子育てママの風邪引いたあるある! 市販薬で誤魔化せずゾンビになった私

tumugi・ひでまる ツレ婚夫婦ライター
更新日:2023-06-26 06:00
投稿日:2023-06-26 06:00
 ステップファミリー6年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザーを経て「ひでまる」と再婚。今では3人目の子どもが誕生し、5人家族で暮らすアラサーです。
 3人の子どもを抱えながら働くって、思っていたよりも大変! 本連載は子育てをしながらバタバタと過ぎていく毎日の中で、私が感じたことやちょっとした事件(笑)を「働くママのリアル」を通してお伝えします。

日ごろの疲れが溜まりに溜まって…

処方してもらった薬たち(写真:tumugi)
処方してもらった薬たち (写真:tumugi)

 みなさん今日もママ業お疲れ様です!

 前回は子ども同士のトラブルについてお話しました。子どもが小さいうちは大なり小なりトラブルはつきものです。子どもがしたことはすべて親の責任というように、双方の親同士が対応しなければなりません。

 しかし一歩間違えれば、子ども同士の関係性を変えてしまったり、モンスターペアレントと認定されたり、今後の関わり方に大きな影響を与えてしまいます。そうならないためにも、我が子を守りつつうまく立ち回る技量が必要だなと感じました。

 そんな子どもたちのトラブルに頭を抱えていると、心労が溜まったのか体調不良に。ただの風邪だと思い、市販薬でやり過ごしてきたのですがだんだんと悪化していき……。

 今回は、母の病院事情についてお話します。

病院へ行かないのは母親あるある?

子どもはよく体調を崩すものだけど…(写真:iStock)
子どもはよく体調を崩すものだけど… (写真:iStock)

 子どもって頻繁に風邪をひきますよね。その度に病院へ連れて行ったり、幼稚園や学校を休ませたり、親が看病をしなければなりません。一方で、母である私たちが風邪をひいたらどうでしょう? 私の周りでは市販薬でやり過ごす方が多い印象です。

 たしかに大抵はそれで治るかもしれません。しかし、市販薬は薬の効き目が緩やかなので完治するまでに時間がかかります。なので、本当は母自身も病院へ行くべきです。

 そう頭では分かっていても、日々生活を送っていると自分にかけるお金も時間もない!

 子どもがなにか病気にかかればすぐさま病院へ連れて行くのに、自分のこととなると途端に億劫になってしまうのです。実はこれ、多くの人が共感する「母親あるある」なんじゃないかなと思っています。

子供の風邪がうつってしまった

市販の薬を飲んで様子を見る(写真:iStock)
市販の薬を飲んで様子を見る (写真:iStock)

 末っ子が副鼻腔炎で入院してから、風邪を引きやすくなりました。その度に仕事を抜けて病院へ連れて行きます。

 そんな日々を過ごしていると、私の体調にも変化が。熱や喉の痛みはないのですが、咳が出るようになりました。就寝前だと、咳き込んで眠れないほどの症状です。その症状が約1週間続き、充分な睡眠もとれずにフラフラしてしまう毎日。ひとまず市販薬で様子を見ることに。

 その後はだんだんと良くなっていったので、そのときは「こんなこともあるか」くらいに思っていたのですが……。

tumugi・ひでまる
記事一覧
ツレ婚夫婦ライター
10代で結婚、20代で離婚した3人の子を持つ占い師ライターtumugiと、元妻に2回も不倫サレてバツイチとなった会社員のひでまるが出会い、ステップファミリー(子連れ再婚)に。夫婦ともにFPの資格を所持し、保険会社勤務の経歴を持つ。自らの体験から『ステップファミリーの本音』をテーマに情報発信をしている。ステップファミリーを目指す方の背中を押すべく占い×実体験のアドバイスを用いて活動中!
ブログYouTubeXInstagram公式LINE
◆相談はこちら

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


後妻つらいよ。“子の運動会にパチンコした男”⇒前妻の嫌がらせは茶飯事
 バツイチ男性と再婚した場合、時々運の悪いことに「前妻からの嫌がらせ」を受けてしまう人がいます。女性は、愛や嫉妬が絡むと...
甲斐駒ヶ岳(春)のごほうび
 峠を登り振り返ると一面雲で覆われていた空が割れ甲斐駒ヶ岳が顔を出した。  春を待ちわびて眺める景色もまたごほうび...
“たまたま”を下から見上げる背徳感…やんちゃ坊主も困り顔
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
惚れてまうやろー♡そのへんの男よりカッコいい同性にキュン
 今回は「同性にキュンとした話」を集めてみました。中には、女性同士で恋愛感情に似た好意が湧いた人もいるようですよ! どん...
女坂と男坂の違いって? 山道・寺社仏閣の参道どっちを選ぶと楽チンか
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
産休クッキー炎上 善意でも地雷的気遣いとは?心理学・マナー講師に聞く
「産休クッキー」がXのトレンドワード入りし、大炎上した件。発端は、4月15日に一般女性が投稿した《職場の人に配るクッキー...
彼優先しドタキャン⇒「まさみの親指」は勘弁…友達だから通じるルール
 気の合う友達や同じ趣味の友達とグループLINEでやりとりするのは楽しいですよね! 毎日やりとりを続けているうちに、グル...
ルポ:ギャラ飲み額はトップ級の30分1.35万円!看護師の夢と新たな野望
 経営者や著名人、人気のインフルエンサーも利用する「ギャラ飲み」なるサービスって知っていますか? 東京都内のみならず、全...
これが330円? 3COINSジェルネイルの凄さよ!物価高の今にありがたい
 3COINS(スリーコインズ)で「UV LEDネイルライト」が330円で買えると知り、おうちでジェルネイルデビューをし...
甘えっこ“たまたま”の「マズル、シッポ、にゃんたま」3点セット♪
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
ハーブ育てるなら一択!虫よけ・若返りにローズマリー、ほっぽらかしで◎
 猫店長「さぶ」率いる我がお花屋は、神奈川の片田舎にあります。4月とはいえ1日の寒暖差はすさまじく、朝晩はストーブ、日中...
不倫バレ。“妻の奈津と申します”に戦慄→“なに無視してんだよ”で眠れない
 あなたはこれまでに、緊張感がハンパないLINEのやりとりをした経験があるでしょうか?  今回は、不倫相手の妻や先...
「フェロモン診断」調香師が選ぶ GW旅行の疲れを癒すおすすめの香り
 もうすぐゴールデンウィーク、今年は旅行や帰省の予定を立てている人も多いのでは?  飛行機や電車での移動、長時間の...
新学期早々ピンチ! 子供の「学校に行きたくない」の最適解は?
 子供が「学校行きたくない」と言い出したら、親としてはとても不安になりますよね。理由は、いじめや人間関係、勉強の遅れや体...
黄・紫・桜♪
 春の三原色を見つました。
陽だまりでゴロゴロ♡ お日様パワーを吸収する“たまたま”君
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...