人付き合いに疲れた! 本音を言うと「煩わしい」時の対処法

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2019-07-07 06:00
投稿日:2019-07-07 06:00
人付き合いって本当に面倒…(写真:iStock)
人付き合いって本当に面倒… (写真:iStock)

 人付き合いって面倒ですよね。女性ほどこう思ってるに間違いありません。建前文化の日本では、さらに疲れている人も多いのでは?

 筆者は、よく「誰とでも仲良くなるのが上手」と言われます。人とかかわることは苦手ではありません。大勢の人を前に話すことも好きですし、会話もスムーズできます。それでも、「人付き合いに疲れたな」と感じる時があるから不思議です。

 相手への感情というより、全ての会話をしたくない時がまれにあるんです。みなさんにも、きっとそんな日があるだろうと思います。

 現代人は“人付き合いをしない人が多い”と言われています。本当にそうでしょうか? 多くの人が当たり前にこなしている日常ですが、実はさまざまな人付き合いが隠れていて、疲れるのも当然なことのように思います。人付き合いが煩わしいと感じる瞬間と改善方法について考えてみましょう。

人付き合いが煩わしいのはこんな時?

女性の交流関係は広いから…(写真:iStock)
女性の交流関係は広いから… (写真:iStock)

 人付き合いが煩わしい時は誰にでもあります。私たちが「人付き合いが煩わしい」と思う時は、主にこんな時ではないでしょうか?

約束していないのに始まる会話

 男性より女性の方が人間関係が複雑といわれます。女性ならではの性格や捉え方も関係していることでしょう。女性といえば、現代ではマルチな顔も持っています。仕事に主婦に母親に、といった具合です。男性と比べ、同時に多くの役割を担う人が多いように思います。

 そんな女性の交流関係は広く、ありとあらゆるところで会話が始まりがち。子供の送迎時に近所の人と話すこともあります。自分の予定もあるのに、こういった会話でスケジュールを変更しなくてはいけないところが「煩わしい」と感じる一つの理由ではないでしょうか。

本音を話せない時

 人の関係性はさまざまですよね。本音を話せない時も疲れてしまいます。上司や目上の人に関しては、少なからず気を使うでしょう。本音を話せないにもかかわらず、同調をしなくてはいけない。

 特に女性は、自分と反発する意見にはシビアです。このことを分かっている自分も、“良からぬ印象”を持たれないように言葉を選びます。この無意識にしている思考こそ、人付き合いが煩わしいと思ってしまう原因なのだと筆者は感じます。

自分が疲れている

 人付き合いは楽しいことばかりではありません。むしろ、どんなに仲の良い友人であっても「今日は遠慮したい」とふさぎ込みたい日があります。一人でどこにでも行ける人や多趣味な人は、特に「一人でいることが楽」と分かっているのではないでしょうか。

 人と行動するということは、相手のペースに合わせたりと「譲歩」が少なからず必要になります。疲れている時こそ、誰だって自分を優先したいものですよね。自分のこともケアできていない時に、相手のことを考えることは余計に疲弊してしまうでしょう。

人付き合いが煩わしい時に試すべき3つのこと

それとなく交流を避ける方法は…(写真:iStock)
それとなく交流を避ける方法は… (写真:iStock)

 結論から言うと、人付き合いが煩わしい時に交流を持つ必要はありません。では、どうすればいいか。相手に不快感を抱かせないように、それとなく交流を避ける方法をお伝えしましょう。

簡潔に会話を終わらせる

 近所付き合いや子供の付き合いで、女性には突発的に起こる付き合いがあります。ないがしろにはできないので、「そうなんですね」と相手の話したいことに、なるべく合わせるようにします。自分のことをあまり話さないでおくことで、長話を防ぐことができますよ。

体調不良だと伝える

 体調は完全に個人の管理であり、不調は突然やってくるものでもあります。人付き合いが煩わしいと感じた時には、「今日ちょっと体調が悪くて……」と先に伝えることで、突然の長話を避けることができます。

 多くの人が“体調不良は辛い”という共通の認識を持っていますから、遠慮なく伝えましょう。体調不良の詳細は無理に話さなくても大丈夫です。

架空の予定を入れる

 女性は特に生理の周期もあって、その週に約束を避けたい時が存在しますよね。生理前後は気分がふさぎ込みます。自分の中で、なんとなく他者との接触を避けたい時もあるでしょう。そんな時は架空の予定を入れてしまうのも吉。

