彼氏が欲しいのにできないワケ…夏本番までに恋人が欲しい!

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2019-07-23 06:00
投稿日:2019-07-23 06:00
 今年も夏本番が近づいていますね。旅行の計画を立てたり、休暇の調整をしている人も多いのでは? 夏の楽しい思い出に欠かせないのが恋人の存在。夏本番を前にして「彼氏が欲しいのにできない!」と嘆いている女性も見かけます。「今年の夏は、彼氏と一緒に楽しみたい!」と気合い十分な女性の皆さん。努力をしているのに彼氏ができない理由について、真剣に考えてみましょう。

彼氏が欲しいのできない悲痛な叫びとは

今年の夏こそ浴衣デート!って思っていても…(写真:iStock)
今年の夏こそ浴衣デート!って思っていても… (写真:iStock)

 彼氏が欲しいのに、できない理由。それは本人も気づかないポイントであることが多いのです。彼氏が欲しいのにできなくて途方に暮れている女性たちの悲痛な叫びをご覧ください。

自分磨きをしてみてもダメ

「自分磨きしてもダメですね。休日は恋をしたいあまりに、高額なエステに通う。美容院だって2週間に1度は行く。何かに打ち込んでいる姿が男心を射止めると聞いたので、毎日ヨガにも通っています。それなのに彼氏ができない。女友達は人並みにいる方だし、オシャレには敏感。友達からは“彼氏がいそうなのにね”って言われます。それなのに、なんで?」

合コンで気合いを入れているのに

「彼氏が5年間いない私を見かねた友達が、合コンをセッティングしてくれます。男性が好きそうなワンピースに、きらびやかなアクセサリー。男ウケを狙ったナチュラメイク。ちゃんと上目遣いして女子らしさをアピールしたり、お礼だってちゃんと言います。ちょっとした手土産も忘れません。でも彼氏ができないんですよね。もうワケがわかりません」

彼氏ができないことに焦ってる

「かれこれ10年は彼氏がいないと思います。学生時代は、自分で言うのも変ですがモテました。告白されることは頻繁にあったんですけどね……。友達から結婚の報告を受けるたびに、“なんであんな地味な子が……”って思ってますよ。自分は間違いなく彼女たちよりルックスもいいのに、焦ってきます。自分だけ恋ができないことに、ひねくれちゃいます」

彼氏が欲しいのに“できない”理由

モテファッションを研究しすぎて迷走状態(写真:iStock)
モテファッションを研究しすぎて迷走状態 (写真:iStock)

 彼氏が欲しいのにできない女性たちの言い分から考察すれば、彼氏ができない理由が見えてきます。ポイントは“男女の着眼点の違い”なんですよ。

男は“好きになってくれた”女性が好き

 同時に恋に落ちて、両思いになることって相当な奇跡です。これは間違いありません。どうして両思いになるのかと言うと、どちらかが好意を出すことによって、2人の距離が縮まるんですよ。これに気づいてない女性が多いように思えます。

 特に男性はモテたい生き物ですし、できれば自分だけを見ていて欲しい人が多数。健気に自分に思いを寄せてくれる女性が好き。ちょっとでも好意を寄せているかのアプローチをすれば、すぐにその気になってくれます。見た目を磨くより早い話ですが、多くの女性がこのことに気づいていません。

差をつけようと奇抜過ぎてもダメ

 周りに彼氏ができるのに、自分は彼氏が欲しいのにできない。自分の何が原因なのかを考えた時に、「周りの女性に埋もれているからかも?」と考える女性は多いです。その結果、ファッションで差をつけようとモテファッションを研究し始めます。

 雑誌やネットの情報が、そのまま自分にも当てはまると信じていますが、それでは彼氏はできません。骨格や顔の作りが違うのに、全てを真似して取り入れてしまってはファッションセンスが皆無な人に思われます。

 似合っていてこそ垢抜けるというもの。何が自分に必要か、必要でないかを考えましょう。ギラギラした雰囲気は男性を遠ざけます。モテを意識したその必死さに、悲壮感が漂っているからです。

恋は知らない間に“しているもの”

 多くの女性が恋をしようと出会いの場に出かけます。初対面で“いいな”と思うくらいの男性なら、職場にも1人や2人はいるのではないでしょうか。その人と付き合いたいと思うのは、関係が深まってから。そうやって、恋は知らない間にしているものなんです。

 しかし、彼氏ができない女性は“数撃てば当たる”という女性が多いように思えます。いくら出会いの場に足繁く出かけても「いいなぁ」くらいで、人のことを好きにはなれません。それは男性も同じ。好感を抱いた後のさらにワンプッシュがないと、恋には落ちないのです。

 出会うことばかりに重点を置いていては、進展しないのは当たり前のことです。相手を瞬時に判断するのではなく深いところを見抜きましょう。

彼氏が欲しいのにできない理由は自分にある

「出会いがない」を卒業してすてきな夏を(写真:iStock)
「出会いがない」を卒業してすてきな夏を (写真:iStock)

