夫の父親である「舅」をたぶらかし…意のままに操る鬼嫁たち

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-06-29 06:00
投稿日:2019-06-29 06:00
 あざとい性分のお嫁さんには、夫の父親である“舅”をたぶらかし、世の夫や姑をモヤモヤさせている女性もいるようです。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんなアブナイ鬼嫁たちの実態に迫ります。

1:舅にこっそり電話をして姑の悪口を…

「お義父さん聞いて。お義母さんったらひどいのよ」(写真:iStock)
「お義父さん聞いて。お義母さんったらひどいのよ」 (写真:iStock)

「うちの嫁は、もともと色気をムンムンに出すのが好きなタイプなのか、結婚当初から派手な化粧や服装で、まるでプロの接客のような甘ったるい態度をする女でした。

 そんな嫁に、お父さん(夫)はメロメロ。面白くないのは私だけで、息子もデレデレしていて、なんでも嫁の思い通りに進むような状態になっていました。

 まぁ、息子夫婦の仲が良ければ、私はそれでいいと思っていたので静観していたのですが、つい先日、嫁が夫に勝手に電話をして、私の悪口を散々吹き込んでいることが判明しました。

 夫から『××さん(嫁)に、もっと優しくしてやれ』って怒られたのですが、その内容はすべて“でっち上げ”。

 色気を振りまくだけでなく、私をライバル視して、お父さんにまで色目を使うなんて……と、ほとほと呆れています」(65歳女性/主婦)

  ◇  ◇  ◇

 義実家とは親しいに越したことはないけれど、まるで中学生の女子グループのように“でっち上げの悪口”をやられてしまえば、お姑さんの心情は穏やかではいられないでしょう……。

2:手伝いをしたくないからと舅をたぶらかし…

「お義父さん、このお皿洗っておいてくれません?」(写真:iStock)
「お義父さん、このお皿洗っておいてくれません?」 (写真:iStock)

「嫁は、家事が苦手なタイプのようです。

 息子夫婦が帰省してきたときには、そんなに難しくない手伝いを嫁に頼むのですが、気づくと、お願いしたことは夫(舅)がやっていることが多く、驚きます。

 自分の夫である息子に頼むならまだわかるんですけど、なぜ義父である夫に?って思いますし、普段は家のことをしない夫が、嫁に言われるがままに鼻の下を伸ばしながら動いている姿を見るたびに、イラッとします。

 一度、頭にきて息子に相談してみたところ『オヤジとあの子は、普段からLINEしてて、めちゃ仲良し』って聞かされ、さらにビックリ。

 帰省時に、手伝いをせずに済むよう、日頃から夫を手なずけていたようです」(67歳女性/主婦)

  ◇  ◇  ◇

 帰省時の立ち回りを踏まえて、日ごろから舅を手なずけていたとは、なんともお見事。

 その事実を知ってしまったお姑さんとしては、心中穏やかではいられないでしょうが……。

3:買い物には必ず舅を同行させ…

舅と仲の良すぎる嫁にイライラ…(写真:iStock)
舅と仲の良すぎる嫁にイライラ… (写真:iStock)

「晩婚だった息子は、かなり年上のお嫁さんをもらいました。

 息子夫婦が幸せなら、それでいいと静観をしていたのですが、最近、その嫁がうちの夫にベタベタするので、あまり面白くありません。

 実は、嫁は息子より14歳年上。なので、夫から見ると、ちょうどいい歳の差の“年下女性”にもあたるっぽいんです。

 買い物に行くときには、必ず夫を同行させ、息子と私はお留守番。

 出かけた先で、服だの雑貨だのを夫に買わせて、ご満悦で帰ってきます。

 夫は私にはお金を使うタイプではないので、嫁にあそこまで散財するなんて、ふたりのときにいったい何をしているんだろう……って気が気ではありません」(66歳女性/主婦)

  ◇  ◇  ◇

 息子とベタベタするならまだしも、舅とベタベタな嫁の姿を見てしまえば、勘ぐってしまうのも姑の心理でしょう。

 夫の父親である“舅”を意のままに操るお嫁さんもいるようです。

 こんなお嫁さんがいたら、お姑さんの気は、ひとときも休まらないことでしょう。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 将来的に結婚を考えている男性は、少し余裕のある女性を好む傾向があります。それまでの恋愛は同年代のワガママに付き合ってい...
若林杏樹 2020-10-26 06:00 ラブ
FILM
 身長の低い女性は、基本的にはモテると言われます。小さくて可愛らしい動きにキュンキュンする男性も多く、実際にそれを自覚し...
恋バナ調査隊 2020-10-26 06:00 ラブ
FILM
 恋愛中、片思いの彼に振り向いて欲しいからとLINEで駆け引きをする人って多いですよね。あえて未読スルーで焦らせてみたり...
恋バナ調査隊 2020-10-25 06:02 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。現在のシングルマザーの平均年齢は33歳、再婚率は26%と言われています。離婚...
山崎世美子 2020-10-24 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-10-24 07:48 ラブ
FILM
「冷酷と激情のあいだvol.18〜女性編〜」では、ダブル不倫の相手と再婚をしたくて夫に離婚を切り出した女性・Wさんの心情...
並木まき 2020-10-24 07:49 ラブ
FILM
 離婚後、新しい恋愛のチャンスがやってきた!?……と思ったのも束の間、元夫の方が自分に合ってたのかもしれないなぁ。そんな...
七味さや 2020-10-23 06:00 ラブ
FILM
 あなたは恋人と別れ話をする時に、LINEや電話で話す派ですか? それとも会って話す派ですか?「重要な話ほど、きちんと話...
ミクニシオリ 2020-10-23 06:00 ラブ
FILM
 今、かつてないほどの出張ホスト人気が起きています。コロナ禍で夜の街に行きづらくなった女性たちが、マンツーマンで相手をし...
内藤みか 2020-10-22 06:00 ラブ
FILM
 好きな人とデートに行った後、「楽しかったね!」とLINEしたのに既読スルーされた……なんて経験はありませんか? 多くの...
恋バナ調査隊 2020-10-22 06:00 ラブ
FILM
 則夫の内縁の妻の連れ子が不憫で、養護施設に寄付をしたいと加奈子さんが言ったとき、則夫は最初、そのお金は預かれない、そこ...
神田つばき 2020-10-21 06:00 ラブ
FILM
 失恋した時や彼氏がいない時、「そうだ! 何か習い事をして自分磨きをしよう」という思考になることがあります。それはとても...
田中絵音 2020-10-20 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-10-21 23:04 ラブ
FILM
 世間では草食男子の増殖に比例するように、グイグイ攻めることができる肉食女子も増えておりますね。自分から攻めずとも女性か...
若林杏樹 2020-10-19 06:50 ラブ
FILM
 彼氏がいるのに好きな人ができてしまうと、本当に辛くて悩みますよね……。彼氏のことも好きだけど、新しい人のことも好きにな...
恋バナ調査隊 2020-10-19 06:43 ラブ
FILM
 メリさんこんにちは。今年30歳になる独身の女です。付き合って1年5カ月、1歳年上の彼氏がいるのですが、私は子どもが大好...
神崎メリ 2020-10-18 06:00 ラブ