人付き合いに疲れた! 本音を言うと「煩わしい」時の対処法

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2019-07-07 06:00
投稿日:2019-07-07 06:00
人付き合いって本当に面倒…(写真:iStock)
人付き合いって本当に面倒… (写真:iStock)

 人付き合いって面倒ですよね。女性ほどこう思ってるに間違いありません。建前文化の日本では、さらに疲れている人も多いのでは?

 筆者は、よく「誰とでも仲良くなるのが上手」と言われます。人とかかわることは苦手ではありません。大勢の人を前に話すことも好きですし、会話もスムーズできます。それでも、「人付き合いに疲れたな」と感じる時があるから不思議です。

 相手への感情というより、全ての会話をしたくない時がまれにあるんです。みなさんにも、きっとそんな日があるだろうと思います。

 現代人は“人付き合いをしない人が多い”と言われています。本当にそうでしょうか? 多くの人が当たり前にこなしている日常ですが、実はさまざまな人付き合いが隠れていて、疲れるのも当然なことのように思います。人付き合いが煩わしいと感じる瞬間と改善方法について考えてみましょう。

人付き合いが煩わしいのはこんな時?

女性の交流関係は広いから…(写真:iStock)
女性の交流関係は広いから… (写真:iStock)

 人付き合いが煩わしい時は誰にでもあります。私たちが「人付き合いが煩わしい」と思う時は、主にこんな時ではないでしょうか?

約束していないのに始まる会話

 男性より女性の方が人間関係が複雑といわれます。女性ならではの性格や捉え方も関係していることでしょう。女性といえば、現代ではマルチな顔も持っています。仕事に主婦に母親に、といった具合です。男性と比べ、同時に多くの役割を担う人が多いように思います。

 そんな女性の交流関係は広く、ありとあらゆるところで会話が始まりがち。子供の送迎時に近所の人と話すこともあります。自分の予定もあるのに、こういった会話でスケジュールを変更しなくてはいけないところが「煩わしい」と感じる一つの理由ではないでしょうか。

本音を話せない時

 人の関係性はさまざまですよね。本音を話せない時も疲れてしまいます。上司や目上の人に関しては、少なからず気を使うでしょう。本音を話せないにもかかわらず、同調をしなくてはいけない。

 特に女性は、自分と反発する意見にはシビアです。このことを分かっている自分も、“良からぬ印象”を持たれないように言葉を選びます。この無意識にしている思考こそ、人付き合いが煩わしいと思ってしまう原因なのだと筆者は感じます。

自分が疲れている

 人付き合いは楽しいことばかりではありません。むしろ、どんなに仲の良い友人であっても「今日は遠慮したい」とふさぎ込みたい日があります。一人でどこにでも行ける人や多趣味な人は、特に「一人でいることが楽」と分かっているのではないでしょうか。

 人と行動するということは、相手のペースに合わせたりと「譲歩」が少なからず必要になります。疲れている時こそ、誰だって自分を優先したいものですよね。自分のこともケアできていない時に、相手のことを考えることは余計に疲弊してしまうでしょう。

人付き合いが煩わしい時に試すべき3つのこと

それとなく交流を避ける方法は…(写真:iStock)
それとなく交流を避ける方法は… (写真:iStock)

 結論から言うと、人付き合いが煩わしい時に交流を持つ必要はありません。では、どうすればいいか。相手に不快感を抱かせないように、それとなく交流を避ける方法をお伝えしましょう。

簡潔に会話を終わらせる

 近所付き合いや子供の付き合いで、女性には突発的に起こる付き合いがあります。ないがしろにはできないので、「そうなんですね」と相手の話したいことに、なるべく合わせるようにします。自分のことをあまり話さないでおくことで、長話を防ぐことができますよ。

体調不良だと伝える

 体調は完全に個人の管理であり、不調は突然やってくるものでもあります。人付き合いが煩わしいと感じた時には、「今日ちょっと体調が悪くて……」と先に伝えることで、突然の長話を避けることができます。

