彼氏が欲しいのにできないワケ…夏本番までに恋人が欲しい!

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2019-07-23 06:00
投稿日:2019-07-23 06:00
 今年も夏本番が近づいていますね。旅行の計画を立てたり、休暇の調整をしている人も多いのでは? 夏の楽しい思い出に欠かせないのが恋人の存在。夏本番を前にして「彼氏が欲しいのにできない!」と嘆いている女性も見かけます。「今年の夏は、彼氏と一緒に楽しみたい!」と気合い十分な女性の皆さん。努力をしているのに彼氏ができない理由について、真剣に考えてみましょう。

彼氏が欲しいのできない悲痛な叫びとは

今年の夏こそ浴衣デート!って思っていても…(写真:iStock)
今年の夏こそ浴衣デート!って思っていても… (写真:iStock)

 彼氏が欲しいのに、できない理由。それは本人も気づかないポイントであることが多いのです。彼氏が欲しいのにできなくて途方に暮れている女性たちの悲痛な叫びをご覧ください。

自分磨きをしてみてもダメ

「自分磨きしてもダメですね。休日は恋をしたいあまりに、高額なエステに通う。美容院だって2週間に1度は行く。何かに打ち込んでいる姿が男心を射止めると聞いたので、毎日ヨガにも通っています。それなのに彼氏ができない。女友達は人並みにいる方だし、オシャレには敏感。友達からは“彼氏がいそうなのにね”って言われます。それなのに、なんで?」

合コンで気合いを入れているのに

「彼氏が5年間いない私を見かねた友達が、合コンをセッティングしてくれます。男性が好きそうなワンピースに、きらびやかなアクセサリー。男ウケを狙ったナチュラメイク。ちゃんと上目遣いして女子らしさをアピールしたり、お礼だってちゃんと言います。ちょっとした手土産も忘れません。でも彼氏ができないんですよね。もうワケがわかりません」

彼氏ができないことに焦ってる

「かれこれ10年は彼氏がいないと思います。学生時代は、自分で言うのも変ですがモテました。告白されることは頻繁にあったんですけどね……。友達から結婚の報告を受けるたびに、“なんであんな地味な子が……”って思ってますよ。自分は間違いなく彼女たちよりルックスもいいのに、焦ってきます。自分だけ恋ができないことに、ひねくれちゃいます」

彼氏が欲しいのに“できない”理由

モテファッションを研究しすぎて迷走状態(写真:iStock)
モテファッションを研究しすぎて迷走状態 (写真:iStock)

 彼氏が欲しいのにできない女性たちの言い分から考察すれば、彼氏ができない理由が見えてきます。ポイントは“男女の着眼点の違い”なんですよ。

男は“好きになってくれた”女性が好き

 同時に恋に落ちて、両思いになることって相当な奇跡です。これは間違いありません。どうして両思いになるのかと言うと、どちらかが好意を出すことによって、2人の距離が縮まるんですよ。これに気づいてない女性が多いように思えます。

 特に男性はモテたい生き物ですし、できれば自分だけを見ていて欲しい人が多数。健気に自分に思いを寄せてくれる女性が好き。ちょっとでも好意を寄せているかのアプローチをすれば、すぐにその気になってくれます。見た目を磨くより早い話ですが、多くの女性がこのことに気づいていません。

差をつけようと奇抜過ぎてもダメ

 周りに彼氏ができるのに、自分は彼氏が欲しいのにできない。自分の何が原因なのかを考えた時に、「周りの女性に埋もれているからかも?」と考える女性は多いです。その結果、ファッションで差をつけようとモテファッションを研究し始めます。

 雑誌やネットの情報が、そのまま自分にも当てはまると信じていますが、それでは彼氏はできません。骨格や顔の作りが違うのに、全てを真似して取り入れてしまってはファッションセンスが皆無な人に思われます。

 似合っていてこそ垢抜けるというもの。何が自分に必要か、必要でないかを考えましょう。ギラギラした雰囲気は男性を遠ざけます。モテを意識したその必死さに、悲壮感が漂っているからです。

恋は知らない間に“しているもの”

 多くの女性が恋をしようと出会いの場に出かけます。初対面で“いいな”と思うくらいの男性なら、職場にも1人や2人はいるのではないでしょうか。その人と付き合いたいと思うのは、関係が深まってから。そうやって、恋は知らない間にしているものなんです。

 しかし、彼氏ができない女性は“数撃てば当たる”という女性が多いように思えます。いくら出会いの場に足繁く出かけても「いいなぁ」くらいで、人のことを好きにはなれません。それは男性も同じ。好感を抱いた後のさらにワンプッシュがないと、恋には落ちないのです。

 出会うことばかりに重点を置いていては、進展しないのは当たり前のことです。相手を瞬時に判断するのではなく深いところを見抜きましょう。

彼氏が欲しいのにできない理由は自分にある

「出会いがない」を卒業してすてきな夏を(写真:iStock)
「出会いがない」を卒業してすてきな夏を (写真:iStock)

 よく彼氏ができない女性は「出会いがなくて……」と言います。筆者から言わせれば、コンビニに行くだけでも男性には確実に会うことができます。通勤電車の中にも、何人の男性がいるのでしょうか。こんなに男性に出会っているのに「出会いがない」と、まとめる時点でナンセンスなんです。