 架空の予定を入れて「その日は予定があるの……また空いたら誘って」とポジティブな代案をつけることで相手も納得してくれます。ただし、予定をキャンセルした日に、SNSなどに誤って投稿してしまうことがないように気をつけてくださいね。

人付き合いが煩わしい自分をいたわる

疲れた時は無理をしないで(写真:iStock)
疲れた時は無理をしないで (写真:iStock)

 人付き合いが苦手な自分に、罪悪感を感じる時もあるでしょう。マルチに活躍するためには、社交的であるかどうかは重要なポイントだからです。しかし筆者は「こんなんじゃダメ」と自己嫌悪をする必要もないと思います。明日からまた多くの人と共に生きてくために、今日は自分のケアに専念してもいいはずです。

 疲れた時は無理をしないで、「人付き合いが煩わしい」と言っている自分としっかりと付き合ってあげたいものです。自分と対話する――。そんな“最初の人付き合い”を上手く生かすことは、ストレス社会では最も重要なポイントになると思いませんか?

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


信用できない人の6つの特徴&そう思われないための注意点
 人付き合いは、思っている以上に大変なもの。人間関係に悩んでいる人も多いのではないでしょうか? 職場の同僚や先輩に対して...
「島のえき」での出会い…食欲旺盛なもふもふ“にゃんたま”
 きょうは、たくさんの猫が暮らす田代島の「島のえき」にお邪魔しました。  ここは誰でも休憩が出来て、島産の牡蠣がふ...
自虐発言していない? 褒められた時の上手な「謙虚」の方法
 謙虚さは美徳だと思います。慎み深く、驕らない姿勢はどんな人の目にも美しく映るものです。ところが少しでもやり過ぎると自虐...
風水で地位高し!心身を癒す神秘の花“シンピジューム”の威力
 お花屋さんは、いろいろな方にお会いできる誠に楽しいお商売でございます。  以前、定期的にお花を届けに伺っていた、...
激レアさん!縞三毛“にゃんたま”が説く猫島暮らしの秘訣とは
 きょうは、宮城県の猫の島「田代島」で出逢った、縞三毛の貴重で有り難いにゃんたま様。  島の中でもここは、にゃんた...
“自分へのご褒美”で得られるメリット&おすすめご褒美4選
 資格取得などで目標を達成した時、仕事で成功した時、あなたは自分にご褒美をあげていますか? 「自分に甘すぎる」と思う人も...
“八方美人”に見られているかも? 6つの特徴&抜け出す方法!
 誰だって、「人から嫌われたくない」と思うもの。たとえ、相手が好きな人ではなかったとしても、「良く思われたい」と、つい思...
アピール失敗…大好きな彼女の拒否反応に怯む“にゃんたま君”
 きょうは、前回のつづき。いとしのハチワレちゃんに求愛するにゃんたま君、ふたりの距離が縮まってきたその時……! 「...
沈黙は金じゃない!圧の強い人との関係で大切にしたいこと
「雄弁は銀、沈黙は金」と言う名言があります。何を言うかではなく、何を言わないかが大事であるというのはどんな場面でも重要に...
「喪中はがき」が届いたらどうする?マナーと優しさのお話
 11月から12月にかけての今ごろの時期になると、届き始めるのが「喪中はがき」でございます。コロナ禍の今年は人の集まるイ...
「会社に行きたくない…」と思ってしまう5つの原因&対処法
 朝起きた時に、「会社に行きたくない」と思った経験がある人は多いでしょう。仕事内容や人間関係、給料の問題など、理由は人そ...
クールな彼女が好き!コロコロ転がって誘う“にゃんたま君”
 クールで賢く、品性を兼ね備えるハチワレ(額の模様が「八」の字のような柄の猫)。にゃんたま君は彼女のことが好きで好きでた...
モチベーションを上げる6つの方法♪ キープで効率アップ!
 仕事や家事を楽しく効率的に進めるためには、モチベーションを上げる必要があります。しかし、「やらなくちゃ」と思っているの...
時間にルーズだと命とりになるかも…?5つの特徴&克服方法
 仕事もプライベートも全て、「時間」によって進められます。仕事であればスケジュールや納期が決まっていますし、友達や彼氏と...
怪しい穴…“にゃんたま”君の尻尾がピン「なんだか匂うにゃ」
 こんなところに怪しい穴があるぞ。クンクン……なんだか匂うなあ。  気を付けてにゃんたま君! マルコヴィッチの穴か...
口癖は「私が悪かった」 そんな人に欠けているものって…?
 何か問題が起きたとき、すぐに周りの人や環境のせいにするのは良いことではありません。でも、「私が悪かった」という言葉を口...