女性からの告白は嫌? 両思いの男性に告白させる究極の方法

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-07-26 06:00
投稿日:2019-07-26 06:00
「もしかしたら両思いかも?」男女の間では言葉にせずとも、そう確信できる瞬間がありますよね。待てない女性の場合には「今すぐに思いを確かめたい!」と、自分から告白をしようと試みる場合もあるのでは?
 でも、ちょっと待って。男性によっては、「待ち」の姿勢を貫いた方が良い場合もあると思うのです。

男性は女性からの告白が嫌? 本音と建前!

もしかしたら両思いかも?(写真:iStock)
もしかしたら両思いかも? (写真:iStock)

 あるデータによると、なんと8割もの男性が「告白は自分からしたい」と答えたのだとか。実のところ、世の中の男性は女性からの告白をどう思うのでしょうか。そこでまずは、男性の本音と建前をリサーチしてみました。

大多数の男性は女性からの告白を嬉しく思う

 基本的に大多数の男性は、女性からの告白を「単純に嬉しい」と思うそう。女性のみなさんもそうでしょう? 誰かに好きだと感じてもらうということは、自分に少なからず何かしらの魅力があるということなのですから。

 特に、草食系男子の場合は女性からのアピールに対して、「自分に自信がつく」「自分も捨てたものではないと思える」など、自信に繋がるという声も多くありました。

付き合うかどうかは別の話

 注意が必要なのは、男性は女性が自分に好意を寄せてくれた上での「告白」という行為が嬉しいだけであって、付き合うかどうかは別の話! だということ。

 例えば長年の女友達であったり、仕事上今後も関わらざるを得ない女性の場合には「困る」という感情が先に立つ場合もあるようです。男性との今後の関係性を考えるのも、告白する上では大切なことですね。

自分から告白した方が本気度が高くなる

「男性は女性を追いかけたい性質がある」なんて言いますが、あれはあながち嘘ではありません。自分から告白をしてお付き合いをした男性は、「苦労をして手に入れた」という思いにより、簡単に手放したくないと本気度が高くなるのです。

 逆に女性からの告白だと、嬉しい反面、「簡単に手に入った」と感じてしまい、たとえお付き合いをしたとしても男性優位で調子に乗る男性もいます。

両思いの男性から告白してもらう究極の方法!

彼が告白できる状況をお膳立て(写真:iStock)
彼が告白できる状況をお膳立て (写真:iStock)

 上記の男性心理から見ると、両思いであると確信できるのであれば、待ちの姿勢で相手からの告白を待った方が良い気もしてきますね。

 とはいえ、いつまで経っても煮え切らない男性に「待ちきれない!」と思う女性もたくさんいます。そこで、両思いの男性から告白してもらう方法を見ていきましょう。

99%の告白をしてみる

 告白をする時ってドキドキしますよね。「失敗したらどうしよう」と考えるだけで怖気付いてしまい、「今日も告白ができなかった……」なんて経験がある方も多いのではないでしょうか?これは、男性だって同じこと。

 でも、もしも「絶対に失敗しない」と確信できていればどうですか? 100%の成功が見えていたら、勇気が持てるでしょう。つまりは、あなたから99%の告白をしてお膳立てをして、「絶対に告白に成功する」状態を作ってあげれば良いと思うのです。

 どういうことかというと、たとえば「◯◯くんといると落ち着く」と言ってみたり、「いつも楽しいよ」「会いたいよ」と伝えてみたり。直接話せない場合には、LINEなどのツールを使ってアピールするのももちろんあり。

「脈がありまくりますよ!」と自信をつけてあげることで、きっと男性は勇気を持って、残り1%の「好き」を自分から伝えてくれるはずです。

告白させる環境を与える

 告白には環境も大切。いつも共通の友人がいたり、なかなか2人きりになれないような環境では、告白をしようと決意させることは難しいですよね。

 ありがちですが、夜に夜景が見える静かな場所に行く、ドライブデートをする、など、デートプランを提案してみるなど、告白しやすい環境を整えてあげるのも良いかもしれません。

「下心が見え見えじゃない?」と心配になる気持ちも分かりますが、でも、両思いであれば、男性もきっとデートプランに乗ってくれるはず。じっと見つめて、「告白のチャンスかも!?」と、思わせちゃいましょう。

きっかけはどうでも、始まるものは始まる

待つか進むかは自分次第!(写真:iStock)
待つか進むかは自分次第! (写真:iStock)

 恋をすると、どんな人も臆病になるものです。「なかなか告白してくれない」とやきもきする気持ちは分かりますが、裏を返せば、それだけあなたのことを思っているということかもしれません。

 告白を急いでもらおうと他の男性の影をちらつかせて、男性を焦らせる女性も中にはいますが、そんな駆け引きはNG。告白しようという勇気を摘み取ってしまったり、相手に誤解を与えてしまう可能性も考えられます。とはいえ、そもそも「両思い」かどうかをきちんと見極めることも大切ですよ。思わせぶりな男性は多くいますから。

 その上で、きちんと確信が持てたら、あとはあなたが待つか進むかを選ぶだけ。ちなみに、私はというと、待ちません!(笑)だって、きっかけはどうでも、始まるものは始まるんですから。あなたはどうしますか?

