女性からの告白は嫌? 両思いの男性に告白させる究極の方法

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-07-26 06:00
投稿日:2019-07-26 06:00
「もしかしたら両思いかも?」男女の間では言葉にせずとも、そう確信できる瞬間がありますよね。待てない女性の場合には「今すぐに思いを確かめたい!」と、自分から告白をしようと試みる場合もあるのでは?
 でも、ちょっと待って。男性によっては、「待ち」の姿勢を貫いた方が良い場合もあると思うのです。

男性は女性からの告白が嫌? 本音と建前!

もしかしたら両思いかも?(写真:iStock)
もしかしたら両思いかも? (写真:iStock)

 あるデータによると、なんと8割もの男性が「告白は自分からしたい」と答えたのだとか。実のところ、世の中の男性は女性からの告白をどう思うのでしょうか。そこでまずは、男性の本音と建前をリサーチしてみました。

大多数の男性は女性からの告白を嬉しく思う

 基本的に大多数の男性は、女性からの告白を「単純に嬉しい」と思うそう。女性のみなさんもそうでしょう? 誰かに好きだと感じてもらうということは、自分に少なからず何かしらの魅力があるということなのですから。

 特に、草食系男子の場合は女性からのアピールに対して、「自分に自信がつく」「自分も捨てたものではないと思える」など、自信に繋がるという声も多くありました。

付き合うかどうかは別の話

 注意が必要なのは、男性は女性が自分に好意を寄せてくれた上での「告白」という行為が嬉しいだけであって、付き合うかどうかは別の話! だということ。

 例えば長年の女友達であったり、仕事上今後も関わらざるを得ない女性の場合には「困る」という感情が先に立つ場合もあるようです。男性との今後の関係性を考えるのも、告白する上では大切なことですね。

自分から告白した方が本気度が高くなる

「男性は女性を追いかけたい性質がある」なんて言いますが、あれはあながち嘘ではありません。自分から告白をしてお付き合いをした男性は、「苦労をして手に入れた」という思いにより、簡単に手放したくないと本気度が高くなるのです。

 逆に女性からの告白だと、嬉しい反面、「簡単に手に入った」と感じてしまい、たとえお付き合いをしたとしても男性優位で調子に乗る男性もいます。

両思いの男性から告白してもらう究極の方法!

彼が告白できる状況をお膳立て(写真:iStock)
彼が告白できる状況をお膳立て (写真:iStock)

 上記の男性心理から見ると、両思いであると確信できるのであれば、待ちの姿勢で相手からの告白を待った方が良い気もしてきますね。

 とはいえ、いつまで経っても煮え切らない男性に「待ちきれない!」と思う女性もたくさんいます。そこで、両思いの男性から告白してもらう方法を見ていきましょう。

99%の告白をしてみる

 告白をする時ってドキドキしますよね。「失敗したらどうしよう」と考えるだけで怖気付いてしまい、「今日も告白ができなかった……」なんて経験がある方も多いのではないでしょうか?これは、男性だって同じこと。

 でも、もしも「絶対に失敗しない」と確信できていればどうですか? 100%の成功が見えていたら、勇気が持てるでしょう。つまりは、あなたから99%の告白をしてお膳立てをして、「絶対に告白に成功する」状態を作ってあげれば良いと思うのです。

 どういうことかというと、たとえば「◯◯くんといると落ち着く」と言ってみたり、「いつも楽しいよ」「会いたいよ」と伝えてみたり。直接話せない場合には、LINEなどのツールを使ってアピールするのももちろんあり。

「脈がありまくりますよ!」と自信をつけてあげることで、きっと男性は勇気を持って、残り1%の「好き」を自分から伝えてくれるはずです。

告白させる環境を与える

 告白には環境も大切。いつも共通の友人がいたり、なかなか2人きりになれないような環境では、告白をしようと決意させることは難しいですよね。

 ありがちですが、夜に夜景が見える静かな場所に行く、ドライブデートをする、など、デートプランを提案してみるなど、告白しやすい環境を整えてあげるのも良いかもしれません。

「下心が見え見えじゃない?」と心配になる気持ちも分かりますが、でも、両思いであれば、男性もきっとデートプランに乗ってくれるはず。じっと見つめて、「告白のチャンスかも!?」と、思わせちゃいましょう。

きっかけはどうでも、始まるものは始まる

待つか進むかは自分次第!(写真:iStock)
待つか進むかは自分次第! (写真:iStock)

 恋をすると、どんな人も臆病になるものです。「なかなか告白してくれない」とやきもきする気持ちは分かりますが、裏を返せば、それだけあなたのことを思っているということかもしれません。

 告白を急いでもらおうと他の男性の影をちらつかせて、男性を焦らせる女性も中にはいますが、そんな駆け引きはNG。告白しようという勇気を摘み取ってしまったり、相手に誤解を与えてしまう可能性も考えられます。とはいえ、そもそも「両思い」かどうかをきちんと見極めることも大切ですよ。思わせぶりな男性は多くいますから。

 その上で、きちんと確信が持てたら、あとはあなたが待つか進むかを選ぶだけ。ちなみに、私はというと、待ちません!(笑)だって、きっかけはどうでも、始まるものは始まるんですから。あなたはどうしますか?

