保険はやっぱり必要? 子宮頸がんの治療にはいくらかかるのか

コクリコ 編集者
更新日:2019-10-06 11:53
投稿日:2019-07-23 06:00
 私は42歳で子宮頸部腺がんステージ1Bを宣告された未婚女性、がんサバイバー1年生です。がん告知はひとりで受けました。誰にも頼れず、心の内側にずっと不安を抱えながらがんと闘うのはとてもつらいこと。なぜ私が……と思う気持ちと向き合って、そして不確かな情報に惑わされないように、私の体験がお役に立てれば幸いです。
やっぱり不安(写真:iStock)
やっぱり不安 (写真:iStock)

【Note.12】

 今回から2回に渡って「がんとお金」の問題についてお話したいと思います。

 がんを告知されただけでショックなのに、がん治療にお金がかかる可能性もあるなんてCMで流されると、不安は募りますよね。坂本龍一さんのようなお金持ちの方は保険に入ってなくても大丈夫だったでしょうね、って某CMを見るたびに思います。

 私自身も、医療保険だけでなく「がんと診断されると〇〇〇円」系の生命保険に入っていたこと、また正社員として同じ会社に長く勤めていたこともあり、じつはそこまでお金の心配はしていませんでした。

 さらに、治療は幸いにも手術だけで済み、高額になることがある追加治療(抗がん剤、放射線)や、先進医療といった保険適用外の治療は受けていません。ということもあり「参考にならない!」とおっしゃる方がいることは承知のうえで、それでもお伝えできることがあれば、と思っています。

診察にかかったお金について

 MRI、CT、PET検査は高額です。がん確定後、手術までに原発巣の確定、転移の有無などたくさんの検査をするうえで、自己負担額は6万円を超えました。

手術にかかったお金について

 明細を確認すると、手術と麻酔で計100万円ほどがかかっていました。そのうちの3割、30万円ほどが手術に対する自己負担額で、そのほかに薬代や病理検査や画像診断料などの支払いもありました。

 ただし、私たちの加入している公的健康保険制度(社会保険、国民健康保険など)には「高額療養費支給制度」というものがあり、医療費の負担金が高額になり、申請をしてそれが認められた場合には、自己負担限度額を超えた分が高額療養費として支給されます。

 自己負担限度額は年齢と所得などによって変わり、この先発生する医療費が高くなるとわかっている場合は事前申請も可能です。

 とりあえず私はそれどころではなく、なにも申請しないまま入院してしまいましたが、健康保険組合から翌々月には還付されました。「どのくらい還付されるのかな?」と思われるでしょうが、結構な金額です。

 私が窓口で払った金額(手術、麻酔、薬、画像診断ほかに対する金額。差額ベッド代、食事代などは含まない)が70万円。そのうち45万円が還付されています。ちなみに健康保険組合が医療機関に払った金額は150万円でした。保険組合、最高かよ……。

 本当にせこい話で恐縮ですが、私はクレジットカードで治療費と入院費を支払ったので(そして個室に入院していたので)、高額ゆえにポイントもいっぱいつきました(笑)。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


FILM
 最近、テレワークやリモートワークという言葉をよく聞くようになりました。オフィスではなく自宅で仕事をすることは、自由であ...
FILM
 えびす様のご利益「大漁満足」と大黒様のご利益「五穀豊穣」を併せ持つような“にゃんたま様”に出逢いました。  あ...
FILM
 突然ですがみなさん、「フェムテック-Femtech-」って聞いたことがありますか? フェムテックとは、女性の悩みをテク...
FILM
 みなさんは、マッチングサイトの「ハッピーメール」をご存知ですか? きっと、「見たり聞いたりしたことはある」「ネットで出...
FILM
 潜在的な患者も含めるとおよそ30〜60人にひとりの女性がかかると言われている甲状腺疾患。バセドウ病は、甲状腺機能が亢進...
FILM
 女性ウケと男性ウケが違うのはわかるんですが、男性からモテたいと思ったとき、避けては通れない要素、それは「色気」。はぁ…...
FILM
 新学期、転校生と校門で目が合って、声を掛けようとしたらサッと行ってしまった…….  きょうは、そんなことを思い出...
FILM
 A氏からのメールには、写真の仕上がりを見せたいから事務所に来てほしい、と書いてありました。「新しい優紀が誕生したよ。俺...
FILM
 あなたは、“媚び”を上手に使っていますか?「媚びを売る」というと、異性の前でぶりっこをしたり、色目を使ったりと何かとマ...
FILM
 およそ1ヶ月の「自粛」があったからこそ今の感染者数で収まっているのか、あるいは、実は殆ど意味なんて無かったのか……。個...
FILM
 一昔前までは、女性は結婚したら家庭を守るのが当たり前でしたが、今では結婚後も仕事を続ける女性がほとんど。兼業主婦として...
FILM
 米アカデミー賞4冠に輝いた韓国映画「パラサイト 半地下の家族」は、半地下に住む家族が金持ちに“パラサイト”していくスト...
FILM
 きょうは、仲良しωωにゃんたま兄弟です。  真っ黒なあんこ玉君と、白黒のタオ君、  ふたりはずっとくっつき...
FILM
 Gをセクハラパワハラで訴えるか否か。現在、弁護士たちと協議を重ねているところです。つくづく、訴訟を起こすには多大な時間...
FILM
 日々の生活の中で、気づけばイライラしてしまっている人も多いのではないでしょうか。できることなら、小さなことで心を乱され...
FILM
 潜在的な患者も含めるとおよそ30〜60人にひとりの女性がかかると言われている甲状腺疾患。バセドウ病は、甲状腺機能が亢進...