 よく彼氏ができない女性は「出会いがなくて……」と言います。筆者から言わせれば、コンビニに行くだけでも男性には確実に会うことができます。通勤電車の中にも、何人の男性がいるのでしょうか。こんなに男性に出会っているのに「出会いがない」と、まとめる時点でナンセンスなんです。

 出会ってはいるのに、自分がモーションをかけられていないだけ。もしかしたら相手が自分のことを見て、気になっている場合もありますよね。ちょっとしたことから、その男性と仲良くなる可能性だってあります。筆者も遠回りしてできた男友達がいます。出会いは案外、本気になればすぐに見つかるもの。彼氏を作るのに重要なのは、そこから先に発展できるだけの自分の魅力があるかどうかなのです。

ラブ 新着一覧


これって束縛?彼氏が「女友達」と飲みに行くのは許せない!
 彼氏に対して束縛したくないし、めんどくさい女とも思われたくない……。  し、しかしですよ。 「女友達と飲みに行く」...
若林杏樹 2022-11-30 06:00 ラブ
“はずれ夫”を引いちまった!結婚を後悔させる男の賢い対処法
 結婚が決まったら、誰もが幸せな生活を想像するでしょう。しかし、実際の結婚生活は思った以上に難しいもの。一緒に生活したら...
恋バナ調査隊 2022-11-30 06:00 ラブ
クロ確定の証拠入手先は? ツメ甘男の浮気を見抜いたエピ3選
 あなたは「私の彼は絶対に浮気しない」と言い切れますか? もしかしたら彼は、うまく隠しているだけで、今まさに浮気中かもし...
恋バナ調査隊 2022-11-28 06:00 ラブ
子作りの最後の機会でも…離婚→再婚を迷う女性の2つの悩み
「冷酷と激情のあいだvol.118〜女性編〜」では、不倫相手である菜摘さん(38歳・仮名)が「離婚する」と言いながら一向...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
子なし女とプチ遠距離不倫に悩む男「いつまで待たされる?」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
「パイパイほしいでちゅ」妻号泣!夫⇔不倫女のアウトなLINE
 世間を騒がす芸能人や著名人の不倫報道。いざ自分の身に降りかかったらあなたはどうしますか?  今回は信頼していた...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ
浮気男がかます「言い訳あるある」大全 彼の口癖と比べてみて
 浮気している男性は、必死に隠そうとします。ただ「マニュアル本でもあるのか?」とつっこみたくなるくらい、ほとんどの男性が...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ
「処女妻」初夜の儀式 夫公認でセレブ義父母の性奴隷に… #1
 セレブ家庭に嫁いで間もないR子さん(25歳主婦/子供なし)。サラサラのセミロングヘアにひな人形のように愛らしい顔立ちは...
蒼井凜花 2022-11-25 06:00 ラブ
新海誠作品「言の葉の庭」は“年下男子に好かれるツボ”だらけ
 年上女性と年下男性を描いた映画はたくさんありますが、そのなかでも男性の人気が高いのは『言の葉の庭』。 『すずめの戸締...
内藤みか 2022-11-24 06:00 ラブ
何かの罠?元彼の結婚式に呼ばれた!出席の判断基準&注意点
 結婚式は、新郎新婦にとって純粋な愛を誓う神聖な儀式です。でも、世の中には稀に「元彼から結婚式の招待状が届いた」という人...
恋バナ調査隊 2022-11-24 06:00 ラブ
初対面で“恋愛対象落選”は嫌!男がチェックしている女の言動
「人は第一印象が9割」とよくいいますよね。  男性は初対面で恋愛的にアリかナシか判断する場合が多く、第一印象が良くない...
若林杏樹 2022-11-23 06:00 ラブ
40代婚活もタイパ重視!「出会いがない職業」の男性を狙う
 婚活中の女性にとって、まだ相手のいない男性を見つけるのは至難の業ですよね。でも実は「男性の職業」に注目すると、女性との...
恋バナ調査隊 2022-11-23 06:00 ラブ
「動物好きと動物嫌い」結婚か別れか、問題と解決策を総点検
 好きで結婚したい相手がいるけれど、「譲れない部分の価値観が違っている」と悩む人は多いですよね。中でも、自分が動物好き(...
恋バナ調査隊 2022-11-21 06:00 ラブ
夫から離婚したいと言われたら…絶対に避けるべき3つのこと
 突然夫から「離婚したい」と言われたら、誰だって驚きますよね。夫婦関係がうまくいっていない自覚があるのであればまだしも、...
恋バナ調査隊 2022-11-20 06:00 ラブ
同棲だからこそベッタリしたい!性生活を拒む彼女に不満な男
「冷酷と激情のあいだvol.117〜女性編〜」では、同棲開始と同時に夜の生活に積極的になった恋人・ソウイチさん(仮名・3...
2022-11-19 06:00 ラブ