男友達ができないのはあなたが原因かも? 作り方のルール!

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-07-24 06:00
投稿日:2019-07-24 06:00
 あなたには男友達がいますか? 男友達ってさっぱりとしていて、でも、いざという時は頼りになったり、やけ酒に付き合ってくれたり。一言で言うと「いいもの」ですよね。でも、世の中には男友達ができない!と、悩む女性も多いそう。でも、その原因、もしかしたら女性側にあるかもしれませんよ。

なぜ男友達ができないの? 男友達がいない女性の特徴&理由

男友達っていいよね(写真:iStock)
男友達っていいよね (写真:iStock)

 まずは、男友達を作れない女性の特徴や理由をチェックしていきましょう。

男友達ができない女性の特徴をチェック!

・女子高、女子大上がり
・女性ばかりの職場にいる
・男性と2人でいるとドキドキしてしまいがち
・気になる男性といると態度が変わりがち
・惚れっぽい

 いかがでしょうか? 当てはまるものはありますか?

男友達ができない、おもな2つの理由

 男友達ができないタイプの女性には、大きく分けると2つの理由があると思います。上記のチェックに当てはめながら、確認していきましょう。

男友達ができない理由1:環境

・女子高、女子大上がり
・女性ばかりの職場にいる

 上の2項目に当てはまる方は「環境」のせいですので、ある意味仕方がないこと。男性が多い環境に自分を置けば、自然と男友達ができる可能性は十分にあります。

 ただし、男性と話すのが極端に苦手であったり、ドキドキして萎縮してしまうレベルだと少しリハビリが必要な場合も。たとえば職場の男性の目を見て挨拶をしてみたり、など、男性に慣れることから始めた方が良いかもしれません。

男友達ができない理由2:恋愛体質

・男性と2人でいるとドキドキしてしまいがち
・気になる男性といると態度が変わりがち
・惚れっぽい

 この3項目に当てはまる女性は、男女の友情を自分から壊してしまうタイプの女性。男友達なのに、「背は高いか、収入は?」など、ついついスペックを気にしてしまったり、2人でいるとなんとなくかわい子ぶって意識してしまうなど、要は男友達なのに「男性」として意識してしまう根っからの恋愛体質タイプですね。

「女友達」として接してくれている男性に勝手に恋心を抱き、周りを巻き込んで交友関係に悪い影響を与えてしまう可能性もあります。自制が必要かも。

男友達を作る上で守るべき最低限の3つのルール

基本的には割り勘(写真:iStock)
基本的には割り勘 (写真:iStock)

「男性を取り合わない」「プライバシーに踏み込まない」など、女友達との間でも最低限のルールがあるように、実は、男友達を作る上でも守るべきルールがあると思うんです。最低限の3つのルールとは? 見ていきましょう。

基本的には割り勘で

「男性がおごるのは当たり前!」という信念を持つ女性は多くいます。恋人やパートナーに関しては自分の信念に従えば良いと思いますが、男友達に関しては、基本的には割り勘をすることをおすすめします。

 たとえば、女友達と飲みに行く時、お会計時には普通に割り勘をしますよね。立場や収入、ステータスなど関係なく、気が合うから対等に一緒にいる、それこそが「友達」。それは男友達だって変わりません。

 特に金銭面に関しては慎重に。「金の切れ目が縁の切れ目」なんて言いますが、良い友人関係でいたければ、おごられるだけはNG。とにかく、どちらかが優位に立つような場面を作らないように意識することが大切です。

 でも、たとえば相手の愚痴を聞くために集まった時などは例外かも。関係性にもよりますが、つまりは、お互いが気兼ねなく対等でいられたらそれで良いと思います。

彼女がいる場合にはきちんと配慮をする

 その昔、十年来の男友達が渡米する前日、「飲むか!」と飲みに行こうとしたら、「彼女に泣かれた」と急遽、男友達が彼女を連れてきてびっくりしたことがあります。私から見たら「男友達」以外の何者でもないのに、彼女から見たらただの「女性」に見えていたのでしょう。申し訳ないことをしたなぁと、反省した次第。

 と、つまりは、男友達に彼女がいる場合やできた場合には、きちんと配慮をすることが大切。深夜に長電話をしたり、突然呼び出したりなど、無駄に疑われるようなことをしては男友達カップルの仲にも影響する可能性がありますよね。相手の恋愛を応援できるような関係性を築くことも、友人として大切なことだと思います。

「男性」として見ていないと牽制する

 あなたがどんなに「男友達」だと思っていても、男性の中には上記で挙げたような「恋愛体質タイプ」の男性もいます。また、友達として過ごしているうちに、好意を持たれてしまうこともあるでしょう。

 この「相手の恋愛感情」は、男友達との関係性がうまくいかなくなる大きな原因。これを防ぐには、そもそも「男性」として見ていないことを牽制しておくのが効果的です。

「本当に男友達って気楽で良いよね!」なんて言うのもよし。そんなことをわざわざ言わなくても好きな男性のことを相談してみたり、彼氏がいる場合にはのろけてみたり、とにかく、男友達の「恋心」が浅いうちに想いを断ち切ってあげるのも友人としての優しさかな、なんて思います。

男女の友情は、お互いの絶妙な心がけで成立する

男女の友情はそれぞれの微妙な心がけで成立する(写真:iStock)
男女の友情はそれぞれの微妙な心がけで成立する (写真:iStock)

 私には、十数年来の男友達が何人かいます。なんというのか、「女性として全く見られていない」ということが透けて見えて、とても心地が良い関係。もちろん私も、彼らのことを全く男性として意識していません。だから、「男女の友情は成立するのか否か?」と聞かれたら、「成立する!」と私は答えます。

 でも、こういった関係になるまで、実は紆余曲折があった人もいます。上記でご紹介した「牽制」をしたりされたりすることで、だんだんと良い関係になっていったことも。

 つまりは、男女の友情は、お互いの絶妙な心がけによって成立するものかもしれませんね。まぁ、それを飛び越えて好きになってしまうこともありますが、それもまた良いではないでしょうか。

 男友達に学べることはたくさん。ぜひ、最低限のルールを守って、男友達との素敵な関係性を築いていってくださいね。

ラブ 新着一覧


元カレから連絡キタ…復縁できる? 元カノにLINEする男性心理
 未練が残る元カレから連絡がくるとドキッとしますよね。「最近調子どう? 元気?」なんてきたら、嬉しさと切なさでいっぱいに...
若林杏樹 2022-07-06 06:00 ラブ
イケメン夫と結婚した妻の本音…“超絶幸せ”と“憂鬱”どっち?
 婚活中の女性に、どんな人と結婚したいかを聞くと、性格や経済面を差し置いて、まず最初に「イケメン」と答える人がいます。ま...
田中絵音 2022-07-06 06:00 ラブ
「ギャップモテ」40代女性でも使えるのか問題!NG行動あるよ
 ギャップのある女性は、年齢に関係なく男性からモテるもの。40代女性で「ギャップモテ」を狙っている人もいるでしょう。そこ...
恋バナ調査隊 2022-07-06 06:00 ラブ
シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:20 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