モテ髪を狙うなら…アウトバストリートメントを味方につける

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-01-11 07:06
投稿日:2019-05-29 06:00
 女性の美しいツヤ髪は、多くの男性が魅力に感じるパーツ。しかし生まれつきの髪質や、不十分なお手入れのせいでツヤ髪がキープできず、悩んでいる女性も珍しくありません。
 でも、ちょっと待って!そのお悩み、アウトバストリートメントを使うだけで、案外すんなりと改善するかもしれません。
モテ髪にはアウトバストリートメントが必須(写真:iStock)
モテ髪にはアウトバストリートメントが必須 (写真:iStock)

 それではさっそく、時短美容家の私、並木まきが、モテ髪を狙うならアウトバストリートメントを味方につけるべき理由をお話します。

理由1:コンディショナーよりも保湿に特化したケアができる

 シャンコンにも保湿成分は入っているけれど、デイリーのシャンプーとコンディショナーだけでは「ツヤが足りない」と感じているならば、それだけ保湿が不十分になっているのかも。

 多くのアウトバストリートメントには、保湿に特化したスペシャルな成分が配合されているので、シャンコンだけで仕上げた髪よりも、見た目にうるおいが増すケースも一般的です。

「使うだけ」でうるおいチャージが叶うのならば、モテ髪育成のために導入しない手はありません!

理由2:シャンプーにはない「モテる香り」をまとえる

 シャンコンを香り重視で選んでいても、どちらも使用後には洗い流すものであるために、香りの持続力が弱くなりがち。

 モテ髪である条件には「ふわっといい香り」がマストなのも実情だけに、男性を虜にする髪を育むなら、いい香りを意識的にまとうのも大事です。

 アウトバストリートメントは、洗い流さないものも多いので、ヘアコロン代わりに使える点も魅力的。
まさに使うだけで、男性にふわっといい香りを演出できる便利アイテムでもあります。

理由3:お泊りデートでも手軽に使いやすい

 愛用しているシャンコンをいちいちお泊りデートに持参するのは面倒でも、アウトバストリートメントならば、バッグに忍ばせやすいのも、モテ髪視点からのメリット。

 また、ホテルや旅館に備え付けのシャンコンだと「髪に合わない」「キシキシしちゃう」なんてこともありがちなだけに、愛用中のアウトバストリートメントが手もとにあると、そういった場面での応急ケアにも役立ちます。

【あわせて読みたい】男ウケ視点でヘアオイルを選ぶなら? 人気の4商品でリサーチ

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


ノーパン生活の実態! 解放感と掃除面倒を天秤にかけたら…
 芸能人でも、ノーパン生活を公言している人は多いですよね。気が楽そうな気はしますが、やはり防犯面では心配なことも……。果...
まずは真似っこから! 綺麗な人が実践する8つの“ゼロ円”習慣
 年齢問わず、「綺麗だな」と思う女性に出会うと、「私も、あんなふうになりたいなぁ」と思うもの。けれど、実際に何をすればそ...
白髪が多く老け見え!これ以上増やしたくない【専門家監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代の本音!アラフォー女性の“残念アイライン”を画像で解説
 毎日のアイライン、どんな感じでメイクしていますか?  年齢を重ねていくと目元にしわが増えたり、たるんできたりもあ...
「食べても太れない」やせ型な人だけが分かる“あるある”7つ
 世の中には、太りやすい体質の人がいる中でいくら食べても太らない「やせ型」の人もいます。でも、さまざまなダイエット方法は...
腹巻きも愛用して♡「40代の温活」取り入れたい食事&グッズ
「冷えは万病のもと」といいますが、実際に体が冷えるといろいろと悪影響が現れます。免疫力も下がるので、風邪をひきやすくなっ...
「よもぎ温座パット」で心も体も温めよ♡ 2022.11.19(土)
 いつの間にやら、11月も半ばを過ぎ秋が深まってきました。冬に近づくにつれ、つらくなってくるのが、手足の冷え。「血、通っ...
古い下着は運気が下がる?「着用期限3年、処分時に感謝」を
 皆さんは、同じ下着を何年くらい使いますか? 半年で替える人もいれば、3年以上使っている人もいますよね。実は、風水では古...
数年後の自分のために…“美容モチベーション”を上げる5カ条
 美容に関して、モチベーションが高い女性は同性から見ても素敵に映りますよね。「私も、あんな女性になりたい」なんて気持ちは...
化粧ノリの悪さは便秘!?お通じ改善に「進化系オートミール」
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代の本音!残念なアラフォーリップメイクを画像で解説
 メイクは、リップの色や種類によってかなり顔の印象を変えてしまうもの。マットやティント、ツヤなど多くの種類があり、それぞ...
育児中の体の不調 のどの違和感と帯状疱疹 2022.11.15(火)
 妊娠と出産。そして、その先に待つ子育て――。ひとりの人間を育てるのはとても尊い行為だと思いますが、同時にハードで孤独な...
まだまだ進化!最新「韓国コスメ」5つの注目ブランドレポ
 まだまだちょっとずつトレンドを変えてブームが続いている韓国コスメ。先だって、注目の韓国コスメ関連のイベントが開催されま...
「ネイルケアはディオール」投資額ウン十倍だけど正解でした
 外出の機会も増えて、セルフネイルを小まめにしています。そんなある日、ネイルオフした爪がガサガサになっていることに気がつ...
不安感いつまで?プレ更年期「ぐるぐる思考」への向き合い方
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
パール系を武器に!40代女性のニットで老け見え原因&回避法
 寒い季節になってくると、温かいニットを着たくなりますよね。でも、なぜか20代ではおしゃれに着こなせていたニットも、40...