真夜中に突然の大量出血で119番、緊急搬送され人生初のERへ

コクリコ 編集者
更新日:2019-09-12 17:59
投稿日:2019-05-21 06:00
 私は42歳で子宮頸部腺がんステージ1Bを宣告された未婚女性、がんサバイバー1年生です。がん告知はひとりで受けました。誰にも頼れず、心の内側にずっと不安を抱えながらがんと闘うのはとてもつらいこと。なぜ私が……と思う気持ちと向き合って、そして不確かな情報に惑わされないように、私の体験がお役に立てれば幸いです。

〈子宮頸がん 大量出血〉と検索すると「末期」

119番、できますか(写真:iStock)
119番、できますか (写真:iStock)

【Note.03】

 がんを宣告された4日後の朝、私は大量出血で近くの都立病院のERに運ばれました。6時間以上も出血が止まらず自分で救急車を呼んだのです。夜用のナプキンが30分ほどでビタビタになる量です。何度も何度もナプキンを変え、眠れません。

 スマホで〈子宮頸がん 大量出血〉と検索すると「末期」と出ます。

「どうしよう、私のがんはもうそんなことになってたんだ……」

 出血に気づいたのが深夜0時前。がんのことは親と友達1人以外に言ってないのです。誰にも相談できず、恐怖に震えていました。当時かかっていた病院は有名な総合病院のサテライト院のため、救急がなく、朝9時にならないと診察してもらえない状況です。しかもとても人気の病院で、予約がないと診察してもらえません。

 明け方に30分ほどウトウトしてしまい、ベッドを見るとナプキンから染み出した血が直径8㎝ほどに広がっていました。それまではこの程度の緊急性で救急車を呼ぶなんてどうかと思って〈救急車 どのくらいで〉などと検索していましたが、もうやばい。貧血も起こしていました。

「死んじゃう!」

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM