男性は耳からも恋をするんです…彼が喜ぶ効果的なセリフ3選

山本早織 結婚につながる恋のコンサル
更新日:2019-05-28 06:00
投稿日:2019-05-28 06:00
 結婚につながる恋コラム第6回は、意中の男性から「好きだ」と言ってもらうため、決してぶりっ子には見えず、でもしっかり女性として意識してもらえるような男性へのアプローチ方法をお伝えします。
男性も“耳”から恋するのです(写真:iStock)
男性も“耳”から恋するのです (写真:iStock)

「女は耳で恋をして、男は目で恋をする」――。そんな言葉を聞いたことはありませんか?

 女性は良い声の男性に男性らしさを感じたり、「好きだよ」「素敵だね」「可愛いよ」などセリフにも反応しやすいと言われています。

 ピロートークで男性からかけてもらう声に感じたり、自分の声で盛り上げる女性もいるのは、女性が耳からの情報に脳が素直に反応するという証拠。

 一方の男性は、わかりやすく美人であるとか、首元・手首・足首……と“3つの首”を出すファッション、胸などに反応するケースが多いことから「男は目で恋をする」と言われています。

 でも、実は男性だって耳からも恋をできる生き物なんです。

 ただし男性の場合、耳からキャッチした情報を映像で脳にイメージしやすいものにしてあげなければなりません。良い声や声の高さ、質などではなく、イメージしやすいセリフに特化させていきましょう。

 注意点は、女性自身があざとい小技だと思ってしまうと「そんなこと私はできない」と自分でブロックをしてしまいがち。そのため、自然と出てくる言葉の中に、男性がイメージをしやすいセリフを入れていくことをオススメしています。

 それではさっそく、効果的なセリフをいくつか伝授させていただきましょう。

1「こんなの初めて♡」

「初めて」の一言で男性の喜びは倍増(写真:iStock)
「初めて」の一言で男性の喜びは倍増 (写真:iStock)

 これを聞いて「うわ!絶対私には言えない」と思ったあなた、大丈夫です。

 例えば、いいなと思っている男性に誘ってもらったお店で、男性側が「このお料理がオススメだよ」と勧めてくれたとしましょう。そして、あなたはそのお料理を食べたことがあったとします。だとしても、「私、結構これ好きなんだけど、こんなに美味しいって思ったの初めてだよ」でもOK。

 男性は女性の「初めて」に喜びを感じる生き物。また、初めて訪れたお店なら「わ〜、初めて〜」と素直に言葉を発することもできますね。

 嘘をつく必要はありません。しかし、相手に、嬉しいという言葉を伝える時に、男性には「初めて」ということを伝えてあげることがポイントです。

 女性に初めての体験を提供したというイメージは、お付き合いをしたら、さらには結婚をしたら、きっとこんな風に初めてのことを喜んでくれるんだ、と男性のイメージへとなるはずです。

2「大好き」

「こういう雰囲気のお店“大好き”」でもOK(写真:iStock)
「こういう雰囲気のお店“大好き”」でもOK (写真:iStock)

「いやいや山本さん。こんな直接的に言えないでしょ」と思ったあなた!安心してください。

 一緒にいる間に、自分が好きだと思った物や景色に対して、「私これすっごい大好き」っと最高の笑顔で伝えてあげてください。

 大好きという言葉を男性に向けて言っているわけではないのに、男性は自分に言われているように喜ぶはずです。

3「なんでわかったの!?」

嬉しい気持ちを笑顔で伝えることが大事(写真:iStock)
嬉しい気持ちを笑顔で伝えることが大事 (写真:iStock)

 何か男性がしてくれたことに対して、「なんで私がここに行きたいってわかったの!?」など、これが私の望んでいることだったの!ということを言葉にして伝えてあげましょう。

 男性は、自分の考えたことが女性にとっての“正解”だったことに喜び、「この女性とは感覚が近い」「正解がわかるから一緒にいてラクだし楽しい」という感情が生まれ、一緒にいるところをイメージしやすくなります。

  ◇  ◇  ◇

 全てのセリフが共通しているのは、彼がしてくれたことに対して最高に喜び、笑顔をプレゼントすること。そして男性に上記のセリフを伝えているだけで、男性はあなたが何をすれば喜んでくれて、何をすれば笑顔になるかを分かっていきます。

 要するに、付き合う前からあなたの取扱説明書を男性に埋め込むことができるのです。

 耳からあなたと過ごす未来を想像させることこそ、耳で恋に落とす必勝法と言えるでしょう

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM