あざとい女性は嫌われる!同性から嫌われても男にモテる理由

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2019-07-25 06:00
投稿日:2019-07-25 06:00

「あざとい」女性とは

“あざとい”ってこんなイメージ(写真:iStock)
“あざとい”ってこんなイメージ (写真:iStock)

 あざとい女性が、話題になっていますね。しかし、“あざとい”を言葉で説明するのは案外、難しいのではないでしょうか? そこで広辞苑を引いてみると【あざとい 小狡いさま、抜け目のない感じのあるさま、やり方があくどいさま、たちの悪い様子】と書いてあります。つまり、計算高い女性ということですね。

 あざとい女性とは、主に男性についてモテテクニックを駆使しており、それを何の悪気もなくするような女性といったところでしょうか。タチの悪い様子ということで、嫌われることに対して動じない様子もあるのかもしれませんね。

周りに多数存在するあざとい女性はこんな女性

「お金は払うよぉ~」といいつつ財布は出さない(写真:iStock)
「お金は払うよぉ~」といいつつ財布は出さない (写真:iStock)

 実在する“あざとい女性”のエピソードを紹介しましょう。

悪気もなく人の男を

「結婚しているのに、“不倫相手になびく方が悪い”といって、奥さんから男性を略奪している友人がいました。奥さんもかわいそうですよね。略奪したくせに刺激が足りなくなったのか、その男性とはすぐにお別れ。自分さえよければいい、という感じが胸くそ悪くて許せなかったです」(Nさん・38歳女性/SE)

 あざとい女性は、まさか自分に非があるとは思っていません。だからこそ、周囲の目はお構いなし。その姿勢こそ、同性にはイラっとくるようです。

モテないアピール

「すごく上目遣いをして、男性の前で声のトーンを変えて男から“可愛いね”って言われた時に、“でも、私って全然モテないんだぁ……。一人だと寂しくなっちゃう!”って。もうその発言が恋愛慣れしている証拠ですよね。モテないアピールしつつ、モテを確保しにいってる。正直、意味がわからないです」(Hさん・40歳女性/弁護士)

 謙虚さを醸し出しつつ、狙いにいってるモテ。同性もびっくりするほど、用意周到です。ツッコミどころが満載で、計算高く損得勘定で生きているように見えてしまいます。本音が見えないところにも、女性ならではの怖さを感じますよね。

絶対にお金を払わない

「男女グループで飲みに行く時に、帰り際に絶対にトイレへ行く女性がいます。お会計が終わったころに戻ってきて、何もなかったように“次、どこ行く?”って。男性には“お金は払うよぉ〜”と猫なで声を出しつつ、財布は絶対にカバンから出しません。彼女が財布を出すところを見てみたいくらい、お金は払いません」(Sさん・29歳女性/事務)

「お金は払うよ」といって男性の心を鷲掴みにし、絶対に財布を出さないところがうわべだけの印。後からでも、お金は出すことができます。都合のいいところだけ、受け入れるタイプもあざとい女性には多いです。

 自分に有利になるポイントには、すぐ食いつきます。しかし、自分の非は棚に上げがち。だからこそ、同性からすると腹立たしいのです。

どうして男は“あざとい女性”が好きなのか

“あざとさ”に知性を感じる男性も…(写真:iStock)
“あざとさ”に知性を感じる男性も… (写真:iStock)

 同性からすると、“いかにも”な行動。その計算され尽くしたルックスや性格が、なぜ男性に好かれるのか疑問ですよね。どうして男は“あざとい女性”が好きなのか、男性の意見を聞いてみましょう。

男として見てくれているので

「飲み会でもいますよ。“この子は恋愛経験豊富で、僕にそのテクニックを使ってきてる”と感じる子。僕だって、そのくらいは計算だと分かりますよ。じゃあ、なぜそのテクニックを僕に使うかっていったら、“僕のことを男として見ているんだろう”って結論になるじゃないですか。女性からしたら、計算が嫌なんでしょうけど。男として異性から認められるのは、どんな女性だって嬉しいものですよ」(Eさん・29歳男性/警察官)

 男性は女性から異性として見られるのが嬉しいようです。女としてのテクニックを見せつけられると、自分が男として認められた気になるみたいです。あざとい女性は、決まって男性の前で豹変するのですが、そのことを理解しつつ「俺も男として認められた!」と嬉しくなってしまうよう。女からするとツッコミどころ満載ですが、男性は“あざといモテテク”に満足しているんだそう。

チヤホヤされるのは悪くない

「誰にでも同じような言葉を言っていても、モテなかった僕には甘えた声を出して会話してくれるだけで嬉しいです。チヤホヤされいる感じがいいですし、女にモテてるということで男友達からも羨ましがられます。男として女性からモテることは一種のステータス。僕のファンは多い方がいいに決まってるので、計算高い女性であろうと僕のことを慕ってくれれば嬉しいんですよ」(Hさん・37歳男性/介護士)

