男友達ができないのはあなたが原因かも? 作り方のルール!

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-07-24 06:00
投稿日:2019-07-24 06:00
 あなたには男友達がいますか? 男友達ってさっぱりとしていて、でも、いざという時は頼りになったり、やけ酒に付き合ってくれたり。一言で言うと「いいもの」ですよね。でも、世の中には男友達ができない!と、悩む女性も多いそう。でも、その原因、もしかしたら女性側にあるかもしれませんよ。

なぜ男友達ができないの? 男友達がいない女性の特徴&理由

男友達っていいよね(写真:iStock)
男友達っていいよね (写真:iStock)

 まずは、男友達を作れない女性の特徴や理由をチェックしていきましょう。

男友達ができない女性の特徴をチェック!

・女子高、女子大上がり
・女性ばかりの職場にいる
・男性と2人でいるとドキドキしてしまいがち
・気になる男性といると態度が変わりがち
・惚れっぽい

 いかがでしょうか? 当てはまるものはありますか?

男友達ができない、おもな2つの理由

 男友達ができないタイプの女性には、大きく分けると2つの理由があると思います。上記のチェックに当てはめながら、確認していきましょう。

男友達ができない理由1:環境

・女子高、女子大上がり
・女性ばかりの職場にいる

 上の2項目に当てはまる方は「環境」のせいですので、ある意味仕方がないこと。男性が多い環境に自分を置けば、自然と男友達ができる可能性は十分にあります。

 ただし、男性と話すのが極端に苦手であったり、ドキドキして萎縮してしまうレベルだと少しリハビリが必要な場合も。たとえば職場の男性の目を見て挨拶をしてみたり、など、男性に慣れることから始めた方が良いかもしれません。

男友達ができない理由2:恋愛体質

・男性と2人でいるとドキドキしてしまいがち
・気になる男性といると態度が変わりがち
・惚れっぽい

 この3項目に当てはまる女性は、男女の友情を自分から壊してしまうタイプの女性。男友達なのに、「背は高いか、収入は?」など、ついついスペックを気にしてしまったり、2人でいるとなんとなくかわい子ぶって意識してしまうなど、要は男友達なのに「男性」として意識してしまう根っからの恋愛体質タイプですね。

「女友達」として接してくれている男性に勝手に恋心を抱き、周りを巻き込んで交友関係に悪い影響を与えてしまう可能性もあります。自制が必要かも。

男友達を作る上で守るべき最低限の3つのルール

基本的には割り勘(写真:iStock)
基本的には割り勘 (写真:iStock)

「男性を取り合わない」「プライバシーに踏み込まない」など、女友達との間でも最低限のルールがあるように、実は、男友達を作る上でも守るべきルールがあると思うんです。最低限の3つのルールとは? 見ていきましょう。

基本的には割り勘で

「男性がおごるのは当たり前!」という信念を持つ女性は多くいます。恋人やパートナーに関しては自分の信念に従えば良いと思いますが、男友達に関しては、基本的には割り勘をすることをおすすめします。

 たとえば、女友達と飲みに行く時、お会計時には普通に割り勘をしますよね。立場や収入、ステータスなど関係なく、気が合うから対等に一緒にいる、それこそが「友達」。それは男友達だって変わりません。

 特に金銭面に関しては慎重に。「金の切れ目が縁の切れ目」なんて言いますが、良い友人関係でいたければ、おごられるだけはNG。とにかく、どちらかが優位に立つような場面を作らないように意識することが大切です。

 でも、たとえば相手の愚痴を聞くために集まった時などは例外かも。関係性にもよりますが、つまりは、お互いが気兼ねなく対等でいられたらそれで良いと思います。

彼女がいる場合にはきちんと配慮をする

 その昔、十年来の男友達が渡米する前日、「飲むか!」と飲みに行こうとしたら、「彼女に泣かれた」と急遽、男友達が彼女を連れてきてびっくりしたことがあります。私から見たら「男友達」以外の何者でもないのに、彼女から見たらただの「女性」に見えていたのでしょう。申し訳ないことをしたなぁと、反省した次第。

 と、つまりは、男友達に彼女がいる場合やできた場合には、きちんと配慮をすることが大切。深夜に長電話をしたり、突然呼び出したりなど、無駄に疑われるようなことをしては男友達カップルの仲にも影響する可能性がありますよね。相手の恋愛を応援できるような関係性を築くことも、友人として大切なことだと思います。

「男性」として見ていないと牽制する

 あなたがどんなに「男友達」だと思っていても、男性の中には上記で挙げたような「恋愛体質タイプ」の男性もいます。また、友達として過ごしているうちに、好意を持たれてしまうこともあるでしょう。

 この「相手の恋愛感情」は、男友達との関係性がうまくいかなくなる大きな原因。これを防ぐには、そもそも「男性」として見ていないことを牽制しておくのが効果的です。

「本当に男友達って気楽で良いよね!」なんて言うのもよし。そんなことをわざわざ言わなくても好きな男性のことを相談してみたり、彼氏がいる場合にはのろけてみたり、とにかく、男友達の「恋心」が浅いうちに想いを断ち切ってあげるのも友人としての優しさかな、なんて思います。

男女の友情は、お互いの絶妙な心がけで成立する

男女の友情はそれぞれの微妙な心がけで成立する(写真:iStock)
男女の友情はそれぞれの微妙な心がけで成立する (写真:iStock)

 私には、十数年来の男友達が何人かいます。なんというのか、「女性として全く見られていない」ということが透けて見えて、とても心地が良い関係。もちろん私も、彼らのことを全く男性として意識していません。だから、「男女の友情は成立するのか否か?」と聞かれたら、「成立する!」と私は答えます。