 多くの人が“体調不良は辛い”という共通の認識を持っていますから、遠慮なく伝えましょう。体調不良の詳細は無理に話さなくても大丈夫です。

架空の予定を入れる

 女性は特に生理の周期もあって、その週に約束を避けたい時が存在しますよね。生理前後は気分がふさぎ込みます。自分の中で、なんとなく他者との接触を避けたい時もあるでしょう。そんな時は架空の予定を入れてしまうのも吉。

 架空の予定を入れて「その日は予定があるの……また空いたら誘って」とポジティブな代案をつけることで相手も納得してくれます。ただし、予定をキャンセルした日に、SNSなどに誤って投稿してしまうことがないように気をつけてくださいね。

人付き合いが煩わしい自分をいたわる

疲れた時は無理をしないで(写真:iStock)
疲れた時は無理をしないで (写真:iStock)

 人付き合いが苦手な自分に、罪悪感を感じる時もあるでしょう。マルチに活躍するためには、社交的であるかどうかは重要なポイントだからです。しかし筆者は「こんなんじゃダメ」と自己嫌悪をする必要もないと思います。明日からまた多くの人と共に生きてくために、今日は自分のケアに専念してもいいはずです。

 疲れた時は無理をしないで、「人付き合いが煩わしい」と言っている自分としっかりと付き合ってあげたいものです。自分と対話する――。そんな“最初の人付き合い”を上手く生かすことは、ストレス社会では最も重要なポイントになると思いませんか?

ライフスタイル 新着一覧


40代、人生変えたい!10年後が想像できた気になってませんか
 若い頃は、何をするにも希望や夢を抱いていたものです。が、年齢を重ねるごとに現実を知り 、人生に諦めを感じはじめていつの...
渦中のロイホ「パンケーキ」を“公式推奨”で食べてきた結果は
 ファミリーレストランチェーン「ロイヤルホスト」のパンケーキがにわかに注目を集めています。きっかけは人気バラエティー「ジ...
鼻チューまで! 甘えん坊“たまたま”のストレートな愛情表現
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「ナンキンハゼ」知ってる? 白い実×♡の葉で“ずるかわいい”
 本格的な寒さを迎え、楽しいイベントが目白押しで心が躍る気分でございます。加えて、通勤途中、車窓から眺める公園や道路脇に...
予言より的中!七色翡翠の12星座別パワーワード占い【12月】
 日本ではタロットカードやオラクルカードに比べると、知名度が低いルノルマンカード(※)ですが、「ルノルマンのほうが当たる...
おばあちゃんになっても恋したい? 2022.11.30(水)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
値上げの冬に負けない!一人暮らしの「防寒術」侮るべからず
 冬の一人暮らしって、家族と過ごすよりも寒く感じますよね……。とはいえ、値上がりする電気代に困っている人も多いはず。今回...
あなたは受け恋?追い恋?11月28日~12月4日エレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
“たまたま”のごはん場へGO!みんなで仲良くたくさん食べてね
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
観葉植物がすぐ枯れる!購入前に知りたい5つの原因と選び方
 部屋の中に観葉植物があると、それだけで素敵な雰囲気に変わりますよね。しかし、観葉植物を枯らしてしまった経験があると、欲...
最期のLINEは「大好きだよ」忘れられない女友達の感動の言葉
 あなたにとって女友達とはどのような存在でしょうか? もしかしたらその友達は、あなたを救う女神様かもしれません。  今...
この季節特有? 浮足立つ気持ちは何だろう 2022.11.27(日)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
誰かに紹介する?したくない?付き合う人の選び方は単純明快
 親や先輩から「付き合う人は選んだほうがいいよ」と言われた経験はありませんか?  お恥ずかしいのですが、私は30歳に...
「授乳するの気持ち悪い」と落ち込んだ日 2022.11.25(金)
 皆さん、授乳にどんなイメージを持っていますか。母と子が触れ合う大切な時間? 母親が自らの栄養を子に分け与える神聖な行為...
汚部屋ではないけれど…「片づけられない女」を卒業したい!
 自分の部屋を見回したとき「ぐちゃぐちゃしてる」「誰にも見られたくない」と感じる人は、もしかすると「片付けられない女」か...
日向ぼっこで免疫力アップ! 自慢の“たまたま”もフワフワに
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...