保険はやっぱり必要? 子宮頸がんの治療にはいくらかかるのか

コクリコ 編集者
更新日:2019-10-06 11:53
投稿日:2019-07-23 06:00
 私は42歳で子宮頸部腺がんステージ1Bを宣告された未婚女性、がんサバイバー1年生です。がん告知はひとりで受けました。誰にも頼れず、心の内側にずっと不安を抱えながらがんと闘うのはとてもつらいこと。なぜ私が……と思う気持ちと向き合って、そして不確かな情報に惑わされないように、私の体験がお役に立てれば幸いです。
やっぱり不安(写真:iStock)
やっぱり不安 (写真:iStock)

【Note.12】

 今回から2回に渡って「がんとお金」の問題についてお話したいと思います。

 がんを告知されただけでショックなのに、がん治療にお金がかかる可能性もあるなんてCMで流されると、不安は募りますよね。坂本龍一さんのようなお金持ちの方は保険に入ってなくても大丈夫だったでしょうね、って某CMを見るたびに思います。

 私自身も、医療保険だけでなく「がんと診断されると〇〇〇円」系の生命保険に入っていたこと、また正社員として同じ会社に長く勤めていたこともあり、じつはそこまでお金の心配はしていませんでした。

 さらに、治療は幸いにも手術だけで済み、高額になることがある追加治療(抗がん剤、放射線)や、先進医療といった保険適用外の治療は受けていません。ということもあり「参考にならない!」とおっしゃる方がいることは承知のうえで、それでもお伝えできることがあれば、と思っています。

診察にかかったお金について

 MRI、CT、PET検査は高額です。がん確定後、手術までに原発巣の確定、転移の有無などたくさんの検査をするうえで、自己負担額は6万円を超えました。

手術にかかったお金について

 明細を確認すると、手術と麻酔で計100万円ほどがかかっていました。そのうちの3割、30万円ほどが手術に対する自己負担額で、そのほかに薬代や病理検査や画像診断料などの支払いもありました。

 ただし、私たちの加入している公的健康保険制度(社会保険、国民健康保険など)には「高額療養費支給制度」というものがあり、医療費の負担金が高額になり、申請をしてそれが認められた場合には、自己負担限度額を超えた分が高額療養費として支給されます。

 自己負担限度額は年齢と所得などによって変わり、この先発生する医療費が高くなるとわかっている場合は事前申請も可能です。

 とりあえず私はそれどころではなく、なにも申請しないまま入院してしまいましたが、健康保険組合から翌々月には還付されました。「どのくらい還付されるのかな?」と思われるでしょうが、結構な金額です。

 私が窓口で払った金額(手術、麻酔、薬、画像診断ほかに対する金額。差額ベッド代、食事代などは含まない)が70万円。そのうち45万円が還付されています。ちなみに健康保険組合が医療機関に払った金額は150万円でした。保険組合、最高かよ……。

 本当にせこい話で恐縮ですが、私はクレジットカードで治療費と入院費を支払ったので(そして個室に入院していたので)、高額ゆえにポイントもいっぱいつきました(笑)。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


FILM
 やわらかい日差しと蒼い空。  そんな朝はカメラを持って『にゃんたまω散歩』に出かけよう。  にゃんたま君に...
FILM
「何かあったわけでもないのに、なんとなく憂鬱な気持ちが抜けない……」  それはもしかしたら軽度な鬱かもしれません。冬は...
FILM
 女性ではおよそ30〜60人にひとり、男性ではおよそ50〜100人に1人がかかると言われている甲状腺疾患。圧倒的に女性に...
FILM
 私はお酒があまり強くなくてほぼ飲まないのですが、飲み会やデートをすると「飲まないの? 飲んだほうがいいよ!」と無理やり...
FILM
 私もそろそろ、にゃんたまωのプロになってきたので、  隙間からチラっと見える感じで、どんな立派なものが存在するの...
FILM
 恋愛や人間関係に思い悩んだ末、意見を聞いてみたくなって誰かに秘密を打ち明けたことがある方は多いでしょう。でも、うっかり...
FILM
 都内のナンパの聖地として長く君臨する銀座・コリドー街。最近では恵比寿に追い上げられ、東京の出会いの街は激戦となっていま...
FILM
 昨年末の紅白歌合戦をご覧になった方、大変多いと思います。ワタクシは仕事中でございましたので、お正月にゆっくりと拝見させ...
FILM
 子どもの頃、「今日が終わってほしくない」と思ったことがある人は多いでしょう。でも、社会人になって5年も過ぎると、「最近...
FILM
 この世で一番かわいい球体ってなあに?  それは、にゃんたまω!  きょうは、ブロック塀の上を歩いてやってき...
FILM
 女性ではおよそ30〜60人にひとり、男性ではおよそ50〜100人に1人がかかると言われている甲状腺疾患。圧倒的に女性に...
FILM
 私が婦人科検診で「異常あり」という診断を受けたのは25歳の時でした。それまで一度も考えたこともなかった「子宮頸がん」と...
FILM
 好きな人ができると舞い上がってどんどん攻めちゃいますよね。多くの女性はゆっくり恋愛をしている暇なんてないですし、ダメだ...
FILM
 にゃんたまωにひたすらロックオン、そしてズームイン!  きょうは、もふもふハート♡のにゃんたまです。  こ...
FILM
 こんにちは。今回は、気になる女性も多いピル(低用量ピル)についてお話していきたいと思います。経口避妊薬とも呼ばれるピル...
FILM
ありがたい天神様とご利益  ワタクシが住む神奈川は梅や桜の名所が大変に多く、とりわけ梅に関していえば、お正月を過ぎ...