 出会ってはいるのに、自分がモーションをかけられていないだけ。もしかしたら相手が自分のことを見て、気になっている場合もありますよね。ちょっとしたことから、その男性と仲良くなる可能性だってあります。筆者も遠回りしてできた男友達がいます。出会いは案外、本気になればすぐに見つかるもの。彼氏を作るのに重要なのは、そこから先に発展できるだけの自分の魅力があるかどうかなのです。

東城ゆず
記事一覧
ライター・エディター
1994年生まれ。11歳の頃からブログを運営。ライターやエディターとして、女性誌メディアや地元新聞のコラム枠まで幅広く活躍中。恋愛やママ友問題、介護士であった経験からリアルな介護問題まで幅広い知見がある。年子兄弟を連れ離婚の経験があり、現在は再婚に至る。

ラブ 新着一覧


成長させてあげる…? 男への違和感はスルー厳禁!勘が命中したLINE
「女の直感は当たる」といわれている通り、女性の「ん…?」という違和感は意外と当たるもの。信頼している彼氏やちょっといいな...
恋バナ調査隊 2024-06-15 06:00 ラブ
「倦怠期は不可避だ」運命の女と交際2年半、絶望に占領されるハイスぺ男
「冷酷と激情のあいだvol.199〜女性編〜」では、あえて結婚も同棲もしないスタイルで生涯を添い遂げると決めた恋人・カズ...
並木まき 2024-06-15 06:00 ラブ
年収計2000万のパワーカップルに暗雲?レス問題回避に失敗した46歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-15 06:00 ラブ
無意識な結婚ハラスメントにご用心!恋バナの延長線じゃすまないNG3つ
 結婚ハラスメント、いわゆる「マリハラ」をご存知でしょうか? 最近は何かとハラスメントに厳しいご時世、結婚についての話題...
恋バナ調査隊 2024-06-15 06:00 ラブ
熊谷真実、磯野貴理子は何が…2度3度結婚する中高年女性に特殊技能?
 女優の熊谷真実(64)が今月4日、自身のインスタグラムを更新し、ウエディングドレスの写真とともに結婚パーティーをしたこ...
そこ見る!? ヒモ男とヒモを飼いたい女性のリアリティーショーがすごい
 近頃、恋愛リアリティーショーも細分化されてきています。  バツイチだけの恋愛リアリティーや男性同士の恋愛リアリティー...
内藤みか 2024-06-13 06:00 ラブ
韓国人彼氏はプリンにも嫉妬なんてかわゆ♡ 日韓カップルのLINEを覗き見
 韓流ドラマなどを見ていると、主人公によくいる紳士的で優しい韓国人彼氏に憧れますよね!  実際に、韓国人彼氏がいる...
恋バナ調査隊 2024-06-12 06:00 ラブ
「恋愛も結婚も女性もわからなくて」色恋経験ゼロ男が淡泊に描く既定路線
「冷酷と激情のあいだvol.198〜女性編〜」では、結婚前提で交際する5歳年上の生真面目な恋人・サトルさん(46歳・仮名...
並木まき 2024-06-08 06:00 ラブ
「真面目で大事にされてもときめかない」味気ない男との再婚迷う41歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-08 06:00 ラブ
年齢を言いたがらないアラフォー女性 “私は若く見える”が招く婚活トラブル
 結婚相談所では生年月日はプロフィール上に掲載されていますが、相談所外での恋愛相談を聞いていると、「年齢」を巡って揉める...
植草美幸 2024-06-07 06:00 ラブ
ド緊張して顔が土色!? 夫の人見知り発動時に隣の妻がやるべき3つのこと
「夫が人見知りで困っている」という悩みを抱える妻は少なくありません。ご近所付き合いや親戚の集まり、子育て関係のイベントや...
恋バナ調査隊 2024-06-07 06:00 ラブ
“女風”で気持ち良くなりたいのに…アラフォー女性初回利用でなぜ大失敗?
 女性用風俗、略して「女風」の勢いが止まりません。東京都だけで約100店舗ほどがあるとされ、どのお店の誰を選べばいいのか...
内藤みか 2024-06-06 06:00 ラブ
唇かむ“サレ女”。高度化する浮気バレ対策、奴らはLINEに証拠残さない!
 今、SNSのショート動画には“スマホから浮気を発見する方法”に関する動画が溢れ返っています。LINEはトーク画面上から...
ミクニシオリ 2024-06-06 06:00 ラブ
「野球大好き男」彼氏がうざい件 たまには違う話をしてー!対処法は?
 野球大好き男を彼氏にもつと、一緒に野球観戦デートをしたり、勝利を祝ったり、楽しいこともありますよね。でも、時にはあまり...
恋バナ調査隊 2024-06-06 06:00 ラブ
「関西の女はモテない」のざっくり感。関東男性の本音と好相性のいい人
 恋愛において、相手の出身地は意外と大きな影響があるものです。文化や習慣、価値観などに関わるので、相性にも差が出てきそう...
恋バナ調査隊 2024-06-04 06:00 ラブ
【調香師監修】梅雨はフェロモン危機!パワフルシトラスで恋愛運UPを
 雨の日が続く梅雨時は、出かけるのも仕事に行くのも憂鬱な気分…ヘアスタイルも決まらないし、肌も心も曇りがちなフェロモンピ...
太田奈月 2024-06-04 06:00 ラブ