保険はやっぱり必要? 子宮頸がんの治療にはいくらかかるのか

コクリコ 編集者
更新日:2019-10-06 11:53
投稿日:2019-07-23 06:00
 私は42歳で子宮頸部腺がんステージ1Bを宣告された未婚女性、がんサバイバー1年生です。がん告知はひとりで受けました。誰にも頼れず、心の内側にずっと不安を抱えながらがんと闘うのはとてもつらいこと。なぜ私が……と思う気持ちと向き合って、そして不確かな情報に惑わされないように、私の体験がお役に立てれば幸いです。
やっぱり不安(写真:iStock)
やっぱり不安 (写真:iStock)

【Note.12】

 今回から2回に渡って「がんとお金」の問題についてお話したいと思います。

 がんを告知されただけでショックなのに、がん治療にお金がかかる可能性もあるなんてCMで流されると、不安は募りますよね。坂本龍一さんのようなお金持ちの方は保険に入ってなくても大丈夫だったでしょうね、って某CMを見るたびに思います。

 私自身も、医療保険だけでなく「がんと診断されると〇〇〇円」系の生命保険に入っていたこと、また正社員として同じ会社に長く勤めていたこともあり、じつはそこまでお金の心配はしていませんでした。

 さらに、治療は幸いにも手術だけで済み、高額になることがある追加治療(抗がん剤、放射線)や、先進医療といった保険適用外の治療は受けていません。ということもあり「参考にならない!」とおっしゃる方がいることは承知のうえで、それでもお伝えできることがあれば、と思っています。

診察にかかったお金について

 MRI、CT、PET検査は高額です。がん確定後、手術までに原発巣の確定、転移の有無などたくさんの検査をするうえで、自己負担額は6万円を超えました。

手術にかかったお金について

 明細を確認すると、手術と麻酔で計100万円ほどがかかっていました。そのうちの3割、30万円ほどが手術に対する自己負担額で、そのほかに薬代や病理検査や画像診断料などの支払いもありました。

 ただし、私たちの加入している公的健康保険制度(社会保険、国民健康保険など)には「高額療養費支給制度」というものがあり、医療費の負担金が高額になり、申請をしてそれが認められた場合には、自己負担限度額を超えた分が高額療養費として支給されます。

 自己負担限度額は年齢と所得などによって変わり、この先発生する医療費が高くなるとわかっている場合は事前申請も可能です。

 とりあえず私はそれどころではなく、なにも申請しないまま入院してしまいましたが、健康保険組合から翌々月には還付されました。「どのくらい還付されるのかな?」と思われるでしょうが、結構な金額です。

 私が窓口で払った金額(手術、麻酔、薬、画像診断ほかに対する金額。差額ベッド代、食事代などは含まない)が70万円。そのうち45万円が還付されています。ちなみに健康保険組合が医療機関に払った金額は150万円でした。保険組合、最高かよ……。

 本当にせこい話で恐縮ですが、私はクレジットカードで治療費と入院費を支払ったので(そして個室に入院していたので)、高額ゆえにポイントもいっぱいつきました(笑)。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


FILM
 大人になると自分では解決できない悩みがつきまといます。「なんとかしたい!」と思っているのにも関わらず、気持ちの整理がつ...
FILM
 親になってからのクリスマスって、これまでと違ったワクワクがありますよね。その一番の理由は、愛しい我が子にとっての“サン...
FILM
 きょうは、二足歩行しそうなにゃんたまωにロックオン♪  独特の巻き毛の遺伝子を持つ、珍しいにゃんたま君。 ...
FILM
 社会人ともなると、泣くに泣けなくなるのが一般的。でも、時々いますよね、泣く女性。なぜ、彼女たちは泣いてしまうのでしょう...
FILM
 企業に勤めていてもフリーランスでも、夜職の女性も専業主婦も、「今から10年後の私は……?」と不安や迷いをおぼえる瞬間が...
FILM
 寒くなってくるこの時期は、お風呂が気持ちいい時期でもありますよね。しかし、この入浴が“命取り”になる可能性があることを...
FILM
 私は42歳で子宮頸部腺がんステージ1Bを宣告された未婚女性、がんサバイバー2年生です(進級しました!)。がん告知はひと...
FILM
 ホストクラブでは恒例の光景となっているシャンパンコール。高額のシャンパンを入れたお客様を店内のホストが取り囲んで威勢の...
FILM
「気になる人がいるんだけど、どう距離を詰めればいいかわからない」  そんな時は迷うことなく、自分から攻めるのが一番!…...
FILM
 きょうは茶トラ3兄弟の憩いの場所にお邪魔しました。  気持ちよさそうにくつろぐ姿にほっこり♪  注目すべき...
FILM
 日本は不妊治療の件数は世界一なのに、体外受精で赤ちゃんが産まれる確率は最下位。そんな状況を変えるために、ミレニアル世代...
FILM
 NYのセレブたちがこぞって実践している「ヘルスリテラシー」という考え方があります。自らが現地で本概念を学び、最強のパフ...
FILM
 巷はそろそろ年末に向かって慌ただしくなって参りました。  年末はお花屋さんにとってはまさに早朝から深夜まで忙しく...
FILM
 大人になるにつれて仕事が忙しくなりますよね。仕事が忙しいと休日に昼前まで寝てしまったり、倦怠感を理由に起きてからもダラ...
FILM
「結婚すると、地味になるよね」――。そんな風に言う人はたくさんいます。男性に限らず、結婚せずに働き続ける女性もそう言うか...
FILM
 NYのセレブたちがこぞって実践している「ヘルスリテラシー」という考え方があります。自らが現地で本概念を学び、最強のパフ...