私とどっちが大事?筋肉男子と付き合うメリット&デメリット

しめサバ子 マルチポテンシャライトライター
更新日:2019-06-25 06:00
投稿日:2019-06-25 06:00

一見素敵な筋肉男子も良し悪しが…

鍛えている男性は素敵だけど…(写真:iStock)
鍛えている男性は素敵だけど… (写真:iStock)

「筋肉にうっすら浮かんだ血管が好き♡」「割れた腹筋に顔を擦り付けるのが刺激的で好き♡」と、男性の筋肉を愛する女性は増加傾向にあるのではないでしょうか?

 ジムで筋トレをする女性が増えたこともあり、素敵な筋肉の持ち主の男性に対して、筋肉目線で素敵! と恋愛スイッチが入ることもたびたびあるようです。しかしながら、一見素敵な筋肉男子も、良いところ悪いところを知ったうえでお付き合いしないと、こんなはずじゃなかったのに……となることも。

 今回は、実際に筋肉男子と付き合ってみた女性の声をもとに、筋肉男子とのお付き合いのメリット・デメリットをまとめてみました。

まずは筋肉男子のメリットから

彼と一緒ならヤル気も沸いてくる(写真:iStock)
彼と一緒ならヤル気も沸いてくる (写真:iStock)

 比較的辛口な記事が多い筆者ですが、今回は珍しく褒めるところから始めてみたいと思います。でも、あまり筆が進まず、ちょっとキレが悪くなりそうです。

彫刻のように見て愛でることができる

 まず、なんといってもその筋肉で引き締まった身体はギリシア彫刻のような美しさが。筋肉好きな女性にとっては、肉体美をオカズにご飯を食べることさえできるため、食費の節約にもなります。すぐ上半身裸になりたがる筋肉男子は、ご飯中もきっと半裸で食事をしてくれるはずです。

筋トレを指導してくれる

 筋肉男子の得意技は、いうまでもなくトレーニングの指導。美BODYを作りたい女性にとっては彼氏が隣でサポートしてくれるため、トレーニング効果も上々に。自己流ではなかなか効果の出にくいトレーニングも、彼氏のLOVEに包まれた指導によってメキメキと効果が出ることでしょう。

一方、筋肉男子のデメリット…

ストイックすぎてついて行けないことも(写真:iStock)
ストイックすぎてついて行けないことも (写真:iStock)

 さて、お次は気になるデメリットを見ていきましょう。

デートでザバス! 外食は全滅…

 筋トレ男子は食生活も非常にストイック。筋肉に良くないものは一切口にしません。となると、炭水化物、油分、糖分、ほぼすべての外食がアウト!

「今度、新しくできたこのイタリアンいってみたい!」
「あ、俺パスタ食べられないんだ。女友達と行ってきなよ」

「このお寿司おいしそう!」
「鮨のシャリは糖分高いからな~。俺は行けないや」

 と、こんな会話が日々繰り広げられるでしょう。極めつきは「デートにザバス!」です。食事の話題といえば、プロテインくらいしか反応しないでしょう。

すべての道は筋肉に…筋肉至上主義者との会話

 彼らは「筋肉」という概念が至上の価値観となっています。そのため、世界の見方がすべて「筋肉にとってどうなのか」という観点につながっていきます。まさに「筋肉教」とでも言うべき、ある種の宗教に。

 ふとした会話をしていても、そこに筋肉の話をかぶせてくるでしょう。

 彼らの口癖は、

「それ筋肉的にはありだよね」

「1年前というと、俺の上腕二頭筋が今より3センチ細かったころの話だね」

 です。1日に50回は「筋肉」という単語を発するため、会話をしていると筋肉ノイローゼになるかもしれません。

鉄板デートコースは筋トレ

 お付き合いが長くなってくると、そのデートコースはほとんどが筋トレになっていくでしょう。

 最初こそ、趣向を凝らしたデートプランがあるかもしれませんが、回を重ねるごとにジム比率が急上昇。

 付き合って1カ月も経つころには、デートの待ち合わせ場所は、ほとんど「GOLD GYM」になっているかもしれません。

マッチョな男はだいたい性欲過多

 筋肉と性欲をつかさどるテストステロンは密接なつながりがあります。あまりにハードで高負荷のトレーニングは、テストステロンの減少につながるというデータもあるのですが、一方で適切なトレーニングは性欲の増大につながるものでもあります。

 そういった科学的根拠に基づいているかはわかりませんが、しめさば子統計では筋肉男子はほぼ100%が、そのほとばしる性欲を発揮しまくっている傾向にありました。まるで「俺の優秀な筋肉が子孫を欲しがっているのだ」と言わんばかりに、本能が赴くままに狩りにいそしんでいます。

