夫の父親である「舅」をたぶらかし…意のままに操る鬼嫁たち

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-06-29 06:00
投稿日:2019-06-29 06:00
 あざとい性分のお嫁さんには、夫の父親である“舅”をたぶらかし、世の夫や姑をモヤモヤさせている女性もいるようです。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんなアブナイ鬼嫁たちの実態に迫ります。

1:舅にこっそり電話をして姑の悪口を…

「お義父さん聞いて。お義母さんったらひどいのよ」(写真:iStock)
「お義父さん聞いて。お義母さんったらひどいのよ」 (写真:iStock)

「うちの嫁は、もともと色気をムンムンに出すのが好きなタイプなのか、結婚当初から派手な化粧や服装で、まるでプロの接客のような甘ったるい態度をする女でした。

 そんな嫁に、お父さん(夫)はメロメロ。面白くないのは私だけで、息子もデレデレしていて、なんでも嫁の思い通りに進むような状態になっていました。

 まぁ、息子夫婦の仲が良ければ、私はそれでいいと思っていたので静観していたのですが、つい先日、嫁が夫に勝手に電話をして、私の悪口を散々吹き込んでいることが判明しました。

 夫から『××さん(嫁)に、もっと優しくしてやれ』って怒られたのですが、その内容はすべて“でっち上げ”。

 色気を振りまくだけでなく、私をライバル視して、お父さんにまで色目を使うなんて……と、ほとほと呆れています」(65歳女性/主婦)

  ◇  ◇  ◇

 義実家とは親しいに越したことはないけれど、まるで中学生の女子グループのように“でっち上げの悪口”をやられてしまえば、お姑さんの心情は穏やかではいられないでしょう……。

2:手伝いをしたくないからと舅をたぶらかし…

「お義父さん、このお皿洗っておいてくれません?」(写真:iStock)
「お義父さん、このお皿洗っておいてくれません?」 (写真:iStock)

「嫁は、家事が苦手なタイプのようです。

 息子夫婦が帰省してきたときには、そんなに難しくない手伝いを嫁に頼むのですが、気づくと、お願いしたことは夫(舅)がやっていることが多く、驚きます。

 自分の夫である息子に頼むならまだわかるんですけど、なぜ義父である夫に?って思いますし、普段は家のことをしない夫が、嫁に言われるがままに鼻の下を伸ばしながら動いている姿を見るたびに、イラッとします。

 一度、頭にきて息子に相談してみたところ『オヤジとあの子は、普段からLINEしてて、めちゃ仲良し』って聞かされ、さらにビックリ。

 帰省時に、手伝いをせずに済むよう、日頃から夫を手なずけていたようです」(67歳女性/主婦)

  ◇  ◇  ◇

 帰省時の立ち回りを踏まえて、日ごろから舅を手なずけていたとは、なんともお見事。

 その事実を知ってしまったお姑さんとしては、心中穏やかではいられないでしょうが……。

3:買い物には必ず舅を同行させ…

舅と仲の良すぎる嫁にイライラ…(写真:iStock)
舅と仲の良すぎる嫁にイライラ… (写真:iStock)

「晩婚だった息子は、かなり年上のお嫁さんをもらいました。

 息子夫婦が幸せなら、それでいいと静観をしていたのですが、最近、その嫁がうちの夫にベタベタするので、あまり面白くありません。

 実は、嫁は息子より14歳年上。なので、夫から見ると、ちょうどいい歳の差の“年下女性”にもあたるっぽいんです。

 買い物に行くときには、必ず夫を同行させ、息子と私はお留守番。

 出かけた先で、服だの雑貨だのを夫に買わせて、ご満悦で帰ってきます。

 夫は私にはお金を使うタイプではないので、嫁にあそこまで散財するなんて、ふたりのときにいったい何をしているんだろう……って気が気ではありません」(66歳女性/主婦)

  ◇  ◇  ◇

 息子とベタベタするならまだしも、舅とベタベタな嫁の姿を見てしまえば、勘ぐってしまうのも姑の心理でしょう。

 夫の父親である“舅”を意のままに操るお嫁さんもいるようです。

 こんなお嫁さんがいたら、お姑さんの気は、ひとときも休まらないことでしょう。

並木まき
記事一覧
ライター・エディター
元市議会議員・時短美容家(一般社団法人 時短美容協会・代表理事)の肩書きを有する。20代から見聞きしてきた魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様への分析を活かし、美容や恋愛に関するコラムを中心に、さまざまな媒体に寄稿。
Instagram公式HP

