ヤバい輩湧かない?30代独女が0円で「語学交換アプリ」に1カ月挑戦!

更新日:2023-07-08 06:00
投稿日:2023-07-08 06:00
 海外の観光客も戻り、ようやく観光地が賑わいを取り戻した昨今。日本からも海外へ旅行しやすくなり、「外国語を話せるようになりたい」と思う人も多いでしょう。
 社会人が外国語を勉強する方法はオンライン英会話が主流ですが、コストが気になり挑戦できないという人もしばしば。そんな人でも大丈夫! 実は無料で“生の英語”が学べる「言語交換アプリ」があるんです。

スマホで手軽に“生の英語”が学べる

無料で語学勉強ができる!
無料で語学勉強ができる!

 言語交換(ランゲージエクスチェンジ)とは、違う言語のネイティブスピーカー同士がお互いの言語を教え合うこと。従来はカフェなどでの対面形式が多かった言語交換ですが、アプリを使えば会わずともスマホで手軽に教え合うことができます。

 一方で、ロマンス詐欺やHなことを画面越しに行うエロイプ目的の輩もいてトラブル巻き込まれることもあるのだとか(いただけない!)。

 実際のところどうなのでしょうか? もともと英語が大好きでさらにスキルアップさせたい筆者は1カ月間、使ってみることにしました。

今回使ったのは『Tandem』というアプリ

無料で生の英語が学べる『Tandem』(Google Playより引用)
無料で生の英語が学べる『Tandem』(Google Playより引用)

 使ったのは『Tandem(タンデム)』という言語交換アプリ。口コミを見るとTandemユーザーは本気度が高い人が多いとのことですが、果たして……?

 出会い系アプリでさえ怖くて使えない筆者にはハードルがエベレスト並みに高かったのですが、これも英語力アップのため。思い切ってダウンロード!

アカウント作成

母国語・学んでいる言語を設定(写真・はるうらら=以下同/無断転載禁止)
母国語・学んでいる言語を設定 (写真・はるうらら=以下同/無断転載禁止)

 始め方は簡単で、まずは自分のアカウントを作成しプロフィールを充実させます。自分のアカウント名や顔写真、母国語(日本語)・学んでいる言語(英語)を入力。

好きな話題・理想のタンデムパートナーの条件・語学学習の目的を記入
好きな話題・理想のタンデムパートナーの条件・語学学習の目的を記入

 次に、好きな話題・理想のタンデムパートナーの条件・語学学習の目的を記入。学びたい言語で書くと、趣味や価値観が合う相手がメッセージを送ってくれる確率がさらにアップします。

 また筆者のように出会い系に抵抗がある人は、「Serious inquiries only(真面目な人限定)」「No soliciting(勧誘お断り)」などとつけると、不純な輩をある程度はねのけられるのでおすすめです。

自分に合ったパートナーを見つけやすい

学習スタイル
学習スタイル

 ほかにも学習スタイルとして、お好みの使用ツール・学習時間・スケジュール・添削頻度などを入れておくと、よりよい言語交換相手が見つかるかも!?

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


2月26日~3月3日あなたの全体運・恋愛運・ラッキーカラー
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
連れて帰りたい! 人懐っこすぎる“たまたま”の激レアショット
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
茜色に心和むひと時、だからこの時間が好きなんだ
 忙しない街にも訪れる特別な時間。  足早に歩く人々は顔を上げ、しばし空を仰ぎ見てから、また現実へと戻っていく。 ...
女+家=嫁…「嫁ぐ」と「結婚」の違いはある?
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
ほっこり癒し漫画/第68回「コウメばあちゃんはどこ?」
【連載第68回】  ベストセラー『ねことじいちゃん』の作者が描く話題作が、突然「コクハク」に登場! 「しっぽ...
貸したお金を催促するのにこんな手が…! モヤモヤを解消するLINE3選
 人にお金を貸した後、なかなか返してくれなかったら、とても嫌な気持ちになりますよね。  とはいえ、お金の話は、言い...
電マの営業からラブホの清掃員へ…羞恥心とも戦うストリッパーが思うこと
『電マの営業・新井です!』(略して「電マの新井」)という新作が大変好評だ。  書店員にとっての新作といえば「新しく...
口喧嘩で負けたくない! 勝ちたい時に使えるマル秘戦術3選
 みなさんは誰かと口論になった時、どんな戦法で勝ちにいきますか?  方法は十人十色ですが、今回は代表的な勝ちパターン...
凍り付いた湖の夜が更けて
 もしも突然、この瞬間に、氷が解けたらどうなるんだろう。  そう思いながら、凍て付いた湖の上に立つ自分が結構好き。...
「レンジでゆたぽん」人気じわり..足を温めると眠りやすい!
「レンジでゆたぽん」を知ったのは、年末年始に長野県の義実家に行った時。寒がりな私を気遣って、義母が用意してくれたのです。...
青空にオレンジボディが映え“たまたま”の見返りメンチにキュン
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
私って性格悪い? 自分のダークサイドを自覚した4つの瞬間
 誰の心にだって、優しい部分と優しくない部分が存在するもの。そうわかっていても、自分の心のダークサイドを自覚すると「もし...
卒入学、彼岸、送別会【花屋が教える】予算内で理想の花束を贈る7カ条
「斑目さん、今年こそは頑張って期限内にお願いしますよ!」  お正月がなんとなく終わったばかり、なんて思っていたら、我が...
「とにかく盛り上がるやつ頼むよ」ってさぁ 先輩の無茶ぶりLINEがすぎる
 お笑い芸人の松本人志とその後輩芸人たちによるアテンド飲み会が話題になっていますね。  ニュースの真偽はともかく、...
2024-02-21 06:00 ライフスタイル
仕事のサボりがバレた瞬間4選 リモートワークは意外と見られている!
 近年では、リモートワークやフレックスタイムなどの制度が導入されて、数年前よりも働きやすくなりました。  一方で、自由...
真似から始まったファッションも、いつか体に馴染むもの
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...