関連キーワード

ラブ 新着一覧


70歳の彼が「結婚?大反対!」の親を説得するためにしたこと
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-01-19 06:01 ラブ
不倫がバレて“二度としない男”と“また繰り返す男”の違いとは
 近ごろ、芸能ニュースで「4年ぶり2度目の不倫」などとスクープされているのは記憶に新しいかと思いますが、これは芸能人に限...
田中絵音 2021-01-19 06:00 ラブ
もっと私に興味を持って!パートナーへの関心がなくなるナゼ
 私のパートナー、自分に関心を持ってくれていないかも……そう感じた経験はありますか? 離婚の原因は元パートナーの無関心が...
七味さや 2021-01-18 06:00 ラブ
彼氏に仕返ししたい! 効果的な方法6選&確認するべき気持ち
 好きな人と付き合いはじめたばかりの頃には、何をしていても楽しく、幸せに感じるもの。しかし、交際期間が長くなると構っても...
恋バナ調査隊 2021-01-18 06:00 ラブ
男性とLINEの会話が続かない…原因&会話を広げるコツ♡
 気になる男性とせっかくLINEを交換したのに、全然会話が続かなくて困っていませんか? 何回送ってもそっけない返事や同じ...
恋バナ調査隊 2021-01-17 06:00 ラブ
尽くし上手!九州出身女性の特徴&恋愛観や好みの男性タイプ
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、九州出身の女性についてリサーチしました。九州は、...
人生最悪の運気かも…そんな時に出会う人には注意すべき理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。身も心もボロボロの時に何かのキッカケで知りあった相手。その出会いで一時的に元...
山崎世美子 2021-01-16 06:00 ラブ
彼氏といちゃいちゃする6つの方法!サインを見逃さないで♡
恋人といちゃいちゃする時間は、とても幸せな時間です。どんなに付き合いが長くなっても、日々のいちゃいちゃタイムがあれば、マ...
恋バナ調査隊 2021-01-16 06:00 ラブ
いまだに関白宣言?九州出身男性の特徴&好きな女性のタイプ
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、九州出身の男性についてご紹介します。九州は、福岡...
彼氏が「キスしたい」と思うのはいつ? 6つの瞬間&サイン
 女性にとって、彼氏からの不意打ちのキスは驚きながらも嬉しいものです。しかし、時には「なぜこのタイミングで?」なんて思う...
恋バナ調査隊 2021-01-15 06:00 ラブ
緊急事態宣言中なのに?マッチングアプリの男性に聞いてみた
 首都圏は再び緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出の自粛が呼びかけられています。そんななかでも、マッチングアプリで知り...
内藤みか 2021-01-14 06:00 ラブ
彼氏の親に結婚の挨拶!女性の印象が決まる9つのポイント♪
 結婚の挨拶は、人生の中でも特に緊張するイベントですよね。どんな服装をしたらいいの? 会話は? 手土産は? と、疑問と不...
恋バナ調査隊 2021-01-14 06:00 ラブ
気を抜いたら…男性がドン引きするデート中の女性の行動とは
 待ちに待ったデート! 当日はお洒落して1%でも可愛い要素をプラスしてカレに会いたいですよね? 私は会う前、ついつい鏡を...
若林杏樹 2021-01-13 06:26 ラブ
恋の始まり!? 女性が思わず“胸キュン”する男性の行動9選
 恋愛対象として意識したことがなかった男性でも、ふとした行動や言葉で、思わず新鮮さを感じて「胸キュン」してしまうことって...
恋バナ調査隊 2021-01-13 06:29 ラブ
出会いはナンパ!他とは比較にならないほどカラダの相性が…
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-01-19 11:03 ラブ
喧嘩別れするカップルの5つの特徴! 後悔しないためには?
 恋人ができた時、誰も別れることなんて考えないでしょう。しかし、交際を続けていると思いがけないことで喧嘩になり、別れてし...
恋バナ調査隊 2021-01-12 06:00 ラブ