【個包装の鉄板手土産3選】220円~購入可、ちょっとしたお礼にも重宝

コクハク編集部
更新日:2023-12-26 06:00
投稿日:2023-12-26 06:00
 お世話になった方へのお礼、ホムパの手土産、実家・義実家への帰省、女子会の集まり…。年末から年始にかけて、ちょっとした贈り物をする機会が増えますよね。
 で、その都度慌てないよう、知っておきたいのが、頼りになるFOOD系の手土産。おいしいのはさることながら、おこだわりの条件をすべてクリアした“最適解”をご紹介します!

FOOD系手土産を選ぶ際の6つの条件

ちょっとしたお礼上手になりたい(C)コクハク
ちょっとしたお礼上手になりたい (C)コクハク

 皆さんそれぞれの気遣うポイントがあるかと思いますが、私的条件は以下の6つ。

1. 個包装になっているもの

 個包装は衛生面で安心。一度に食べきらなくてもいいしね。

2. 常温保存が可能

 自宅や店からホムパ先などに直行できる場合は冷凍や冷蔵ものもチョイスできるけれど、こちとら、会社員。平日終業後の会食や女子会では、職場のロッカーにステイさせる必要あり。

 渡した相手が持ち帰る際も常温で保存できるもののほうが、気を遣わせる必要が少ない。

3. 日持ちがするもの(賞味期限2週間以上)

 いくらあったも時間が足りない年末年始。なにかのついでに主要ターミナル駅のデパ地下で購入できたり、気が付いたときに通販でゲットしておきたいところ。

 もちろん、お相手が追われるように食べなくても済む心遣いも込み。

4. 形状が変わりにくいもの(溶けにくい、割れにくい)

 暖房のきいた冬場の室内。チョコレートソースでコーティングされたお菓子がデロ~ンとなってしまったら、嬉しさもおいしさも半減に。

5. 小ぶりで軽量

 単純に持ち運びがラクチン。これ大事。

6. 自分が食べたい

 これもチョー大事。

【1】守半海苔店の「特製のり茶漬」

紫×白×黒のパッケージもよき(C)コクハク
紫×白×黒のパッケージもよき (C)コクハク

 有名人気焼き鳥店の大将にいただいて以来、心を奪われ、時折購入している守半海苔店の「特製のり茶漬」。1袋220円(税込み・以下同)です。

 海苔茶漬けの素で220円!? はい、海苔茶漬けの素でいえば、かなりの高級品です、エルメス級です(あくまで個人的な感想です)。

 でも、封を開けて納得、食べて納得。ほかのそれとは一線を画すクオリティーで、間違いなく笑みがこぼれます。

 明治34年創業の東京・大森にある老舗海苔店の一品。1袋に海苔がこれでもか! と詰まった、“唯一無二”の海苔茶漬けです。

海苔の宝石箱や~

ごはんが見えないほどてんこ盛りの海苔! お茶碗ではなく丼で。幸せすぎる…(C)コクハク
ごはんが見えないほどてんこ盛りの海苔! お茶碗ではなく丼で。幸せすぎる… (C)コクハク

 お湯を注ぐと海苔が溶けて、海苔スープのよう。とにかく贅沢。上品なだし、なにより海苔本来のうまみが味わえます。そこにほんのりとした抹茶の風味、あられが食感のいいアクセントなんだなあ。

 仕事でへとへとで夕食をつくるのがおっくうな時、飲み会後のお夜食、リモートワークの昼食など、1袋あるととっても重宝。ごはん好きはもちろんのこと、ご褒美的な海苔茶漬は高確率で喜ばれます。

 JR大森駅から徒歩5分ほどの本店か、同駅近くの自動販売機にて購入可能。他の駅でも期間限定で自販機が特設される場合もあるとのこと。公式オンラインショップでも買えます。

 オンラインの最小単位は、5食分1100円~(箱入りの場合は1200円)。

【2】TEAPONDの「ティーバッグ」

シンプルな配色と絵柄にうっとり(C)コクハク
シンプルな配色と絵柄にうっとり (C)コクハク

 スタイリストの友人にもらい、まず見た目からノックアウトされちゃったTEAPOND(ティーポンド)の「ティーバッグ」。ジャケ買いならぬジャケ惚れしたのが始まりです。

 本店は東京の清澄白河で、都内には青山店と今話題の麻布台ヒルズに。ほかにも、大阪・梅田と京都・四条河原町にも実店舗がある紅茶専門店です。

 紅茶の専門店とあって、味や風味は織り込み済み。わたくし、茶葉ツウではありません。ジャケ惚れで購入してもいいですよね?