 でも、こういった関係になるまで、実は紆余曲折があった人もいます。上記でご紹介した「牽制」をしたりされたりすることで、だんだんと良い関係になっていったことも。

 つまりは、男女の友情は、お互いの絶妙な心がけによって成立するものかもしれませんね。まぁ、それを飛び越えて好きになってしまうこともありますが、それもまた良いではないでしょうか。

 男友達に学べることはたくさん。ぜひ、最低限のルールを守って、男友達との素敵な関係性を築いていってくださいね。

孔井嘉乃
記事一覧
作詞作曲家・ライター
3歳からピアノを始め、現在は作詞作曲家&シンガーソングライターとして活動中。2014年からウェブライターとしての活動を開始。得意ジャンルは美容、恋愛、ライフスタイル。コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、ベビーマッサージ資格、乳児心理+児童心理資格取得。
2016年、ママユニット「mamakanon」を結成。活動5年目にして、YouTube再生回数1,200万回達成。2020年、フレンチシンガーバイオリニストソングライターとのDuo「ellipsis」を結成。両者の絶対音感を活かしてカバー演奏などを行う。
1児のママ。特技は早起き。ウィスキーが好き。

◇孔井嘉乃公式サイトmamakanon公式 YouTubeチャンネルellipsis公式 YouTubeチャンネル

ラブ 新着一覧


サレ妻“み”のXが話題さらった件【専門家警鐘】不倫女への“鉄槌”正解は?
 30代サレ妻の「み」と称したXのアカウントが話題になっているのはご存じか。フォローは12万人(現在は削除)で、夫が職場...
「未来永劫結婚ナシの女でもズルズル」40男が眈々と待つ恋人が爆発する日
「冷酷と激情のあいだvol.195〜女性編〜」では、結婚前提で交際を始めた恋人と、交際1年を過ぎても具体的な進展がないこ...
並木まき 2024-05-18 06:00 ラブ
「結婚前提交際だよね?」婚姻関係を露骨に拒む彼と闇落ち寸前の38歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-18 09:24 ラブ
彼の本妻になりたい!アラフォー「内縁の妻」が略奪愛を目論むまで #1
「内縁関係」という言葉を聞いて久しい。「内縁関係」とは、夫婦としての実態はあるものの、法的な婚姻が成立していない状態をし...
蒼井凜花 2024-05-17 06:00 ラブ
夏前に元カレと「復縁できる女/無理な女」自爆テロより効果的な仕掛けは
 夏が近づくにつれて増えてくるのが、「元カレと復縁したい」と考える女性たちです。  なんとか彼の気持ちを取り戻そうと、...
内藤みか 2024-05-16 06:00 ラブ
元彼との復縁、前兆あり。リアルでもXでも「おすすめ」されたら…
「彼ともう1度やり直したい」と、復縁を望んでいる女性は要チェック! 今回は、復縁の前兆として見られるサインを6つご紹介し...
恋バナ調査隊 2024-05-16 06:00 ラブ
結婚したくない男たちのホンネ6選 見切るか粘るか決めるのはあなた次第
 アラサー・アラフォー女性なら、今の彼氏との結婚を視野に入れているのではないでしょうか。でも、その彼氏があなたとの将来を...
恋バナ調査隊 2024-05-14 06:00 ラブ
「将来見据えて倹約したいのに…」妻のお出かけ願望が理解できない30代男
「冷酷と激情のあいだvol.194〜女性編〜」では、結婚早々に節約生活を強いられている生活に嫌気が差している新妻・果穂さ...
並木まき 2024-05-11 06:00 ラブ
非正規雇用のアラフォーが結婚した男は、“夜のベッド”が生き甲斐のケチ夫
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-11 06:00 ラブ
「子供欲しい」が夫に言えない…タイムリミットに焦る妻の複雑事情
 夫婦であれば、夫に「子供欲しい」と言うのはそう難しくないはず。でも、言えずにモヤモヤしている女性もいるようです。今回は...
恋バナ調査隊 2024-05-10 06:00 ラブ
結婚に優柔不断な彼はいつ見限るべき?「時間を返して」と嘆く女性たち
 定期的に会い続けている仲の男性がいるけれど、今後のことについて話をしようとすると避けられてしまう。そんな悩みを抱えてい...
内藤みか 2024-05-09 06:00 ラブ
①ナル②浮気③競う④群れ サッカー部だった男の嫌いな特徴5、ラス1は
 モテる男の部活といえば、何を思い浮かべますか? そうですね、サッカー部です。学生時代、サッカー部のイケイケ男子に憧れて...
恋バナ調査隊 2024-05-08 06:00 ラブ
幸せになれるのは超わずか…セフレの終わりは突然やって来る
 付き合ってはいないものの体の関係を持つセフレ。「割り切った関係」「楽な関係」であるため、恋愛が億劫になっている人は憧れ...
恋バナ調査隊 2024-05-07 06:00 ラブ
父が浮気している…? 大人になった今だからできる4つの家庭崩壊回避術
 あなたは自分の父が浮気していると知ってしまった時、どうしますか? もし知ったのが未成年の頃であれば、誰に相談していいか...
恋バナ調査隊 2024-05-06 06:00 ラブ
え、彼氏いたの?処女のままの私と、処女を喪失していたオタ友への嫉妬。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳まで性体験がなかった私ですが、これまで処女...
mirae.(みれ) 2024-05-06 06:00 ラブ
サレ妻「不倫相手に会う」の巻 ママ友、かばう夫…ただで済むと思うなよ
 夫に不倫された“サレ妻”。「ただで済むと思うなよ!」と、怒りや憎しみMAXで不倫相手に会いに行く人もいます。  ...
恋バナ調査隊 2024-05-05 06:00 ラブ