まとめ

 筋肉男子と付き合うことのメリット・デメリットはいかがでしたでしょうか? 筋肉男子で見落としがちなポイントですが、実は単なる筋肉の「オタク」であることが非常に多いのです。

 なので、オタクが苦手な女子の方とは相性が悪く、自分の好き嫌いをよく踏まえたうえでお付き合いするとよいでしょう。

ラブ 新着一覧


本性はココに出る!付き合うべきではない男のLINE語尾3選
 LINEに表れるちょっとした“癖”に注目すると、送り主の本性が垣間見えるケースも少なくありません。少し気になっている男...
並木まき 2021-01-22 06:00 ラブ
彼氏と連絡が取れない…考えられる理由5つ&効果的な対処法
 いつも通りのデートを楽しんだはずなのに、その後急に彼氏と連絡が取れなくなったら、「何かあったのだろうか?」と心配になる...
恋バナ調査隊 2021-01-22 06:00 ラブ
婚活アプリで見つけた こじらせ中年男性3タイプの傾向と対策
 恋活・婚活アプリも多様化の時代。中高年が大勢登録しているところには、ややこじらせている男性の姿も。どんな感じのこじらせ...
内藤みか 2021-01-21 06:00 ラブ
LINEで告白を成功させる方法♡切り出し方やセリフも紹介
 好きな男性に告白するのは、誰でも勇気がいりますよね。そんな時にふと、「LINEで告白しちゃおうかな」と考える人も多いで...
恋バナ調査隊 2021-01-21 06:00 ラブ
共通の話題がなくても大丈夫!カレの心をつかむ恋愛心理テク
 気になる人ともっと仲良くなるには「共通の話題」があるとグッとお近づきになれるのですが、どうも趣味も職種も違って盛り上が...
若林杏樹 2021-01-22 17:37 ラブ
シャイな女性とは?6つの特徴と恋愛を成就させる方法
 恋愛に対してまじめで、男性人気が高い「シャイな女性」。しかし、シャイな性格ゆえに好きな人ができてもアプローチできず、恋...
恋バナ調査隊 2021-01-20 06:00 ラブ
70歳の彼が「結婚?大反対!」の親を説得するためにしたこと
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-01-19 06:01 ラブ
不倫がバレて“二度としない男”と“また繰り返す男”の違いとは
 近ごろ、芸能ニュースで「4年ぶり2度目の不倫」などとスクープされているのは記憶に新しいかと思いますが、これは芸能人に限...
田中絵音 2021-01-19 06:00 ラブ
もっと私に興味を持って!パートナーへの関心がなくなるナゼ
 私のパートナー、自分に関心を持ってくれていないかも……そう感じた経験はありますか? 離婚の原因は元パートナーの無関心が...
七味さや 2021-01-18 06:00 ラブ
彼氏に仕返ししたい! 効果的な方法6選&確認するべき気持ち
 好きな人と付き合いはじめたばかりの頃には、何をしていても楽しく、幸せに感じるもの。しかし、交際期間が長くなると構っても...
恋バナ調査隊 2021-01-18 06:00 ラブ
男性とLINEの会話が続かない…原因&会話を広げるコツ♡
 気になる男性とせっかくLINEを交換したのに、全然会話が続かなくて困っていませんか? 何回送ってもそっけない返事や同じ...
恋バナ調査隊 2021-01-17 06:00 ラブ
尽くし上手!九州出身女性の特徴&恋愛観や好みの男性タイプ
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、九州出身の女性についてリサーチしました。九州は、...
人生最悪の運気かも…そんな時に出会う人には注意すべき理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。身も心もボロボロの時に何かのキッカケで知りあった相手。その出会いで一時的に元...
山崎世美子 2021-01-16 06:00 ラブ
彼氏といちゃいちゃする6つの方法!サインを見逃さないで♡
恋人といちゃいちゃする時間は、とても幸せな時間です。どんなに付き合いが長くなっても、日々のいちゃいちゃタイムがあれば、マ...
恋バナ調査隊 2021-01-16 06:00 ラブ
いまだに関白宣言?九州出身男性の特徴&好きな女性のタイプ
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、九州出身の男性についてご紹介します。九州は、福岡...
彼氏が「キスしたい」と思うのはいつ? 6つの瞬間&サイン
 女性にとって、彼氏からの不意打ちのキスは驚きながらも嬉しいものです。しかし、時には「なぜこのタイミングで?」なんて思う...
恋バナ調査隊 2021-01-15 06:00 ラブ