 お店でグラム売りしている茶葉を気軽に試せるティーバッグタイプは、1袋2パッグ入りで399円~。年末年始にはクリスマスブレンド、そしてニューイヤーズブレンドがあり、季節感も演出できます。

無料のラッピングサービス♡

2袋or3袋詰めてもらっています。無料ラッピングサービス、嬉しい!(C)コクハク
2袋or3袋詰めてもらっています。無料ラッピングサービス、嬉しい! (C)コクハク

 ちょっとしたプレゼント用とリクエストすると、無料でかわいくラッピングしてもらえるのがまた嬉しい。オンラインショップがありますが、ティーバッグ単体は店舗での販売のみのようです。

 プレゼントする人の顔や好みを思い浮かべながら、裏面に記載された茶葉の味わいや特徴、生産地をチェックしながら選ぶのは、至福の時――。

【3】ヨックモックの「シガール」

これ、自分へのご褒美(C)コクハク
これ、自分へのご褒美 (C)コクハク

 もはや説明不要かもしれません。ヨックモックといえば、「シガール」。シガールといえば、ヨックモック。定番中の定番です。

 他のメーカーのものに浮気したこともありましたが、やっぱり、戻ってきてしまう安定のうまさ。バターのリッチ感、たまりません。老若男女問わず、安心してお渡しできます。

 1袋10本入り(800円)から購入可能ですが、缶入りであれば、割れる心配もほぼありません。20本入り1728円~。

思い出とともに

よいお年をお迎えください(C)コクハク
よいお年をお迎えください (C)コクハク

 おなじみの青い缶が自宅にあったという人も少なくないのでは。我が家も車通勤だった父親が、電車通勤の日に買ってきてくれた思い出の味です。今年の年末は天国に行ってしまった父の代わりに購入しました。

 今年はプティサイズのシガール(2種)とクッキー(2種)が入った花柄の缶に入った冬限定の詰め合わせ。母と、そして父も喜んでくれるといいな。

(編集O)

コクハク編集部
記事一覧
コクハクの記事を日々更新するアラサー&アラフォー男女。XInstagram のフォローよろしくお願いします!

関連キーワード

フード 新着一覧


時短&コク増し♡「手羽先のコーラ煮」は忙しい日の救世主
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・富士見ヶ丘の「HONGKONG DININ...
「餃子の王将」LOVE♡ 40女の1人飲みはチェーン店が最適解かも
 自他ともに認める酒好きです。1人でも飲みに出かけます。中でもせんべろ系の安い大衆酒場がお気に入り。  いろんな人...
納豆好きが考案した「納豆餃子」隠れ消費大国・山形のDNA、冷凍保存◎
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・下北沢の「大衆酒場 こみじ」の天津真弓さん...
超人気生ドーナツ同様、そば粉クレープ店「ソバープ」も行列必至なのかっ
 食べる前からおいしいに決まってる――。そう思わせる食べ物はこの世の中にごまんとあって、その食べ物は人それぞれです。 ...
めちゃ合う!【ミスド×ゴディバ】ドーナツに“レンジで1分”ホットワイン
 街中の至るところからチョコレートの甘~い香りがただよってくるような2月♪  ドーナツの人気チェーン店ではバレンタ...
市野瀬瞳 2024-02-14 06:00 フード
バレンタイン 薬剤師が開発したチョコレートなら罪悪感ナシ
 明日は待ちに待ったバレンタインですね!  普段はダイエットに勤しむ方や、健康のために糖質制限をしている方も罪悪感なく...
話題の韓国フードをうどんで。「チュモッパ風うどん」がアタリすぎたー!
「爆速レシピクリエイター」およねさんが考案する《最小限の工程で》《最低限の洗い物で》作れる、まんぷく連載「およねの爆速!...
およね 2024-02-12 06:00 フード
タイに行った気分でラープヘッ! 酸っぱからいトムヤムクンに似た炒め物
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋の「オールドタイランド」のウィラサック...
隠し味は味噌!旬の牡蠣入りグラタンでハフハフしませんか♪
 大寒を迎え、寒い日が続いていますが、旬真っ盛りの“海の宝”といえば、牡蠣! ふっくら濃厚でミルキーな味わいは、牡蠣好き...
笹山真琴 2024-02-02 06:00 フード
ワイン居酒屋新幹線、開店!駅構内のコンビニで調達OKなお値打ちの1本
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「...
市野瀬瞳 2024-01-31 06:00 フード
太らない濃厚みそ春雨ラーメン。丼どんどんIN、ずぼらダイエッターに◎
「爆速レシピクリエイター」およねさんが考案する《最小限の工程で》《最低限の洗い物で》作れる、まんぷく連載「およねの爆速!...
およね 2024-01-29 06:00 フード
全国4店舗のみ! はま寿司の激レア朝食、夢の1皿2種盛りにソーセージも
 一日の計は朝ごはんにあり。  今日は、「はま寿司」にお邪魔しましたよ。
生臭さゼロ!今が旬の「ぶりの竜田揚げ」は柚子胡椒が決め手
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・下北沢の「大衆酒場 こみじ」の天津真弓さん...
そばをしゃぶしゃぶする?郷土料理「とうじそば」を初体験!
 みなさんは「とうじそば」って聞いたことがありますか?  筆者は恥ずかしながら30年間も生きてきて、初めて知りました...
中華の定番!「トマトの卵炒め」はケチャップと火加減でプロ級の一皿に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・富士見ヶ丘の「HONGKONG DININ...
生○○の罪よ…もうウブな舌には戻れない!美味すぎる「生胡椒」の塩漬け
 終わりが見えない物価高と値上げラッシュの一方で、上がる見込みがとんとないマイ給料。  家計のスリム化のため、泣く泣く...