日刊ゲンダイ掲載「あの人は今」
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/277865

ラブ 新着一覧


モテるのに彼氏ができない 本命になれない30代女のガチ原因
「いいところまで行くのに彼氏ができない」 「もう数年間も、ちゃんとした恋人ができてない」  20代の時は彼氏彼女の関...
若林杏樹 2023-02-01 06:00 ラブ
モテるアラフィフ独身男は要注意? “難あり物件”に見られる5つの特徴
 昔に比べて、今はアラフィフでも若々しく魅力的な男性ってとても多いですよね。結婚相手を探している女性の中には、色気があり...
恋バナ調査隊 2023-02-01 06:00 ラブ
違和感は放置しない! 金銭感覚が合わない彼との付き合い方
 彼の金遣いの荒さにびっくりしたり、逆に財布のヒモの固さに引いたことはありませんか? 金銭感覚のズレを放置すると、後々苦...
恋バナ調査隊 2023-01-31 06:00 ラブ
既婚者マッチングアプリって?実際に使ってみた感想と注意点
 巷でひっそりと流行している「既婚者マッチングアプリ」をご存じですか?  その名の通り、既婚者専用のマッチングアプリで...
まめ 2023-01-31 06:00 ラブ
非・顔面国宝でなぜモテる?「雰囲気イケメン」特徴5つと落とすポイント
 男性の中には“顔面国宝”ってわけでもないのに、素敵なムードを醸し出していてなぜかモテる人がいます。それが雰囲気イケメン...
恋バナ調査隊 2023-01-30 06:00 ラブ
浮気も姑問題も解決!妻が夫に仕掛けた“わざと誤爆LINE”作戦
 いつの時代も、夫を上手に手のひらで転がしている賢い妻はいますよね。特に現代では、LINEを巧みに使って夫にわざと誤爆L...
恋バナ調査隊 2023-01-29 06:00 ラブ
実家が太い男“ほぼ100パー”特徴と見極め方 玉の輿乗れますか
 結婚相手を選ぶ時、「お金じゃない」なんて言いながらもリッチな男性につい惹かれてしまう女性は多いのではないでしょうか。不...
恋バナ調査隊 2023-01-29 06:00 ラブ
理系男子に告ぐ! イチイチめんどくさい恋愛エピ&対処法
 知的でクールな印象の理系男子って魅力的ですよね。でも、理系男子に惹かれてお付き合いをはじめた女性の中には、理系ならでは...
恋バナ調査隊 2023-01-28 06:00 ラブ
デート代、端数も計算してたんかい!ケチな男の仰天LINE3選
「好きなら男に経済力なんかなくてもいい!」と思っているそこのあなた。リアルに“ケチ”な姿を見ても、同じセリフを言えますか...
恋バナ調査隊 2023-01-28 06:00 ラブ
「アプリで見つけた彼女候補」と主張 一線越える気がない男
「冷酷と激情のあいだvol.127〜女性編〜」では、アプリで出会った恋人であるナオキさん(仮名)と半年間にわたって一度も...
並木まき 2023-01-28 06:00 ラブ
お金狙い?結婚前提なのにレスな彼にしびれを切らす45歳独女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2023-01-28 06:00 ラブ
めんどくさいと諦め寸前エピ…繊細彼氏→最高彼氏にバケる!?
 細かいところに気がついてくれる彼氏って素敵ですよね。「よく気が利く」「気持ちを察してくれる」と、はじめは魅力を感じるで...
恋バナ調査隊 2023-01-27 06:00 ラブ
私たちが事実婚を選んだ3つの理由 デメリットも忘れないで
 婚姻届を提出せずに、夫婦と同じような関係で生活を送る「事実婚」。内縁関係とも言われますね。女性なら、結婚して籍を入れる...
恋バナ調査隊 2023-01-27 06:00 ラブ
連チャン最優先!? ギャンブル好き彼氏の激ヤバエピ&上手に付き合う法
 どんなにイケメンで魅力的な彼氏でも、ギャンブル好きだとわかった時点でドン引きしてしまう女性も多いでしょう。今回は、ギャ...
恋バナ調査隊 2023-01-26 06:00 ラブ
ATMにされてない? ママ活男子のおねだりに必殺返しワザ3選
 パパ活の逆ヴァージョンであるママ活という言葉が生まれて数年が経ちました。  それ以降、マッチングアプリではお金目当て...
内藤みか 2023-01-26 06:00 ラブ
友達を好きになったら…告白で関係を壊したくない人の注意点
 今まで恋愛感情がなかった異性の友人に対して、ひょんなことで「自分はあいつが好きなんだ」と気づいてしまった……なんてこと...
若林杏樹 2023-01-25 06:00 ラブ