!

「一緒にいて楽しいけど、少しだけ顔が好みじゃない」くらいの方がいれば、まずは彼こそがあなたの突破口になるかもしれません。

イケメン沼に嫌気が差すまでどっぷり浸かってみる

考え方を変えれば世界が広がる!(写真:iStock)
考え方を変えれば世界が広がる! (写真:iStock)

 最後は荒療治になりますが、人間性が最低なイケメンと付き合い、もう懲り懲りと思うまでどっぷり浸かってみるのも良いかもしれません。

 ダメ男を骨の髄まで味わえば、体が条件反射的に「もうイケメンは無理……」となるはずです。

 自分もダメージを負ってしまうかもしれませんが、そこは自己責任でよろしくお願いいたします。

まとめ

 いかがでしたでしょうか? 生理的に無理、な男子の克服の仕方。男性の選択の幅が広がれば、それだけ人生の選択の幅も広がりますので、婚活や恋活をお考えの方は今がチャンスですよ!

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 前回に続き、浮気男に対処する妻(彼女)たちのエピソードです。  昔から「男の胃袋をつかめ」という言葉がありますが、多...
うかみ綾乃 2020-07-02 06:00 ラブ
FILM
 彼氏との旅行は本当に楽しみでドキドキしますよね。その反面、長い時間一緒にいることでボロが出てしまわないか不安な部分もあ...
恋バナ調査隊 2020-07-02 06:00 ラブ
FILM
 恋人と別れる理由は人それぞれですが、ある程度時間が経って冷静になると「やっぱり好き」「ヨリを戻したい」という気持ちにな...
恋バナ調査隊 2020-07-01 06:00 ラブ
FILM
 今や出会いは、マッチングアプリで見つけられる時代。  マッチングアプリを利用した人の約7割が「出会えた!」、そし...
田中絵音 2020-06-30 06:25 ラブ
FILM
 気になる男性とのドキドキのLINE交換! その後、一生懸命にアプローチをしている女性は多いでしょう。しかし、そんな女性...
恋バナ調査隊 2020-06-30 06:07 ラブ
FILM
 恋愛教本やモテ術など、世間にはたくさんの恋愛テクニックで溢れています。よく私も参考にするのですが、男性側のモテ本には何...
若林杏樹 2020-06-29 10:21 ラブ
FILM
 外出自粛が緩和されてから日も経過し、少しずつ日常を取り戻しつつありますね。では、完全に「コロナ前」のような過ごし方に戻...
ミクニシオリ 2020-06-29 06:00 ラブ
FILM
 はじめまして! 愛知県在住、社会人の27歳です!  付き合って1年になる遠距離恋愛中の彼とのことで相談です。彼は...
神崎メリ 2020-06-28 06:00 ラブ
FILM
 人との出会いというのは、とても不思議なもの。自然な出会いもあれば、必然的な出会いもあるでしょう。マッチングアプリの出会...
恋バナ調査隊 2020-06-28 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-06-27 06:57 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-06-27 06:50 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。元ZOZOTOWNの前澤友作氏が立ち上げた、養育費問題に向き合う「株式会社 ...
山崎世美子 2020-06-27 07:02 ラブ
FILM
 あなたには、結婚願望がありますか? 結婚は必ずしなければいけないものではありませんし、タイミングが決まっているわけでも...
恋バナ調査隊 2020-06-27 06:00 ラブ
FILM
 男性たちはよく、女性から「鈍感で察しが悪い」と思われています。「もっと空気を読んでほしい」「言わなくても分かってほしい...
ミクニシオリ 2020-06-27 07:13 ラブ
FILM
 離婚とは、争いです。離婚するか否かからどんな条件で離婚するかまで、夫婦間での激しい交渉、もとい争いが繰り広げられます。...
七味さや 2020-06-26 06:00 ラブ
FILM
 好きな人や恋人ができるのは、本来とても幸せなことです。しかし、好きだからこそ嫉妬心が芽生え、苦しんでしまう人も少なくあ...
恋バナ調査隊 2020-06-26 06:00 ラブ