 自分のことを好いてくれているのであれば、女性の内面は問わない男性もいます。この男性も“あざとい女性の行動”が好きであり、その内面には興味がないようです。あざとい女性は、女にチヤホヤされたいだけのピュアな非モテ男子と相性がいいみたいです。

計算でも女の子らしいって思う

「たまに自称サバサバ女子に出会いますよね。そういう女性って、俺の目の前でも男前っていうか。やっぱり淡白ですよね(笑)。男からすると、女の人にはかわいくいて欲しいんですよ。ボーイッシュな格好が似合う女性より、自分では着こなすことが無理な白いワンピースとか、着てほしいじゃないですか。そういうセックスアピールでは、たとえあざとい女性だろうが、女性らしくした者勝ち。だから、あざとい女性は利口にも見えますね」(Mさん・31歳男性/税理士)

 あざとい女性の発言や行動に、男性は知性すら感じるというのだから驚き。計算ばかりで、まるで本音が見えないあざとい女性でもセーフなんだとか。合理的なことを好む傾向がある男性に、あざとい女性は時に賢くも見えるみたいです。

 女性は感情で生きているところがあるので、女性同士では“あざとい女性”は冷たくも感じるんですが……。あざとい女性は、持ち前の計算高さで“男と女の違い”を読み取っているのでしょうね。

あざとい女性を好きなのはモテたい男性

 こうして見てみると、あざとい女性ということを見抜きつつ、きちんと自分の自己顕示欲を満たしているのが男性なんですね。女性が「あの子は計算高いのに」と心配するのも、大きなお世話のようです。

 たとえ女性同士からはとても尊敬できない相手だったとしても、男性は自分のことを慕ってくれるだけで嬉しいようです。あざとい女性を好む男とは、それほど単純な生き物なのでしょう。

 “質より数”の恋愛を好む男性ならでは、だと思うのは筆者だけじゃないはずです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-10-27 06:00 ラブ
FILM
 意中の彼とLINEを交換したところまでは良かったのに、LINEをするたびに距離ができて自然消滅してしまった……なんてこ...
恋バナ調査隊 2020-10-27 06:00 ラブ
FILM
 将来的に結婚を考えている男性は、少し余裕のある女性を好む傾向があります。それまでの恋愛は同年代のワガママに付き合ってい...
若林杏樹 2020-10-26 06:00 ラブ
FILM
 身長の低い女性は、基本的にはモテると言われます。小さくて可愛らしい動きにキュンキュンする男性も多く、実際にそれを自覚し...
恋バナ調査隊 2020-10-26 06:00 ラブ
FILM
 恋愛中、片思いの彼に振り向いて欲しいからとLINEで駆け引きをする人って多いですよね。あえて未読スルーで焦らせてみたり...
恋バナ調査隊 2020-10-25 06:02 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。現在のシングルマザーの平均年齢は33歳、再婚率は26%と言われています。離婚...
山崎世美子 2020-10-24 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-10-24 07:48 ラブ
FILM
「冷酷と激情のあいだvol.18〜女性編〜」では、ダブル不倫の相手と再婚をしたくて夫に離婚を切り出した女性・Wさんの心情...
並木まき 2020-10-24 07:49 ラブ
FILM
 離婚後、新しい恋愛のチャンスがやってきた!?……と思ったのも束の間、元夫の方が自分に合ってたのかもしれないなぁ。そんな...
七味さや 2020-10-23 06:00 ラブ
FILM
 あなたは恋人と別れ話をする時に、LINEや電話で話す派ですか? それとも会って話す派ですか?「重要な話ほど、きちんと話...
ミクニシオリ 2020-10-23 06:00 ラブ
FILM
 今、かつてないほどの出張ホスト人気が起きています。コロナ禍で夜の街に行きづらくなった女性たちが、マンツーマンで相手をし...
内藤みか 2020-10-22 06:00 ラブ
FILM
 好きな人とデートに行った後、「楽しかったね!」とLINEしたのに既読スルーされた……なんて経験はありませんか? 多くの...
恋バナ調査隊 2020-10-22 06:00 ラブ
FILM
 則夫の内縁の妻の連れ子が不憫で、養護施設に寄付をしたいと加奈子さんが言ったとき、則夫は最初、そのお金は預かれない、そこ...
神田つばき 2020-10-21 06:00 ラブ
FILM
 失恋した時や彼氏がいない時、「そうだ! 何か習い事をして自分磨きをしよう」という思考になることがあります。それはとても...
田中絵音 2020-10-20 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-10-27 18:14 ラブ
FILM
 世間では草食男子の増殖に比例するように、グイグイ攻めることができる肉食女子も増えておりますね。自分から攻めずとも女性か...
若林杏樹 2020-10-19 06:50 ラブ