孔井嘉乃
記事一覧
作詞作曲家・ライター
3歳からピアノを始め、現在は作詞作曲家&シンガーソングライターとして活動中。2014年からウェブライターとしての活動を開始。得意ジャンルは美容、恋愛、ライフスタイル。コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、ベビーマッサージ資格、乳児心理+児童心理資格取得。
2016年、ママユニット「mamakanon」を結成。活動5年目にして、YouTube再生回数1,200万回達成。2020年、フレンチシンガーバイオリニストソングライターとのDuo「ellipsis」を結成。両者の絶対音感を活かしてカバー演奏などを行う。
1児のママ。特技は早起き。ウィスキーが好き。

◇孔井嘉乃公式サイトmamakanon公式 YouTubeチャンネルellipsis公式 YouTubeチャンネル

ラブ 新着一覧


マンネリ? 彼じゃない感? 「理由ないけど別れたい」4つのフシギ
「浮気された」「喧嘩が絶えない」など、カップルが別れるにはきっかけや原因があるもの。ですが、「理由はないけど別れたい」と...
恋バナ調査隊 2024-05-26 06:00 ラブ
旦那の帰りが早い時は「ママ友とホムパ中♪」と嫌がる系をぶっ込んで操縦
 世間には旦那の帰りが遅くてストレスを抱える女性もいる一方、旦那の帰りが早いことでつらい気持ちになる人もいるようです。 ...
恋バナ調査隊 2024-05-26 06:00 ラブ
大学生の一人息子にべったりな再婚妻。子離れと浪費癖改善を画策する夫
「冷酷と激情のあいだvol.196〜女性編〜」では、結婚後に“鬼夫”と化したマコトさん(仮名)に不快感が深まっている妻・...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
入籍後に本性見せたモラハラ鬼夫と離婚したい、でも…。躊躇する47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
自宅の別室で“不倫未満”に溺れる夫。ギリギリ行動5つ、どこまで許せる?
 夫が不倫していたら「許せない!」と怒る女性がほとんどですよね。でも“不倫未満”の関係なら…⁉  あなたは夫のこんな行...
恋バナ調査隊 2024-05-25 06:00 ラブ
古希声優・古谷徹は37歳差…枯れ専通り越し、老け専女性が“おじいちゃん”を求める心理
 5月22日に『文春オンライン』に37歳年下女性・A子さん(33)との不倫が報じられた声優・古谷徹(70)。古谷は『機動...
年下男にモテるアラフィフ女達 褒めより気を遣う“たった1つ”のNG行為
 アラフィフでありながら、若い人と恋愛をする人がいます。有名人で10歳以上年下の男性と結婚するケースもあるので、「もしか...
内藤みか 2024-05-23 06:00 ラブ
サレ妻の“暴走投稿”は危険! 不倫されても泣きを見ない「5文字」の結論
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  最近、X(旧...
まめ 2024-05-21 06:00 ラブ
「家族なのに!」無関心な夫にブチ切れる前に…旦那の本音と有効な対策法
「家族なのにどうして無関心なの?」と、夫の態度に頭を抱えている女性もいるでしょう。無責任に見えて、イラッとするときもあり...
恋バナ調査隊 2024-05-20 06:00 ラブ
初めて自慰行為を知った日。母激怒、当時はセルフプレジャーなんて皆無
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳までセックスをしたことはなくても「セルフプ...
mirae.(みれ) 2024-05-20 08:09 ラブ
押し広げて奥に進む! ハードな愛撫を求める上級者におすすめ
 ピストンバイブを試してみたいという女性は、ハードな刺激を求めているとみて間違いありません。  しかし、ハードとひ...
桃子 2024-05-19 06:00 ラブ
サレ妻“み”のXが話題さらった件【専門家警鐘】不倫女への“鉄槌”正解は?
 30代サレ妻の「み」と称したXのアカウントが話題になっているのはご存じか。フォローは12万人(現在は削除)で、夫が職場...
「未来永劫結婚ナシの女でもズルズル」40男が眈々と待つ恋人が爆発する日
「冷酷と激情のあいだvol.195〜女性編〜」では、結婚前提で交際を始めた恋人と、交際1年を過ぎても具体的な進展がないこ...
並木まき 2024-05-18 06:00 ラブ
「結婚前提交際だよね?」婚姻関係を露骨に拒む彼と闇落ち寸前の38歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-18 09:24 ラブ
彼の本妻になりたい!アラフォー「内縁の妻」が略奪愛を目論むまで #1
「内縁関係」という言葉を聞いて久しい。「内縁関係」とは、夫婦としての実態はあるものの、法的な婚姻が成立していない状態をし...
蒼井凜花 2024-05-24 15:14 ラブ
夏前に元カレと「復縁できる女/無理な女」自爆テロより効果的な仕掛けは
 夏が近づくにつれて増えてくるのが、「元カレと復縁したい」と考える女性たちです。  なんとか彼の気持ちを取り戻そうと、...
内藤みか 2024-05-16 06:00 ラブ